About JST
JST News!
TOP >> JST News!

こんにちは!可児です(*^^*)

 

今回は、日本からいらっしゃった高校生の皆さんのスタディーツアーの様子をお伝えします!

 

高校生の皆さんは、719日にプノンペン入り、そして721日にシェムリアップに到着しました。

以下は、私たちインターン生が同行したところのみの報告になります(*^^*)

 

721

朝早くから飛行機に乗ってシェムリアップ入りした後、

JASAオフィス内でチアさんのお話がありました。


IMGP3360.JPG

チアさんの人生や、カンボジアの現状、そしてこれまで行ってきた支援などについてのお話でした。

高校生の皆さんは真剣な表情。

お話の後にはたくさんの質問がありました。


IMGP3365.JPG

 

昼食後はシェムリアップ芸術学校での伝統舞踊体験です。

準備体操や、基本の動きを一緒に練習しました。

動きはゆっくりですが、ものすごく体力と体幹が必要でした・・・!

高校生の皆さん、上手にできていました。若さのパワーはすごいです()

IMGP3375.JPG
IMGP3395.JPG

 

723

午前中はシェムリアップ市内のアンコール高校にて、交流会がありました。

はじめは、お互いの国について英語でプレゼンです。


IMGP3449.JPG

 

カンボジアの高校生は都市部と農村部の暮らしの違いや、

教育の機会の違いについての発表。

日本の高校生は日本の文化や暮らし、

そして日本が現在抱える問題についての発表でした。

 

その後は3グループに分かれてディスカッションを行い、

校内を案内してもらいました。

 

IMG_0910.JPG

文化の違いや、生活のことなどをたくさん知ることができ、

実りあるアクティビティになったのではないかと思います!

 

午後はバイヨン中学校にて、交流会がありました。

交流したのは2年生の3クラスです。

まずは昼食のココナッツカレーと空芯菜を生徒と一緒にいただきました。

日本のカレーとはちがうのですが、とてもおいしかったです!(*^^*)

IMGP3487.JPG

 

昼食後は3クラスに分かれて、日本の高校生によるアクティビティをしました。

牛乳パックとペットボトルのフタでカスタネットを作ったり、

折り紙をしたり、伝言ゲームをしたり、歌を歌ったり。

盛りだくさんの内容でした!


IMG_0914.JPG
IMG_0916.JPG
IMGP3504.JPG
IMGP3525.JPG

日本の高校生たちは説明が本当に上手で、

私も勉強になる部分がたくさんありました(o^^o)

 

724

午前10時から、アンコールクラウ村のコミュニティーセンターにて、

笠原先生による美術教室の見学をしました。

感性豊かな絵がたくさんあって、感動しました(#^^#)

 

IMG_0958.JPG

教室が終わると、笠原先生にお話をしていただきました。

「真っ白な紙と、筆があるだけで子供たちの目がきらきらする」

というお話を聞いた時に、子供たちはいい経験をしているんだなぁと実感しました。

 

その後コミュニティーセンター横のかまどで、

鶏肉のショウガ炒めと豚肉の香辛料炒めを高校生の皆さんと、JSTスタッフの料理上手、タウリーさん・カンさんと一緒に作りました。

皆さん上手に作っていました!(^^)/

IMG_0964.JPGIMG_0967.JPG 

おいしくできました☆

 

IMG_0969.JPG

昼食後は、高校生の皆さんによる「ウサギと亀」の出し物がありました。

かわいかったです!()

子供たちも笑顔で見ていました。

IMG_0976.JPG

 

それからは、バレーボールをしたり、折り紙で飛行機を作ったり、

ぶんぶんゴマや糸電話で遊んだり・・・

 

IMG_0980.JPG
IMG_0984.JPG
IMG_0985.JPG
IMG_0987.JPG
IMG_0988.JPG


高校生の皆さんも、子供たちもみんな楽しそうでほっこりしました(*^^*)

同行した活動は以上ですが、他にもたくさんの場所を訪れていたようです!

 

日本に帰っても、カンボジアで学んだことや感じたことを

大切にしていっていただけたら嬉しいなと思います!


こんにちは、谷垣です。

今回は、7月18日(月)に行われた、
数学の特別授業についてお伝えいたします!

授業を行ってくださったのは、室谷由美子先生。
東京の、中学・高校で数学を教えておられます。

昨年初めてカンボジアを訪れ、授業をしていただいたのですが、
それがとても面白かったということで、今年も教えに来てくださいました!

