About JST
JST News!
TOP >> JST News!  >> 支援者訪問

支援者訪問の最近のブログ記事

スースダイ!インターンの中岡です。

先日、日本から毎年来られている支援者の先生方がアンコールクラウ村のコミュニティセンターを訪問されました!

今回はバイヨン中学校の生徒たちと
・ヨーヨー作り
・綿菓子作り
・デカパン競争
を行いました!!

今回はその様子をお届けしたいと思います!

まずはヨーヨー作り!
2018.1.2.1.JPGのサムネール画像
もちろんカンボジアの子供達には馴染みのないおもちゃです。
今回使う材料は、粘土・ペットボトルの蓋・テープ・糸だけです!

紙粘土を初めて見たこの生徒は匂いを嗅いでいます。笑
2018.1.2.2.JPG
ペットボトルの蓋に紙粘土を詰めて引っ付け、それをテープで補強します。
2018.1.2.3.JPG
あとは糸を巻いて、蓋にシールを貼ってデコレーションすればヨーヨーの完成!
こんな材料でおもちゃが作れるとは、、インターンの僕も勉強になりました。

ヨーヨーは男子が特に大盛り上がりでした!
2018.1.2.4.JPG
女子はシールをおでこに貼っておふざけ(笑)
2018.1.2.5.JPG
次はお待ちかねのわたあめです!
もちろんこれもカンボジアにはありません。

今回使う道具も全て百均で買い揃えたものを組み合わせたものだそうです。
2018.1.2.6.JPG
工夫の仕方でいろんなことができることを痛感、、、。

2018.1.2.7.JPG
お茶を入れる時の茶こしとクリームを混ぜる際に使う電動泡立て器をアレンジした道具を使って、まずは砂糖を温めてます。
2018.1.2.8.JPG
次はその電動泡立て器のスイッチをオンにしてぐるぐる砂糖を回します。
すると、茶こしの網にかかった砂糖がふわふわの綿菓子に!
2018.1.2.9.JPGみんなお箸を持って取り合うように食べていました。
僕も少し分けてもらいましたが、日本のお祭りを思い出しました。

美味しい!甘いと、みんないい笑顔です!
2018.1.2.10.JPG
最後はデカパン競争!
これもカンボジアにはない遊びです!

二人でパンツの中に入ってダッシュ。
2018.1.2.12.JPG
息が合わないと全然進みません。

途中でそれを脱ぎ捨て、ゴール手前にあるお菓子を口だけでとります。
2018.1.2.11.JPGのサムネール画像
お手伝いをしてくれたカンボジア人のお兄さんが意地悪そうな顔をしながら紐を持ち上げます。笑
2018.1.2.13.JPG
子供達はやめて、とれない!と言いながら口だけで取れるように頑張っていました。
2018.1.2.14.JPG
みんなこれが楽しすぎて、何回も列に並んでいました。
2018.1.2.15.JPG
最後に「楽しかった?」と聞くと、みんな「サバーイ!(楽しかった)」と言っていました。
2018.1.2.16.JPG
カンボジアにはない遊びやお菓子、たくさん体験させてくださった支援者のお二人に感謝です!ありがとうございました!

1124日は、

一宮中央ロータリークラブの皆様がカンボジアに来訪され、

様々な活動をされました。

当ブログでその内容を紹介させていただきます。

 


まず、一件目はコックルール小学校を訪れました。

コックルール小学校では、生徒全員に歯ブラシを配り、

歯医者であるメンバーの方が、歯の役割・歯を磨く大切さ・歯の磨き方を講義されました。

 

20171124-4

DSC_0097[1].J

カンボジアの田舎の方では、歯磨きの習慣は定着しておらず、

虫歯になってしまう人が多いのが現状です。

衛生教育を広めていくことが、これからの課題とされています。

 

 説明を聞いた後は、実際に皆で歯磨きをしました。

 

20171124-2

1人の生徒に感想を聞くと、

「口がスース―する!」

と笑顔で答えてくれました。

 歯磨き粉で、口の中がスッキリする感覚は新鮮なようです。


「食べた後には、歯を磨くように」

と指導された後、一人ひとりにお菓子の詰め合わせをプレゼントされました。

 

 

20171124-3

これからは頂いた歯ブラシを使って、毎食後に歯を磨いてほしいです。

 

 

次に、バイヨン中学校を訪れました。

バイヨン中学校では、

・身長計 5

・体重計 5

・視力表 5

・遮眼子 5

・メジャー5

・ノートパソコン6

・歯ブラシ800

・歯磨き粉10

 

を寄付されました。

また、絵画・ウォーターサーバーも贈呈されました。

ありがとうございます。

 

20171124-5

その後、寄付していただいた身長計・体重計・視力表・遮眼子を使って、

数名の生徒を対象に、実際にロータリークラブの皆様が健康診断を行いました。

 

20171124-620171124-6

身長・体重の測定では、日本人の成長曲線と照らし合わせると、

全体的にかなり発育が遅れていることが分かりました。

 

