About JST
JST News!
TOP >> JST News!  >> 参加者の方から

参加者の方からの最近のブログ記事

"アンコールクラウ村のHappyな一日"に参加された、聖心女子大学4年生の祐加さんと萌さんから、感想が届きました。

お二人は、聖心女子学院の高校生のとき、学校の体験学習ツアーでカンボジアに来られたことがあり、

祐加さんは、4月から、日本で幼稚園の先生に、萌さんは養護学校の先生になられるとのことです。

 

**************************************

 

初めてカンボジアに訪れてから約4年、
めまぐるしい発展といまだに変わっていない素敵なものが
この国にあることを改めて感じました。
 
アンコールクラウ村の小学校・フリースクールに伺ったのは
2度目だったのですが、
校舎や畑などが増えても、
アツアツの雑炊に夢中になって食べる姿や
遊ぼう、遊ぼうと人懐っこく話しかけてくれる子どもたちの姿は
4年前とも変わらない温かさがあったような気がします。
特にたったすこしの間しか過ごしていないのに
"Goodluck for you."と言ってくれた子どもたちがいたのには
本当に感激しました。
 
そしてこんな温かさを持つ子どもたちが変わらずに
将来カンボジアという素敵な国を支える大人になってくれることを
願います。
また、日本にいる私が子ども達のためにどんなことができるのか
を考える機会を得ることができたことに感謝しています。

 

110213_13.JPG


 

ローターアクト2760地区の皆さんからいただいた、アンコールクラウ小学校の生徒たちへの贈り物。

段ボール箱の中身は、たくさんのノートや衣類でした!!

 

そして先日、JST代表のチア・ノルが、午前と午後2回に分けて小学校へ行き、1クラスずつ回って、すべての生徒にノートを配ってきました。

衣類は、5,6年生の生徒へ。

 

 

110210.JPG 110210_02.JPG 

 

110210_03.JPG

 

 

 

 

 

 

←ロータリークラブのマークと、

岡崎ロータリークラブ&岡崎ローターアクトクラブの文字が入ったこんなすてきなノートもありました!

 

 

 

 

 

 

アンコールクラウ小学校の生徒数は、現在、約600人。

そのうち、今年、小学校1年生から2年生へ進級できたのは、約200人中100人程度でした。

なんと、ほぼ半分の生徒が、2年生に進級できなかったのです!!

 

その理由はというと・・・・・

カンボジアの小学校では、2年生へ進級できる条件として、カンボジア語の母音文字と子音文字をすべて判別して書けることを基準としているため、そのレベルに到達しない生徒は「留年」、つまり、もう一度1年生からやり直すことになることが挙げられます。

これは相当なレベル、結構高いハードルとなっていて、見なおす必要があるのでは、という声もきかれるくらいです。

 

しかし、それ以外にも・・・・・

毎日のご飯を炊くための薪拾いや牛の世話など、

家の手伝いをするために、学校を辞めてしまう生徒も多くいますし、

ノートなどを買うお金がないために、辞めてしまう生徒もいるのです。

(カンボジアでのノートの価格は、1冊0.15ドルほどから)

 

ですので、全校生徒一人一人に配られたノートに、皆、大喜び。

皆、うれしそうに新しいノートを持って、家に帰っていきました。

 

ローターアクトの皆さん、どうもありがとうございました!

 

(よ)

 

先月1月28日、愛知県のローターアクトの皆さんが、アンコールクラウ小学校と、クラウ村コミュニティセンターを訪問。

村の子供たちと、折り紙や歌、そしてゲームなどで交流しました。

110203.JPG

 

 

 

 

 

 

←アンコールクラウ小学校に集まった、ローターアクトの皆さん。

 

110203_02.JPG

 

 

 

 

 

 

←小学校に、文具や衣類など、たくさんのプレゼントを持ってきてくださいました。

 

110203_03.JPG

 

 

 

 

 

 

←折り紙で鶴を作ってみよう!

右端が、今回感想を送ってくださった地区代表の猪子さんです。

 

110203_04.JPG

 

 

 

 

 

 

 

←アラピヤーの歌を皆で大合唱!

 

110203_05.JPG

 

 

 

 

 

 

 

←クラウ村コミュニティセンターでの交流。最後に記念撮影です。

 

 

 

 

では、第2760地区ローターアクト代表の猪子さんからいただいた感想を紹介します。

 *******************************

 

ローターアクトクラブの海外研修プログラムで、
海外奉仕について取り組む機会を設けようと思い、
カンボジアの子ども達の現状を知ることをメインテーマとしました。
 
今回JSTさんには、私たちの訪問を快く受け入れてくださって、
本当に感謝しています。
 
長い内戦の影響で、教育基盤が破壊され、
子どもたちの就学率や進学率が低く、貧しい人たちも多い。
と、事前に聞いており、今回の学校訪問は、
「私たちがカンボジアの子ども達に何が出来るのか。」
の、答えを見つけ出す大きな機会となる予定でした。
 
実際に現地に訪問した際、私たちに笑顔で手を振りながら
駆け寄ってきてくれる子ども達が本当に可愛かったです。
 
わずかな時間ですが、子どもたちと遊んで、
私は、「幸せ」ということについて考えさせられました。
 
子どもたちは、非常に生き生きとしており、目を輝かせて、
私たちから見れば、貧しい暮らしをしているのかもしれないけれど、
家族の絆が強く、今を生きることに一生懸命なように見えました。
 
果たして、物があふれていて、物欲が先走って犯罪が起こる、
自殺者があとを絶たない、日本に生まれた私たちは、
彼らに奉仕をすると言えるほど、幸せではないと思いました。
 
もしかしたら、私たちが勝手に「かわいそうだから助けてあげよう」
と、思って支援していることは、彼らにとって良い影響にはならないかもしれません。
 
私たちが奉仕に行ったはずであったのに、
子ども達に、本当に大切なことを教えてもらいました。
 
しかし、カンボジアの教育基盤がまだ整っていないのは現状です。
 
子ども達は、本当に明るくて可愛かったです。
これからのカンボジアを作るのは彼らです。
 
だから、教養を十分に見につけて、彼らの手で自分の国を良くしていってもらいたい。
そのことのお手伝いに関しては、私たちもできる限りのことをしたいと、思いました。
 
貴重な体験をさせていただきまして、ありがとうございました。
 
村の子どもたちはもちろん、カンボジアの子どもたちが元気で成長することを心から願っています。


国際ロータリー第2760地区ローターアクト
地区ローターアクト代表 猪子知里

HP;http://rid2760rac.jp/ 

 

 

<中学3年生>

ぶっちゃけカンボジアというと街にはまずしい子供達が物をうっていて、足や手のない人がいっぱいいるような、とことんまずしいというイメージしかなく、地雷をふんで足がなくならないか不安のままカンボジアに来ましたが、来てみると全然ちがいました。

美男美女が多く、みんな笑顔ですごく尊敬しちゃう人ばかりでした。

ご飯も想像以上においしかったです。

 

 

<中学3年生>

カンボジアは日本より貧しいけど、それでもみんな笑顔は私たちより輝いていて、日本ももっとカンボジアをみならわなきゃいけないと思います。

そしてカンボジアの人たちのように、他人でもお互いに協力し合いながら、生活をしていくのが、その笑顔を生んでいるんだと思いました。

とても勉強になる経験がたくさんできました。また来て、今度は私たちが笑顔をあげられればいいと思います。

 

 

<中学1年生>

カンボジアにくるとき、いちばんたのしみだったのは食事でした。

まず、朝ごはんのめんがすごいおいしくてびっくりしました。

けれども朝食を食べすぎて、村の子どもたちとのこーりゅーのとき、ゲリがひどくてまともにカレーがくえませんでした。

三日目もいたくてたべれなかったけど、今日いっぱいたべれそうなので、よかったです。

チアさんちで食べたデザートが一番おいしかったです。

トンレサップ湖では、船の上のレストランにワニがいて、かわいくてびっくりしました。ワニりょうりもたべてみたいと思いました。

村の家のだっこくにはまりました。塾のだっこくもあれにしてほしいです。

早くばんごはん食べたいです。

 

 

<中学3年生>

この六日間で、とても多くの人と交流できたことが、とても幸せだと思います。カンボジアにまた来ることができるのならば、アンコール・ワット、バイヨン寺院にかならず行き、そしてこの六日間でであった人よりも多くの人と交流したいと思います。

 

 

<高校3年生>

今回のカンボジアは2回目だったので、行ったことのある場所が多かったけれど、前回のときとは違う部分も多くて、初めて行ったときと同じくらい新鮮な気持ちで1週間を過ごすことができました。

(中略)

本当に、今回のカンボジア旅行は楽しかったです。前回も楽しかったけど、今回の方がカンボジアを深く知れた気がします。

でも、まだカンボジアについて知らないことがものすごく多いので、来年も3度目のカンボジアにぜひ行こうと思っています。

 

 

<小学6年生>

びっくりしたのは、見知らぬ人に手をふったら、手をふりかえしてくれたことです。カンボジアの人はすごくのりがいいし、やさしかった。

 

 

<中学3年生>

この1週間、チアさんをはじめとして様々な方にお世話になったり、たくさんの事を体験することができました。私が家族や友達とカンボジアに来ていたら、絶対にできないような体験ができました。

今回、カンボジアに来て本当に良かったです。また絶対に来たいと思いました。

ありがとうございました!!

