About JST
JST News!
TOP >> JST News!  >> 村の子供たちの英語教室

村の子供たちの英語教室の最近のブログ記事

こんにちは。JSTインターン生の増原です。

ところで、みなさん!ハッピーメリークリスマス(^^)

日本とは違いここカンボジアは相変わらず気温も暑く、朝起きても枕元にプレゼントがあるわけでもなく...「クリスマス」って感じはしません...(笑)

ですが、昨日は少しクリスマスを味わえるイベントをフリースクールでの英語授業でしてきました~。

ということで今回はそのことについて書かせて頂こうと思います。

今回の授業では、大勢の生徒達が来てくれました。
「クリスマスパーティするよ~」っと先週の授業で予告したおかげかもしれません(笑)

20151225S-01

まずは、始まりの歌をみんなで歌って、フォニックスと先週の復習をしました。

そのあとは、クリスマスについて。

「みんなクリスマスって知ってる??」

って尋ねると、知ってる子どもはちらほら。。。ですが、

「何をするの~?」

と聞くと、先生もわからないとのことでした。

そのためまずは、クリスマスに関するビデオを鑑賞。

外国の子ども達が、ケーキを作ったり、プレゼントをもらっているシーンにクラウの子ども達は興味津々です。

観終わったあとに、Santa Claus, Snowman, Christmas treeといったクリスマスワードを約10個教えました。

20151225S-02
その後に、クリスマスソングです。
"we Wish You a MERRY christmas"をみんなで練習し、歌いました。

とっても楽しそうに歌ってくれました。

そして、折り紙でサンタさん作りです。

少し難しかったかもしれませんが、一生懸命わたしの折紙をみながら作ってくれました。

完成したのがこちらです。

20151225S-03
とっても上手です!!

それから、先週の続きであるシンデレラを鑑賞しました。

20151225S-04
授業の最後には、クリスマスプレゼントということで、用意したお菓子をプレゼントしました。

「目をつぶってつかみ取り」をさせたのですが、おもったよりいっぱい掴みます。

どうしようかなとおもい、最後の子まで貰えるように、お菓子を一気にみんなで取って~というと、
お菓子の取り合いに。。。(笑)

子ども達はお菓子が大好きですね。

少しでも、子ども達にクリスマスを体験して貰えたと思います。

みなさんも、素敵なクリスマスをお過ごしください。


増原早紀


こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

今回は、アンコール・クラウ村にあるフリースクールで行った英語授業について、お伝えします。

私たちの英語授業では、まずはじめに「始まりの歌」をみんなで歌います。

"Hello~, Hello~, Hello How are you?? I'm fine, I'm fine. I hope that you are too~"

これが授業の始まる合図です。子ども達は、大きな声で歌ってくれます。

その後は、"I am" "You are" の復習をし、フォニックスをしました。

今回は、これらの続きで、"He is" "She is" "This is" "That is"を教え、他己紹介ゲーム、自己紹介ゲームをしながら、楽しく学習しました。


ゲームおあとは、紙に「自分の宝物」を書いて、英語で説明してみよう!といったことをしました。

子ども達は、お絵かきが大好きでいつも真剣に描いてくれます。
20151218S-01
20151218S-02
笑顔がとっても素敵ですね^^


そして、発表タイムです。

20151218S-03


みんなは、何が宝物、大切なものなのかな~??買ってもらった自分だけの所有物かな~??

と聞いていると、

「家族」や、「家」、「自分自身」、「花」、「学校」と言っていました。


全員が、「みんながこれまで大切にしてきたもの」が、自分にとっても大切なものであることを自覚している子ども達はすごいなと感じました。


改めて、クラウ村の子ども達の素直さ、純粋さに気が付かされました。

彼らから学ばせてもらうことは、本当に多く、勉強になります。


発表の後は、キャンディーをみんなでなめながら、ムービータイムで、毎週20分ずつ観ている 「シンデレラ」の続きを観ました。

20151218S-04

子ども達は、笑いながら楽しそうに観てくれます。とても微笑ましいです。

20151218S-05

最後に、「終わりの歌」を歌って、授業は終了です。

来週は、クリスマスパーティをするつもりです。準備頑張ります。


増原早紀





みなさん、こんにちは。

 

JSTインターン生として関西学院大学から派遣されています、増原早紀と申します。

 

これから約4か月間、私が携わるJSTでの活動(主に中学校やカフェでの日本語授業、クラウ村での英語授業)やカンボジアの魅力についてたっぷりとお伝えしていきたいと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

初めての投稿となる今回は、先週行ったクラウ村にあるフリースクールでの英語授業について書かせて頂きます。

 

 

10月31日は何の日だったかご存知ですか?

 

 

そう!ハロウィンです!日本でも最近では、ハロウィンの日には仮装をして行事をたのしんでいますよね。

 

そこで私たちインターン生はクラウ村の子ども達に異文化を少しでも体験して貰おうと、10月30日(金)にハロウィンについての授業をしました。

 

カンボジアではあまり馴染みのない行事だそうで、クラウ村の子ども達はもちろん先生も存在を知りませんでした。

 

そのため、初めは説明に苦労しましたが、ハロウィンの様子が分かる動画や観たり、

 

20151103S-01

                                         (真剣の動画を見ている様子)

ハロウィンのキャラクターを描いてみたり、

 

20151103S-02

                                  (お絵かきをしている様子)

折り紙でパンプキンを折ってみたり、

 

20151103S-03

                                                 (パンプキン完成!!)

