About JST
JST News!
TOP >> JST News!  >> バイヨン中学校創設

バイヨン中学校創設の最近のブログ記事

1121()

こんにちは。関西学院大学の伊藤です。

今日は、JSTスタッフのSmeyくんがバイヨン中学校のある授業に参加したときの英文メモを元に、彼から直接聞いた内容も追加して提供致します。

****************************

 

IMG_0309.jpg


今日は、プノンペンにある王立芸術大学で教鞭をとるアン・チュリアン教授をバイヨン中学校にお招きし、生徒たちに向けて授業をして頂きました。

彼はクメール文化の第一人者で、大学ではクメールの文化人類学と碑文を教えています。

彼が子どもたちの前で授業をするのは初めてとのことで、どのように説明したら子供に理解してもらえるか、前の晩は眠れなかった、などと冗談を交えながら話してくださり、僕らにとってもこの授業に立ち会えたのはとてもラッキーなことでした。  

IMG_0321.jpg


授業のテーマは「アンコール地域の遺産」。

多くの写真とともに、有形および無形の遺産が紹介されました。例えば、アンコール・ワットや、バイヨン寺院、牛車やクメール料理や籠、そしてそれぞれの作り方や修復の技術に関してです。 

IMG_1695.JPG

 

←魚を獲る籠。

魚が入り込む入口部分の"仕掛け"の形などは、何百年という長い年月をかけて少しずつ改良・工夫され、今の形になった。魚獲りの籠ひとつとっても貴重なクメールの財産なのだと、先生の説明には力がこもっていました。

 



IMG_1700.JPG


 

←クメール伝統の蜜蠟も、今ではほとんど作られなくなっています。





IMG_1709.JPG







 

←村では日常的に使っている籐籠も、作れる人が減ってきています。

 

村の子供たちにとっては、生活の中に当たり前のように溶け込んでいる日常の道具ですが、街の人にはもう作れない、触れる機会が減っている貴重な文化であることを伝えてもらいました。

子どもたちは終始講義に夢中で、笑ったり驚いたりしながら授業に聞き入っていました。

それらは村の中で、代々伝わってきたものであり、これからも同じように伝えていくことは簡単なことではない、ということに気付いたようです。

 

IMG_1713.JPG

←クメール王朝時代から続く祭事の様子。




 

同時に、村の子供達にとってもなかなか見る機会のない、すでに消えつつある祭事の写真なども紹介して頂きました。伝統的な文化が多く残っているとされるバイヨン中学校周辺の村落ですが、近年、便利な道具や生活が手に入りやすくなり、手間のかかる技術や文化に触れる機会は減っているようです。

 

無形遺産は、その技術を持った人が誰にも伝えないまま死んでしまえば、そこで技術の継承は途絶えてしまい、容易に消滅してしまいます。

これからは、文化を受け継ぎ、後世に伝え、互いに共有していくことが大切だと思います。

 

アン・チュリアン先生、ありがとうございました!

(原文)

Today, JST had invited Professor Ang Choulean to have a presentation for students in new junior high school near Angkor Thom . The topic is "Heritage of Ankgor ". Tangible and Intangible heritage were explained in his presentation with many picture in slides show

There are around 130 participants who had jointed this great event.


Students look like happy and smile with pay attention during his lecture.

We were so lucky, because it was the first time of his presentation to children and for this new school.


Nowadays, Professor Ang Choulean lectures anthropology (Study of Khmer culture) and Old Inscription at Royal University of Fine Arts.

He is a well-known of Khmer culture researcher. 

11月14日(木)

JSTコーディネーターの小出陽子です。

開校したばかりのバイヨン中学校では、JSTが企画する特別授業を2週間に1回のペースで行う予定です。
今日は、先月末のソティ氏に引き続き、JASA(日本国政府アンコール遺跡救済チーム)の考古学専門家、コーベット氏の講義が行われました。

131114_01.JPG


















無形文化財、有形文化財について、
寺院を中心とした文化や風習・慣習について、
バイヨン寺院での発掘について、
日本での発掘について、
発掘によって出土した土器について・・・・・。

131114_05.JPG

131114_06.JPG


131114_07.JPG

皆、最初から最後まで集中して話に聞き入っていました。

カンボジア人によるカンボジア語での特別授業は、カンボジアの子供たちにとってはもちろん、カンボジア人専門家にとってもうれしい機会となっているようです。
JSTには、カンボジアの将来のために、自分も講義をしたいというカンボジア人専門家の申し出が相次いでいるのです。
なんと恵まれた中学校でしょう!
次回の講義も楽しみです。