 

 

<中学3年生>

今回の旅行が、自分の人生で初めての海外旅行でした。本当に楽しくて、感動することばかりでした。

人々のあたたかさ、笑顔、お金なんてなくても幸せになれるんだ!!と強く思いました。

そして、ここで出会った人々、お世話になった方々に感謝します。

またいつかカンボジアに来たいです!

来てよかった!I♡カンボジア!

 

 

<中学2年生>

今回の旅行で、まさひろ先生には、人のマナーやおんがえしをすることなど、さまざなまことをおしえてくださいました。

運転手さんにもいつも笑顔でせっしてもらって、とてもいい気持ちでいどうができました。カンボジアの多くの人々にも、笑顔でせっしてもらい、本当にうれしかったです。子どもも大人たちもけっして楽な生活ではないと思うけど、笑顔をたやさずに、せっしてくれました。

本当はぼくはカンボジアにくる気はありませんでした。本当はぼくはきたくなかったのです。りゆうは、お金のこともあるし、気持ちてきにこわい面もあったり、なにしろ、カンボジアは、人もこわくて、キレイじゃないと思っていましたが、いまは、ほんのこれほども思っていません。カンボジアの人たちは、みんな本当にいい人だし、えがおをたやさずにせっしてくれました。ぼくは、これは本当に、人生の中のたからものだと思っています。

また、おせわになったできるかぎりの人たちに、できるかぎりのおんがえしをしていきたいと思いました。今までおせわになった人や、そうでない人でも、だれにでもびょうどうにせっしていき、目上の人に対しては、目上の人にとるたいどを、友だちにも、年下にも、かぞくにも、それぞれにあったたいどをとり、おんがえしをしていきます。

 

<中学3年生>

午前中はトンレサップ湖に行って、水がめちゃくちゃ汚くてビックリした。

湖だからもっと綺麗なものかと思っていたら、泥水のような色で信じられない光景だった。匂いが少し臭くて、大変だったけれど、ヘビも首に巻くことができたし、エビもたくさん食べられたし、とても楽しかった。

船の上で寝そべったのがめちゃくちゃ気持ち良くて、それが一番楽しかった。

 

 

100520.JPG 

 

 

<中学3年生>

今日の午前中はトンレサップ湖に行きました。

トンレサップ湖の水の色は茶色く、少しにおいがきつかったです。それなのに、そこで水上生活をしている人がいるというのには、おどろきました。私は地上でしか生活したことがないので、水上生活がどんなに大変なのかはわかりませんが、私も体験してみたいなと思いました。

 

100520_04.JPG 

 

<中学3年生>

夕日の鑑賞も船に乗りながら見てて、水と夕日がかさなり、とても美しくみえました。

 

100520_03.JPG

 

 

 

 

今日は、カンボジアの伝統舞踊、アプサラダンスについての、子供たちの感想をご紹介します。

 

 

<中学3年生>

アプサラダンス体験は、とにかく体が痛かった。そこの子供たちは、指先にしろ、何にしろ柔らかくて、本当に尊敬というか、ビックリした。

指先の動きと足の動きを合わせるのが難しかったけど、超楽しかった。踊りはやっぱり楽しいー!!

夜のショーもまたまたすごくて、どうやったらあんな体の使い方ができるのか本当に不思議でしょうがなかった。踊っている人もみんな綺麗で、魅了されてしまった。(笑)

 

 

100518.jpg 

 

 

<中学3年生>

今日は「アプサラダンス」というものをしました。初めてそのダンスをやって、足とかがすごく痛かったです。そして、自分より小さい子供たちがとても上手で驚き、みんな体に骨が入っているのかなって思いました。(笑)

カンボジアの人たちはとてもフレンドリーで、誰とでも仲良くなれ、言葉が通じなくても、きちんと気持は伝わるんだなーと思いました。私も見習わなきゃいけないなっと思います。

また機会があれば、カンボジアに来て、いろんな子に会い、アプサラダンスももっと練習したいなって思います。

 

 

100518_02.jpg 

 

 

<中学3年生>

午後のアプサラダンス講習会はとても楽しかったです。

しかし、私は体が固くてとてもいたかったです。アプサラの子に何度もなおされて、いたくてなきそうだった。というか、もはや笑っちゃいました。

言葉が通じないのに、手でジェスチャーしてくれました。手で「グッド」というふうにやってくれたのが嬉しかったです。言葉が通じなくてもコミュニケーションがとれてよかったです。

 

 

100518_03.jpg 

 

 

<中学3年生>

アプサラダンスの練習では、楽勝って思ってたけれど、むっちゃ体がいたくて、死んだ。

やっている女の子たちはみんなすごいうまかった。これからも頑張ってほしい。

夕食のアプサラダンスショーはほとんど死んでたけど、めっちゃすごかった!!!特にグリーンの人がかわいかった♡

カンボジアの人、みんなかわいいわー(笑)

 

 

<中学3年生>

アプサラダンスをやっているところに行ったとき思ったのは、キリスト教や仏教の雰囲気とは少しちがう所です。どのようにちがうのかと言うと、キリスト教などは重々しい雰囲気で、ヒンドゥー教は華やかな雰囲気という違いをかんじました。また、一つ一つの動作に意味があることを初めて知りました。

 

日本ではなかなか体験できない、"値切り"交渉をしながらの買い物は、日本の子供たちにとっては、かなりエキサイティングな体験のようです。

昨年も、マーケットでの買い物ではかなり盛り上がり、2度も3度も行く子がいましたが、今年も「ほしいものが安く手に入った子」、「別のお店にいったらもっと安かったとちょっとがっかりした子」など、一喜一憂、あちこちで歓声があがっていました。

 

 

<中学3年生>

私はオールドマーケットは初めてで、少しドキドキしていましたが、お店の人々はみな明るく、たのしみながら買い物ができました。

日本では値切ることはないので、めずらしい体験でした。

 

 

<中学3年生>

この気に入っている時計の使い方が、多分全て、たった今分かった。この時計、オールドマーケットに売ってるくせしてけっこう多機能だった。少し買うのにためらっていたけど、買ってみたら、かなり使いやすい。買って損は全然ありませんでした。8ドルにしか値切れなかったけど、先生がそれがだとうだと言ってくれて、少し安心しました。

あとは母のおみやげのシルクのストールかな?