(※成長曲線:人間の身体的発達の程度を、横軸を年齢、縦軸を調べたいデータとするグラフで表した曲線。 Wikipediaより)

 

カンボジア人の成長曲線というのが存在しないらしいのですが、

それでもかなり発達は遅れていると言えるそうです。

 

バイヨン中学校の生徒の中には、見た目が日本の小学校低学年ほどの子もたくさんいます。

見た目と実際の年齢とのギャップに、ロータリークラブの皆様も驚かれていました。

 

推測される背景としては、やはり栄養失調が挙げられました。

 

いつも笑顔で元気いっぱいな生徒たちを見ていると、

栄養失調のような深刻な問題があるということを実感できなかったのですが、

データを取ることで、改めて途上国の現状を突き付けられた気がしました。

 

20171124-7

視力検査では、ほとんどの子供たちが1.52.0以上の視力があることが分かりました。

目の良さはさすがです。

 

校長先生も2.0ありました!

 

20171124-8

ですが1名だけ、一番上でさえ見えないという生徒がいました。

 

生徒の視力を知ることは、学力にも関わる大切なことです。

もし目が悪いのに後ろの席に座ってしまうと、黒板が見えず

授業についていけなくなってしまうからです。

今回測ったのは数名だけですが、これからぜひ

生徒全員の視力を測っていってもらいたいです。

 

20171124-8

歯科検診では、男の子よりも女の子に虫歯がある子が多いことが分かりました。

また、噛み合わせ・滑舌に悪影響を与える受け口の子の割合が多いことも分かりました。

 

その後、バイヨン中学校でも生徒11人に歯ブラシが配られました。

一番前に座った生徒たちが実際に歯磨き粉を用いて歯磨きをしたのですが、

歯磨き粉のスース―する味に、眉間に皺を寄せる子もいました(^^;)

 

その後は、給食として、生徒全員にカレーとパンが提供されました。

このカレーは、バイヨン中学校内にある給食小屋で作られたものなのですが、

こちらも一宮中央ロータリークラブさんからの寄付金によって建てられたものです。

 

 

20171124-9

 

皆で同じものを一緒に食べるというのは、とても貴重な機会です。

生徒達は、おいしいカレーとパンを食べながら友達と過ごす時間を、

とても楽しんでいる様子でした。


20171124-10

また、中庭に新たに5本、植樹をされました。

今回はみかんやりんご類など、果物の樹を植えました。

 

DSC_0264.JPG

立派に成長してくれますように・・・。

 

 

午後には、教員養成校を訪れました。

 こちらでは、ノート400冊と青ボールペン1000本が贈呈されました

 

20171124-12

 

 

20171124-13

一宮中央ロータリークラブさんのご支援で、

各学校の生徒・先生たちはより良い環境で学校生活を送ることができます。

いつも、ありがとうございます。


こんにちは。JSTインターン生の榎本です。

本日は先週の金曜日からカンボジアに訪問されている
愛知県の一宮中央ロータリークラブの方々の活動について紹介させて頂きます。

1479654175859.jpg皆様でお揃いの青いTシャツを着られて準備は万端です!

午前中はバイヨン中学校の生徒たちが通っていた小学校の1つであるコックルール小学校へ
訪問されました。
1479654178623.jpg
ロータリークラブの皆様が到着されると、校舎から続々と生徒が出てきました。
生徒たちはなんだかそわそわしています(笑)

代表して松前様、松本様からご挨拶がありました。
1479690418608.jpg
「元気にしていましたか?今日はお菓子をたくさん持ってきたので
しっかりたくさん食べてくださいね」という言葉を生徒たちにかけられていました。

そして全校生徒約120名一人一人にお菓子を手渡しされました。
1479654181172.jpg
生徒たちはお菓子をもらうと胸の上あたりで合掌し、感謝を伝えます。
いつもこの光景を見ると、カンボジア流のお礼の仕方は謙虚でステキだな感じます。

他にもたくさんのボールがプレゼントされました。
1479691246889.jpg
ロータリークラブの方々が生徒たちに一つ一つ投げて渡すと大喜びで取りに行っていました。

外はボールに夢中な生徒でたくさんだったので少し離れた端っこの教室にいってみると、
早速お菓子を食べていました(笑)
こんなにたくさんのお菓子はめったに食べられないのできっととても嬉しいのですね。

お菓子を配り終えた後には元歯科医師である松前様から生徒たちに
うがいをすることを推奨されていました。
「お菓子をたくさん食べた後にはしっかりうがいをして下さい。
口の中がきれいになれば健康になります。」とお話をされていました。
1479654190783.jpgこういったお話をされたのにはカンボジアならではの理由があります。
日本では食べた後に歯磨きをすることなどが当たり前ですが、
カンボジアでは歯ブラシがなかったり、そういった習慣がついておらず
虫歯になってしまう子どもが多くいるのです。

歯ブラシがなくてもせめてうがいをすることで口の中をきれいに保ってほしい。
そういった思いから子どもたちにうがいを推奨されていました。
今回のお話を受けて、生徒たちにこれからしっかり歯を磨く習慣や
うがいをする習慣ができると良いなと感じました。

コックルール小学校の後にはバイヨン中学校へ向かいました。

バイヨン中学校に着くと生徒たちがお出迎えをしてくれていました。
1479691111209.jpg
奥にもすごい花道ができていました!