131114_08.JPG

西側教室棟の「職員室、図書室」も、少しずつ工事が進んでいます。

(よ)



2013年10月12日(土)

JSTプロジェクトコーディネータの小出陽子です。
半年ほど前から私のPCの調子が悪く、JSTのホームページにさえアクセスできない状況が続き、ブログ更新ができなかったのですが、ようやく新しいPCを日本から取り寄せ、仕事場のネット環境も改善されところです。

それに合わせるかのように、JST創設のバイヨン中学校が、今日、ついに開校しました!
これまでご支援くださったみなさん、本当にありがとうございました!!

カンボジアの学校は、10月1日が始業の日。
けれども今年は、7月下旬に行われた総選挙の影響で、前年度の中学、高校の卒業試験が延期になったため、今年度の中学校の始業も遅れているような状況です。

そのような理由で、本格的な授業開始は来週からとなりますが、今日は、生徒の初顔合わせの日でした。

JSTを日本から支援してくださっているNPOオアシスのメンバーと、JICAのBOPビジネス支援プロジェクトを立ち上げ、アンコールクラウ村で活動を始めた輝水工業の梶さん、チョビットさんと、朝からバイヨン中学校を訪ねてきました!

131012_01.JPG131012_02.JPG

131012_03.JPG

校長先生が事前に調べた生徒の年齢は、
11歳3名、12歳27名、13歳34名、14歳33名、15歳23名、16歳6名、17歳4名、18歳3名といった状況で、かなりの幅があることがわかります。
この中には、一昨年、小学校を卒業したものの、シェムリアップ市内の中学校は遠すぎて通えずに6年生を2回繰り返し、昨年、家から5kmのところにできた新設中学校・クヴィエン中学校に入学したものの、それでも遠いという理由でこれまた数か月で退学せざるを得ず、この中学校開校を待ち望んでいた、というような生徒もいました。

133名の生徒のうち、アンコールクラウ小学校の卒業生は71名です。
これまで、アンコールクラウ小学校1年生に入学する生徒は200名ほどいるのですが、6年生まで通うことができるのは約60名、さらに中学校へ進学していたのは10名だったことを考えると、この学校ができたことによって、村の子供の進学率が飛躍的に伸びたことがわかります。
現時点では、地域の4つの村の小学校を卒業した生徒のほぼ100%が、このバイヨン中学校に進学しているのではないでしょうか。。。。近いうちに、詳しく調査してみたいと思います。

131012_04.JPG

生徒が着ている新しい制服には、胸のところに、「バイヨン中学校」と刺繍されています。
皆、少し緊張気味ですが、とても嬉しそうですね。

生徒たちにいくつか質問をしてみました。
「この中学校ができなかったならば、中学校進学をあきらめていた人!」・・・・全体の約1/3。
「将来、何になりたい?」・・・医者、教師、メークアップアーティスト!(←男子生徒でした!)
「この学校でどんな勉強をしたい?」・・・裁縫、刺繍、コンピューター!
「中学校を卒業したらどうする予定?」・・・・・「もちろん高校へ進学したいです!」

バイヨン中学校ができたことによって、貧しい農村部の子供たちの"希望のピース"が、ひとつ繋がった!と感じた瞬間でした。

131012_10.JPG

それにしても、中学生とは思えないほど小さな生徒がたくさんいること!
小学校を留年することなく順調に卒業してバイヨン中学校に入学した12歳、13歳の子供たちは、まるで小学校低学年並の体格です。農村部では、十分な栄養を取ることができずに、体が成長しない子供も多いのです。

131012_11.JPG


13歳の生徒の体重を測ってみたところ、22kgしかない子も!

