About JST
JST News!
TOP >> JST News!  >> 日本語教育@バイヨン中学校2017~

日本語教育@バイヨン中学校2017~の最近のブログ記事

スースダイ!

皆様こんにちは、インターン生の杉本です。
いつもJSTのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今回も私が行なっている日本語授業について書きたいと思います。




7月7日は、七夕でした。
ということで今回は、七夕についての授業を行いました!

まず、七夕のストーリーを生徒たちに話しました。
過去のインターン生が七夕について授業を行っていたため、生徒たちもある程度七夕について知っていました。

七夕といえば、彦星様と織姫様が唯一会える日です。
日本語授業に来ている女の子たちは、このロマンティックなストーリーに大興奮でした!

今回は、バイヨン中学校の校長先生にお願いをして笹の木を用意してもらいました。(校長先生お忙しい中、ありがとうございます。)


初めは、笹飾りを作りました。
時間の関係で3種類しか作れませんでした。しかし、生徒たちは楽しんで飾りを作ってくれました。
今回は、神衣、提灯そして星を作りました。



そして最後に全員で短冊に願い事を書きました。

IMG_2596.jpg
(皆んなの願い事は何かな?)





日本語授業は、午後に行っています。
バイヨン中学校は、2部制を取り入れており1年生が午後授業を受けています。
いつも1年生は休み時間になると、日本語授業を覗きに来ます。

そんな様子を見ていたノンちゃんは、あまっている短冊を持って
「先生!みんなにも書いてもらおう!」と言ってくれました。

ということで急遽バイヨン中学校全体を巻き込んで七夕イベントが始まりました!

ノンちゃんは、短冊を持って、学校のお手伝いに参加している2,3年生や、休み時間の1年生に短冊を配ってくれました。

IMG_2594.jpg
IMG_2615.jpg
(参加してくれた1年生!また覗きに来てね。)

IMG_2618.jpg
(2,3年生!お手伝いがあるのに参加してくれてありがとう!)




日本語授業でお兄さん的存在のセイハーくんは、身長が高いので
笹の木に短冊をつけてくれました。
IMG_2623.jpg




最年少のノイちゃんといつも私を助けてくれるネットちゃん、そしてインターン生の木村と私は、短冊作りをしました。
ノンちゃんの宣伝のおかげで、教室前には沢山の生徒たちが!
IMG_9250.jpg
みんな願い事を書いてくれました!

何人かの生徒は、途中で帰ってしまいましたが
最後は、写真撮影
モイ・ピー・バイッ!!!
IMG_2651.jpg
(写真を撮ってくださったスレイクン先生!ありがとうございます!)




7/7のカンボジアは晴天。
彦星様と織姫様は無事に再会することができたのでしょうか...?


子供たちの願いが叶いますように。


以上 
インターン生の杉本でした!
ここまで読んで下さってありがとうございます。

スースダイ!


皆様こんにちは、インターン生の杉本です。
いつもJSTのブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、私が行っている日本語授業について書きたいと思います。


私が、バイヨン中学校の日本語授業を通して驚いたことは、生徒たちの日本語レベルの高さです!
過去のインターン生から日本語を学び、授業に参加している生徒は、平仮名とカタカナの読み書きができます。
生徒たちは日本語を学ぶことが大好きで、いつも「新しい日本語教えて!」と言ってくれます。
そんな生徒たちの期待に応えたいということで、最近は生徒たちに漢字を教えています。
今回は、漢字を学んでいる生徒たちの様子を写真と一緒に紹介したいと思います。ご覧いただけると嬉しいです。


漢字の授業を行うにあたって、生徒たちの反応はどうなのか正直不安でした。漢字は、画数が多く複雑でクメール語の形とは大きな違いがあります。


しかし、生徒たちの反応は私の想像とは正反対で大はしゃぎでした!(笑)
どうやら前回のインターン生である中岡さんから漢字を少し教えてもらっていたのだとか。

IMG_7267.jpg
(高校生になっても参加してくれるセイハーくん  中岡さんから自分の名前の漢字を教えてもらったと話してくれた)