こんなに楽しいと思っていなかったので、また行きたくなりました。

もう今は時計のことで頭がいっぱい。

 

 

<中学3年生>

前回のマーケットで、ねぎり方を勉強したので、今日は、13ドルと8ドルの服を2つで10ドルで買いました。ねぎるのはいいけど、かなりさげてしまって、ちょっと申し訳なかったなという気持ちで、今いっぱいです。が、いい買い物ができました。

日本語をしゃべれる女の子と仲良くなりました。すごくかわいらしかったです。

カンボジアのものは、ねぎらなくてもはじめから安いなと思いました。

カンボジアに住んだら、お金持ちになりそうです。(笑)

 

 

<中学3年生>

オールドマーケットでの買い物も楽しかったです。値切りをするのは大変だったけど、いろいろ英語をがんばって使い、なんとか安くしてもらえました。

特に、日本語を話せる方とは、盛り上がって値段交渉をしました。じゃんけんをしたり、いろいろな方法で値段を決めました。

 

 

<小学5年生>

地雷を作った人々は、結局なにがしたくてやったのか。

それでみんなは、ハッピーになれたのか。

地雷がなくても平和がじつげんできるとおもいます。

 

 

<小学6年生>

じらいはくぶつかんには、不発したじらいと、じらいで手足をなくした人のしゃしんがありました。

じらいがあんなに多くあるなんておどろきました。それと、じらいのおそろしさもすこしはわかった気がします。

 

 

<中学3年生>

地雷博物館には地雷がたくさんありました。

実際に触ってみることもできました。

またチアさんに説明していただき、いろいろな事がわかりました。

私の疑問に思っていた「どうして地雷てっきょ作業の時に爆発しないのか」というなぞもとてもよく理解できました。地雷は上からふまないと爆発しないので、探知機で横から押し上げる事で爆発しないそうです。

また、探知犬も活動しているようです。

 

 

<中学3年生>

地雷という言葉は聞いた事はあったのですが、実際には見たことなくて、本物を見て、「あんなに小さいのにいりょくはすごい!!」と改めて思いました。

そして、今日も子供達をたくさん見て、やっぱりとても笑顔で、カンボジアというのはとてもいい所だな、と思いました。日本もいい所だと思ってたけれど、私達がもってない所をカンボジアの子供達がたくさんもっていて、すごく見習わらなきゃいけないんだと思います。

同じ地球に、カンボジアも日本もあるのに、どうしてカンボジアの子たちだけが地雷で足や手を失わなきゃいけないんだろーと思いました。

地球にある全部の国が平和に暮らせればいいと思います。

 

 

<中学3年生>

地雷博物館では、地雷が池の中心に多くあり、とてもおどろきました。

そして、一つめの部屋にはいったとき、絵がはってあり、その絵がとてもリアルで、気持ちわるくなりました。また、下に写真があり、とてもなまなましい写真だったので、さらに気持ちわるくなりました。写真も絵も模型も、全部なにかしらうったえているような感じがしました。

地雷は、日本にはないと言うとうそになるが、そこらへんにうまっているわけではないので、日本はやっぱり平和な国だなと改めて思いました。

また、ばくだんのこわさを実感した一日でした。

 

 

<高校3年生>

地雷博物館では、戦争の痛々しさがすごい伝わってきました。戦争は、やはり絶対にいけないと思います。

そして、平和に暮らしてきた自分自身も人間として、戦争のことを深く考えることがとても大切だということがわかりました。

 

今年も、はじめ塾の子供たちは、"伝統の森"で、森本喜久男さんのお話を聞いたり、ハンカチの染め物体験を行いました。

 

<小学5年生>

今日は染め物をやりました。

葉っぱで黒や青に染めるということが古代につかわれてたけど、内戦でそれがわすれられてたのをとりもどした事がすごい。しかも、それをこえてきた技じゅつと、心がこもった物が一番だと思いました。

とりもどして、それをこえる、近所じゃいない人に会えてうれしいです。

 

 

100515.jpg 

 

 

<中学3年生>

染め物の森本さんは、自然の素材だけで染色していると聞き、驚きました。ふだんから見なれている物のアーモンドの色やバナナを使った色などもあり、おどろきました。また、使っている自然の素材は今はすべて自分達で植えて育てたものを使えるということにもおどろきました。

店の部分でも多くの布が売られていたけれど、どれも最初にふれた糸のシルクとは全然違い、手ざわりがよく、軽いものでした。

染め物ではすこし失敗もあったけれど、上手くできました。

お昼を食べた後は再びしぼりをやった後、かいこ祭りのDVDを見ましたが、自分達で織ったものを着ている様子を見て、すごいと思った。デザインもさまざまだし、見てて気持ちよさそうだった。 

 

100515_05.jpg 

 

<中学2年生>

森本さんのそめもの体けんでは、思った通りのハンカチができてすごっくうれしかったです。直せんのもようができるのがりそうだったので、ちゃんとりそうどうりできてよかったです。

 

100515_02.jpg 

 

 

<高校3年生>

伝統の森の見学では、森本さんから貴重な話をいっぱい聞けてよかったです。

中でも印象に残っているのが、シルクをつくるときに一番大切なのは、心だということです。僕もこれから何かに取り組むときは、心を込めてがんばろうと思います。

そして、何もない0の状態から10年でシルクの売上を黒字にするほどまで成長させた森本さんや村の方々は、本当にすばらしい人たちだと思います。同じ日本人にこういう人がいるのはすごいうれしいです。

あと、染め物作りは、今回で二回目で、前回よりもうまくいった。

今回は昼休みだったみたいで、村の人たちが作業している姿は見えなかったのですが、のびのびと休んでいる姿が幸せそうでした。

村で作っている本物のシルクは、今までに触ったことのないつやつやした感触で感動しました。大人になったら買いたいなと思いました。

 

 

100515_03.jpg 

 

<中学3年生>

森本さんは、とても魅力的で、何かすいこまれるようでした。

森本さんみたいに、こうして外国に来て、かつやくしている人の事、すごく尊敬します。

しぼり染めは、いっけんかんたんそうですが、いざとなるとどうなるのか想像できなくて、とても難しかったです。みんなそれぞれ違っていて、おもしろかったです。性格が出るのは本当だな、と思いました。

 

 

100515_04.jpg 

 

<中学3年生>

今まで染め物をやった事がなかったので、大変だろーなって思っていたけれど、すごく楽しく出来て、染めているうちに、こういうのを職業にしてみたいと興味をもちました。

 

はじめ塾のカンボジア体験ツアーの目玉のひとつに、アンコールクラウ村の子供たちとの交流があります。

一緒にサッカーをしたり、リレー競走をしたり・・・・。

カンボジアの村の子供たちも、日本の同年代の子供たちとの交流をとっても楽しみにしています。

今年は、はじめ塾の子供たちと一緒に、日本の僧侶、福守さんもいらしたので、日本のお経とカンボジアのお経を相互に披露し合ったりと、昨年以上に充実した交流会となりました。

 

もちろん、カレーもつくりましたよ!

長時間煮込んだカレーは、去年作ったカレーよりもずっとおいしいと、カンボジアの子供たちには大好評でした。

 

最終日には、再び皆でアンコールクラウ村へ行き、村の子供たちと歌を歌ったり、腕相撲をしたりと盛り上がり、近くの農家で、脱穀体験、ぬか取り体験もさせてもらいました。

毎日、当たり前のように食べている白い御飯をつくるのは、こんなに大変だったとは!

でも、子供たちにとっては、楽しい経験だったようです。

 

カンボジアの子供たちと同じようにはだしでサッカーをして、足を怪我してしまった子もいたけれど、

楽しく、思い出深い交流会となりました。

 

では、子供たちの感想です。

 

 

<中学3年生>

村のコミュニティーセンターでは、年のちがう本当に大勢の子供たちがみんな笑顔で、親切で素敵な人たちで、楽しい気分になれました。

英語をほとんど話せない私でも、話しかけてくれて仲良くしてもらったことは、とてもうれしく、心に残っています。

 

 

 

 

←出し物交流会で、アキ君の熱唱に盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

<高校3年生>

午後の村の子供たちとの交流は、カンボジアに行くときまったときから楽しみにしていました。僕のことを覚えている子供もいたので、すごいうれしかったです。

村の子供たちが「幸せなら手をたたこう」のクメール語Ver.を歌っているのがすごく楽しそうだったのが印象に残っています。福守さんのお経が聞けたのはすごいラッキーでした。

前回のときも思ったのですが、カンボジアの子は日本人の子よりも表情が幸せそうで、笑顔が優しいな、と思いました。

 

100513_03.JPGのサムネール画像

 

 

カンボジアのお経を、高校生たちが披露。

アンコールクラウ村の子供たちは、このくらいの年齢になると、お坊さん並みにお経が唱えられるのですね。

「南無阿弥陀仏・・・」のカンボジア語版です→

 

 

100513_02.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

←福守和尚による、日本のお経。

 

 

 

 

 

 

 

<小学6年生>

今日はカンボジアの子たちといっしょにあそびました。

みんなことばが通じないのに、バレーボールに誘ってくれました。みんなはだしで、石の上を思いっきりふんでもなんも気にしないで続けるんでおどろきました。リレーもみんなはやくて、やっぱりはだしではしってたのですごかったです。サッカーもみんなからだから当たってたので、すごいと思いました。

 

100513_04.JPGのサムネール画像

 

 

 

アンコールクラウ村の子供たち。

皆で、「幸せなら手をたたこう」のカンボジアバージョンを披露。→

 

 

 

 

 

<中学3年生>

カンボジアの子供たちとのあそびがとても楽しかったです。

さらに友達が出来ました。トムという18才の青年で、とても気が合い、言葉はあまり通じませんでしたが、すごく良い友達になりました。

 

100513_05.JPG

 

←カンボジアチーム対日本チームで、リレー競争。

 

最初はカンボジアチームが勝っていたのですが、最終走者で日本チームが大逆転!