IMGP3228.JPG

今回は、2年生の1クラスに、" 因数分解 " を中心に授業してくださいました。


数学は好きな方でしたが、高校から文系の道へ行ってしまった私は、
はて?因数分解って何やったかな、、、?という感じで、
生徒たちと同じ気持ちで授業を受けておりました。(笑)


まずは、ウォーミングアップとして、足し算・引き算から。
とってもテンポが良く、生徒たちもノリノリ、!

ウォーミングアップが終わったところで、問題が。

【 18 × 18 - 7 × 7 = ? × ? 】

すると、みんなそれぞれ考えだしました。
最初の手が挙がるまで、ほんとに一瞬でした!

IMGP3239.JPG
答えは、【 18 × 18 - 7 × 7 = 25 × 11 】

どうやってこの数字を導き出したの?と聞かれたことにも
きちんと説明していて、すごい、!

私は恥ずかしながら、え、引かないの?かけるの?
地道に計算するパターンじゃないの?と思っていました。(笑)

幾つか、数字を変えて同じパターンの問題を解いていくと、
最初は分かっていなかった子も、だんだんと、なるほど!と
理解していっており、本当にわかりやすい教え方だな、と思いました!

そして、おなじみの公式になる訳です。
【 Aの2乗 - Bの2乗 = (A+B)(A-B) 】

IMGP3245.JPG

次は、どうして (A+B)(A-B) になるのか、です。

IMGP3249.JPG

【 18 × 18 - 7 × 7 】というのは、【 18 × 18 】の正方形から、
【 7 × 7 】の正方形を引く、というのと同じです。

で、引いた部分の面積を計算しやすくするために、
少し図形を変形させますよね、、、、

IMGP3253.JPG
そしたら、わー!!すごい!
 (18+7)(18-7) になりました!!

多分、私がクラスで1番なるほど!と思っていたと思います、、、(笑)

授業を聞きながら、私、こんな風におもしろく、
数学を教えてもらったことあるかな、、、と考えていました。
大体、公式を初めに教えられて、とりあえず、その型を覚えて、
数字を入れ替える、、、そんな作業だったように思います。

どうしてそうなるのか、の部分が一番おもしろい部分なのですよね。
生徒たちも、その面白さすごく感じていたのではないでしょうか。


このあとも、【 18 × 18 - 3 × 18 = ? × ? 】 → 【 A × A - B × A =  A (A - B) 】 
の導き方を、同様にとても面白く、そして簡単に教えてくださいました。


また、一つの式、数字にも様々な情報が含まれていて、
いろんなことが隠されているのだ、というお話もされていらっしゃいました。

授業の終わりでは、自分の中にあるいろいろな情報を書き出しました!

IMGP3264.JPG
好きなもの、大切なもの、また、将来の夢など、、、

IMGP3265.JPG
みんなが一番に書いたものは、やっぱり、学校でした!

た、学校だけでなく、バイヨン中学校、と書いている生徒も多く、
ほっこりすると同時に、本当に良い学校だな、と思うのでした。


このワークでの室谷先生からのメッセージは、
自分の好きなことや、やりたいこと、思っているだけでは
出来ないことも、周りに発信していけば、誰かがそれを聞き、
またその誰かが発信し、1人で出来ないことも、
出来るようになる!ということでした。

こちらに来てから、より人のつながりの大きさを感じ、
先生のおっしゃっていること、本当にそうだな、と思いました。


室谷先生は、本当にパワフルで、元気で、明るくて、
子どもたち(私も!)の好奇心を刺激する教え方をしてくださいました。

おもしろい!知りたくなる!解きたくなる!
私は、そんな数学の授業、初めてでした。

今回授業を受けた生徒たちもきっと、同じように感じていたと
思いますし、これから、数学に限らず、色々なことに、
好奇心がもって取り組んでいってくれたらな、と思います。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

現在、バイヨン中学校では、校庭に歩道を作るため、
生徒や先生が、毎日タイルを作っています。

丁度、学校を案内している時に、作っていたので、
室谷先生にも一つ、作っていただきました!Challenge!

IMGP3273.JPG


谷垣







こんにちは、谷垣です。

本日も、タイトルの通り、
魚の授業の様子をお伝えいたします!

今回は、第9回(7/8)、第10回(7/15)の2回分です。
毎月1回のペースで行っているのですが、
最近は毎週のペースで行っています!

なぜ、そこまで詰めてやっているのでしょうか?


前回の食物連鎖についての授業で、
インプットの授業はすべて終了したとお伝えしました。

3年生が2年生に毎月教えてくれたものを
次はアウトプット!発表の番です!

