About JST
JST News!
TOP >> JST News!

スースダイ!インターンの中岡です。

今回は、仙台二華高校さんのトンレサップでの活動を紹介したいと思います。

今回は前回の訪問時に設置された雨どいの修理補強、新たな家での採寸が大きな目的です!

前回の訪問時に設置された雨どいがどのように使われているか、はたまた壊れて全く使われていない状況か、現地に行き自分たちの目で見るまでは全くわからない状態でした。
さらに水上に住む彼らはよく移動します。前回あった場所に同じ家があるとは限りません。

そうした不安の中、一行はトンレサップへ。

JST代表のチアからトンレサップの現状(水質汚染や乱獲、難民問題など)が説明され、船は出港。
2017.12.28.8.JPGのサムネール画像

いざ、現場に行って見ると壊れてしまった配管がありました。
話を聞くと、雨季の際の台風で壊れてしまったために現在は使っていないそう。
2017.12.26.4.JPG
そこで生徒たちは写真や動画、インタビューを行いながら住民のニーズを汲み取り、配管の再設置のための準備を進めて行きます。


2017.12.26.6.JPG
タンクは生活に支障をきたす場所にあったから撤去したとのこと。現地の住民のニーズを吸い上げながらプロジェクトを進めるのはそう簡単ではありません。
2017.12.28.9.JPG
そうした中でも仙台二華高校の生徒たちは粘り強く、灼熱の太陽にも負けず黙々と作業を進めて行きます。


午後からは、備品の購入をしに資材屋へ。
2017.12.26.8.JPG
価格調査の依頼もされていたようで、トイレの備品や針金やパイプの値段なども事細かく調べていました。

最近の高校生とは思えないほどの行動力と信念の強さにはインターンである僕も参考になる部分が多々ありました。

2日目は、雨どいの作成です。
JST代表チアの作業場で黙々とパイプや木材の加工を。
2017.12.27.18.JPG
逐一相談し合いながら、うまく現場で設置できる工夫をしながらパイプが出来上がりました。

三日目は出来上がったパイプを持ってもう一度船に乗船します。

パイプは出来上がりましたが、果たしてうまく接合できるのか、、、。
2017.12.26.10.JPG
現場では家に船を横付けして作業開始!
なんと船の屋根に乗って作業していきます。
2017.12.26.11.JPG
日本の高校生とは思えない、、、。

ここでもみんなで協力しながら、パイプを持ち上げ、設置します。
2017.12.26.12.JPG
もともとあったパイプとの接合部分がうまくいかない場面もありましたが、なんとか設置完了!
2時間弱にも及ぶ作業に高校生もクタクタに、、

このように設置されました!
2017.12.26.4.JPG
これで雨季になって雨が降ってもうまく雨どいをつたった水がうまくタンクにたまるでしょう!

普段、水上生活者の生活用水はトンレサップの水をこのようなミョウバンでろ過したものを使っています。
2017.12.26.7.JPG
しかし、汚染拡大が進むトンレサップの水は綺麗ではありません。
病気などの原因も水関係が多いそうです。
そうした課題を解決しようと活動する仙台二華高校の生徒たち。
水上生活者が少しでも綺麗な水を使って生活できるようにこれからも継続して活動していくそうです。


これからもよろしくお願いします!!!! 
スオスダイー!インターンの藤原です。


12月22日から24日にかけて、
仙台二華高校の学生たちが、アンコール・クラウ村・トンレサップ湖を拠点に
研究活動をされました!

20171229-120171229-2

JSTインターン生も、高校生に同行し、研究活動を見学させていただいたので、
現地での活動の様子をこれからブログで紹介していこうと思います。


まず初めに、今回のブログでは、
仙台二華高校の学生たちがいったいどのような活動をしているのかという、
概要を紹介させていただきます!

高校生たちは、
・水質浄化
・トイレ
・塩害/ダム
・教育
・文化

といった5つのグループに分かれ、それぞれのグループで
プロジェクト実行に向けた研究活動を行っています。



水質浄化チームは、人々がどのようにして綺麗で安全な水を得られるようになるか
ということを研究テーマとし、

その中でさらに、水の浄化方法
(雨水を浄化させる方法、水中の汚い物質を沈殿させて上澄み液を得る方法等)によって
3つのグループに分かれて活動しています。



教育チームは、バイヨン中学校において、
小学校での勉強の理解が乏しいまま中学校に入った学生たちに対し、
どのようなフォローをするのかという先生達の課題や、


先生の定員が20人であるのに対し13人しかいないという現状で、
いかにバイヨン中学校に先生を誘致するのかということに対し
課題解決のアプローチをしています。


今考えられているプロジェクトとしては、生徒に何か簡単なものを作ってもらい、
出来たものを記念品として寄付金を募ります。
午後から、先生にアルバイトで生徒の補習授業を行ってもらうのですが、
先ほどの寄付金を先生のアルバイト代に当てるというものです。


