About JST
JST News!
TOP >> JST News!  >> まちライフ

まちライフの最近のブログ記事

バイク大国カンボジア。

シェムリアップの町はどこに行くのもモト(バイクのこと)が便利。

町自体が小さくて、端から端まで15分もあれば十分に走り抜けられてしまうこの町の人にとって、モトは自転車の延長線上にあります。

だからまるで自転車に乗るように、気軽にモトを操って、いろいろな旅をする。

もちろんヘルメットなんてかぶらず、家族5人で1台のバイクに乗ることも当たり前。

むしろそれこそが、カンボジアの「まち」の風景であったのです。

(JSTNews! のオンボロバイク少女たちがまさにそれを象徴しています)

 

そのモト環境に2007年から、少しずつ変化の波が。

ヘルメットの着用、3人乗り以上の禁止、古い(ボロボロ)バイクの取り締まり、そしてバイクにも免許証が必要になったこと・・・などなど

新しい道路交通法が施行され、街角に白バイポリスが立ち、ものものしい大きなサングラスでにらみを利かせるようになりました。

はじめのうちは、「へっ。ヘルメットなんて!」という風潮だった町の人々ですが、ポリスの威圧感にたえかね、ポツリポツリとヘルメットライダーが目につくように。

 

そして現在では、シェムリアップの町中でも当たり前のようにヘルメット着用が定着しています。中には、さっそうとピンクのミニメットをかぶりお父さんの背中にしがみつくガキンチョも。

 

さらに!

この6月1日から、なんとさらに取り締まりが強化されるという噂が。

というのは、今までドライバーのみが義務付けられていたヘルメットが、後ろに乗る人間にも適用されるという法律ができた、と新聞に掲載されていました。

 

私自身は、シェムリアップでもどこでも、バイクは自分で運転せず、「モトドップ」と呼ばれるバイクのタクシーに乗っています。市内ならどこでも$1以内で行けてしまうので、自分でびくびく運転するよりずっと便利だな~と。最近は事務所の近くをナワバリにしているおじいちゃんと仲良くなり、こちらのライフサイクルを分かってくれるようになってさらに快適。

 

しかし!もし私がヘルメットをしていなかったら、このおじちゃんがポリスにつかまり、罰金を払わされるのでは?と懸念をいだき、その結果、ついに買いました、マイヘルメット。

 

市内のヘルメット屋さんで$13。お店にある中では、最新で最良という店主さんの触れ込みと、原色ではない色合いに魅かれてこれにしました。

 

今まではヘルメット自体をちょっとばかにしていた私。でも、かぶってみるとその快適さにびっくり。この驚きはきっと1年ほど前のシェムリっ子たちと一緒だと確信しました。

埃が目に入らない。雨が降っても目を開けていられる。風が吹いても大丈夫。などなど、まさにカンボジア特有の問題を解決するのに、ヘルメットはなんと効果的か!

 

 

嬉しくなって颯爽とみんなに自慢し、明日からは私もヘルメッターだから、とカッコをつけた日から早1か月。「後ろの人もヘルメットをかぶらなければならない」という取締がされている気配はありません。

がーん。

 

しかし、私がこの国にきて1年と3か月。これだけの間にも確実にシェムリアップ市内の交通量は増えているように感じます。観光客を乗せた大型バスや、裕福な人たちの大型車に混じって、最近ではマーチとか小型車も目につくようになりました。町に住む、一般家庭に自動車という新しい選択肢が登場してきたともいえるかも。

ヘルメットは、拡大するシェムリアップという「まち」と、車社会から身を守る必須の要素に成長していくのかもしれません。

 

(ま)

 

 

 

 

「私たち結婚します!だから式に出てもらえる?」 

 

と突然電話を受けたのは、2週間前。よく知っているNGOの、一回だけ会ったことのあるカンボジア人スタッフからのものでした。

せっかくの機会だから、ちょうどシェムリアップに滞在している後輩と先輩も誘って、女3人で結婚式に出よう!ということに。

 

というわけで、今日はカンボジアの結婚式模様についてお届けします。

 

カンボジアの結婚式に「ジミ婚」の3文字はありません。できるだけ派手に、盛大に、たくさんの人に参加してもらう、というのがカンボジアの流儀。たくさんの人が来ればそれだけ、祝福されているという証になるのです。ですから、こと結婚式に関しては、友達の友達は友達、知り合いの知り合いは知り合いというようにどんどんと「お誘いの輪」が広がっていきます。私たちの場合も新郎を知っているのは私だけ、他の二人は会ったこともない、名前も知らない人の結婚式に出るという状況です。そしてそれでもOKなのです。