さらに、さらに、ようやく開校に至ったこのバイヨン中学校には、もう一つ、大きな問題が!
校長先生は決まったものの、他の先生が見つからないことです。
カンボジアでは、まだまだ中学校教員数が少ないということもあるのですが、町から少し離れたバイヨン中学校のような学校では、バイクガソリン代などの交通費が余計にかかってしまうため、教員のなり手がいないのです。
(中学校教員の給料はまだ調べていませんが、小学校教師の場合、1年目が1か月約40ドル、校長になっても1か月70ドル~80ドル程度で、しかも交通費の支給はありません)
もちろん、先生の交通費はJSTが支給すると校長に伝え、臨時の教員を探してもらうことになりました。

そのようなわけで、この日は、生徒は3教室に分かれて座っているというのに、先生は校長一人のみ、という状態。
校長先生が3つの教室を順番に回って、指導を行っていました。

131012_09.JPG131012_08.JPG












そんなときにはオアシスの皆さんやJSTメンバーの出番ですね!
校長先生がいない2教室を回り、手品を行ったり、JSTがこれまでお預かりした日本の皆さんからの支援金で購入したノートと鉛筆を渡したり・・・。

131012_12.JPG


開校記念撮影も行いました!

131012_06.JPG

そしてなんと、アプサラ副総裁兼アンコール保存地域建設局長のクン・クニェイ閣下も学校の様子を見に、訪ねてきてくださいました!
(写真右から、輝水工業の梶さん、校長先生、クン・クニェイ閣下、JST代表チア・ノル)

うれしいことです!!
日本の支援者、地域の人々、そして行政側の応援があって初めて、この中学校が開校に漕ぎつけたのだと、改めて実感しました。

131012_13.JPG131012_14.JPG













11時。開校説明会を終え、笑顔で教室を出る生徒たち。

バイヨン中学校の記念すべき門出に立ち会えたこと、さらにその瞬間を、オアシスや輝水工業の皆さんと分かち合えたことに感謝したい!と心から感じさせてくれる、最高の笑顔でした!!

JSTでは、今後もどっぷりとバイヨン中学校の運営に携わっていく予定です。
皆さん、応援、よろしくお願いします!

(よ)




NGO・NPO ブログランキングへ


2012年12月1日(土)

新中学校建設に向けて、地鎮祭が行われました。

 

121201.JPG幹線道路から見た建設予定地です。

敷地の大きさが、間口100m、奥行きは280mもあるので、地鎮祭のテントがずっと向こうに小さく見えます。

 

 

121201_05.JPG新中学校に生徒が通うことになる4つの小学校から、5年生6年生が集まりました。住民も合わせて、500人以上集まったようです。

 

 

121201_03.JPG 121201_04.JPG 

学校ごとに分かれて座る生徒たち。先頭の生徒は、学校名が書かれた厚紙を持っています。

 

関係者全員が集まったことを確認後、開始予定時間より早く、地鎮祭が始まりました。

カンボジアで、予定時間より早く全員が集まるのは珍しいこと。新中学校建設に対する期待の大きさがうかがえます。

 

 

121201_07.JPG 121201_08.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジアの儀式は、お坊さんの読経から始まります。

5分ほどの読経の後、主催者と来賓が、お供え物をお坊さんに献上します。

 

 

121201_09.jpg 121201_06.jpg 

司会は、アンコールクラウ村出身のJSTスタッフ、ヨンさん(左)。最初は緊張しながらも、しっかりと大役を果たしました。

 

式は、

1.読経

2.国歌詠唱

3.JST代表チア・ノルによる、学校建設の経緯説明

4.JST新中学校建設委員代表 山本克典氏の挨拶

5.日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)代表 中川団長の挨拶

6.コックチョーク地区区長の挨拶

7.シェムリアップ市教育長の挨拶

8.アプサラ遺跡保存機構副総裁の挨拶

9.参加生徒にランドセルとノートを贈呈

と続きます。

 

 

 

121201_10.jpgJST代表は、毎度の如く、式典準備、来賓接待、代表の挨拶、日本語・クメール語通訳、開会と閉会のことばなど、一人何役もこなしていました。

 

「学校建設の経緯説明」の中で、チア代表は、130年前に東京の田園地帯の真ん中に創設された、中川団長の母校でもある早稲田大学をモデルにしていきたい、

現在この敷地も、田んぼと荒地に囲まれた何もないところにあるが、数十年後、いや数年後には、カンボジア国内はもとより、世界から注目されるような学校に なっていたらうれしいですね、と語りました。(少なくとも、生徒の"生き生き度"は今から自信がありますので!笑)

 

 

121201_11.jpg 121201_12.jpg 121201_13.JPG 121201_14.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランドセル配布の様子です。皆、とてもうれしそうですね!きっと、新中学校でも大切に使ってくれることでしょう。

(ランドセルは、富山ライオンズクラブから寄贈された新品です)

 