漢字に興味津々な生徒たちには、数字の漢字と曜日の漢字を教えました。
この2つをマスターすると、日付を漢字で書く事ができます。
日本語授業でお姉さん的存在のノンちゃんは、「今日の日付を書くから先生見て!」とプリントに書いてくれました。


IMG_7268 2.jpg


そして授業の最後は、"漢字競争ゲーム" を行いました。
私が問題を出し、生徒たちは黒板に漢字を書くというゲームです。
誰が一番はやく書けるのか...!

そして、なんともう一人のインターン生 木村も参加!
セイハーくんとウェンちゃんは、木村の参戦にドキドキ
木村には勝てるのか!!

IMG_1299.jpg
(日本語授業で頼れるお兄ちゃん的存在のセイハー そしてその隣がお茶目なウェンちゃんです)

IMG_1302.jpg
クラスで一番強かったモックちゃんより、速く書けて喜ぶセイハーくん!
撮った写真全てセイハーくんは、ブレてました(笑)おめでとう!





漢字の成り立ちに「面白い!」と興味を持ってくれたり、書き順が多い漢字に「クレイジー」と苦笑してくれたり...。日本語を全力で学ぶ生徒たちと出会え、毎週穏やかな気持ちになります。


今回のブログはここまです。
最後まで読んでくださってありがとうございました。
また、日本語授業の様子を皆様にお伝えしたいです。




以上
インターン生の杉本でした。


チョムリアップ・スオ!


初めまして、この度JST4ヶ月間インターン生としてお世話になります。関西学院大学 法学部 3 杉本夏奈です。


Café moimoiとバイヨン中学校で日本語教育を行い、教育分野に携わらせてもらいます。


もう一人のインターン生 木村と二人でカンボジアの魅力、JSTの活動など全力で伝えて行こうと思います。よろしくお願い致します!






さっそく、先週の土曜日にバイヨン中学校で日本語の授業を行ってきました。

これがバイヨン中学校での初めての日本語の授業です!

実は、前日からずっとドキドキしていました。




バイヨン中学校で行う日本語の授業は、自由参加です。(日本でいうと放課後の活動...みたいな...?)

バイヨン中学校は、二部制で授業を実施しています。そのため、午後授業を受けている生徒は日本語の授業と被ってしまっているため受けることができません。

「生徒は来てくれるかな」「何人の生徒が集まるかな...」と緊張していました。

もう一人のインターン生 木村に「誰も来なかったら、私が授業を受けるから!」と励まされたり...




ついに日本語授業の時間がやって来ました。

ドキドキしながら教室を覗いてみると3人の生徒がいました!

そして少し遅れてから2人の生徒がやって来て5人揃いました!

な、なんとこの日はスペシャルゲストでソルティーロ・アンコール・FCの方が来てくださいました。

やったー!大人数授業の始まりです!





今回は5/5ということで

「こどもの日」を生徒たちに紹介しました。

こいのぼりには、子供の健やかな成長を願う親心が込められています。

生徒たちにこいのぼりの説明をし、新聞紙や折り紙でこいのぼりと兜を作りました。



IMG_9225.jpg





IMG_9235.jpg

兜にこいのぼりをさして改造!






IMG_3342.JPG

午後授業を受けている生徒たち

興味津々に覗いて来たのでミニ教室を開きました!






IMG_1620.JPG

ソルティーロ・アンコール・FCの方と生徒たち




過去のインターン生の頑張りもあり、5人の日本語レベルは高くて驚いてしまいました。

「先生!」と生徒たちは呼んでくれて嬉しい気持ちになりました。

好奇心旺盛な生徒たちと一緒に日本語の授業を通して全力で楽しんでいきたいです。




以上

インターン生 杉本でした!