到着すると、職員室でロータリークラブの方々から
体操着や本、タオル、パソコンの贈呈が行われました。
1479654194911.jpg
ルー校長がとても嬉しそうな表情をされていました。
本当に生徒想いの校長先生ですので、
きっとこういった贈呈品を誰よりも喜んでいるのではないかなと思います。

そして次は生徒たちお待ちかねのお昼ご飯タイムです。
今回はロータリークラブの皆様のご寄付によって
生徒たちにココナッツカレーが振舞われました。
1479654201277.jpg
みんなとてもお腹が空いていたようでモリモリ食べていました。
1479691254418.jpg
大きな大きな窯で焚くカレーは本当に本当においしかったです。

十分にご飯を食べられない生徒もいるこのバイヨン中学校。
こうした支援は生徒の学びを大きく支えているに違いありません。

今年初めて卒業生が出たバイヨン中学校。
まだまだ発展していかなければならない部分はありますが、
まずは生徒の学びを安定させてあげることが大切だと感じます。
そのため今回のような給食支援はとても生徒たちにとってありがたいことだと思います。

一宮中央ロータリークラブの皆様、ありがとうございました!



榎本






みなさまこんばんは、インターン生の五井です。

一宮中央ロータリークラブの方々との貴重な時間もついに終わってしまいました...
本日の活動をご報告いたします。

20151121r-01

本日は、観光をしました!朝から一宮中央ロータリークラブの方々は元気いっぱいです。
バスで最初に向かったのは...

201511121r-02
20151121r-03
タプロームです!強い日差しの中、自然を楽しむ一宮中央ロータリークラブの方々の笑顔がまぶしかったです。

20151121r-04
大野先生が目の前の巨大な建造物について解説...なんて場面もありました。

20151121r-05

次に向かったのは、アンコールワットです。普通、1日2日じゃ回りきれないアンコール遺跡ですが、一宮中央ロータリークラブの方々は今年4年目のベテランなので・・・半日で効率よく回られて驚きでした!!



昼食をCafe Moi Moiで済ませた後は、本当にバタバタでした。一部の方々は一足先に空港へ...。
また別の方々はバイヨンインフォメーションセンターで遺跡の解説ビデオを見て、バスでオールドマーケットへ。20分という短い時間の中で、ばっちりとお目当てを見つけられて、お得にお買い物をされていました。

二泊三日という短い時間でしたが、その短い時間の中で、一宮中央ロータリークラブの方々は本当にたくさんの子供たちを初め、先生方・親御さん方を笑顔にしてくださいました。
皆様のような方々がいらっしゃるので、バイヨン中学校...クラウ村...カンボジアの未来は、きっと明るいです。
一宮中央ロータリークラブの皆様。長い間の準備、打ち合わせ、本当にお疲れ様でした。そして二泊三日間たいへんお世話になりました。
また次回、お会いできるのを楽しみにしています。ありがとうございました。



五井 梨奈

みなさん、こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

今回は、19日(木)から21日(土)まで奉仕活動のためにカンボジアにいらしてくださっている、一宮中央ロータリークラブの方々の活動模様をお伝えします。

二日目である今日は、教員養成校、バイヨン中学校、コックルール小学校、NGO Hearts of Gold孤児院に訪問し、様々な支援を行って下さいました。

まずは、教員養成校に。
ノートとペンを未来のカンボジア教育を担う学生さんに寄付をされました。



20151120S-01
学生さんたちは、ロータリークラブの方々のお話しを真剣に聞いていました。


20151121S-02
そして、コックルール小学校に。

小学校には、フラフープやシャボン玉といったおもちゃと、生徒たちにはお菓子とノートを全員に配布されました。


20151121S-03
そして最後に記念撮影。
20151121S-04
そして、そのままバイヨン中学校へ。

バイヨン中学校では、ノートを生徒に寄付された後、給食支援も行われました。

お昼ごはんは、ココナッツカレー!!

20151121S-05
子ども達はとってもおいしそうにがつがつと食べていました。

それもそのはず!
カレーと一緒に出てきた白飯は一宮商業高校が作ったおいしい新米でした!

20151121S-06
私も少しつまみ食いさせてもらいましたが、本当においしかったです。

バイヨン中学校での、配給がひと段落ついたところで私たちもモイモイ農園でお弁当を頂きました。

それから、ロータリークラブの方々はホテルに戻られ、

夕方にNGO団体Heart of Gold孤児院を訪れ、物資支援をされたようです。

20151121S-07
(モイモイ農園で集合写真)
明日が最終日となりますが、
ロータリークラブの方々からたくさんのことを学んで、これからのカンボジア生活にも生かしていきたいです。

増原








こんにちは!