 

 

 

 

 

 

100513_06.JPG

 

 

 

 

←カンボジアの女の子(左側2人)と一緒に、日本の歌を歌います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<中学3年生>

クラウ村コミュニティセンターで、日本からもってきた服を子供や大人たちにあげました。

みんなすごくよろこんでくれて、こんなんでよろこんでくれるのなら、私のいらなくなった服などはすてないで、これからはボランティアかなんかでカンボジアの子などにあげたいなと思いました。

みんなのうれしそうな顔を見たら、私までうれしい気持ちになりました。

私たちが作ったカレーをおいしそうに子供たちが食べてくれたのも、すごくうれしかったです!

 

100513_07.JPG

 

 

 

 

←大鍋で肉を炒めて・・・・カレーをつくりました。

 

 

 

 

 

 

 

100513_08.JPG

 

 

 

 

 

 

←日本から運んできた古着をうれしそうに選ぶアンコールクラウ村の子供たち

 

 

 

 

<中学3年生>

村のある家に行って、お米の脱穀をしました。

ふだん、私たちはあたりまえのように、きれいになったご飯を食べています。でも、村の人みたいに、はじめから全て手作業でやっているのを見てると、もっとご飯を感謝しながら食べないとなと思いました。

毎日やる気はないですが、だっこくするのも楽しかったです。

 

 

100513_09.JPG

 

 

 

 

←脱穀体験。脱穀機を動かす体験は、とってもスリリング!

 

100513_10.JPG

 

 

 

 

←さらに、ぬかを取る作業も体験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

(よ)

 

 

今年も、小田原のはじめ塾の子供たち16が、JST企画のカンボジア体験ツアーにやってきました!

 

遺跡見学、カンボジアの子供たちとの交流、トンレサップ湖水上生活の村への訪問、地雷博物館見学、伝統の森での染色体験、アプサラダンス体験など、6泊7日(機中泊1日含む)の日程をめいっぱい楽しんだ日本の子供たち。

新鮮な眼差しを通して見たカンボジアという地は、どのようなところだったのでしょう?

 

昨年同様、子供たちが毎日記録している「考現学」を通して、はじめ塾体験ツアーを御紹介します!

昨年は、日にちごとでしたが、今年は、テーマごとに・・・。

ということで、今日は、「遺跡見学です。

 

 

<中学3年生>

アンコールワット、バイヨン遺跡、アンコール・トム遺跡、バンテアイスレイ遺跡、タ・プローム遺跡と何か所の遺跡にも行きました。

どの遺跡もとても良かったのですが、中でもアンコールワットがとても印象的でした。細かく丁寧に彫られていた彫刻に、私はとても驚きました。

いままであまり彫刻というものに出会った事がなく、学校でやる彫刻しか出会っていないといっても良い位で、見たことがなかったので、アンコールワットの彫刻には目を疑いました。何十メートルも同じ物が彫られている壁にはとても感動しました。

その当時の石工はすごい腕を持っていたんだなと思いました。

私もその当時に生まれていたら、石工が彫っているところを見られたのかな、って思いました。

 

100510.jpg

 

 

 

 

 

 

 

←アンコールワットの彫刻

 

 

 

 

 

 

<中学3年生>

タ・プロームは、森と一体化していると聞いたので、どのような事なのだろうと思いました。

けれど実際に見て、木が遺跡と交わっているのがとてもしんぴてきでとてもよかったです。

また、ジャヤ・バルマン七世が母のために建てた寺院だと最初の方でチアさんがおっしゃっていたので、わかるような気がしました。

 

100510_02.jpg

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 ←タ・プローム寺院で記念撮影

 

 

 

 

 

 

<中学3年生>

カンボジアで初の遺跡見学「バンテアイスレイ」に行って、感動した。

とても細かい彫刻がされていたり、ピラミッド型の寺社になっていたり、至る所に工夫がされていて、本当に圧倒された。

日本でもたくさんの文化遺産はあるけれど、カンボジアはカンボジアらしい遺跡があって、国ごとの違いは本当におもしろいと思った。

日本の良い文化遺産を全て見たわけではないけれど、自分的にはカンボジアの遺跡などの方が好きだなー。

 

100510_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←バンテアイスレイ寺院

 

 

 

 

<中学3年生>

バンテアイスレイ遺跡の彫刻、もう他と次元が違う。扉というか入り口というか、そのようなものが、なんだかみんな異次元につながっているような気がして、みんなと違う入口から、他の人が見える範囲でたんさくしていました。

そこのいろいろな絵は、もう教えてもらわないと、全く理解できなくて、あぁ、教えてもらっても、なぜこのような絵になるのか不思議でたまりませんでした。

 

100510_04.jpg

 

 

 

 

 

 

←ひとつひとつに物語がある、バンテアイスレイ寺院の彫刻

 

 

 

 

<高校3年生>

バンテアイスレイ遺跡では、チアさんが神話をたくさん話してくれました。けっこう親しみやすい話が多くてわかりやすかったです。

その中に彫られていた女神像は、「東洋のモナリザ」と言うだけあって本当に美しくてきれいでした。

あと、その周りには田んぼがあったりして、カンボジアの人たちの生活が見れてよかったです。

 

100510_05.jpg

 

 

 

 

 

 

←みんな、熱心に"チアさん"の説明を聞いていましたね!

 

 

 

 

<小学5年生>

いせきに行って、絵の細かさとどう像の形にあっとうされ、心の底から力が抜けていく感じがしました。

いせきは、もよう一つ一つにストーリーがあって、日記とにているとも思いました。

木と一体化したものや、こわれたり盗まれたりしたものもあったけど、これも1つの歴史で、いろんな事があって人生ということを伝えたかったんじゃないかと思いました。

 

100510_06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←タ・プローム寺院にて

 

 

 

 

 

 

 

<中学3年生>

大本命のアンコールワットは、その大きさにかんげきしました。

中には彫りものがたくさんあり、特に「天国と地獄」の彫りものがとてもリアルで少しこわかったです。

その後、修復現場へ行き、体験をさせてもらいました。

その体験とは、なんと土を固める作業で、とても地味な作業にみえますが、とてもたいへんでした。

 

 

<中学3年生>

バイヨン遺跡修復現場では、実際に働いている人たちのしごとをやらせてもらいました。

石灰土を混ぜた床を太い木のぼうでたたいていただけなのですが、見た目よりもすごくたいへんな仕事で、そこで働いている人たちは、本当にすごいなと思いました。

 

100510_08.jpg

 

 

 

 

 

 

←バイヨン南経蔵修復現場での修復体験。

 

 

 

 

 

<高校3年生>

バイヨンには仏教とヒンドゥーのエリアがそれぞれあって、それを見て思ったことが、世界の中では今でも宗教の違いが原因で戦争が起こり、人が死んだりしているので、このバイヨンのように、すべての宗教が共存していくような社会に世界中がなればいいのにということです。

それは宗教だけでなく、それぞれの人間関係でも言えることで、お互いのことを尊重して、認め合うことができれば、絶対に平和になると思います。

なので、僕自身それがちゃんとできるように心がけて生活していこうと思います。

 

 

100510_09.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京新橋ロータリークラブ&東京レインボーロータリークラブ視察旅行の皆様からは、たくさんの感想やJSTやクラウ村の子供たちへの励ましのメールをいただきました。

その中で、東京新橋RC会長の樽本さんが実体験された戦後すぐの小学校、中学校の様子(視察旅行①)に、私自身感銘を受け、その旨をお伝えしたところ、さらに詳しい様子をお知らせくださいました。