初めまして!10月から JSTでインターン生として活動している中岡航太郎です。

五ヶ月間よろしくお願いします。

 

土曜日に、バイヨン中学校で私にとって初めての日本語授業がありました。

 

午前中の音楽の授業が終わり、生徒たちは一旦昼食を食べに自転車で家に帰宅。


私たちは「また、日本語の授業を受けるために学校に来てくれるかな、、?」と不安になりながら彼らを待っていました。 


ただとても嬉しいことに、数人の生徒は2時からの授業の1時間前に教室に来てくれました。

みんなの日本語の教科書を見せてもらったり、勉強のお手伝いをしました。

17.10.10.1.JPGのサムネール画像


授業の準備はしていましたが、早く来た生徒のレベルを見て急遽授業内容を少し変更することに。

私の不安はどんどん募っていきます。

 


そうしているうちに、教室にどんどん生徒たちが集まって来てくれました。


最終的に、なんと11人もの生徒が来てくれました。

 

バイヨン中学校はまだ長期休暇だというのに、生徒たちのやる気がすごいです。

 


今回の授業はまず自己紹介シートに自分の似顔絵と名前・年齢・クラス、さらに好きな〇〇や将来の夢を書いてもらいました。

 

クメール語でも、日本語でもいいよ。と言ったにも関わらず、みんな日本語でそれぞれの項目を埋めてくれました。

 

17.10.10.2.JPGのサムネール画像のサムネール画像

その次に、ひらがなの復習をしました。

ほぼ全員がひらがなの読み書きをスムーズにこなしていました。

それぞれのノートを貸して見せてもらうと、すごい量の文字をノートに書いていました。

勉強熱心な姿に感動すると同時に、もっとたくさんの日本語を知ってもらいたいと、授業にさらに熱が入りました。

 

 

17.10.10.3.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

最後に、ひらがなの「濁音」の発音に挑戦しました。

「が行」まではスムーズだったのですが、「ざ行」の発音で数人の子が難しそうに頭を悩ませていました。

17.10.12.1.JPGのサムネール画像

 

実はカンボジアには「ざ行」の音がないらしく、

生徒に英語の「Z」を言ってもらうと、うまく言えずに「セット」になっていました。

 

私も授業の中でカンボジア語を使おうとしたのですが、発音がおかしいらしく全く通じず、。生徒の名前をカンボジア語で呼んでも、間違っているらしくずっと笑われていました。

母国語ではない言語を学ぶ難しさを生徒も私も感じました。

 

 

授業が終わった後は、外に出て日本の遊びである「だるまさんがころんだ」をして遊びました。

17.10.12.2.JPG

 

生徒たちは独自にルールを加えてとても楽しそうに遊んでくれました!


次の授業も一緒に頑張ろう!^^

 

みなさま、こんにちは。

4月末から8月末までJSTでインターンをしておりました豊田です。

バイヨン中学校では毎週土曜日に日本語授業を行っておりました。

帰国からもうすぐ1か月が経ちますが、時の流れについていけず、カンボジアで過ごした日々は夢だったのではないかと思います。

 

大変更新が遅くなってしまいましたが本日は、8月の日本語授業についてご紹介いたします。8月は4回授業を実施しました。その中から819日と26日に行った授業について、このブログで取り上げます。

 

819

この日は作成したプリントを使って今までの日本語授業の中で学んだいくつかの表現の文の穴埋めを行ってもらいました。一度学んだとはいえ、生徒たちには少し難しかったようで、ヒントを出したり生徒同士で教えあったりしながらプリントを完成させました。

 

プリントの穴埋めが終わったら、プリントに書かれた文章を読む練習です。ひらがなを勉強中の生徒たちもいましたが周りの助けを借りながら一生懸命、日本語を声に出してくれました。

 

201709211

授業の最後には日本のお祭りについて動画を交えながら紹介し、実際に日本から持参した浴衣を見てもらいました。「着てみたい!」と言ってくれた生徒数名には浴衣を着るという体験をしてもらったのですが、他の生徒もその様子には興味津々でした。浴衣体験の後に撮った写真がこちらです。(実は写真撮影の後に男子生徒にも浴衣体験をしてもらいました...!)