今回は先日富山セントラルライオンズクラブのみなさんが来られた時の様子をお届けします。



富山セントラルライオンズクラブのみなさんは、
今回初めて来られたということで
バイヨン中学校とアンコールクラウ村のフリースクールにご案内しました。

まず初めに
バイヨン中学校で校長先生から、中学校やクラウ村周辺地域の教育状況に関する
プレゼンテーションがありました。

20150608m-01.JPG

プレゼンテーションでは、学校の先生が不足しているお話しや
体育や美術といった科目を教える先生がいないという、
今バイヨン中学校が抱えている問題のお話もありました。

その後初めての訪問ということで、チアさんが校舎の中を丁寧に案内していました。
みなさん、一つ一つの部屋をじっくりまわっておられました。


20150608m-04.JPG

20150608m-03.JPG

そして、次に今バイヨン中学校でも特に力を入れている
なまずの養殖場を見ていただきました。

20150608m-05.JPG

なまずはあと2ヶ月ほどで出荷されるとのこと。
でも、みなさんの間ではなまずは美味しいのか?という話でもちきり(笑)
私もまだ食べたことがないので、ぜひ一度食べてみたいです!


今回の富山セントラルライオンズクラブさんの訪問は
コンテナ1つ分の体育館シューズをバイヨン中学校に寄付していただいたことで実現しました。

本来ならば、ここでバイヨン中学校の生徒たちに
直接体育館シューズを渡していただく予定だったのですが、
手続き等に時間がかかるため今回は間に合いませんでした。

ライオンズクラブの代表の方から生徒たちに
「日本で集めた体育館シューズを送ったので
それを使ってみなさんぜひ元気に運動・勉強してください!」
とのお話がありました。


20150608m-06.JPG

訪問してくださった記念に生徒たちと一緒に記念写真!


20150608m-07.JPG

「生徒たちの真剣に学んでいる姿が印象的でした」
と声をかけていただき、私まで嬉しくなりました!


その後アンコールクラウ村のフリースクールにご案内しました。

ここでは、持ってきてくださったさまざまな支援物資を
村の子供たちに渡していきました。

20150608m-08.JPGこんなにたくさん持ってきてくださいました。



20150608m-09.JPG

みんな箱のなかに何が入っているのか興味津々!

洋服がもらえるということでみんな一斉に集まります。

でも押し合ったり喧嘩することなく、
ちゃんと順番を待って並ぶあたりみんなさすがだね。


20150608m-10.JPG
新しい洋服を見せ合ったりしてみんな嬉しそう!

それ以外にも文房具などいろんなものを
ライオンズクラブのみなさんが子供たちに手渡しされていました。


シャボン玉をもらった女の子たち。

20150608m-12.JPG
初めてなので使い方が分からない...。
ということでライオンズクラブの方が見本を見せると...


20150608m-13.JPG

ふぅ~っとたくさんのシャボン玉が!

すごく楽しかったのか、その後もずっとシャボン玉をしていました。
シャボン玉楽しいよね。私も大好きでした~

みんなとってもいい笑顔です。

もらった洋服と一緒に最後はみんなで写真撮影!


20150608m-14.JPG


富山セントラルライオンズクラブのみなさん、ありがとうございました!


籔内
こんにちは!

Facebook でもお伝えしたように、NPO法人オアシスの皆さんがシェムリアップを訪問されています。
今回は2日間にわたるバイヨン中学校での活動内容をご紹介。

【1日目】
この日は2年生が対象。
裁縫と体育に分かれて男女それぞれ授業を受けました。
私は、裁縫の授業を手伝わせてもらうことに!

~裁縫~
この日の授業の目標は"たすきを完成させること"。
まずは女子から。
生徒たち、裁縫したことあるかな?時間内に終れるかな?
そう心配されていたオアシスの皆さん。

IMG_9986[1].JPG
IMG_9980[1].JPG
実際、縫う作業に入ると女の子の手つきが良いこと!!
ほとんどの生徒が裁縫は経験済みでした。
よく、マーケットなどで刺繍をやっている人を見かけます。
みんなもそれやってたのかな?
とってもきれいに細かく縫い上げていました。
IMG_9988[1].JPG
途中まで縫われたたすきは男子に渡されました。
女子からのたすきをうまく受け取って欲しい・・・
不安・・・
IMG_0024[1].JPG
かなり危なっかしい子もいましたが、思っていたより丁寧に仕上げていました。
誰がどう見ても縫い目が大きかったり斜めだったりするのは愛嬌としておきましょう。

何はともあれ、9色×8本=72日本のたすきが無事完成しました~!
最後に作ったたすきを頭につけて記念撮影。
IMG_0056[1].JPG
運動会などで、自分たちが作ったたすきを使えるって幸せですよね。
より一層、やる気がアップしそうです。

~体育~
種目は跳び箱と綱引き。
なんだか盛り上がりそうな種目ですね!