そうすることで、アルバイトができるということで先生の誘致につながるし、
生徒にとっては、無料で補習授業を受けることができます。


ただ、今学期から生徒数の増加でバイヨン中の授業が午前午後の2部制となったため、
プロジェクト自体の見直しが必要となり、現在検討中です。




文化チームは、無計画なホテル等の建設ラッシュによって起こる洪水問題について、
解決のアプローチをしています。

アンコール時代には、生活の知恵で上手く水を支配していたため、その先代の知恵を現在のシェムリアップの都市計画に活かせないかどうかということが検討されています。

具体的に現在生徒たちが行っている研究としては、
日本では~沢・~浦・~埣など、
洪水が起こりやすい・崩れやすい地形であることが表されている地名があるらしく、
カンボジアでもそのような土地の特徴を表した名前が残っていないか、
聞き取り調査をするというものです。



トイレチームは、野外排泄をしている場所で、大腸菌などが井戸水に混ざり、
お腹を壊してしまう人が多いという問題に対し、
バイオトイレを普及させることによって解決できないかという研究をしています。


バイオトイレは、土におが屑や保湿剤のようなものを入れて菌を土中に住まわし、
その菌が人の糞を分解して、それが今度は肥料として使えるようになるといったもので、
日本で昔使われていた肥溜めの原理と同じようなものだそうです。


ただ、おが屑が手に入らないために失敗した先例があるらしく、
この地域で沢山あるという竹や稲藁など、おが屑に代替できるものを、現在模索しています。


塩害/ダムに関しては、ベトナムを拠点に研究活動されています。








どうですか?


日本に、このような大学生並みの研究活動を行っている熱い高校生がいるということに、
私は衝撃を受けました!!


私が高校生だったころは、途上国の問題について考える機会なんていっさいなかったし、
部活動と目の前の勉強にしか目がなかったですね......。


このような熱い研究をしている、優秀な高校生たちと共に過ごし
私自身、彼らから学ぶことが多かったです。


ではでは、次回のブログからは、
仙台二華高校の学生たちがこのような研究テーマに沿って、
カンボジア現地でどのような調査活動をしたのか、紹介していこうと思います。
お楽しみに!



スースダイ!インターンの中岡です。

12/26から安田女子大学の先生が、バイヨン中学校で約1週間のミシンの授業を開始されました。
この約1週間の間に女子生徒20名がスカートの完成を目指します!
2017.12.27.8.JPG

なんと初回と2回目の授業では安田女子大学に通う学生さんとスカイプでつなぎ、日本からミシンや裁縫の方法をレクチャーしていただきました。
2017.12.27.9.JPG
先月、NPOオアシスさんのご支援でバイヨン中学校にWi-Fiが設置され、愛知県の中学校との英語授業が行われましたが、なんとそこから約一ヶ月足らずで2回目のスカイプ授業が実現しました。
ところどころ、音声や映像が途切れる部分もありましたが、バイヨン中学校の生徒たちは安田女子大の学生さんの手先の動きに集中して見入っていました。

2017.12.27.10.JPG

まずは、自分のウェストや足の長さなどを計るところからスタートします。
みんな図るのは初めてのようで、キャッキャと騒ぎながら測っていました。
2017.12.27.11.JPG
今回選ばれた20名の中には他の支援者からミシンを習ったことのある生徒や、昨年の安田女子大学の皆さんの訪問時に習った生徒もいました。

そのあとは、ミシンを縫うための仮縫いです。
2017.12.27.12.JPG
僕も少し手伝おうとしましたが、もう何年も針を触っておらず、全くできなかったです。もちろん生徒の方がうまかった、、。

仮縫いが終わるとミシンで縫っていきます。
2017.12.27.13.JPG
実はバイヨン中学校のミシンは先日修理に出したばかりなので、大半のミシンがうまく動きました。

今縫っているのは、スカートの腰の部分です。
2017.12.27.14.JPG
みんなも先生の手先に注目して見ています。
2017.12.27.16.JPG
休み時間になると他の生徒は興味津々にミシンの教室を覗き込んでいます。
2017.12.27.15.JPG全員が体験できるようになる日が待ちどうしいね!!


あと3、4日でどんなスカートができあがるのでしょうか。
続報に期待ください!

スースダイ!
インターンの中岡です。

先日、バイヨン中学校に行ったらこんな光景が目に入ってきました。
2017.12.18.1.JPGのサムネール画像
これはカンボジアの伝統芸能であるアプサラの踊りを習っている様子です。

実は近年カンボジアではこのアプサラダンスの踊り手が減ってきているそうです。

そうした中でJSTはカンボジアの伝統芸能を絶やしてはならないとの思いから、
講師を特別に雇い、毎週土曜日に生徒たちへの指導を行なってもらっています。

ほとんどの生徒たちはアプサラダンスを初めて踊るそうです。

2017.12.18.2.JPG
なんと女性が踊るアプサラダンスの講師は男性です。

指先の曲げ方から、

2017.12.18.3.JPG
足の移動のさせ方、、、、。
2017.12.18.4.JPG
どれも奥が深いです。
そのあとは、ココナッツダンスの指導も!
ココナッツダンスはバイヨン中学校にお客様が来られた際に披露する機会があります。

練習後には、個人で先生に質問し、指導してもらっている子もいました。
2017.12.18.5.JPG

観光客向けのショーだけでなく、カンボジアの行事やお祝い事にも欠かせないアプサラダンス。
いつかバイヨン中学校で子供達がするダンスを見れるかもしれません!
その日が待ち遠しいです!