 

201709212

 

827

この日は8月が学期末であるカンボジアにおいて、バイヨン中学校2016-2017年度最後の日本語授業でした。そのため総復習という意味を込めて、日本語の基礎である平仮名・片仮名のプリント、日本語授業で勉強した内容を思い出して書きだすプリントを用意して取り組んでもらったり、2か月ほど授業で扱ってきたマル・マル・モリ・モリ!を歌ってもらったりしました。

 

今まで勉強した内容を自由に書くという時間では、どの生徒もできるだけたくさんの事柄を書こうと頑張ってくれました!ここからは生徒数名を写真とともに紹介していきたいと思います。

 

20179214.jpg

20179213.jpg


まずは3年生の男子2人組。サイハー(上)とヴィボル(下)です。

いつも隣に並んでいた2人。2人とも将来は外国語を使った仕事に就きたいと勉強を頑張っていました。サイハーは教室の鍵の管理など、いつも助けてくれる頼れる存在でもありました。

 

201709202

この子はノンちゃん。日本語も英語も得意で、1番多くの内容を書いてくれました。

  

201709203

この子はレちゃん。途中から日本語授業に来るようになってくれた生徒で、毎回の授業で少しずつ日本語を覚えてくれているのが伝わってきていました。

 

201709204

この子はシンくん。ノンちゃんが連れてきてくれた子でこの日初めて日本語を勉強したようなのですが、しっかり平仮名を書いてくれました!

 

 

1番最後の授業のコンテンツは生徒たちが大好きな折り紙としました。作ってもらったのは"太陽"です。これには、私にとって生徒は太陽のような存在だったという意味を込めました。

 

日本語を教える資格を持っているわけではない私がバイヨン中学校の生徒たちに日本語を教えることは決して簡単なことではありませんでした。正直なところ、どうすべきかと悩むことも少なくありませんでした。しかし、時折暗くなってしまうこともあった私に太陽の如く光を届けてくれたのは生徒たちでした。生徒たちの笑顔がいつも私に頑張る力を与えてくれました。

 

201709201

 

バイヨン中学校で教えるという機会に恵まれ、生徒たちと過ごした時間は私の一生の宝物となりました。いつかバイヨン中学校やカンボジアに恩返しができるような人になるべく日本でも頑張りたいと思っています。

 

今回でJSTインターンとしてブログを書くのは今回が最後となりました。つたない文章ではありましたが、これまでのブログ記事がJSTやバイヨン中学校での活動について皆様に知っていただく機会となっていましたら幸いです。

 

カンボジアでお世話になった方々、日本で活動を見守ってくださった方々などこの記事を読んでくださっている全ての方々にこの場を借りて感謝申し上げます。

4か月間本当にありがとうございました。

 

豊田


こんにちは。いつもJSTのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

インターンの豊田です。私はバイヨン中学校で週に1度、もう1人のインターン堀と音楽・美術と日本語の授業を行っております。

 

本日は今月に入って1度も更新できていなかったバイヨン中学校での日本語授業について、3回分授業振り返りながら書きたいと思います。長くなってしまいそうですが、生徒たちの写真をたくさん載せたいと思いますので、ご覧いただけると嬉しいです!

 

 

まずは、7月第1週目の授業について。

カンボジアは雨季ということで雨に関する歌(「あめふり」と「てるてるぼうず」)を紹介しました。

 

20177211こちらはモちゃん。これから歌詞を書き写そうというところ。曲名の隣には♪を書いています!モちゃんのノートには世界に一つだけの花など、他の日本語の歌も書かれていて、時々上を向いて歩こうといった曲を口ずさんでいることもあります

 

20177212

こちらはヴィボルくん。イラスト付きで歌詞を書いています!

