About JST
JSTオリジナルツアー
TOP >> JSTオリジナルツアー blog

"女組"に負けて悔しがる"クラウ村男組"

「ノルおじさん、またリレー競走しようよ!」

最近、クラウ村コミュニティーセンターへ行くたびに、JST代表のチア・ノルは、村の男の子たちにせがまれています。

男組と女組に分かれて行った、クラウ村初めての男女対抗リレー競走。

1本勝負で行ったリレー競走に、わずかの差で男組が負けて以来、村の男の子たちは、そのときの悔しさをまだ強烈な思いで引きずっているようなのです。

 

ことの始まりは先月下旬。

毎年恒例の「後藤神父(チア・ノルの日本での里親)カンボジアツアー」に参加された皆さんが、クラウ村コミュニティーセンターで、子供たちに歌や遊びを披露して、子供たちと遊んでくださったときのこと・・・・・。

 

100219.jpg 

左端がチア・ノルの里親、後藤神父。

カトリック教会の神父でありながら、1980年代、日本で14人のカンボジア難民の子供を育てました。

また、この、クラウ村コミュニティーセンターに集まる子供たちが生まれるずっと前の1995年から、アンコール・クラウ村の小学校、橋、道路などの建設を支援してくださっています。

 

 

100219_02.jpg

 

まずは、世界地図を見ながら、五大陸の歌を歌います。

 

子供たちはすぐに歌詞とメロディーを覚えてしまいました。

 

 

 

 

 

100219_03.jpg

 

日本の歌、「さくら、さくら」を振り付きで披露。

趣味でシャンソンを歌われているとのことで、すばらしい歌声でしたね!

 

 

 

 

 

 

100219_04.jpg

 

皆で、手まり歌も!

 

 

 

 

 

 

 

100219_05.JPG

 

 

 

さらに、表に出て、スプーン競争も行いました!

 

4チームに分かれて行ったのですが、このあたりから、皆の競争心がむくむくと芽生えてきたようで、このスプーン競争だけでは、なんだか物足りない様子。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、"女組"と"男組"に別れて、背の高い子から10名を代表に、リレー競走をすることになったのです!!!

100219_06.JPG

 

輪投げの輪をタスキ代わりに、競争が始まります。

履いていたサンダルやくつは脱ぎ捨てて、はだしが一番!と真剣勝負。

中には、カモシカのようなすばらしい走りをする子も!

 

 

 

 

 

100219_07.JPG

 

待ちきれない様子で、順番を待つ次走者。

 

 

 

 

 

 

 

100219_08.JPG

 

 

 

応援も真剣そのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

100219_09.JPG

 

 

そして、この勝負、"女組"の勝ち!!

大喜びして飛び上る女の子たち。

 

 

 ←悔しそうな"男組"の顔もちらっと。

 

 

 

 

 

 

 

今も屈辱を胸にかかえ続けるクラウ村の"男組"。

今度こそは絶対負けないぞ!と闘志を燃やしているようです。

さて、次の勝負やいかに???

(よ)


Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.