その頃の様子は、内戦後のカンボジアと全く同じだったのですね。

このアンコールクラウ村の子供たちも、一生懸命頑張っていけば、きっと明るい未来が待っているのだと、希望をたくさんいただきました。

樽本さん、そしてロータリークラブの皆さん、ありがとうございました!(よ)

 

私の小学生の頃は、空襲や戦災で、多くの都会の子供が親元を離れ、地方のお寺に疎開する時代でした。

私は、戦後、現在の制度の学制 6・3・3年の制度ができた第1回の中学生でしたが、中学の校舎もなく、小学校の講堂を借りていました。

隣の授業の方がよく聞こえてしまうので、天気の日は、先生がよく山や川に生徒を連れて行き、授業をしたものです。

戦後の新制度のため、教育の資材も不足で、教師の指導能力に生徒は左右される時代でしたが、それだけに先生と生徒の関係は密で、先生は亡くなられていますが、毎年、お墓参りをしてから同窓会を開いています。

 

しかし、日本は急速に教育にお金を投下したのではないでしょうか。

急に校舎も出来、当時は舗装されていない道路がたくさんあったのに、どんな村に行っても、学校の前だけは、舗装された道路が出来ていました。

 

そのような経験をした私の年代の人は、皆様の活動を理解でき、尊敬いたしております。

あの明るい瞳をもった子供たちが、皆さん方の指導によって成長されますことを祈っています。

 

東京新橋ロータリークラブ会長 樽本さんより

 

100324.jpg

 

←アンコール・クラウ村の子供たちと、

ロータリークラブの皆さん

今日は、東京新橋ロータリークラブ&東京レインボーロータリークラブ視察旅行で、メンバーの中心となって旅行の準備をして下さった金澤さんの感想を御紹介します。

金澤さんとは、昨年の8月頃から半年間にわたって、旅行計画について、メールでやりとりをさせていただきました。

 

 

今回は、本当に、本当にお世話になりました。

いろいろご心配おかけしましたが、お心のこもった完璧なアテンドと御案内で、無事大勢の大旅行を終えることができ、改めて心からお礼申し上げます。

 

100323_02.jpg

 

 

←バイヨン南経蔵修復現場内で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもやはり「百聞は一見に如かず」ですね。

遺跡のすばらしさ、すごさはもちろんですが、修復の仕事に毎日汗を書いておられる皆さんの姿、クラウ村の子供たちの笑顔に出会えたのが最高の感動でした。

いい思い出ができました。

 

100323_01.jpgのサムネール画像

 

←クラウ村コミュニティセンターにて、

 村の子供たちが歓迎の歌を披露!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、よかったのはJSTの皆さんと親交がはかれたこと。

特に12日の夜は、チアさん、小出さん、下田さんが102号室の「二次会」に参加していただき、大変うれしかったです。

 

100323_03.jpg

 

←食事どきも和気藹々と。

その後の「二次会」も、お誘い、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

チアさんとは胡坐をかいてざっくばらんな話ができ、翌日は「コンサルタント」誌の寄稿記事を拝見してより理解が深まりました。

あの記事はすばらしいので、コピーを配布して、皆で共有しようと思います。

(記事内容はこちらから→ http://www.jcca.or.jp/kaishi/240/240_contents.html

「被援助国カンボジアでの国際協力」チア・ノル)

 

以上、取り急ぎ、皆の気持ちも代表して厚くお礼申し上げます。

 

そう遠くない将来、"第2回"が実現するのを楽しみにしています。

JSTの皆様のますますのご健康とご活躍をお祈りいたします。

 

東京新橋ロータリークラブ 金澤さんより

 

金澤さん、お疲れ様でした!

本当に、近いうちに2回目の視察旅行が実現するといいですね。

JST一同、皆さんにお会いできるのを楽しみにお待ちしております!

(よ)

 

さて、昨日に引き続き、今日は東京レインボーロータリークラブ会長・田川さんからいただいた、「アンコールの森支援」視察旅行の感想をご紹介します。

田川さんは大手建設会社にお勤めだったとのこと。私も建設関係の仕事をしているので、とても親近感を持ちました。

さらに、今回のロータリークラブの視察旅行では、私や下田の大学時代の恩師、尾島先生も参加され、大感激!

大学教授退官後もアジアを中心に世界各国で御活躍されているとのこと、貴重なお話もいろいろ伺いました。(よ)

 

 

東京レインボーRC田川です。

この4日間、本当にお世話になりまして、ありがとうございました。

 

土木、土質を専門としてきた私にとって、

大変興味のある、旅行となりました。

とにかくジグソーパズルの大型版のような部材を探すこと、

どれくらい長期間この形が持つかということ、

改めて考えさせられました。

 

100322_01.JPG

 

 

←新材がはめ込まれたバイヨン南経蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コストオンリーのような建設業界の状況を考えると、

もっと大事な技術、品質、安全といったことを再考するよい機会でした。

 

 

100322_02.jpg

←遺跡修復現場にて。

アンコール・クラウ村長老であり、遺跡修復の棟梁である、サオ・サム氏による挨拶。

アンコール・クラウ村へのご支援に対して、ロータリークラブの皆さんに、村を代表して感謝の言葉を述べました。

 

 

 

皆様にお世話になりましたこと、

お礼申し上げますとともに、

今後ともよろしくお願いします。

 

東京レインボーロータリークラブ 会長

 

100322_03.jpg

 

 

←アンコール・クラウ村の子供たちとの

  記念植樹。

 

 

 

あっという間に3月も終わりに近づいてきましたね。

 

今日は、2月中旬に行われた、「アンコールの森支援」視察旅行に参加された、東京新橋ロータリークラブ&東京レインボーロータリークラブの方々の感想を中心に御案内します!

 

両ロータリークラブは、昨年より、財)国際開発センターと共同で、アンコールの森再生のための植林活動にご寄付、ご協力くださっています。

昨年雨期には、アンコール・クラウ村の新しいお寺の前の道路に、280本の苗木を植えることができました。

 

今回は、アンコール観光を兼ねた3泊4日の視察旅行で、総勢31名ものクラブメンバー及びご家族の方々が参加されました。

もちろん!!!、企画&ご案内はJSTです。

 

100321_01.jpgのサムネール画像←植樹記念碑の除幕式の様子。

 

この砂岩製の碑は、JASA遺跡修復チームのカンボジア人専門家がデザインし、作業員が彫刻したものです!

 

カンボジア語と英語のとても細かい文字と、ロータリークラブのロゴが彫られています。

 

 

 

では、東京新橋ロータリークラブ会長の樽本さんからいただいた感想をご案内します。

 

今回のアンコール・クラウ村訪問について、大変お世話になりました。

私どもを、クラウ村の長老の方をはじめ、村の多くの方々にお集まりいただく御配慮ありがとうございました。   

100321_03.jpg

 

←遺跡修復現場にて、アンコール・クラウ村出身の作業員たちを紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、フリースクールでの元気で明るく、またお行儀のいい子供たちに、歓迎を受けましたことに、感激しております。

 

100321_04.jpg

 

 

←クラウ村コミュニティーセンターにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は小学校から中学校の頃、学校の教室もなく、裏山や川べりで授業が行われ、教科書も先生が作ったガリ版刷りの教科書で、継ぎのあたった服を着て勉強していましたことを思い出し、JSTの皆様が、村のために色々活動なさっていることに、尊敬の念を禁じえません。

また、八十歳を超すものもいる年齢の高い一行でしたが、どの遺跡でも、チア・ノルさんや下田さんの適切な解説で、遺跡に深く興味をひかれ、常に時間をオーバーし、観光の本では知りえない説明に、みな満足しております。

 

Moi Moiの気持ちがわかり始めたころ、帰国の日になりましたが、素晴らしいスケジュールに感謝いたします。

 

今回の訪問に関係された方々によろしくお伝えください。

また、くれぐれもクラウ村の長老の方には、よろしくお伝えください。

 

東京新橋ロータリークラブ 会長 

 

100321_02.jpg

 

 

 

←植樹記念碑前にて、記念撮影 

引き続き、クラウ村でプチ授業をしていただいたK先生からの感想です。

 

☆☆☆☆☆☆☆

「カンボジアの子ども達ともっと触れ合いたい!」
そう思ったのは、初めてカンボジアを訪れた2008年末のことでした。


子どもの頃から憧れ続け、いつか行ってみたいと思っていたカンボジア。

憧れ続けたカンボジア旅行は、私の疲れてボロボロになっていた心を穏やかにしてくれました。

遺跡も、人も、空も、風も、カンボジアの空気が大好きになりました。

 


遺跡を巡る私達の目に、たくさんの子ども達が目にとまりました。

話しかけると、恥ずかしそうに笑顔をくれました。

その笑顔がなんともかわいかったのを覚えています。

「カンボジアの学校に行ってみたい!」そう思うようになっていました。

 


2009年末、一年前にお世話になった方を通じて、クラウ村の学校へ行けることになりました。
しかも授業もさせて頂けるなんて!びっくりでした。

 

授業は「割れないシャボン玉」と「コマ作り」。

うまくいくだろうか、友達と二人ドキドキしていました。
でも、子ども達のキラキラした表情を見た途端、そんな心配は無用だったと分かりました。

楽しそうにシャボン玉を飛ばす子ども達、少し遠慮がちに自分の作ったコマを見せてくれる子...

