About JST
JST News!
TOP >> JST News!  >> インターン日記(清水)

インターン日記(清水)の最近のブログ記事

こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

バイヨン中学校に民俗学資料室を作るため、5月から民俗学調査などをしてきましたが、先月インターンを終え日本に帰って来ました。最後に民俗学資料室についてお話ししておこうと思います。

そもそもなぜJSTが民俗学資料室を作るのか...

カンボジアには興味深い神話や信仰、祭り、民具がたくさんあります。しかしカンボジアの子供たちは自国の伝統文化にあまり関心がなく、伝統文化が失われつつあるのが現状です。地域に固有の伝統文化を受け継ぎ,発展させていくのは地域の子どもたちです。その子供たちに伝統文化に対する興味や関心を持ってもらいたいという思いから民俗学資料室の創設に至りました。


5月から僕とカンボジア人スタッフのスメイとの二人で、アンケート調査や、村での民俗学調査、民具の購入、展示パネルの作成などを行ってきました。民具等の説明文の作成にはとても苦労しましたが、他のカンボジア人スタッフにも協力してもらい、ある程度完成させ、何とか仮展示までもってくることができました。

DSC02965.JPG

仮展示の様子

DSC02981.JPG

JSTスタッフのスメイと


民俗学展示のための教室は現在建設中で、来年1月頃に完成予定です。まだ民具の説明パネルなどが出来上がっていないため、実際の展示は2月頃からになります。

カンボジアには、アンコール遺跡群から出土した像などを展示している博物館はありますが、民俗学博物館はほとんどありません。バイヨン中学校では、キッチン・家庭用品や、農業・漁業の民具、また信仰に関するものなどの民俗学展示があります。日本にはない民具も多く、面白いと思います。

カンボジアにお越しの際は、是非バイヨン中学校で民俗学展示をご覧下さい!




こんにちは!

JSTインターン生の清水です。


今回は、カンボジアの農村部の住居と村人の生活について紹介したいと思います。

カンボジアの農村部では高床式の住居が一般的です。床の高さは家によって異なりますが、大体地上から1.52.5メートルの高さに作られます。

屋根は一般的に瓦や、トタン、ヤシの葉から作られています。

瓦は日光の熱がこもらず長持ちしますが、ほかの素材のものよりやや高いです。トタンは瓦より安いですが熱を遮らないため、日中はかなり暑くなります。また雨の日にはトタン屋根に雨が打ち付け凄まじい音が鳴り響きます。ヤシの葉は1,2年ごとに葺き替えなければならず、雨の日は雨水が漏れます。

DSC02136.JPG
瓦屋根

DSC02797.JPG
瓦屋根

DSC02338.JPG
トタン屋根


高床式のメリットとしては、風通しがよいこと、雨季に家が冠水しないこと、夜に危険な動物の侵入を防げることなどが挙げられます。

日中は床下が日陰になり、風通しもよいため、村人は日中のほとんどを床下で過ごします。そのため村では、ハンモックで昼寝をする村人や、かごを編む女性の姿を見ることができます。また村人は、床下に牛車や鍬などの農具を置き、スペースを有効活用しています。

DSC02202.JPG
ハンモックで寝る赤ちゃん


DSC02207.JPG
チール(ざる・かご)を作る女性


parm mat.JPG
ござを作る女性

DSC01628.JPG
井戸水を汲む子ども

 

夜になり蚊が出だすと、村人は家に入りテレビを見るなどしてくつろぎます。電気が通っていない村も多く、夜は車用のバッテリーで明かりを灯す程度であるため部屋は薄暗いです。20時頃になるとござを敷き蚊帳を吊って寝ます。朝は5時頃に起き、暑くなる前に仕事を始めます。村人は早寝早起きなのです。

DSC02327.JPG
テレビ

カンボジアの農村部の様子を理解して頂けたでしょうか?

それでは次回のブログもお楽しみに!


