About JST
JST News!
TOP >> JST News!

みなさん、こんにちは。

インターンの中岡です。

 

バイヨン中学校では10月に入り、すでに2回目の美術の授業が行われました。

 

実は、カンボジアの教育カリキュラムの中には「美術・音楽・体育」などの教科が含まれていないことが多いです。

政府が発表した計画書には体育教科を通じての健康の促進との文言はありますが、美術・音楽の体系化されたカリキュラムや教科内容というものはありません。

 

しかし、これらの教科は子供の育成には欠かせないものでもあります。


例えば、美術で絵を描くことは子供の創造性を引き出します。


 

バイヨン中学校ではこうした状況を打破すべく、

JSTの協力のもと、我々インターン生や日本からの支援団体の方々によって、

「音楽・美術」の授業が行われています。


先日の土曜日にはインターン生が毎週行っている「美術」の授業がありました。

授業の最初に子供達に、「学校で絵を描いたことはありますか?」と聞くと、数人しか手が上がらず、、。

そこで今回は「バイヨン中学校の好きなところ・好きなものを描いてみよう!」とお題を提示したところ、みんな鉛筆やクレヨンを持って外へ飛び出して行きました。

廊下で描く子や職員室近くの机で描く子もいました。

 


みんなが書いているものも人それぞれです。

 

花や

 

カンボジアと日本の国旗をかく子も。


バイヨン中学校には普段気がつかない多くのいいところがあります。

 

みんなどんどんと描き込んで行きます。

 

2017.10.30.2.JPG

時間もそろそろだし、終わろうかと思ったのですが、みんなの描く勢いに押され少し授業を延長しました。

 

実は私も幼稚園の頃に絵の賞をもらったことが今でも記憶に残っています。

絵は特段うまいわけではないですが、描くことは好きになりました。

 

「誰かと比べるわけではなく、キャンパスに好きなものを好きなだけ描く。」

こんな経験がみんなの将来に少しでも役に立ったらいいな。と思います。

こんにちは!インターン生の中岡です。

Café MoiMoiでは日本語・英語授業が始まりました。

今回の授業から日本語に加えて、英語も重点的に学習できるように授業の構成を考えました。

17.10.12.3.JPG

 

まず最初は、インターン生とほぼ初めて顔を合わせるスタッフもいたので、自己紹介の例文をノートに書いてもらい、そこに自分の「名前・家族の人数・好きなもの」を書き加えてもらいました。

17.10.12.4.JPG

 

ほぼ全員のスタッフの好物が果物で、リーダーのソ・チェタさんは柿が好きだと発表してくれました。

インターン生二人は柿がカンボジアにあることが驚きでした。

 

その次に、スタッフの日本語の能力を知るために「カタカナ」を書いてもらい、音読してもらいました。

17.10.12.5.JPG

 

入って間もないスタッフには難しいかな、と思っていたのですが、

日本語ができる数人がそのスタッフに教えながら、なんとか一通り音読することができていて、MoiMoiスタッフのチームワークの強さを感じました!


 

今回の授業の最後は「MoiMoiメニューかるた」をしました。

 

二人一組を作り、私がパワーポイントで出すMoiMoiの料理の写真を見て、メニューの名前が書かれたカードを取り合うというゲームをしました。

17.10.12.6.JPG

 

 

まずは日本語バージョン。

みんな迷いながら、取ったカードを私に見せてくれました。

何回か間違いながらも、正解のカードを取ったスタッフは満面の笑みを見せていました。

 

最後は英語バージョン。

日本語に比べて、少し難易度は下がりましたがそれでも難しそうに悩むスタッフたち。

17.10.12.7.JPG

 

かるたの最後の方はみんなで相談しあいながら正解のカードを見つけてくれました!

 

これからのスタッフの語学の成長がすごく楽しみです。

 

授業後には、私たちがスタッフからクメール語の数の数え方を習いました。

私たちインターン生も彼女たちからクメール語を習って、一緒に成長していきたいと思います!