地域住民の新中学校への期待は予想以上に大きく、現在、町の中学校に通っている中学生の中には、1年留年して、新中学校開校を待つ学生もいるとのことです。

それを聞いたJSTのメンバーは、校舎建設と来期10月の学校開校は、何があっても絶対に成功させなくては、と心に誓ったのでした。

 

(よ)

 

 

 

 

 

 

 

発掘調査の結果、敷地に遺構が埋まっていないということが判明し、中学校建設のための敷地はなんとか目処がつき始めた2012年7月。

建設資金の確保に向けて、検討を始めました。

 

まず思いついたのは、大使館の草の根申請。

在カンボジア日本大使館に勤務している大学の後輩を通じて、草の根担当者に打診してもらいました。

その結果、

・中学校校舎の建設は草の根の対象であるが、専門学校は対象外。

・その場所に建設することによって、他団体から環境問題などのクレームを受けないという配慮が必要。

・いろいろな工夫を盛り込んで建設費が高くなった場合には、申請が通りにくくなるので考慮が必要。

 

というコメントをいただきました。

 

実は新中学校は、

将来、専門学校や大学に発展させていきたいと考えていて、さらに、

教室や机の大きさを中学校らしくするなど、カンボジアで建設されている従来の学校環境を少しでも改良したいとも考えています。

 

そこで、建設資金確保について別の方法も検討することにした矢先、

知人から、まとまった額の建設資金を寄付してくださるというお話をいただいたのです!

それだけの資金があれば、現在計画している校舎、敷地整備費の約1/3が賄えることになり、

数教室でもできあがれば、来年10月の新学期に、めでたく開校という運びとなります!

 

それを聞いたシェムリアップ市の教育局長も喜び、来年10月には、中学校の先生方を派遣する準備を始めてくださることになりました。

専門学校的な要素を付加することについては、アプサラ機構の若手スタッフも、アンコール地域の歴史や遺跡修復に関する授業を行おう!と乗り気です。

 

その他にも、今までもJSTの活動にご協力くださっていた方々から、中学校建設に関する様々なご支援やご紹介をいただけるという心強いお話をいただいています。

 

なにより嬉しいのは、今まで支援を受ける一方だったカンボジア人も、建設に向けて、自分たちでできることをやりはじめる兆しが見えたことです。

チア(JST代表)の友人や役人たちは、「これからは、生活に余裕が出てきたカンボジア人自らが、貧困地域に対して何かしなくては・・・」と言い出すようになったと言いますし、

中学校建設地域の住民は、休日に集まって、敷地の草刈りなどを行っています。

 

また、カンボジアには、"ボン・プカープラッ"と呼ばれる寄付集めの文化があるのですが、

アンコールクラウ村出身のJSTスタッフの一人からは、

自分が主催者になって、地域住民から寄付を集める"ボン・プカープラッ"を実施したい、という申し出がありました。

 

開校まであと1年弱。

地域住民を中心にさまざまな人々が関わって、皆で新中学校をつくりあげることができたら、すばらしいなと思っています。

 

(よ)

アンコールクラウ村を含む周辺5村には中学校がなく、子供たちも住民も、中学校ができることを望んでいる、ということを知った私たちは、建設に適した場所がないだろうかと検討を始めました。けれども、そう簡単には見つかりません。

既存の小学校の敷地内に中学校を建設するということも考えられるのですが、どの小学校も、敷地が狭く、中には校庭さえないほどの狭小校もあります。

そのような中、候補として、JST代表のチアが所有している2.8haの敷地が浮上してきました。ちょうど5村の真ん中にあり、敷地も広く、町からの新たな幹線道路も整備されつつある好条件の場所です。

 

しかしここで問題が。

この敷地は、アプサラ遺跡保存機構が管理する「アプサラ遺跡保存ゾーン」内に入ることが数年前に決まり、現在、その土地に住民登録を出しているもの以外は、建設物は建てられないのです。

また、2年ほど前から、アプサラ機構の管理が厳しくなり、居住者でさえ、家の増築、柵、トイレ、鶏小屋等の築造が制限され、とても学校を建てることはできないのではと思えました。

 

しかし、アプサラ機構に相談したところ、公共の建物で、かつ発掘調査を自費で行い、何も遺構が出ないことが確認された場合に限り、建設は許可されるとの回答が。

もちろん、公共の建物とするためには、中学校の場合、シェムリアップ市教育庁に敷地の所有権を譲渡しなければなりません。

 