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

バイヨン中学校に民俗学資料室を設立する計画も大詰めを迎え、いよいよ民具の購入を開始しました。カンボジアの村には、日本ではずいぶん前に失われてしまったものが残っていると感じています。

今日はその中から村で使われている臼を紹介したいと思います。 


磨り臼

籾をすって籾殻を取り除くのに用いる臼です。上下二つの円筒系の臼からなり、上の臼を回転させて穀物をすります。

DSC0144.JPG

杵、臼

米を精米する際に使います。プノンペンの年中行事である「水祭り」(ボートレース)の日の夜には、臼に入れた米をついて作ったアンボック(餅菓子)を、満月を見ながら食べます。

DSC01454.JPG

踏み臼(唐臼)

てこの原理を応用した足踏み式の臼です。精米、籾摺りに用いられます。また製粉する際にも用いられます。

DSC02129.JPG

挽き臼

上下に円盤状の石を重ね、上の石を回して、米を粉にします。ノムバンチョック(そうめんのようなもの)や、クロック(たこ焼きのようなもの)、ノムポンム(ワッフル)などのお菓子を作る時に使います。

DSC02144.JPG
DSC02703.JPG

ノムバンチョック

日本の田舎でこうした臼が実際に使われているところを見るのはまず無理だと思います。カンボジアでも伝統的な米作りは失われつつあり、機械化が進んでいます。しかしながら、こうした伝統的な方法がカンボジアにはまだ残っているのです。

次回はカンボジア農村部の住居を紹介したいと思います。


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

バイヨン中学校民俗学資料室開設の準備、そしてそのための村での民族学調査が僕の業務なのですが、村での調査はほぼ終わり、展示形式や説明用のパネルについて考える段階に入りました。

今日は、村で使われている民具、特にざる・かご類を紹介したいと思います。

 

チール(ざる)

ロムペアッという草の茎からできています。様々な形があり、それによって使い方が異なります。底の浅いものは、魚を干したり、野菜やノムバンチョック(そうめんのようなもの)を入れる皿として使われます。

cheal2.JPG
cheal9.JPG
cheal11.JPG
ropeak3.JPG
ロムペアッ

 

コンチュール(かご)

米など様々なものを入れるのに使います。また、穀粒を選別する際にも使われます。

kanjer4.JPG
kanjer5.JPG

 

チョンエー(箕)

穀物を入れ、あおって、籾殻、米ぬかをふるいわけます。また、魚を干す際にも使われます。

chorng eir2.JPG
DSCO01472.JPG

 

コンチュラエー(ざる)

割れた米を選別する際に使います。

kanj chreng.JPG

 

トロー(かご)

ロムペアッやパダウ(籐)という草の茎からできています。捕まえた魚やカエルなどを入れます。

trok2.JPG

カンボジアには様々なざる・かごがあることが分かっていただけたと思います。日本人からすると同じように見えても、それぞれ用途が異なり、また名前も異なります。なかなか興味深いです。それでは次回もお楽しみに!


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

現在、JICAのプロジェクトの一環として、甲府市がシェムリアップの下水道・水環境改善に取り組んでいます。今日はその活動の様子をお伝えします。

シェムリアップでは、排水路の能力不足や流入ゴミの閉塞により浸水が頻発しています。また、下水道の管理運営をシェムリアップ州下水道施設局が十分にできていないという問題もあります。そこで甲府市上下水道局の方が施設局職員の下水道施設の管理能力向上のために、技術指導などをしているそうです。


今回は、スワイダンコム村の住民に、下水道に関する意識調査アンケートを実施しました。

DSC02257.JPG
村長とミーティング


DSC02260.JPG
アンケートに回答する村人

シェムリアップの中心市街地以外では下水道が通っているのにも関わらず、使っていない地域も少なくありません。シェムリアップ全体で約3割しか下水道が使われていないそうです。下水道の重要性を理解していない住民は多く、そこで甲府市上下水道局は学校への出前授業など、下水道・水環境改善に向けた啓発活動を行っているそうです。しかし課題は山積みで、シェムリアップの水環境改善にはまだまだ時間がかかりそうです。