ハロウィンソングを歌ったりするうちに、少しずつハロウィンの楽しさを理解してもらえるようになりました。 

20151103S-04

                                              (クッキーを貰っている様子)

 

授業の終わるには、"Trick or Treat"と言えた子どもから順番に、私たちインターン生で手作りしたココナッツクッキーを配りました。 

20151103S-05


                      (最後に記念撮影!)


今回も、子ども達からたくさんのエネルギーを貰いました。

 

改めて、クラウ村の子ども達は、財産だなと感じます。

 

 

次週もお楽しみに!!

 

 

増原



こんにちは!インターン生の滝澤です。


20150526A-18.jpg

今日はアンコールクラウ村にある

Angkor Krau Community Centerのフリースクールでの授業について

お話したいと思います♪


まず、アンコールクラウ村の名前の意味、

みなさんはご存知ですか?

アンコール=都

クラウ=外 

つまり「都の外」という意味です。

過去、人々は都の中、アンコール・トムの中、つまり王宮の近くに住んでいました。

アンコール時代に、王宮に住んでいた家臣が

王に仕えていた女官に手を出してしまいました。

結果王の怒りを買ってアンコール・トムの外に追い出されてしまったのです。

その子孫が作ったのがアンコールクラウ村だと言われています。

この村はアンコール・トムの北方面で比較的近い場所にあります。

なので遺跡修復の仕事をしている人も多いんです!

お家や村で撮った写真を少し...


20150526A-16.jpg

お家が高床式なんです!

カンボジアで高床式が取り入れられている理由は

1.家の下の空間が影で涼しい空間になるから

2.農業等の道具を置く物置場にするため

3.夜中野生の動物が襲ってくるのを避けるため

4.雨季洪水になっても流されないため だそうです。

日本の歴史を思い出させる1枚ですね!

他には家畜の豚さんや...(かわいく撮れたと自画自賛してます!(笑))


20150526A-13.jpg

緑が多くて真っ青な空とすごいマッチしている素敵な村♪


20150526A-14.jpgのサムネール画像

↑この写真お気に入りです(笑)


ここまでが村の紹介になります(*^^*)

さて、次はフリースクールのご紹介!

フリースクールは我々JSTが運営していて、

アンコールクラウ村コミュニティーセンターの中にあります♪

村の人々は自給自足の生活が多く、現金収入を得ることは容易ではなくて

都市部の人々と比べるととても貧しい生活を送っています。

そこでJSTでは村の子どもたちが英語や日本語を学び身に付けることで

将来の仕事の選択肢が広がり生活も少しずつ豊かになるのでは...と考え

アンコールやまなみファンドの支援を得て2005年英語のフリースクールを始めました。

今では毎日の英語授業のほかに、日曜日に日本語や絵画教室も行っています。


20150526A-09.jpg

ここが授業している教室です。

いっぱい絵があるのがおわかりでしょうか?

これは生徒が絵画教室で書いた作品たちです(*^^*)


20150526A-10.jpg

こちらは図書室になります!

別角度から見ると...


20150526A-11.jpg

こんな感じです♪奥が教室になっています。

ここで村の英語の先生が、毎日英語を教えています。

そして私は毎週火曜日の英語の授業の補佐をしています!

まず先生がその日の授業内容をホワイトボードに書きます。


20150526A-19.jpg

生徒たちはそれをノートに書き写します。

みんなが書き終わるまでみんなの進捗を見るべく

ぐるぐると見回ります。


20150526A-20.jpg

ふと撮った1枚。手前の男の子素晴らしくいいカメラ目線(笑)

彼は兄弟についてきた弟くんだと思われます(*^^*)


だいたい書き終わったのを見て、今度は私が前に立ちます。ドキドキ...

この日は「対義語」がテーマでした。

tall⇔short, young⇔old, big⇔small, long⇔short 等々。

最初は読む練習♪repeat after meをしました。


20150526A-02.jpg

みんな元気よく繰り返し読んでくれました!

リピート練習のあとは一人ずつ当てて発音練習。


20150526A-03.jpg


20150526A-04.jpg

(なんか私ぎこちない...)

そのあとは、物や人を使ってより意味をしっかり覚えるようにしました。

この日は私がお世話になっているスタッフたちが見学していたので

少し手伝ってもらい


20150526A-05.jpg

tall and short(笑)

そのあとは生徒自身でペアをつくり相手と身長は年齢を比較して

I am ○○と発表してもらいました!

奇数だったので1人は私とペアを組み比べてみました!


20150526A-06.jpg

まさかの私が小さい役。(笑)

他にも私がI am old, and you are youngといったとき

心なしか自分で少しショックを受けました(笑)

事実みんな私より断然若いです!!

この内容が終わったあとは私が準備した歌の練習をしました♪

twinkle twinkle little star
how I wonder what you are

この歌ご存知ですか?きらきら星です(*^^*)

最初は難しかったけれど、みんなのみ込みが早い!

数回聴いて鼻歌を歌い、そのあと

私がホワイトボードに書いた歌詞をみながら

みんなで合唱しました!


この日の授業が2回目だったのですが、

みんな明るく「毎週来てくれるの!?」と聞いてくれたときは

すごくうれしかったです。

次の授業からは最初から最後まで授業内容も構成も

なにもかも任されることになりました。

ここでも退屈しないたのしい授業を心掛けたいと思っています。


滝澤