スオスダイー!みなさんこんにちは、インターン藤原です!
先週に引き続き、バイヨン中学校の様子をお伝えしようと思います。

前回は朝から雨が降っていて、私たちインターン生が学校に着くころには、
音楽の授業を受ける生徒たちを除いてほとんどの生徒は家に帰ってしまっていた、
とお伝えしたのですが、

今回は、たくさんの生徒が学校に来ていました!
先週とは比べものにならないくらい、とても賑やかです!

そして何やら生徒たちはみんな中庭に集まっています。
いったい何が始まるのでしょうか・・・?

どうやら学年ごとに分かれている様子。

20171014-1.jpgのサムネール画像
先生が一人の生徒を指名して、名簿を渡し
点呼が始まりました。
 
20171014-2.jpgのサムネール画像のサムネール画像名前を呼ばれた生徒は立ちあがって、列に並びます。
みんな注意深く耳を傾け、次々と名前が呼ばれるのを聞いています。


 
さて、問題です!
これは何をしているところでしょうか?

皆さん、学生時代を思い出してください。

毎年やってくる、1年で1番ドキドキする瞬間。

大好きな友達と一緒になれるかな?
気になるあの子と一緒にならないかな?

どきどき・・・
20171014-3.jpg



そう、クラス替えですね!
おっと、そういえばブログのタイトルに答えが書いてありました(^^;)

20171014-4.jpg
 

通訳のカンちゃんも、点呼に参加しております。


クラス替えの発表の様子を見ていると、
「わ~!」と歓声が上がったり、
一緒のクラスになれてよかったねー!といった風に、
お互いに手を振りあっている女の子たちがいたり・・・

クラス替えの時の、あの独特のドキドキワクワクは
全世界共通なんだな~と、そう思いました!


バイヨン中学校は11月から新学期が始まります。
新しい学年で皆がまた1年、充実したスクールライフを送れますように・・・

初めまして!10月から JSTでインターン生として活動している中岡航太郎です。

五ヶ月間よろしくお願いします。

 

土曜日に、バイヨン中学校で私にとって初めての日本語授業がありました。

 

午前中の音楽の授業が終わり、生徒たちは一旦昼食を食べに自転車で家に帰宅。


私たちは「また、日本語の授業を受けるために学校に来てくれるかな、、?」と不安になりながら彼らを待っていました。 


ただとても嬉しいことに、数人の生徒は2時からの授業の1時間前に教室に来てくれました。

みんなの日本語の教科書を見せてもらったり、勉強のお手伝いをしました。

17.10.10.1.JPGのサムネール画像


授業の準備はしていましたが、早く来た生徒のレベルを見て急遽授業内容を少し変更することに。

私の不安はどんどん募っていきます。

 


そうしているうちに、教室にどんどん生徒たちが集まって来てくれました。


最終的に、なんと11人もの生徒が来てくれました。

 

バイヨン中学校はまだ長期休暇だというのに、生徒たちのやる気がすごいです。

 


今回の授業はまず自己紹介シートに自分の似顔絵と名前・年齢・クラス、さらに好きな〇〇や将来の夢を書いてもらいました。

 

クメール語でも、日本語でもいいよ。と言ったにも関わらず、みんな日本語でそれぞれの項目を埋めてくれました。

 

17.10.10.2.JPGのサムネール画像のサムネール画像

その次に、ひらがなの復習をしました。

ほぼ全員がひらがなの読み書きをスムーズにこなしていました。

それぞれのノートを貸して見せてもらうと、すごい量の文字をノートに書いていました。

勉強熱心な姿に感動すると同時に、もっとたくさんの日本語を知ってもらいたいと、授業にさらに熱が入りました。

 

 

17.10.10.3.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

最後に、ひらがなの「濁音」の発音に挑戦しました。

「が行」まではスムーズだったのですが、「ざ行」の発音で数人の子が難しそうに頭を悩ませていました。

17.10.12.1.JPGのサムネール画像

 