 

実はこの日本語授業には、バイヨン中学校の生徒たちだけではなく、バイヨン中学校の生徒たちの兄弟でまだ小学生の子たちが参加してくれることもあります。

 

この日はウェンちゃんが妹を連れてきていました。

20177213

ウェンちゃんの妹ちゃんはお姉さんと一緒で嬉しいのか終始テンション高めで、その笑顔を見ているだけでこちらまでつい笑顔になってしまいました。

 

20177214

こちらも姉妹で授業に参加してくれていたノンちゃんとノイちゃん。

ノイちゃんにバイヨン中学校の机は少し大きく見えますが、いつも真剣にノートを取っている姿がとてもかわいらしく癒されています。

 

話を授業に戻しますと...

歌を勉強した後は、動詞と名詞の勉強。

授業でおなじみの絵カードを使って教えていると...ブログへの登場率が高いノンちゃんが今回も動詞と一緒にその動作を表す絵を描いていました!

20177215ノートを覗き込むと手で描いている途中の絵を隠されてしまいました...。

20177216

 

これは邪魔をしてしまって失礼...とよく見てみると、日本語だけでなく英語も書いています。ノンちゃん、日本語も上手なのですが、英語も得意なのです!通訳なしで授業をする際はいつもノンちゃんが助けてくれています!

 

授業の最後は「マル・マル・モリ・モリ!」の動画を見てもらいました。

この日は曲を聞いてもらって、後日歌詞を紹介しよう...と思っていたら想像以上に生徒たちがこの曲を気に入ったようでもう1回というリクエストがあり、何度かこの曲を流すと、生徒たちはノリノリで映像の真似をしてダンスをしてくれました!

 

踊っている生徒たちの姿はとってもかわいかったです。

その様子がこちら。

20177217

20177218これから歌詞を教えて、生徒たちが歌って踊れるようになったらいいなあと思っています。

 

 

続いて、72週目の授業について。

この回は、七夕の翌日ということで、会話練習をした後、生徒たちに七夕の紹介をしたり、七夕様の歌を歌ったりして、最後には七夕飾りを作ってもらいました!

 

まずは好きな折り紙を選んで...

20177219星などの飾りを折り紙で作って...

201772110

 

短冊にお願いごとを書いてもらいました。

完成した七夕飾りがこちら。

 201772111


アンコールクラウ村の子どもたちのお願いごとを紹介したときと同じく、「家族が健康に過ごせますように」というような家族に対するお願いごとを書いている子がたくさんいました。家族を大事にすること。当たり前だけど難しくて...でもとても大切なことを生徒たちから学んだ気がしました。

 

最後に7月第3週の授業について。

この日集まってくれたのは、インターン生が変わり5月から授業を始めた当初は授業に参加していなかったものの、途中から授業に来てくれるようになった生徒たちが多かったため、まずはひらがなを勉強しました。

 

読み方をみんなで確認しながら、ノートに書き写していきます。

201772112

このとき、ノートに隙間なく書く子、間を開けて書く子など書いているのは同じひらがなでも、ノートの取り方には個性があふれていました。

 

201772113


授業を進めていると、日本語が得意な生徒たちもやってきてひらがなの読み方をクメール語で書いてくれるという出来事がありました!

 201772114201772115

 

生徒が違う生徒の先生になって教えてくれたおかげで、きっとひらがなの習得スピードが上がったのではないかと思います。

 

ひらがなの後は「~が好きです」という言葉を学習。生徒たちに何が好きですかと質問をしてみると、スポーツや音楽といった答えが返ってきました!

音楽と答えた生徒は音楽の授業にも来てくれている生徒なので嬉しく感じました!