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

シェムリアップで一人の日本人女性が「小さな美術スクール」で子供たちに絵を教えています。この「小さな美術スクール」を作ったのは元高校美術教師の笠原知子先生。200812月に個人資金で教室を開いたそうです。月1回笠原先生のご自宅で授業をし、月3回は村で出張授業、生徒数は350人にのぼります。

 

9時前に、アンコール・クラウ村の子供たちがトラックの荷台に乗ってきました。月1回の美術授業をかなり楽しみにしているそうです。

image (2).jpeg

整列する子供達。先生の話をしっかり聞いていました。毎回点呼もとっているそうです。

DSC02018.JPG

 

最初の30分は日本語の授業で、美術に関する言葉や数字、日常会話の勉強です。一方通行の授業ではなく、子供たちが先生の質問に答える形式で、主体的な子供が多かったです。

DSC02021.JPG

 

そして次が美術の授業です。子供達は真剣に黙々と油絵を描いていました。周囲の人の絵が見られる状況なので、子供たちは友達の絵を覗き込んだりしていました。そうすることで、お互いに刺激されますます絵が上手くなっていくのかもしれません。

DSC02034.JPG
DSC02027.JPG

子供たちの絵は色や形、構図が個性的で変化に富んでおり、生き生きとした絵が多かったです。発想や表現がとても豊かです。

DSC02035.JPG
DSC02031.JPG


子供たちは絵に没頭しており、とても真剣でした。心から没頭するという力はとても重要です。好きで集中して取り組んだことが、将来花開く場合も多いはずです。この中から未来の画家が生まれるかもしれません。

---------------------------------------------------------------------------------

小さな美術スクール http://www.smallartschool.org/


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。


先日NPOオアシスの皆さんにバイヨン中学校でマジックの授業(美術・体育については以前のブログをご覧下さい)、そして教員養成学校で体育の授業をしていただきました。今日はその様子をお伝えします。

マジックの授業をしてくださったのは、平出先生。新聞紙から牛乳が出てくるマジックや、お金が次々出てくるマジックなどを披露してくださいました。子供たちはマジックに興味津々で、特に絵本から飴がたくさん出てくるマジックは拍手喝采でした。

DSC01968.JPG
DSC01975.JPG

教員養成学校では、まずラジオ体操と行進をしました。学生は行進をしたことがないようで、歩調が音楽と全く合っておらず、手と足が同時に出ている人も多数いました笑

行進はなかなか難しいようです。

DSC01997.JPG

その後、男女に分かれてリレーをしました。男女とも白熱した戦いを繰り広げ、非常に盛り上がりました。

DSC02006.JPG
DSC02007.JPG

次はバスケットボールです。ラグビーのようにボールを持って走ったり、ダブルドリブルをしたりする学生が続出しました。バスケットのルールを知らないようです...それでも皆が懸命にボールを追いかけ、シュートが決まると大きな拍手が沸きました。

DSC02011.JPG
DSC02015.JPG

 

あまりバスケットをしたことがない女の子も楽しそうに試合をしていました。バスケットの楽しさ、スポーツの楽しさをわかってもらえたと思います。NPOオアシスの皆さん、本当にありがとうございました。


次回は、シェムリアップで日本人女性が運営する「小さな美術スクール」を紹介したいと思います。


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

先日NPOオアシスの皆さんにバイヨン中学校で特別授業をしていただきました。今日はオアシスさんの美術と体育の授業の様子をお伝えします。

美術の授業は足立先生が担当してくださいました。子供たちは風景画を描いたり自画像を描いたりと、思い思いに絵を描いていました。

DSCO01940.JPG


村の子供たちは、あまり絵を描いたことがありません。クレヨンで絵を描く子供たちは生き生きとしていて、そしてとても真剣でした。

DSC01941.JPG
DSCO01947.JPG

最後に日本の中学生に向けてメッセージを書いてもらいました。「日本に行きたいです!」「カンボジアに遊びに来てください!」などと書いていました。嬉しいですね。

 