実はカンボジアには「ざ行」の音がないらしく、

生徒に英語の「Z」を言ってもらうと、うまく言えずに「セット」になっていました。

 

私も授業の中でカンボジア語を使おうとしたのですが、発音がおかしいらしく全く通じず、。生徒の名前をカンボジア語で呼んでも、間違っているらしくずっと笑われていました。

母国語ではない言語を学ぶ難しさを生徒も私も感じました。

 

 

授業が終わった後は、外に出て日本の遊びである「だるまさんがころんだ」をして遊びました。

17.10.12.2.JPG

 

生徒たちは独自にルールを加えてとても楽しそうに遊んでくれました!


次の授業も一緒に頑張ろう!^^

 

みなさま、こんにちは。
10月から来年の2月まで、こちらのJSTでインターンをさせていただく藤原菜々美です。
どうぞ、よろしくお願いします。

さっそく先週の土曜日は、バイヨン中学校で音楽の授業を行ってきました。
バイヨン中学校の新学期は11月からなので、授業はまだ始まっていないのですが、生徒たちは大掃除をしに学校へ来ています。

先日、初めてバイヨン中学校を訪れたときには、新入生らしき生徒たちが中庭で校長先生のお話を聞いていました。

20171007-1.jpgのサムネール画像のサムネール画像

みんな真剣に聞いています。たまに笑いが起きることも。
カンボジア語が分からないのがもどかしいです。



授業当日は、カンボジアでは珍しく朝から雨が降っていました。

インターン生がトゥクトゥクに乗って中学校まで向かっていると、学校の方から自転車で家の方へ向かっている生徒たちと次々とすれ違います。

「あれ、もしかして雨だから皆家に帰ってしまった?」と思ったのですが、
学校につくと、12人の生徒が音楽の授業をうけるために残ってくれていました!


今回私が授業で扱ったのは、〈カップソング〉という、
カップを使って音を奏でるリズム遊びです。

世界中で大流行したリズム遊びで、今では世界中の人たちがカップソングで遊んでいる動画をYouTubeにアップロードしています。

元々は、アメリカの女優であり、歌手活動も行っているAnna Kendrirckさんの、『When I'm Gone』という曲のプロモーションビデオの中で、歌いながらカップでリズムを刻むシーンがあり、その動画が話題となったのがきっかけでした。





カップひとつあればできるお手軽さ、そして癖になってしまうほど耳に心地よいリズムで人気を博しています。


そんな〈カップソング〉を、今回バイヨン中学校の生徒たちと練習しました。

20171007-3.jpgのサムネール画像
まずは、動画を見て、
(動画の音が出なかったので、この後私が動画に合わせて実践してみると、生徒達も興味津々に!)


20171007-2.jpgのサムネール画像

ひとつひとつの動作をゆっくりと、少しずつ練習していきます。

慣れてしまえば簡単なのですが、複雑な動作をするので慣れるまでが大変です。
私たちインターン生も授業の前に動画を見て練習していたのですが、できるようになるまでにかなりの時間がかかりました。

うまくできない子に「違う違う、こうするんだよ!」といった風に、
隣から教えてあげる子がいたり、勢いよくリズムを刻みすぎてコップが遠くに転がっていってしまっている子がいたりと、とても賑やかな様子です。



1人である程度リズムが刻めるようになると、次は輪になって、コップを回す作業も加えます。
最終的には、こんな感じに仕上がりました。



こちらの動画は、校長先生がバイヨン中学校のFacebook上であげてくれたものです。
テンポはゆっくりですが、なんとかできるようになりました!

今回は私にとって初めての授業だったのでとても緊張していて、ハプニングも多く、子供たちが楽しんでくれていたのかとても不安だったのですが、次の日本語の授業の前後に、自分たちでカップを取り出して遊んでくれている子達もいて、安心とともにとても感動しました。

これから、5か月間、バイヨン中学校の子供たちに音楽の楽しさを知ってもらえるように、一生懸命頑張っていきたいです。