 

そして「マル・マル・モリ・モリ!」の歌詞紹介の時間。

今回は歌詞をノートに書き写してもらい、声に出して読む練習をしました。

201772116

生徒たちがマルモリの歌詞を真剣に声に出して読んでくれて思わず笑ってしまいそうになったのは、ここだけの秘密です。今度は歌詞の意味や続きの歌詞を教えたいと思います。

 

この回授業の最後には折り紙で朝顔を作りました。最初に朝顔の写真を数枚見せると...

201772119

ある生徒からMorning glory?という声が聞こえてきました!よく知っていた!正解!

 

朝顔の後にバイヨン中学校でも栽培している生徒におなじみバタフライピーの写真を見せると、生徒たちからは軽く歓声が上がりました!

そのバタフライピーはこちら。

201772120

 

こう見てみると、朝顔とバタフライピーの花はよく似ていませんか?

 

折り紙の時間はもう1人のインターン堀に先生となってもらい、みんなで朝顔を作成。

201772118

生徒とインターン生2人で写真を撮って授業を終わりにしました。

201772117

現インターン生の任期も残り約1か月となりました。生徒の日本語学習へのモチベーションを上げられるような授業を生徒と一緒に作っていけるよう頑張っていきます!授業の様子はまたブログで紹介します!

みなさん、こんにちは!
カンボジアの野菜、果物といえば
何を思い浮かべますか?

今週のバイヨン中学校の日本語授業では
「~を食べます」という動詞と
野菜や果物など食べ物の名詞を
勉強しました。

いくつか絵カードを使いながら
名詞を黒板に書くと、いつものことながら
熱心にノートをとる生徒たち。

この生徒は絵も一緒に書いていました。
絵と一緒だと覚えやすくなりそうですね!

20176101
20176102
他に知っている野菜や果物があるか
生徒たちに聞いてみると・・・

野菜では空芯菜、
果物ではパパイヤという
東南アジアならではの返答が!

ところで、みなさん
空芯菜をご存知でしょうか?

私は初めて訪れた東南アジアの国が
ラオスだったのですが、
ラオスで初めて空芯菜という野菜を知りました。

それから東南アジアの野菜なのかと
思っていたところ、もともとは
中国の野菜だそうです。

プレアンコール時代、
カンボジアが扶南という名前だったとき、
中国とインドを結ぶ海のシルクロードとして
栄えていたという歴史があるのですが、
中国の影響は野菜にも残っているのですね。

空芯菜は名前の通り、
茎の部分が空洞の葉物野菜です。

暑さに強いという特徴を持ち、
夏バテ解消にもってこいで、
炒め物やお浸しなどでおいしく
いただくことができます!

20176103

こちらはCafe Moi Moiで
お出ししている空芯菜のにんにく炒めです。

機会があればぜひお試しください!

お次はパパイヤについて。

名前を聞いたことがあっても
実物を見たことや食べたことはない
という方も多いのではないでしょうか。

パパイヤの実はこちら・・・

20176104中身はこのような感じです・・・
20176105
調べてみると日本国内でも
沖縄等で生産されていたり、
輸入品が流通しているようですので
食べたことのない方はパパイヤを食べて
南国気分を味わってみてください。

空芯菜とパパイヤから話が膨らんでしまいましたが
話を授業に戻したいと思います。

動詞と名詞の勉強の後は
前回の授業で少しだけ話した
「梅雨」というテーマに関連して
「てるてる坊主」を生徒たちに紹介し、
白い紙を利用してみんなで
「てるてる坊主」を作りました。