 

結婚式といっても、私たちが参加しているのは、日本でいえば披露宴にあたるもの。結婚式自体は2日間ほどにわたり、数々の儀式が執り行われます。。そしてそのあとに、「ニャム カー」とか「シーカー」呼ばれる披露宴が行われます。クメール語でニャムとシーはどちらも「食べる」という意味。それが転じて「パーティーに行く」というような意味ももつようになったのですが、その名の通り、カンボジアのパーティはひたすら食べて飲みます。それは女性たちがぴったりドレスで着飾った披露宴も例外ではありません。

 

カンボジア式ハデ婚においては、新郎新婦のみならず、それに参加する女性たちも、ここぞとばかりにあでやかさを競います。「結婚式に2度同じ衣装を着ていくなんて恥ずかしい!」これはすでに都市の女性たちの常識と化しており、衣装もメイクもばっちりにして、勝負の舞台へと赴くのです。結婚式の集中する乾季には、衣装代の出費に嘆く女性たちのため息が。それでも新しい式に誘われれば、気合いを入れざるを得ないのが女ごころというものなのです。

 

そして今回、私たち女3人組も、クメール女性の心意気に染まるべく、徹底的にやってみることに!一人だったらちょっと恥ずかしくってできないけれど、3人いれば怖いものなし。ということで・・・

 

まずはメイクから。夕方から開催される式に合わせ、午後3時から事務所を抜けだし美容院入り。私の友人の美容師さんに「ヘアアレンジとメイクを、クメール風で!」とお願いし、準備スタート。美容師の彼女も二ヤリと笑ってやる気満々です。

092027-2.jpgのサムネール画像

 

メイクも髪型も「ど」派手が基本。一人1時間、計3時間のたゆまぬ努力の末、こんな芸術作品が誕生しました。顔の原型が分からないくらい重ねられたそのメイクはすでにアートの領域です。メイクが終わった私を見て、周囲の見物人たちから(市場の中にある美容院なので、市場の人々が入れ替わり立ち替わりおかしな外人を見に来ていました。)「カンボジア人に見えるよ。しゃべらなければわからないな。」とお墨付きを。ややオカマさん風に見えるという事実は見てみないふりをしました。

 

092027-1.jpg

メイクを終え、衣装に着替えたら、さあ本番。おめでたい式に参列です。クメール風だけどちょっと違う、怪しい女の3人組の侵入に会場の視線が一気に集中。こんなに人に見つめられる経験はこれから先、ないだろうなと思いつつ、案内されるがままにテーブルへ。

 

テーブルごとに人数が揃うとお料理が運ばれてきます。たくさんの人々が入れ替わり立ち替わりご飯を食べて乾杯をしては帰っていく様子は、日本の結婚式にはぜったいにない光景。中には関係があるとは思えないような外国人(私たちもだけど)まで混じっているから不思議です。

 

結婚にまつわる各種儀式は通常お嫁さんの家で行われ、昔は披露宴も自宅で、かつお料理はそれぞれの参加者が持ち寄って行っていたそうです。でも、現在は特別な儀式以外は街のレストランで行われることも多くなりました。そして、これでもか!というほど回を重ねるお色直しの中には、クメールの伝統的な衣裳に混じって、ウェディングドレスも。そしてクメールの伝統的な料理の後には、ウェディングケーキが登場し、ケーキカットが行われました。

でも、これはここ10年くらいの間に主に新婦さんのリクエストによって出てきたシーンとのこと。若くても保守的な男性陣にはいまだ抵抗感があるようです。

それでも伝統衣装に身を包み、かわいらしい奥さんをもらって笑みが止まらないといった様子の友人をみて、新たな始まりに伴う高揚した気持ちを分けてもらいました。

二人の末永い幸せを祈りつつ、ハート型のボックスにご祝儀を入れ、会場を後にしました。

 

その後は、事業メンバーが黙々と作業をする事務所に乱入し、疲れ果てた皆さんに驚きと爆笑を提供、さらに写真館に行って、この日の記憶を具現化すべく写真に収めてもらい、知り合いの知り合いの結婚式にかこつけて、クメールの非日常を思いっきり満喫する一日となりました。

090227-5.jpg 末永く、お幸せに・・・☆