金田先生の体育の授業では縄跳びと走り幅跳びをしました。最初は全然飛べなかった子供たちも時間が経つにつれて、できるようになっていきました。カンボジアの子供たちはとても吸収力があります。

DSC01931 (1).JPG

 

次は走り幅跳びです。走り幅跳びのやり方が分からず、両足で踏み切る子供たちもいましたが、何度も練習するうちにコツをつかみ、飛距離も伸びていきました。女の子もとても楽しそうで、とても盛り上がった授業になりました。

DSC01953 (1).JPG

普段、美術や体育の授業がないため、こうした授業は非常に新鮮だったと思います。これを機に子供たちが芸術や運動をより身近に感じてもらえればと思います。

次回のブログもお楽しみに!

-----------------------------------------------------------------------------

体育授業の縄跳びの様子を動画にまとめ、JSTのFacebookにアップしています。是非ご覧下さい。

JST Facebook

https://www.facebook.com/NGO.JST?ref_type=bookmark



こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

中学校周辺の村にどのような伝統が残っているのか、また生徒の家庭や生活について把握するため、5月前半にバイヨン中学の生徒117人(男性55人・女性62人、11才~18才)にアンケートを実施しました。前回に引き続き、今回もアンケートの結果をいくつか紹介したいと思います。


問.両親の職業は何ですか?

father.png
mother.png

父親、母親とも農家が最多となりました。父親では、遺跡修復作業員が農家に続いていますが、これはすべてアンコール・クラウ村の住民でした。JASAの作業員にはアンコール・クラウ村の人が多いためです。カンボジアの遺跡管理機構であるアプサラ機構の職員も多く見られました。また、少数ながら医者、音楽家などの回答もありました。


問.家にどのような漁業道具がありますか?

fish.png

カンボジアの村では魚は買うものではなく、自分で捕るものです。なので家に漁業道具がある割合は高かったです。本業の仕事が終わり、夕方くらいから近くの池などに行くそうです。


DSC01845.JPG
トルー(魚を捕るために水底に置く長いかご)


DSC01625.JPG
チュネアン(魚をすくって捕るためのざる)


DSC01806.JPG
アンロット(上から被せて魚を捕るかご)


アンケートに答えたことのない生徒も多く、おかしな回答がたくさんありました。少し難しかったのかもしれません。現在、民具や信仰について村で調査をしているので、調査結果もいずれ報告したいと思います。

次回はNPOオアシスさんのバイヨン中学校での特別授業の様子をお伝えします。


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。


バイヨン中学校に民俗学資料室をつくるにあたり、中学校周辺の村にどのような伝統が残っているのか、また生徒の家庭や生活について把握するため、5月前半にアンケートを実施しました。アンケートに協力してくれたのはバイヨン中学校の生徒117人(男性55人・女性62人、11~18才)です。

今回と次回のブログで、アンケート結果をいくつか紹介したいと思います。


. 両親は何歳ですか?

parents.png

 父親、母親とも40代が最多となりました。父親の場合は50代、30代と続くのに対して、母親は30代、50代と続いています。日本と同様、男性が女性より年上の場合が多いようです。



. 何人家族ですか?

family.pngのサムネール画像

 平均は6.85人です。日本の中学生に同様の質問をすれば、平均は4人程度でしょう。カンボジアは大家族が多いということが分かります。



. アンコールワット、アンコールトム、シェムリアップ市内、トンレサップ湖に行ったことはありますか。

angkor thom.png

 アンコールトムは96.6%の生徒が行ったことがあると答えました。しかし、かなり近くにあるにも関わらず、3.4%の生徒がアンコールトムに行ったことがないというのは意外でした。またシェムリアップ市内に行ったことがある生徒は35%だけでした。バイクで20分ほどの距離で、自転車でも行くことはできます。それにも関わらず行ったことがないというのは、親の仕事の手伝いで時間がない、行ってもお金がないし何もできない、そもそも興味がない、などの理由が考えられます。また、トンレサップ湖に行ったことのある生徒は1人(117人中)でした。


次回もアンケートの結果についてお話したいと思います。お楽しみに!