20176106
集合写真だとわかりにくいのですが、
生徒たちの「てるてる坊主」は
個性豊かな仕上がりに。

2017610720176108
20176109201761010201761011201761012

雨が多い時期ですが、
みなさんも晴れてほしい日の前には
小さい頃を思い出して
「てるてる坊主」を
つくってみてはいかがでしょうか。

豊田
今回のブログではバイヨン中学校で
毎週土曜日に行っている日本語授業について
ご紹介したいと思います。

ある日の授業では
「~へ行きます/来ます/帰ります」
という表現を勉強しました。

教科書の例文では
「あなたは明日どこへ行きますか。」
という表現があり、
ふと生徒たちの休日の予定が気になり、
生徒たちに明日何をするか聞いてみました。

そうすると、
サッカー等のスポーツをするという生徒、
魚を捕りに行くという生徒、
牛を捕まえに行くという生徒
がいました。

休日にスポーツをするという中学生は
日本にも多いかもしれません。

以前はバイヨン中学校でのサッカー教室について
記事を書きましたが、カンボジアで人気のスポーツといえば
サッカー、バレーボールあたりのようです。

魚を捕りに行く生徒は家族の手伝いでしょうか。
自然が身近にあるカンボジアならではという気もします。

そして気になったのは最後の
「牛を捕まえに行く」という回答。

詳しく聞いてみると、
牛をつないでいる鎖が外れて牛が逃げてしまうことがあり、
その牛を捕まえに行くことがあるとのこと。

確かに、カンボジアでは
よく牛がつながれている光景を目にしますが、
生徒たちに牛を捕まえに行くという苦労がある
なんて想像もしていませんでした。

カンボジアの子どもたちはやはり
家の仕事を積極的に手伝うのでしょうか、

ここからは日本語授業の生徒たちの様子を
写真で紹介したいと思います。

201706041日本語授業に集まる生徒は
やる気いっぱいの生徒ばかりで
上の写真のように、例文をしっかりと
ノートに書き写したり、例文だけでは
満足せず、休憩時間に新しい単語について
質問してくる生徒までいます。

201706042こちらは授業で勉強した動詞の復習タイムとして
生徒に覚えた単語を書いてもらっている様子です。

濁点がつくと少し難しい様子でしたが
最終的にはどの生徒も正解にたどりつきました!

授業の最後には6月といえば日本は梅雨ということで
サザエさんの「梅雨の楽しみ方」という話を
みんなで見ました。

あまりこういったアニメに親しむ機会はないようですが
見始めると面白いシーンでみんなで笑ったりと
楽しそうな生徒たちの様子が見られました。

201706043
カンボジアに梅雨はありませんが、
5月から雨季に入り、雨の日も少なくありません。

雨が多いと、気持ちも沈みがちになってしまいますが、
生徒たちはいつも笑顔で元気です。

梅雨をも吹き飛ばしてしまいそうな生徒たちの元気な様子。
また更新したいと思います。

豊田
こんにちは。
JSTインターンの豊田です。

5月5日、こどもの日。
みなさまはどう過ごされましたか。

その翌日...
5月6日にバイヨン中学校で行った日本語授業では
生徒たちに<こどもの日>を紹介しました!

突然ですが、みなさまは
こいのぼりをあげる理由をご存知でしょうか。

ここには
古来からの中国の伝説が関係しているといいます。

それは
黄河上流にある竜門という激流を
のぼり切った鯉は天にのぼり、龍になることができる
という登竜門の伝説です。

このような話から鯉は縁起が良い魚とされており、
こいのぼりには子どもたちが健康に丈夫で育ち、出世しますように
という願いが込められています。

生徒たちにはこのような<こどもの日>の
説明をしたあと、こいのぼりの歌を使った日本語の聞き取りの練習をして、
新聞紙や折り紙を使ったこいのぼりと兜づくりを行いました!

もくもくと作業する子どもたち...
201705071.JPG201705072.JPG
まず兜が完成すると、さっそくそれをかぶって
こいのぼりづくりに取り掛かり始めました...
201705073.JPGのサムネール画像のサムネール画像
途中日本語クラス以外の子も飛び入り参加したりして
授業の最後には写真を撮りました。
201705074のサムネール画像
バイヨン中学校の子どもたちが
空で泳ぐこいのぼりのように、ぐんぐんと成長していく様子を
今後も温かく見守っていただければ幸いです。