敷地所有者のチアは、ようやく手に入れた自分の土地を無償で手放すか、地域の子供たち何千人もの未来を考えるか、決断を迫られ、迷いに迷ったことは言うまでもありません。

けれども、今現在、農業利用の可能性しかない土地を持っているよりも、何千人ものカンボジアの子供の将来に、大きな希望をもたらすことができるのだったら、その方がよっぽど価値があると考え、土地を寄付することを決めたのでした。そして、

 

2012年4月、発掘調査を行い、

10月10日、アプサラからの建設許可を得、

11月11日、シェムリアップ市教育庁への土地譲渡が完了したのでした。

 

完成するのは公立の中学校で、中学校の先生は国から派遣されるのですが、運営や授業計画にあたっては、JSTも関与、助言させてもらいたい、という条件つきです。

 

 

 

121111.jpg

土地譲渡証明書です。(日本で土地売買をしたことないので日本のやり方はわかりませんが、カンボジアでは親指指紋捺印を行います。)

 

 

09_05.JPG

 

間口100m、奥行き280mの中学校建設予定地入口に立つチア(2011年撮影)。

 

つづく

(よ)

 

カンボジアでは、中学校教育は義務教育であると定められているにもかかわらず、シェムリアップの町の中心部から10キロと離れていない地域にさえ、中学校がないという現実。。。

 

カンボジアの農村部の子供たちが置かれている状況について、もう少し見てみましょう。

 

 

 

 

04_01.jpgまずは、子供たちは慢性的な栄養失調であること

私たちが行った簡単な調査では、

・朝ごはんを食べて学校に登校する生徒は全体の約2割から3割。

そして、

・アンコールクラウ小学校の生徒13歳の平均身長は、同年齢の日本の子供のマイナス20cm以上。

・アンコールクラウ小学校の生徒13歳の平均体重は、同年齢の日本の子供のマイナス20kg以上。

ということがわかりました。

 

 

04_04.jpg 

また、カンボジアの農村部では、子供は各家庭の重要な労働力としてみなされていること。

たとえば、

・牛飼いとして、

・弟や妹の面倒をみるため、

・毎食時に必要な薪を森で探すため、

・田植えや稲刈りの時期には、大人と一緒に作業をするため、

 

小学校1年生から働いていている子供もいます。

そのような子供は、そもそも学校へ入学しなかったり、入学しても休みがちになり、結局、小学校低学年で辞めてしまうのです。

(実際、小学校1年生で退学し、二十歳前後となった現在、字の読み書きができない村の若者も私の周りに多数います)

 

 

04_05.jpgこの表は、2011年に調べた、アンコールクラウ小学校の7年間の生徒数です。

毎年、200人ほどの生徒が新入生として入学してきますが、2年生にあがる時点で半数~3/4に減り、小学校6年生に進級できるのは、入学者数に対して、1/4~1/3ほどであることがわかります。

小学校6年生を卒業できる人数、そして中学校に進学する人数はさらに減ることが予測されます。

(その後、地域の小学校数校で、中学校進学率を校長先生に尋ねたところ、99%~100%という答えが返ってきたため、JSTでは、今後、独自の調査を予定しています。)

 

小学校での退学者数が多い理由は、家が貧困であったり、家事の労働力として重要視されているということだけではないでしょう。そもそも、村の大人たちの中には、学校の重要性を認識していない人々も多いのです。

この地域に中学校がないということは、そういった大人たちの認識に拍車をかけていると感じました。

 

実はJSTでは、カンボジアの地域に根差した教育を展開しようと、アンコールクラウ村で、子供向けの遺跡修復講座や英語・日本語教室、そして地域の小学生や教員養成校向けには、アンコール遺跡社会見学会の機会を提供してきました。

近い将来には、地域に根差した専門学校を設立したいという夢も漠然と描いていたのですが、ここにきて、専門学校どころではない、まずは中学校を!と考えるようになっていました。

 

この地域に中学校をつくれないだろうか・・・

2010年秋以降、JSTではひそかに模索を続けていたのです。

つづく

 

(よ)

 

2年前の2010年10月、NPOオアシスからアンコールクラウ小学校へ、新校舎2教室が寄贈されました。(そのときのブログはこちら →http://www.jst-cambodia.net/jstnews/2010/10/2.html)

 

 