 こんにちは!

JSTインターン生の清水です。


日経新聞の記者の方がJASAの遺跡修復の様子を取材しに来てくださいました。

 

取材を受けるJASA 技術補佐の石塚さん。JASAは将来的にはカンボジア人のみで遺跡修復ができるように技術移転を進めており、また人材育成にも力を入れているそうです。

DSC01566.JPG

日経新聞の記者さんと石塚さん(左から)


修復現場で指揮を執っていたJASA副所長のプロスさんも取材を受けました。遺跡修復への思いを熱く語っていました。

DSC01563.JPG

プロスさん、チアさん、石塚さん、記者さん(左から) 


その他、作業員の方々も取材を受け、いろいろと質問されていました。

 

いったいどのような記事になるのでしょうか?

記事は712日の日経新聞朝刊に掲載予定です。お楽しみに!

こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

今回は、先日アンコール・クラウ村で行われたJSTの農村紹介ツアーの様子についてお伝えしたいと思います。

JSTの農村ツアーでは、アンコール・クラウ村の民家やお寺、小学校など、JSTのメンバーが村の暮らしや魅力、抱える課題などをご紹介しながら散策します。また、伝統料理体験、フリースクールでの授業見学等もすることができます。

今回のツアーでは、伝統料理体験、JSTスタッフのナモイさんによる村のガイドを行いました。

伝統料理体験では、クロランというもち米と豆をココナッツミルクで蒸したおこわのような食べ物を作りました。

ナモイさんがクロランの作り方について説明しています。

DSC01409.JPG

ココナッツミルクを入れ、もち米、豆、ココナッツの果肉を混ぜ合わせています。
DSC01411.JPG

そしてそれを竹筒に詰め、わらで蓋をします。
DSC01421.JPG

このようにして、竹が真っ黒になるまで焼きます。いったいどのような出来上がりになるのでしょうか?
DSC01429.JPG

 

出来上がるまで2時間ほどかかるので、その間にナモイさんにアンコール・クラウ村を案内してもらいました。

 

これは昔の宿泊施設です。現在は村のお祭りの時しか使われていないそうです。

DSC01433.JPG

次に、村の中にひっそりと佇む遺跡へ。施療院として12世紀に建てられたそうです。アンコール・ワットなどとは違い小さな遺跡ですが、神秘的で趣がありました。

ロクランができるまで時間がまだあるので民家へ。 脱穀、籾摺り、精米体験をしました!これは籾殻つきのお米を脱穀しているところです。棒を前後に動かすことで、脱穀機が回転します。
DSC01445.JPG

次にこのようにざるの上で米をなびかせ籾殻を取り除いています。この女性...達人でした笑
DSC01472.JPG

そして精米です。杵で打っています。
DSC01455.JPG

村の人はいつもこの作業をしているそうです。大変ですね。


そろそろクロランが出来上がる時間なので、フリースクールへ。 クロランが出来上がっていました。これは真っ黒になった竹の表面を切り落とし、竹の薄皮だけを残したものです。
DSC01480.JPG

いよいよ昼食です。クロランとMoiMoi弁当を持って、パノラマテラスへ。上からの景色は最高でした。
DSC01485.JPG

このようにバナナの皮をむくようにして食べます。
DSC01483 (1).JPG

味は赤飯に似ていて、とてもおいしかったです!
DSC01482.JPG

これにてJST農村ツアーは終了です!遺跡ツアーに参加した人はいても、こうした農村ツアーに参加されたことのある人は少ないのではないでしょうか?遺跡ツアーも面白いですが、農村ツアーでは普通ではなかなかできない体験をすることができますよ!

遺跡とは違う面からカンボジアを楽しみたい!という方はJST農村ツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

JSTでは、訪れる方々それぞれの日程とご希望に合わせて訪問プランを企画します。ご興味をお持ちの方は、こちらの連絡先までどうぞお気軽にご連絡ください。

JSTオリジナルツアーお問い合わせ   info@jst-cambodia.net





こんにちは!