男子は跳び箱どんどん飛んでいくのに対し、女子は少し恥ずかしそうでした。
普段しないことなので、新鮮さもあると同時に戸惑いもあったよう。
ですが、また新しいことに挑戦できてよかったね!という感じです。
IMG_0017[1].JPG
縄跳びも男女ともに必死になって戦っていました!
教室側から先輩を見守る1年生も、なんともかわいらしかったです。
IMG_9997[1].JPG
体育をした後のみんなの顔は本当に爽やかです。
いつも以上に汗を書いて輝いて見えます。
IMG_9997[1].JPGIMG_9994[1].JPG
大人になって仕事をし始めて体力面で困ないように、
今から基礎体力をつけてほしい!
体育の先生がバイヨン中学校に来ることをみんなが願っています。

【2日目】
この日の授業は1年生が対象。

~食育~
生徒は去年も食育の授業を受けているので、タンパク質、炭水化物、ミネラルなどの栄養素の確認から。
ほとんどの生徒が前回の授業内容を覚えていました!
それから、各テーブルに配られた食べ物の絵が描かれているカードが、どの要素にあたるのかを
生徒自身で考え、黒板に貼っていきました。
不正解なし!
前回の授業が印象的だったのでしょう。
IMG_0078[1].JPG

0213 01.jpg

また、自分たちの普段の食事がバランスよく取れているのかもオアシスの皆さんと一緒に確認。
中には、「昨日の夕飯は魚とご飯でした」という生徒も。
この生徒のおかげで、
この食事に1つ野菜を加えるだけでバランスの良い食事になると知った生徒たち。
親にも伝えてみんなで健康的な体になってほしいですね!


~体育~
1年生も跳び箱と綱引きに挑戦!

綱引きに関しては、みんなやりたい!っていう思いが強く。
女子対女子の対戦なのにも関わらず、後ろから男子が忍び寄って参加。
こんなことしていいの!?
もちろん、だめです。
この後、先生たちに怒られ退散(笑)

女子対男子の綱引きも!
さて、どちらが勝つでしょうか!
0213 02.jpg
IMG_0083[1].JPG
見事女子が勝利!!
バイヨン中学校は、強者の女の子が多くいるようですね!なんともたくましい。

最後はチーム対抗リレー。
先生の掛け声で気合も十分に入れ、戦いました!
IMG_0083[1].JPGIMG_0108[1].JPG
楽しかった~と言ってくれる生徒ばかり。
IMG_0114[1].JPG
全種目とも楽しんでいました。

来年予定されている運動会がいまから楽しみです。
実施できるかどうかは未定ですが、是非実施したいですね。
こういった授業や行事が生徒たちの学校をもっとよくしていこうという意識に繋がっているなと感じています。

オアシスの皆さん、素敵な授業をありがとうございました。

坂上


こんにちは!

本日、一般社団法人名古屋環未来研究所の皆さんがバイヨン中学校に来てくださいました。

まず初めに、校長によるバイヨン中学校の教育事情に関するプレゼンが行われました。

IMG_8690[1].JPG
毎回、このプレゼンを聞いて思うのですが、
生徒が学校に行けるようになるには生徒自身の問題だけではなく、親や先生の意識が大事です。
その親の意識づけという部分に関してもバイヨン中学校は手を抜くことなく、生徒の両親に集まってもらい説明会をしています。

今回のプレゼンでは、その他に生徒の年齢や先生不足の問題等を話してくれました。

そのあとは、
体育館シューズの贈与式を行いました。

IMG_8695[1].JPG
サイズは18cm~25cmで、1年生から2年生男女問わずみんなが履けるサイズだったと思います。
みんな背は低いけど、足は案外大きいんだよという声も聞こえてきましたが、おそらく生徒全員にぴったりのシューズが行き渡るでしょう。

また、名古屋環未来研究所では、愛知モリコロ基金を受諾し、バイヨン中学校で生徒と先生が野菜栽培を行うための資金を提供してくださっています。今回は、農具等を購入するための資金の授与式も行われました。
現在、校庭の片隅で、畑をつくる準備をしているところですが、
こちらの農業プロジェクトについては、またの機会にご紹介したいと思います。


IMG_8698[1].JPG
名古屋環未来研究所の皆さんありがとうございました!


坂上

海宝さんのレポート!第2弾

今回は後半の11月11日から13日(最終日)までのレポートをご紹介します。


------------------------------------------

11日はバイヨン中学校にて今一年生を対象に体育、栄養学、理科の授業が行われた後、教員養成学校にて、カンボジアの先生方が日本を訪れた件の報告会が行われました。

どの先生も日本の教育のしくみや施設、衛生環境等に感心しておられました。カンボジアでは、まだまともに学校に通えない子供が沢山います。また、学校も先生がそろわない、教材や施設がないなどして、日本にはあってもカンボジアにはない科目もあります。ハード面の物を揃えるのにはお金が要りますし、ソフト面の物はそこにいる人々の意識や慣習が妨げになり根付かないこともあるでしょう。どのような仕組みを取るべきなのか、模索していく必要があるように感じました。