スオスダーイ!

インターン藤原です!

 

12月12日、バイヨン中学校では、名古屋環未来研究所Wa-Links様が

「愛・地球博記念あいちモリコロ基金」で作られた男子トイレ、

トイレからの尿を肥料として利用する畑、

JICAとの協力で作られた、砂と砂利を使用したろ過装置のオープニングセレモニーが開催されました。

 

 

20171213-1

 

20171213-2

20171213-3


名古屋環未来研究所(Wa-Links)様は、バイヨン中学校の校区内の地域を対象に、農業指導や衛生教育を行われています。


今回作られた「トイレからの尿を肥料として利用する畑」では、これから、二種類のナス・ブロッコリー・苦瓜が植えられる予定です。


20171213-4

現状、この地域の農業では化学肥料が用いられているのですが、値段が高く、もちろん体にも良くありません。


ただで手に入れることができ、健康への害もないこの排泄物を肥料として利用する農業というのは、すでにバングラディッシュやケニアなどで成功例があります。


最終的にこの農業方法が地域で普及されることを目標に、まずは実験的にこの畑で野菜を育てながら効果を見守ることになります。

 

トイレのすぐ裏に位置するこちらが、ろ過装置です。

20171213-5


ここでは地下水を、砂と砂利でゆっくりとろ過し、

浄化された水は、手洗い用の水/飲料水として使用できます。


 

このように、この地域全体の、衛生意識・農業環境の向上のため、

まずはバイヨン中学校の生徒・先生を対象としてその良さ・大切さを理解してもらい、

そこから家庭・地域全般に効果が行渡るような、

長期的な視野での自発的発展が目指されています。


この地域の発展をけん引する存在として、

バイヨン中学校が、生徒が、先生たちが、大きな役割を果たしてくれることを願います。



こんにちは!インターンの中岡です。

先日、シェムリアップ州と友好協定を結ぶ愛知県幸田町の訪問団がバイヨン中学校にいらしゃいました。
2017.11.29.1.JPGのサムネール画像
その際、シェムリアップ州の教育局長やその他関係者を招待し、バイヨン中学校でお茶会が開かれました。

お点前でお茶を入れるのはJSTスタッフのカンさんです。
事前準備として、今回お手伝いしてくださるスナーダイクマエの博子さんから1時間ほど茶道の所作を教えていただくだけで、うまくお茶を入れれるようになっていました。すごい!
2017.11.30.2.JPG
実はこのお茶会の1週間前に、僕がバイヨン中学校で日本の「道」の考え方についてプレゼンしました。
カンボジアの伝統文化にはアプサラダンスや影絵などがありますが、日本には「〇〇道」と呼ばれるものがあります。例えば、華道や書道など、、
2017.11.30.4.JPG
この「道」の意味は「心」を表していると説明し、
みんなが泣いたり、怒ったり、イライラしたりしても、「〇〇道」をすれば「心」が落ち着き、清らかな心もちになるんだよ。と伝えました。
2017.11.30.5.JPG
日本人特有の感性を言語化して伝えるのには苦労しましたが、本番のお茶会でそうした感性に少しでも気づいてくれる事を期待しました。
2017.11.30.5.JPG


さて、本番です。
カンさんとインターンの菜々美さんが浴衣に着替えて、お茶の準備をします。
2017.11.29.2.JPG
まずはカンさんがお客様であるシェムリアップ州教育副局長のためにお茶を淹れます。
2017.11.29.3.JPG
その間に博子さん、チアさんからお茶の飲み方やその意味の説明がありました。
2017.11.29.4.JPG
まずは、お菓子を一口、、、、。
それに続いてお茶をゴクッと。
2017.11.29.5.JPG
苦そうな顔をされていましたが、感想を聞くと美味しい。とのコメントが。

その後は生徒たちの番です。
今回は選ばれた20名の生徒が体験できることに。
2017.11.29.6.JPG
みんなも同様にお菓子を食べて、お茶を飲みます。
嬉しそうですが、お茶を飲むと一転。
2017.11.29.7.JPG
苦い!としかめっ面していました。

その苦さが美味しいんだよ〜と言いたいですが、自分もみんなぐらいの年の頃はお茶なんて苦くて飲めませんでした。笑

浴衣を着たカンさんや菜々美さんを見て、女子生徒が着たい!と言っていました。
2017.11.30.3.JPG
(幸田町から浴衣を頂いたので、また浴衣の試着会も行いたいと思います!)

お茶会の後は生徒たちから日本語の歌やピアニカ、ココナッツダンスのお披露目がありました。
2017.11.29.10.JPG
幸田町の皆様、山本専務、素敵な機会ありがとうございました!