みんな本当に生き生きしていました。言葉は通じなくとも、「知らないことを体験する時のワクワク」が伝わってきました。

授業の間も、遊んでいる時も、心はつながっているような気がしました。

楽しくて、楽しくて、本当にあっという間の数時間でした。

 


今振り返ると、私のほうが子ども達からたくさんの元気と優しさをもらった気がします。
素敵な時間をくれた子ども達や関係者の方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!

またいつか、子ども達に元気をもらいに行きたいなと思っています。

 

☆☆☆☆☆☆☆

 

お二人とも、感想をいただいて、ありがとうございました!

クラウ村での授業に、日本での学校とはまた違う何かを感じていただいたようで、JSTもとてもうれしいです。Oさんからの記事の最後にあるファイルの中には、普段とは違う体験で目をきらきらさせたクラウ村の子供たちの姿があります。

でも、日本でもクラウ村でも、子供たちの新しいことに対する好奇心や、なにか発見したときの感動は、きっと共通するものがあるはずです。

 

こういった特別授業は、JSTの通常のメンバーだけでは実現できません。

これまで絵画教室も音楽教室も、JSTに協力していただいている「JSTの外」の方々によって支えられています。

クラウ村の子供たちとこういうことをやってみたい!!というアイデアをお持ちの方。

 

JSTと一緒に、やってみませんか? 

JST→info@jst-cambodia.net

 

(ま)

 

2009年12月末に、2人の現役の学校の先生がクラウ村を訪問されました。

カンボジアの村の学校で、ぜひ小さな授業をしてみたい!というご希望を、旅行会社の方を通していただき、JSTがアンコールクラウ村のフリースクールでやってみませんか?と提案したのです。

その時の感想が先日、お二人からメールにて送られてきました。本文を開けてみてびっくりするほど、その時の子供たちの様子や先生が感じられたことがつづられていました。

 

先生方の感動の様子が伝わってくる内容なので、そのまま掲載したいと思います。

まずは、O先生から。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆

JSTのみなさん、ありがとうございました。
わずか、2時間ほどでしたが、とてもいい経験をさせてもらえました。
帰ってきてから、一緒に行った加藤さんと、「次は、スライムつくりたいね~他何する~?」とか
「1日授業を見学させてもらって、1日交流とかできるといいねぇ~」とか
「仕事なかったら、1か月ぐらいいたいねぇ」・・・などなどいろいろ話してました。


カンボジアは3回目だったんですが、
1回目・・・遺跡を知る(6年ほど前、はじめてきたときは、アンコールワット以外知りませんでした。)
2回目・・・内戦時代のことや地雷のことを知る(ほんの一部とは思いますが)
3回目・・・カンボジアの今を知る(これも一部とは思いますが)と毎回新しい発見(?)がありました。


去年2回目のカンボジアから帰ってきてから、自分の地域で、クメール語訳のシールを絵本に貼ってカンボジアに送るということをやってたことを思い出して、友人のKさんに声をかけて、1か月に1回の活動に参加し始めました。
そして、「いつか、カンボジアで自分がはった絵本に会えるといいなぁ~」と話してました。


そして今回、「カンボジアの子供たちに絵本を贈る」という社会人のためのスタディーツアーというのを
どこかで見て、そこに「こちら(旅行会社)が用意した絵本を贈って、子どもたちと簡単な交流や
授業のようなことをします。」って書いてたので


①どうせなら、自分たちが貼って作った絵本を贈りたいな
②ボール遊びとかの交流だけじゃなくって、ちょっと自分たちの仕事を生かせるような授業的なものも


してみたいなと思い、旅行会社のTさんにいろいろお願いをして、そういうことができますよ~
というお返事をいただき、クラウ村にいかせてもらうことになりました。

 


自分が「何か授業みたいなことをさせてもらいたい!」と言いながら、
いざさせてもらうとなると、何しようか???と2人で考えました。
図工や体育・音楽などがないということを聞いていたので、何か作って遊べるものがいいかなぁ、
それとも描くのがいいかなぁとか考えたんですが、日本の図工では、紙などの材料がある前提での授業なので、いざやることとなると、う~んと悩みました。
せっかくなら、作って終わり、ではなく、今回何か作ったりしたことが、子どもらが普段身近にあるもので、もう一度作ることができたり、またちょっと工夫を加えてやってみよう!と思え、これからにちょっとでもつながっていくものがいいかなぁと思い、ペットボトル工作なども考えてみたんですが、大量のペットボトルがいるということであきらめました・・・

 


そして、今までにシャボン玉遊びならしたことがある、とお聞きし、じゃあ手で弾むのにしよう!
あと、CDごまならすぐにつぶれなくて、しばらく遊べるし、きれいやし!ということでそれにしました。
ほんとは、シャボン玉液をみんなで作るところからしたかったんですが、準備物が間に合わずこっちで作っちゃいました。


そして、当日...
いよいよコミュニティーセンター着。ドキドキしました。
遺跡の修復のために使う道を作り始めたことがNGO設立のきっかけだったこと、ここで英語や日本語などを学ぶことが将来生計を立てていくのにつながることなどお聞きしました。


日本では、学校にいけて当たり前、勉強できる環境にいて当たり前、その中で子どもたちはなんのために勉強するのか、今している勉強が、自分の将来につながることをあまり感じられていません。
勉強が「できる」ではなく、「やらなくちゃだめなもの・しんどいもの」になっている気がします。
ここでは、ほんとに自分のための勉強をしているんだなぁと思いました。
英語の先生も、クラウ村の方ということをお聞きして、地域の大人も子どもを育てようと協力していってるんだなぁと思いました。ここで、こうやって子どもたちを支援し、育てようとしている方々のお話をもっと聞きたいなぁと思いました。

 


すぐに「はい、どうぞやってください!」ということでびっくりしたのですが、子どもたちに日本の子どもからのお土産を渡しました。その時、どの子もしっかりと相手の目を見て「ありがとうございます」と、
手を合わせて言ってくれた姿が心に残っています。
手を合わせてあいさつするのはカンボジアのあいさつと思いますが、なんか心までちゃんと伝わる感じがして、いいなぁと思いました。

 


まずは、シャボン玉液を配りました。「やったことがある人?」と聞いてもらうと、
半分ぐらいの子が手をあげてくれました。シャボン玉を弾ませるための軍手の数が足りなかったのですが、普通にシャボン玉を膨らませることに夢中になってる子もいたり、シャボン玉を追いかけることに必死になってたり、カンボジア語がわからないので「すごーい!!」というとにこっと笑ってくれたり、
楽しんでくれている姿がみれてよかったです。


次は、CDとペンを配りました。CDに描くことを説明したのですが、
こっちの意図するところがうまく伝わってなかったらどうしよう・・・と心配にもなりましたが、
自然とわかってくれたようで、CDにいろいろな模様をかき込んでいました。


はじめは、2色だけのペンを使っていた子に、違うペンを渡してみたら、さらに描き足したりしていました。ここの子どもたちが、普段の生活で何かを使って何かを描く・作るということをどれぐらい経験しているかわからなかったのですが、(授業として図工をやったことはなくても、普段の遊びでいろいろ身の回りのものを工夫して使っている気もしたので)、模様をかく、楽しさ・まわして色が重なるきれいさも感じてくれたらなと思いました。

 