 

12日は教員養成学校にて体育・理科の授業が行われました。

体育はラジオ体操、行進、竹取物語(棒引き)、リレーと1コマのなかでとても密なスケジュールになっていましたが、学生の皆さんはしっかいりと話を聞いて授業についてきていました

理科の授業ではミラクルフルーツで味覚の変化の実験と、顕微鏡をつかった実験に学生は興味津々。顕微鏡ではハイビスカスの花粉などをみたのですが、皆顔を輝かせてレンズを覗き込んでいました。

先生になると、ただ教えるというだけでなくどのようにして子供に興味を持たせるかが重要になってくると思います。そこに教師としての腕が問われるのですね。彼らは教師になってどのような授業をするのでしょうか。

IMG05213s.jpg
20141112_101342_112s.jpg

最終日の13日は教員養成学校にて体育の授業が行われました。

実はこの体育の授業、竹取物語では昨日から「棒を一回に複数本陣地に持って行くのはいいのか」「相手と棒を取り合っている仲間を助けに行くのはいいのか」など、学生から細かいルールについての疑問が出ました。担当されていたオアシスのメンバーの方はそれら一つ一つのルールを話し合いで決めさせ、「子供たちがルールでもめたら、このように話し合って決めてくださいね」とおっしゃっていました。

与えられたものをそのまま使うのではなく、自分達で自分達に会うように考え工夫することは、今後独立していく中で必要な力になると感じました。


IMG05225s.jpg

初めてカンボジアを訪れ、数々の貴重な体験ができたことにとても感謝しています。写真や資料、人の話で感じていたカンボジアとは大きく違い、まさに百聞は一見に如かずとはこのことだと感じました。

是非またカンボジアの人々にあいに行きたいと思います。ありがとうございました。

海宝 真波

11月8日から13日までカンボジアでNPO法人オアシスの皆様と一緒に活動された

東京農業大学の海宝さんがレポートを書いてくださったので、ご紹介します。

沢山書いてくださったので、11月8~10日までと11日~13日までの2回に分けて、レポートをご紹介します。


-----------------------------------------

初めまして、東京農業大学造園科学科所属の海宝といいます。

今回私は、JSTの小出様のご紹介で、NPO法人オアシスのメンバーの方々の活動に11月8日から13日までご一緒させていただきました。

その様子をレポートさせて頂きます。

 

8日の初日は朝オアシスの方々と合流した後、バイヨン中学校と教員養成学校を回り授業日程の打ち合わせを行いました。

バイヨン中学校では、日本で預かってきた救急箱の補充分を、校長先生へお渡ししました。

また、今後設置する予定の必要な施設や設備の場所や規模、量等についても話を伺いました。

廊下ですれ違ったり、教室のなかから私達の姿をとらえた生徒達は、笑って元気よく挨拶をしてくれ、人懐こく素直そうな彼らに、私の緊張はすっかりほぐされていました。

IMG04981s.jpg

9日はバイヨン中学校の日本語の授業を見学させていただきました。数字をリレー方式に皆で数えていたのですが、100以上まで数えることができていました。日本語はイレギュラーな発音もありますが、しっかり言えていました。お見事!

その後、アンコールクラウ村で紙飛行機の折り方講座を行いました。一人一枚配られた折り紙を、小さい子の分はお兄さんやお姉さんが手伝い、皆丁寧に大切に折り、それぞれの素敵な飛行機が完成。完成した飛行機を飛ばしては、嬉しそうに歓声を上げ追いかけていました。

自分たちの飛行機を回収して席に戻ると、次は手品ショーです。次から次へとあらわれたり変化する様に皆釘づけ、キラキラした目で食い入るように見ていました。

大きな拍手で幕を下ろした手品ショーの後は、皆で給食です。かぼちゃなどの具がはいったおかゆを美味しそうに食べていました。

IMG05015s.jpg

s.jpg

次の日の10日は、バイヨン中学校で二年生を対象に体育、栄養学、理科の授業を行いました。

そのなかでも、私は栄養学の授業を見学させていただきました。オアシスのメンバーの方々が手作りのエプロンと人形を使って、「あか・き・みどり」の食べ物について説明。そのあと自分たちの昨晩のご飯を振り返り、バランスよく栄養がとれているかをチェックしました。ご飯や鶏肉、野菜のスープ、フルーツ等々...。

今日学んだことを、是非生活で生かし、また家族へも広めることで、健康で毎日を過ごしてほしいと願うばかりです。

この後、ヴァンナー先生のお宅でお昼をごちそうになりました。大きな魚の塩焼きや、うなぎの入ったスープ、カンボジア風そうめん等々...ボリューム満点で美味しかったこの料理、すべて先生の奥様の手料理だったのです。日本では見ないようなものも勿論あり、カンボジアの人々の文化に触れることができたように感じました。

夜は逆に、他の皆様をお招きしてCafé MoiMoiにて、日本料理の夕べが開催されました。オアシスの女性メンバーが司令塔となり皆で作ったのは、焼き鳥や手巻き寿司、カレーや鍋など、日本人であればなじみ深いメニューです。日本料理の説明を不思議そうな表情でうけていたお客様方も、実際に食してみると「美味しい」と笑顔を見せてくださり、日本料理を楽しんでいただけたようでした。他にもマジックショーや、カンボジアのダンスを踊るなどして、濃い異文化交流ができた一日でした。

IMG05193s.jpg
20141110_082753_232s.jpg
海宝 真波

つづく
こんにちは!