JSTインターン生の清水です

 

 

今回は先日バイヨン中学校で行った植林の様子をお伝えします。

 

 

 

今回植林のために用意された苗木は約200本!

オレンジ、マンゴー、ジャックフルーツ、ドリアン、ザボン、ミルクフルーツなど全て食べられるものです笑

 

DSC01115[1].JPG

 

まずは穴掘り。

ボランティアで来てくださったアンコール・クラウ村の方々と、JASAの作業員の方々が頑張ってくれました。

 

DSC01124[1].JPG

 

次は苗木運びです。

子供たちが運んでくれました。

 

DSC01132[1].JPG

 

自転車に乗せて運んでいます!

その発想はなかったです笑

 

DSC01140[1].JPG

 

苗木を穴に入れています。

 

DSC01136[1].JPG

 

その上に肥料や落ち葉を入れて完成です!

 

DSC01146[1].JPG

 

今回の植林で100本以上の苗木が植えられました。

 

DSC01178[1].JPG

 

実がなるのが楽しみですね。

 

 

 

それでは次回もお楽しみに!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の植樹は、(一財)国際開発センター(IDCJ)との共同事業で、公益(財)国際緑化推進センターの「緑の募金国際緑化公募事業」の助成金により実現したものです。



 

こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 


今回はバイヨン中学校で行ったアンケート調査の様子をお伝えします!


 

前回のブログでもお話したように、村の伝統文化や生活様式について調査するのが僕の仕事です。

 

その調査の第一段階として、バイヨン中学校でアンケート調査を行いました。

 


アンケートの質問は、民具、風習、仏教、神話、家族構成など多岐にわたります。

子供たちの家にある民具両親の職業などを聞き、興味深い子供たちの家を実際に訪ねてみようと考えています。

 



アンケート配布後、校長先生がアンケートの回答の仕方を説明してくださいました。


image.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


アンケートに回答した経験がない子供たちも多いようで、どのように答えれば良いのかを丁寧に説明していました。

 

 

真面目にアンケートに答える子供たち...

 

DSC01036[1].JPG

 

と思いきや、途中からは思い思いに話し合いをしたり、立ち上がってどこかに行ってしまったりしました笑


DSC01043[1].JPG


いったいどのような回答が得られたのか...?

 


今後も調査の様子をお伝えしていきたいと思います!


 

 

次回はバイヨン中学校で行った植林の様子についてお伝えします。




はじめまして!

51日からJSTにインターンさせていただいている、関西学院大学の清水涼平です。


 

4ヶ月のインターン期間でJSTの活動、そしてカンボジアの魅力について皆さんに伝えていければと思っています。

 



 

初回は、バイヨン中学校に設立予定の民俗学資料館、そして僕の仕事である民俗学調査についてお話ししたいと思います。


DSC01042[1].JPG

バイヨン中学校校舎


まず、なぜバイヨン中学校に民俗学資料館をつくろうという話が持ち上がったのか...


 

日本でも同じことが言えるかもしれませんが、カンボジアの子供たちは自国の伝統文化にあまり関心を持っていないそうです。


 

自国の文化や歴史に対する理解を深めることは何よりも大切で、それらの理解なくして、他国の文化の理解はあり得ません。



子供たちが伝統文化に触れる機会が増えれば伝統文化に対する関心も高まるはずです。

 


そしてそれは伝統文化の裾野を広げることにもつながります。

 

 

そのため、バイヨン中学校民俗学資料館をつくろうという話が持ち上ったのです。





僕の仕事は、村の生活様式、神話、祭り、儀式、民具、信仰、家族構成などの伝統を調査していくことです!

 


バイヨン中学校周辺の村には、一体どのような伝統が残っているのか...?



これからの調査でどんどん明らかにしていきたいと思います!




次回はバイヨン中学校で行った民俗学に関するアンケート調査の様子をお伝えしたいと思います!