ハートでうまいこと一周埋め込んでたり、花模様みたいなものを書き込んでいたり、何を描こうか迷って、隣の子のを参考にして描いていたり、描きすぎて、いっぱいの色になってる子も、まわしてみるとすごくきれいだったり・・・
日本の子どもでやった時にはなかったような模様もあり、見ていてそれぞれの子どもの感性に感心し、楽しませてもらいました。


「この子は、普段から他の子にはない発想をするんですよ」と教えてもらった子(ハートで埋めた子)も
いたんですが、一人ひとりの持っている力が発揮できる環境が、いろんな人の支援や、最終的には国の教育体制として(?)整っていくといいなと思いました。

ここでも、「すごーい!ビューティフル!」「グッド!」(ぐらいしか言葉が言えず・・・)というと、
にこっと笑ってくれ、うれしくなりました。シャボン玉は楽しいと思ってくれたのか、こまを仕上げた後またシャボン玉を飛ばしている子もいました。
そこまで、楽しんでくれている姿を見ると、持って行ってよかった~とうれしかったです。
(部屋の中でやったので、液をべシャーとこぼす子が続出で、先生に掃除をしてもらったりしてすみませんでした。外でやったらよかったです。)

 


そのあとは、ご一緒だった方たちが持ってこられたボールで、一緒に遊ばせてもらいました。
日本では、ドッヂボールなどが盛んですが、円になってパスを回してるだけでも、みんなとっても楽しんでる姿にびっくりしました。フェイントをかける子もいたりして、どこの国でも子どもって一緒やなぁ~と思いました。

 


私が、「よっ!」と声をかけて回すと、それをにこにこっと笑いながら真似して「よっ、よっ!」という女の子もいたりして、他にしゃべることは出来なかったけど、受け入れてくれてる感じがしてうれしかったです。「最初は、慣れてなくてなかなかうちとけなかったけど、最近は子どもたちも慣れてきました。」
とお聞きしたんですが、子どもたちの(そして、スタッフの方も)温かい笑顔が最高によかったです!!

 


ボール遊びをしてて、こんなに楽しんで遊べたのは久々かも!?と思えました。
持って行った本を、さっそく読んでくれている子もいて、またもっと持ってきたいなぁとも思いました。
あっという間に、時間になってしまってとても寂しく感じました。まだまだいたいなぁと思いました。ガイドさんが、そろそろ・・・と言ってくれなかったら、ずっと遊んでたと思います。


また、訪れたいです!
次は、ぜひ勉強している様子もみたいし、お話も詳しく聞かせてもらいたいし、また違うネタで子どもたちとかかわってみたいです!

 


もっと、若い時にこんなことを知れてたらなぁ、経験できてたらなぁと思いました。
もし大学生の時に知っていたなら、もう少し長く滞在することもできるのになぁとも思ったんですが、
今の自分が、カンボジアのことを知って、何ができるんやろう?と考えてみたりもしたんですが、
とりあえず、こんなふうにがんばっている子どもたちも世界にはいるんやよ、ということを、
今、自分が教えている目の前の子どもたちに伝えるのも、一つできることかな、と思いました。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆

 

授業風景の写真は、こちらのファイルからご覧いただけます。

pictures of Cambodia.pdf 

 

 

9月16日。

この日は、内閣府主催の「国際青年育成交流事業」の一行が、バイヨン・インフォメーション・センターとバイヨン寺院の修復現場を訪問されました。日本全国から選抜された、大学生と社会人の方から構成されたこの視察団のご案内は、JASA技術顧問である下田が担当。

 

このときの参加者の一人である、京都大学の杉野さんより、帰国後に感想をいただきましたので、ご紹介します。

*****************************************

2009年9月5日から22日の18日間、私たちは内閣府青年国際交流事業の一環としてカンボジアに派遣していただきました。団長、副団長、10名の団員の計12名でカンボジアの青少年との交流や日本大使館などの表敬訪問、JICAなどの視察をしました。主にプノンペンでの研修が大半でしたが、シェムリアップに4日間滞在することができました。

  

シェムリアップの滞在期間中に私をはじめとして団員たちが楽しみにしていたのは、やはりアンコール遺跡群の見学です。まずバイヨン・インフォメーション・センターにお邪魔し、日本国政府アンコール遺跡救済チーム技術顧問の下田一太さんにお話しを伺いました。

 

センター内はパネル展示と映像での紹介もあり、初めて訪れる私たちにとって非常に分かりやすい内容でした。パネルでの世界各国の修復チームの紹介では、こんなにもたくさんの国々が支援をしているのかということを初めて知り、アンコール遺跡が「修復のオリンピック会場」とも呼ばれる理由を改めて納得しました。日本政府が携わっている修復についてフェーズごとに追ったビデオや、アンコール王朝の変遷についてのお話を伺い、更に理解を深めることができました。

 

 そして、いよいよ私たちが楽しみにしていたバイヨンの見学です。技術顧問の方に修復現場とバイヨン内を案内していただきました。はじめに目に飛び込んできたのは巨大な四面像でした。そして近づくにつれてアプサラのレリーフをはじめとした細やかな彫刻に今度は目を奪われました。バイヨンを見学して私が純粋に驚いたことは、このような巨大でありながらも繊細な彫刻が余す所なく施された建物を800年以上も昔の人々が作り上げたことです。

 

当時の人々は重機などの機械を使わずに人の手で作り上げたことを考えると、想像を超える人々をまとめ上げるだけの宗教、そして王への信仰心、人間の持ちうる力を感じずにはいられませんでした。

 

 そして今回の見学では、普段では入ることができないような修復現場の足場の中にも入らせていただくことができました。私たちが修復現場を訪れたときは、日本の技術者の方とカンボジアの方が一緒に作業をしていらっしゃいました。日本が上から行う支援ではなく、カンボジアの方々が中心になって一緒に作業を行っていると伺ったことを目の当たりにすることができました。

 

 

sugino.JPG私の中で印象に残ったお話は、盛土に日本古来の長七たたきという土を固めて作られた人造石が使われているということです。日本が持つ最新技術以外でも、日本の自然に近い工法がアンコールの地で活用させていることが少し誇らしく感じられました。

 

 

私は現在大学で建築を学んでいますが、今まで建物を建てることばかりに目が向いていました。過去の人々の思いがつまった建物を解析して、修復するということも建築に携わることのすばらしさの一つだと感じました。

 

更には、修復だけではなく、逆にアンコール王朝の時代の建築の知恵を現代に活かすことができるのかもしれません。自分の中で建築の新しい可能性に気づくことが出来たことも、とても有意義なことでした。そして、下田さんをはじめカンボジアでお世話になりましたみなさん、本当にありがとうございました。今回得た知識や感じたことを胸にとめて、将来に向けて学んでいきたいと思います。

 

*************************************

 

杉野さんは建築を勉強している学生さんだけに、その工法や建築という分野が持つ可能性の広がりなど、より大きな刺激が得られたのかも知れませんね。

 

ただ、修復の現場を実際に訪れて目にする、汗を流して働くカンボジア人の職人たちや日本人スタッフの姿は、遺跡の修復という仕事を、学生の皆さんにより身近な存在としてくれるようです。

 

杉野さん、そして青年交流育成事業でご訪問頂いた皆様、どうもありがとうございました。

 

JSTでは、一般のお客様へのオリジナルツアーづくりの他、夏休みや春休みを利用してスタディーツアーで渡航してくる大学生の皆さんを遺跡や村に案内しています。

 

今回は、この夏にJSTがご案内したスタディツアーの様子や寄せられた感想をご紹介します。

 

現在、JSTがスタディツアーを受け入れる際の主な魅力は、

・カンボジアの遺跡についてより深く学べること

・アンコール近隣の村を訪れ、暮らしや村の現状について直接体験できること

 

「遺跡」と「村」を軸に、JSTでは参加者の方の興味に沿ってご案内をしていきます。

 

8月23日:関西国際大学スタディツアー

 

昨年から始まったこのスタディツアーではアンコール地域の遺跡見学をJSTが1日コーディネート。

 

午前:バイヨン・インフォメーション・センターにてガイダンス→バイヨン寺院修復現場へ

昼食:アンコール・クラウ村の水上小屋にて、のんびりお弁当&ちょっとお昼寝

午後:アンコール・ワットじっくり見学

 