今日は、11月16日に行われたやまなみの皆さんとクラウ村の子どもたちとの交流会の様子を
お届けいたします。

プログラム1:歌交換
まずはクラウ村の子どもたちにカンボジアの曲「アラッピア」を披露してもらいました。
年齢関係なく、みんなで手拍子を叩きながら歌ってくれました。
次は、やまなみの皆さんが日本の曲「すずめの学校」を歌ってくださいました。
子どもたちも少し口ずさんでいて、楽しい様子で交流会がスタートしました!

IMG_8213[1].JPG
プログラム2:絵画展の報告
子どもたちが描いた絵画が、新宿と渋谷の2か所で展示会として披露されました。
そのことを子どもたちに写真を見せて報告しました。
自分の絵の説明をしてくれた子もいます。
子どもたちは非常に感性が豊かで、彼らの絵にはいつも魅了されます。
絵を見ているとどれも特徴を捉えることができていて彼らはそういうことが得意なのかな
と思います。

IMG_8225[1].JPG
プログラム3:作って遊ぼう
用意するものは紙コップと輪ゴムとテープのみ。
これだけで簡単に紙コップロケットができるのです!
6歳、7歳の小さい子にはまだ難しいかなと思ったのですが、
中学生のお姉さん、お兄さんがしっかりとサポート!さすがです。

みんなそれぞれ個性あふれるロケットを作って遊んでいました!

IMG_8237[1].JPG
プログラム4:みんなで遊ぼう
この日は、みんなで「だるまさんがころんだ」をしました!
あまりルールを理解してない子たちも多く、
「だるまさんがころんだ」と言ってもどんどん前へ前へ進んでいく子も。。。
しかし、面白いことに最後の「ストップ」という掛け声には、
みんな過敏に反応し、「だるまさんがころんだ」で止まるときよりも、
ぴしっと静止。
何はともあれ、楽しくはしゃいでいる子どもたちの姿が見れ、良かったです。

1116 daruma.jpg
そのあとは、「チェッチェッコリ」と「幸せなら手を叩こう」を踊り、歌いました!

プログラム5:風船アートでさようなら
やまなみの皆さんから子どもたちに犬や刀の形になった風船と、お菓子やジュースのプレゼント。
朝ごはんを食べられない子どもたちにとってはとても嬉しいプレゼントだったのでしょう。
みんなそれをその場でもくもくと食べる子も見られました。

1116 okasi.jpg

やまなみの皆さん、村の子たちに最高の時間をプレゼントしてくださってありがとうございました。

また機会があれば、子どもたちと一緒に何かアクティビティができたらいいなと思います。


坂上


こんにちは!
昨日からアンコールやまなみファンドの皆さんがカンボジアに訪問されています。

アンコールやまなみファンドとは、日本政府遺跡救済チームの団長、中川武さんと中川さんの同級生の皆さんが中心となって活動されています。
2006年には、アンコールクラウ村に「やまなみ塾」を開設しており村の子どもに沢山の支援をしてくださっています。

今日は、バイヨン中学校にて子どもたちにカレーを振る舞ってくださいました。
カレーは、地元のお母さんたちが作ったカンボジア風のカレーです。

IMG_8174[1].JPG

カレーのほかに空芯菜の炒め物も!

IMG_8176[1].JPG
実は、この空芯菜は生徒たちが愛情込めて作ったものなのです!!
生徒たちが作った空芯菜は、絶品!おいしかったです。

ご飯を食べた後は、やまなみの皆さんによる交流会が始まりました!
プログラム1:歌の交換
カンボジアの歌「アラッピア」を生徒たちが元気よく歌ってくれました。
今日は歌だけでしたが、いつか踊りも教えてもらいみんなで踊りたいですね。
日本からは「かえるのうた」をプレゼントしました。
私の日本語の授業でも復習しようと思います!

歌を交換した後は、ミニ運動会!
プログラム2:ボール遊び
列に並んで、ボールをおたまから落とさないように走り競うボールゲームです。
よ~いどんっ!!