121103_01.JPG 

その際、先生や生徒、村の住民から感想やお礼の言葉を書いてもらったところ、今度は中学校を建設してもらえないか、という要望が多く見られました。

 

たとえば・・・・

 

*****************************************

(年齢、学年、役職等は2010年当時)

 

<ソン・スーム(アンコールクラウ小学校校長)>

日本人の皆様のご支援のおかげで、村の状況が少しずつよくなり、私はとてもうれしく思っています。

今後の希望ですが、この村からシェムリアップ市内の中学校までは遠いので、村内に中学の校舎がほしいと、皆が考えています。そして、一人でも多くの村の子供が学校に通うことができ、私たちの村の教育が向上することを期待しております。

 

<ミッ・リット(男、村長)>

私が子供のころは、学校に通う子供はほとんどいませんでした。なぜなら、小学校がなく、勉強をしたいならば町まで行かなければならなかったからです。しかし、現在、日本人の皆さんが、校舎、橋などを支援して下さり、ありがたく思っています。村には、中学校、保健所、トイレが不足しておりますので、機会がありましたら、さらなるご支援を検討していただけたら幸いです。

 

<サオ・サム(男、64歳、日本国政府アンコール遺跡救済チーム棟梁)>

私の世代は学校の校舎がなく、勉強できない子供が多くいました。現在、次世代の子供たちがアンコールクラウ村で勉強できていることは、日本人の方々の支援のおかげです。今回、新2教室ができ、より多くの子供が勉強できる機会が与えられました。子供たちは学校へ行く機会がたくさんでき、私たちのように無学、無知な大人にはならないことでしょう。しかし、村には中学校がなく、義務教育であるにもかかわらず、中学校へ通うことができない子供たちが大半です。

 

<ホン・ハーン(12歳、5年生)>

今、私の村には中学校がないので、ぜひ、中学校を支援していただきたい。というのは、遠くの中学へ通う場合、交通事故にあうのがとても怖いからです。

 

<ロン・ラッ(12歳、4年生)>

毎日、兄が中学へ通っているのをみると、遠いので通学が大変で苦労しているのがわかります。

ですから、ぜひ、近くに中学校をつくってください。

 

<ヴォン・スレイマオ(女、中学生)>

私は今、中学校で勉強するために、自転車で毎日遠くまで通っています。将来、私の村にも中学校ができることを期待しています。

 

<ホイ・ヒアッ(男、中学生)>

私はアンコールクラウ小学校の卒業生です。今回、12教室支援してくださったことに対して、お礼申し上げます。私は現在、フンセン高校付属中学校へ通っております。しかし、とても遠く、大雨が降る時など、学校に遅刻することもあります。今後、村の中にぜひ中学校をつくってください。

 

<ヘン・シム(卒業生)>

自分は中学校へ行けませんでしたが、これからの卒業生のために、中学校を支援していただければ、とてもうれしく思います。

 

<サオン・ペイ(女)>

小学校が遠いところにある場合、子供たちは自転車もないので、毎日遠くまで歩いて通わなければならず、中退する生徒が多くなるでしょう。村の小学校に新2教室ができたことにより、子供たちが家の近くで勉強できることに感謝いたします。

 

<ウーム・チャウ(女)>

私の最終学歴は小学校6年生です。小学校卒業後、町の中学校へ通ったのですが、遠くにあり、遅刻が多いので、先生に罰則を与えられ、中退せざるを得ませんでした。

 

 

 

*************************************

 

 

アンコールクラウ村を含めた周囲5つの村には中学校が存在しないこと、

よって、卒業生のほとんどは中学校へ進学せずに、家事手伝いか仕事に従事すること、

中学校に通うならば、村から8キロ以上離れたシェムリアップ市内の中学校に行かなければならないこと、

しかも自転車がなければ通えず(経済的に自転車購入が難しい家が多数あります)、またあったとしても、雨期の豪雨の中を走らなければならずに通学が困難であること・・・・。

アンコールクラウ村の子供たちにとって、中学校へ通うということが、いかに大変なことであるかということを実感しました。(カンボジアでは、日本同様、中学校までは義務教育です)

 

なんとかこの地域に中学校ができないだろうか・・・・。私たちJSTメンバーにとってもかなりハードルが高い難問が目の前に聳え立った瞬間でした。

 

つづく

 

 

121103_02.JPG         アンコールクラウ小学校の6年生

 

(よ)