という行程を、引率の先生と相談し、JSTのツアー事業担当の吉川が作成&ご案内しました。

 

アンコール・ワットでは比較的時間がたっぷりあったので、全員でワットを一回りしてから、30分ほど自由時間を。学生たちがあちこちに散らばっている間に、先生と散乱石材に座って話し込んでいると、自然と学生の皆さんも周囲に集まってきて、即席座談会風に。

 

なぜ、カンボジアに来たのか。こちらで働く決断に迷いはなかったのか。大学2、3年生を中心としたメンバーから、JSTとしてカンボジアで仕事をしていることに対する質問が相次ぎ、徐々に話は将来の進路や仕事へと展開していきました。吉川は一番、学生さんたちに年齢が近いので、いろいろ気になることも多い様子。

 

昼の間に日光で温められたアンコール・ワットの石材の上で、いろいろな話題に飛び火しながら気がつけば1時間ほども話し込んでいました。ワットを後にする頃には、空はうっすらと夕方の気配。

本当はここで終了のはずが、学生の皆さんからの「どーしても、夕日が見たい!」というリクエストを受け、急遽スケジュールを変更して夕日のメッカ、プノン・バケンへ。

 

雨期のため、夕日は姿を現わしてはくれませんでしたが、ほんのり紅色に染まったアンコール・ワットを見下ろしながら、それぞれにカンボジアの思い出に想いを馳せていたようです。

 

この日のツアーに参加し、アンコール・ワットのぽかぽか石の上で語り合ったIさんから、感想メールをいただきました。

 

Iさんより**************

  カンボジアや遺跡が好きな私にとって、このツアーはとても魅力的でした。まず、新設されたセンタ  ーで、寺院についてカンボジアの歴史と共に学ぶ事ができ、また出土品から時代背景を考える楽しさを知ることができました。そして、バイヨンでは修復現場を間近で見て触れることができ、このツアーならではの経験だと思いました。スタッフの方のお話もとてもおもしろく、当時を想像しながら遺跡内を見学でしました。個人の観光では味わえない貴重な体験ができて本当によかったです。ありがとうございました。

******************

 

このほかに、一番多かった感想、というか決意表明(?)は「また、絶対カンボジアに来ます!」

 

JSTがご案内したのは1日だけですが、そう言いたくなるほどカンボジアの魅力に触れられるツアーのお手伝いができて、こちらもうれしいです!

 

つづく・・・

 

(ま)

無事、東京へ着きました!

 

東京に帰ってきた実感がなかったのですが

カフェでお茶をした時に、物価の高さに気づき

戻ってきてしまったんだ・・・と実感しております。

 ----

カンボジア料理、ドイツ、イタリアンと 本当に夜も happyでした。

 ----

本当に毎日が楽しく、遺跡修復についても初めて知る事ばかりで

とても勉強になりました。

----

遺跡修復現場に入れていただき、感動しました。

今度は実際の修復現場を見に行きたいです。

----

クラウ村での子供達とのふれあいも感慨深く

通常のツアーでは経験できない、とても良い思い出です。

----

子供たちの笑顔は 癖になります。貴重な機会をいただき、

笠原先生にも どうかよろしくお伝えください。

----

また、是非カンボジアに行きたいと思っています。

その時はよろしくお願いします!

 

O&T

 

カンボジア訪問歴11回の横浜M.Gさん。昨年の6月、8月、12月に引き続き、先月2月にもご友人を誘われてシェムリアップへ。JSTが全コーディネートを行い、チア・ノル(JST代表)がガイドするJSTツアーへ参加してくださいました。

今日は、横浜M.Gさんより2月のツアーブログが届きましたので、ご紹介します。

 

************************************

 

2/14から2/18まで、乾季のカンボジアを訪ねました。
私を含めた女性3人と男性1人の平均年齢55.5才という中高年の
グループでしたが、筋肉痛に悩まされることもなく、意欲的に沢山の
遺跡を巡ることができました。そしてホテルに戻ってからは、写真を
見ながら一日の復習をするなど、この年になって学ぶことの楽しさも
経験できたことは、大きな喜びだったように思えます。
ちなみにメンバーの1H氏(男性)はバイヨンに魅せられ、今度カンボジア
に来たら、一日中バイヨンに自分を置いておいて・・・と言うほどの感動を
受けたようです。


090312.jpg

 なんと言っても、初日の午前中にJSTの吉川舞さんから、カンボジアの
歴史や遺跡に関するレクチャーを受けていたことは、各遺跡を理解する
上で、大変役に立ちました。
 遺跡修復の現場では、地道な作業の説明を伺い、悠久の歴史の過程
においては、このひとつひとつの積み重ねが必要であったことを実感しま
した。
 アンコール・クラウ村の水上小屋でのランチやハンモックに揺られながら、
風の音に耳を傾けていたあの時間は、いつも忙しくしながら生活している
私達にとって、大切なものに触れたような感覚を持つことができました。
 一方、川で水牛の世話をする少年達との出会いやフリースクールでの
子供達の一生懸命さを知り、自分の子供達をとりあえず育て終えた
中高年達は、ある共通した思い(使命感?)を持つことになりました。
 私自身は今回11回目のカンボジアでしたが、訪ねる度に経験する新たな
発見、出会い、感動がたまらなく、今後も気がついたらシェムリアップの空の
下・・・ということになりそうです。
 最後に中高年のおじさん、おばさん達の元気のもとはヘルシーなカンボジア
料理とアンコールビールだったことを付け加えておきます。
                                 横浜M.G
 
*********************************

 

横浜M.Gさん、ありがとうございます!

 

今回のツアーでは、初参加のH氏が大の仏像好きとお聞きし、シェムリアップ到着日にスケジュールを再調整。トンレサップ湖クルーズの代わりに遺跡をじっくり見て回るコースに、急きょ変更しました。

☆☆JSTからのコメント☆☆

→JSTツアーでは、このように、皆様のペースとご興味にできるだけ合わせ、ツアー当日でもご希望があればコースを少しずつ変更しながら、より充実したコースを皆様とともにつくりあげていきたいと思っています。

 

ツアー初日に行われた「カンボジアの歴史と遺跡のレクチュアー」ではもちろん、JSTメンバーがご一緒させていただいた御食事中にも、様々な遺跡談義、カンボジアの話題が飛び交いましたね。また、皆さん、お酒がいけるということもあり、最終日前日の晩は恒例のAHAレストランでワインを堪能。大いに盛り上がりました!今でも皆さんの笑い声が聞こえてくるようです。。。。

☆☆JSTからのコメント☆☆

→JSTツアーでは、お客様のご希望があれば、お食事もJSTメンバーが同行させていただき、その場でアラカルトメニューからご注文いただくことも可能です(ただし大人数の場合は、あらかじめレストランを予約しておいたほうが無難ですが)。

 

今回のツアー日程

 

1日目夕方; シェムリアップ到着。

        ホテルチェックイン後、Café Moi Moiにて夕食。顔合わせ。

 

2日目午前; JSA(日本国政府アンコール遺跡救済チーム)オフィスにて、

                         吉川舞による「カンボジアの歴史と遺跡案内」

        アンコール・ワット

        昼食はドイツ料理レストランで、1$生ビールで乾杯!

 

2日目午後; アンコール・トム遺跡

        夕方、市場(オールドマーケット)で買物。

 

3日目午前; JSA(日本国政府アンコール遺跡救済チーム)の

                     バイヨン南経蔵修復現場ご案内。

        アンコール・クラウ村へ。クラウ村Moi Moi農園水上小屋にて昼食。

 

3日目午後; 昼食後、水上小屋でハンモックに揺られながら休憩。

        クラウ村・コミュニティーセンターにて、村の子供達と交流。

        プレア・カーン遺跡。

        西バライで船に乗り、西メボンへ。雲の合間から覗いた夕日を鑑賞。

        夕食はAHAレストランにて、ワインを堪能! 

 

4日目午前; バンテアイ・スレイ遺跡、タ・プローム遺跡

        昼食は、バンテアイ・スレイ・レストランにてクメール料理を。

 

4日目午後; 最後にまたアンコール・トム遺跡内へ。

        バプーオン遺跡などを見ながら王宮跡を散策。

        空港へ行くまでの間、Cafe Moi Moiにて休憩。

        夕食は、鶏肉サラダそうめんが好評でした。