IMG_8188[1].JPG
みんなチームを応援して盛り上がっていました。
この様子の動画をFaceBookに投稿しているのでそちらもご覧ください。

プログラム3:リズム体操
「幸せなら手を叩こう」や「チェッチェッコリ」を大きな輪になって踊りました。
「幸せなら手を叩こう」のクメール語バージョンを生徒たちが披露してくれましたが、
日本のものとは違って個性が出てました。

プログラム4:護身術
やまなみの皆さんから今までに知らなかった新しい武術を習う生徒の目はぎらぎらしていました。
今にも殴りかかりそうなくらい勢いのあるパンチをきかせている子も。
IMG_8199[1].JPG



やまなみの皆さん、美味しいカレーの準備や楽しいミニ運動会を開催してくださり、
ありがとうございました。
生徒たちもお腹を満たすことができ、さらに日本の踊りや護身術を知ることができ、とても喜んでいるようでした。

アンコールやまなみファンドHP
http://www.npo-if.jp/yfund/jp/activity_02.htm


坂上
こんにちは!

先日からカンボジアに訪問され活動しているNPO法人オアシスさんの活動についてを
今日はお届けいたします。

11月10日(月)は、バイヨン中学校でオアシスのみなさんによる特別授業が開かれました。
教科は、体育、食育、理科の3つです。
この日は、2年生を対象に授業をしてくださいました。
次の日は1年生にもしてくださる予定です。

バイヨン中学校の2年生を3クラスに分け(1クラス30人程度)、ローテーションすることで生徒全員が
それぞれの教科の授業を受けることができました。

私は、体育のお手伝いをさせてもらいました!

1110 06.jpg
準備運動から始まり、縄跳びで体をならし、最後にはチーム対抗リレーを!!
2年生は、去年も縄跳びをやっているので連続して何回も飛べる子もちらほら見うけられました!
しかし、縄跳びをするときに1つ問題があったのです。。。
3分の1程度の生徒が、縄跳びを持ってきていない!!!
みんなに「縄跳びを持ってくるようにと言われてないの?」と聞くと、
「言われました」と正直にみんな手を上げ答えます。
せっかく体育の授業ができるのに、、、全員に忘れず持ってきてもらいたっかたです。
次回から何か持ってくるようにと言われたら全員パーフェクトで持ってきてもらえるように、念を押して言わなければならないなと。

縄跳びは、仕方なく友達同士で交互に使い、次はチーム対抗リレーです。
去年は、トラックを回らずに近道して走る生徒もいたようですが、
今年はだれ1人としてずるをする生徒はいませんでした!
さすが2年生。少しずつ大人になっていっているんだなと思わせる態度がみれて嬉しかったです。

1110 07.jpg

みんな暑い中、お疲れ様!
オアシスのみなさんのおかげで生徒たちも楽しんで授業を受けられたのではないかと思います。

食育の授業では、絵や、手作りの目玉焼きや野菜などを使った分かりやすい授業だったようです。
校長先生も絶賛していました!

1110 08.jpg
理科の授業では、先生自前の顕微鏡を使った授業で、生徒たちにとってはとても新鮮な授業になったのだろうと思います。

オアシスのみなさん、ありがとうございました。
私自身も日本語の授業をしているので、みなさんの授業のやり方は参考になり、
多くのことを吸収させてもらいました!

明日は、1年生対象の授業です。
初めて受ける授業で期待を膨らませていることだと思います!
明日は、同行することができないので、次の日本語授業の時に生徒たちに
感想を聞こうと思います。

坂上


こんにちは!

昨日からNPOオアシスさんがカンボジアに訪問されています。
1週間こちらで活動されます!

昨日は、バイヨン中学校へ行き校長先生と打ち合わせをしてきました。
校長先生も久しぶりのオアシスのみなさんとの再会を喜んでいるようでした。

バイヨン中学校の敷地を見渡し、学校を建てる前はもっと広く感じたなあとおっしゃっていました。
今後、さらに校舎が増築されるとまた学校の見え方が変わるかもしれませんね。
現在バイヨン中学校に通っている生徒、未来の生徒にとって居心地の良い場所づくりができたらいいなと感じます。また、そのお手伝いをしていきたいと。
IMG_7956[1].JPG
そして、今日はクラウ村の子どもたちにおかゆを作ってくださいました。
とってもおいしそうにぱくぱく食べる子どもたち。
「チュガニュ」(美味しい)「チュガニュ」という言葉が飛び交っていました。
村の子どもたちにこのお粥を配ってくれた中学生、青年たちも楽しそうに配っていて、
見ていてなんだかほっこりしました。
いつもはやんちゃな子たちもこの時は、お姉さんお兄さんに見えました。
生徒のこのような一面が見れて、感激です。

IMG_8014[1].JPG

昼食は、自然豊かなMoiMoi農園で。
「クロラン」という竹の中にもち米と小豆、ココナッツなどが入ったカンボジアのおこわが絶品だということで一人1本頂きました。
ぜひ、カンボジアに来た際はみなさんもお試しください!町のいたるところで見かけます。

大人数で、しかも自然に囲まれて食べるお弁当は最高でした。
IMG_8020[1].JPG
明日からは、中学校でNPOオアシスのみなさんによる特別授業が始まります!
私も参加させていただきますが、いまから生徒たちがきっと楽しく目を輝かせて授業をうけるんだろうなと思うと、わくわくします。

坂上