発表は、近隣の小学校で行う予定をしているのですが、
カンボジアは8~9月で学期が終わります。そのため
7月を逃すと、秋まで待たないといけなくなります。

当然、バイヨン中学校も新学期に入るので、
今授業を受けている生徒たちもクラスが変わってしまいます。

なんとしても7月に!ということで、
毎週詰めてやっている訳です。。。

この第9・10回では、発表に備えて、もう一度復習をしたり、
グループに分かれて準備物を作成したり、発表の内容を決めたりしました。

では、その様子を写真と共にお伝えしていきます☺



まず、2年生だけで発表することをまとめるのは、
少し難しいので、3年生から新たな助っ人を!
この7人が発表までリーダーをしてくれることに。

IMGP2851.JPG
徐々に2年生が集まってきます。

IMGP2857.JPG
ぞろぞろぞろぞろ、、、、、、なんと合計50人!
教室にいるときは、そこまでの多さを感じなかったのですが、
こんなにいたようです。

3つのグループに分かれて、発表をすることに。
それぞれのグループにいるリーダーたちも、
どうまとめたら良いのか、少々困惑気味です。。。

IMGP2862.JPG
IMGP2867.JPG
終わらないから書こうよ~と言うのですが、
模造紙が白いまま、時間が流れていきました、、、笑

IMGP2885.JPG
IMGP2888.JPG
ですが、少しずつ、メモを取ったり、リーダーの話を聞いたり、
模造紙に書き出したり、、、準備は進みます。

この日は1時間の予定だったのですが、終わらなかったため、
もう1時間、引き続き行うことに。

作成物の準備で第9回は終了しました。


そして、次の第10回目では、前回完成させた作成物の手直しをし、
誰が話をするのか、誰が紙を持つのか、ということを決めました。

前回、後半の1時間は、音楽の授業があったため、
私は見ることが出来ず、模造紙がどうなっているのか、
すごく気になっていました。

授業が始まると、机の上には、完成させた模造紙がたくさん!すごい!

IMGP3030.JPG
発表者を決めたあとは、発表の練習です。

IMGP3044.JPG
IMGP3051.JPG
言い方や説明が間違っていないか、
また、より伝わりやすくするためにどうしたらいいか、
みんなで確認していきました!

今回も、30分ほど延長して、発表の練習を行いました!
そして、すべてのグループの準備が出来たようで、安心しました!



そして、迫る発表、第1回目は、
来週の水曜日、アンコールクラウ小学校にきまりました!

どんな発表をしてくれるのか、
また小学生の反応もすごく気になります☺!

谷垣


この活動は、三井物産環境基金2014年度活動助成を受諾し、
(一財)国際開発センター(IDCJ)とJSTが共同で行っている
"「アンコールの水環境」再生プロジェクト"です。


こんにちは!可児です。

今回も、日本語授業の様子についてお伝えします!(*^^*)

授業に行くと、なんと黒板にびっしりひらがな表とカタカナ表が・・・!
日本語クラスのお姉さん、モッちゃんが用意してくれていたようです。
最近みんなで復習をして待っていることが多いので、感心しっぱなしです(゚д゚)!

そのため、はじめは黒板を使って、読みの練習です。

IMG_0716.JPG

次に、過去形と未来形を学習しました。

カンボジアのクメール語には、明確に過去形というものがありません。
それもあってしばらく理解に時間がかかりましたが、最終的に「今日、昨日、明日」を使って
過去形と未来形をマスターしました。
飲み込みが早くていつもびっくりです・・・

IMG_0717.JPG
頭を使った後は、過去形を使ったゲームです。
「おちたおちたゲーム」というゲームをしました。

リーダーが「おーちたおちた」というと、残りみんなで「なーにがおちた」といいます。
リーダーが「雷」というとみんなでおへそを隠し、
「天井」というと天井をおさえるポーズ、
「りんご」というとキャッチするポーズをします。
最後までまちがえずにいた子はお菓子がもらえます!(*^^*)

最初に練習。

IMG_0767.JPG
そして本番です!

IMG_0770.JPG
盛り上がってよかったです!

後半は、日本語紙芝居づくりのストーリー決めをしました。
8月27日の最終授業に向けて、これからストーリーを決め、自分たちで紙芝居を作り上げて練習していきます。

IMG_0774.JPG
皆で話し合いをしている様子です。
最終的に、カンボジアの話を日本語に訳し、紙芝居をすることに。

紙芝居を作るといったときに、生徒にびっくりされたことにびっくりしたのですが(笑)、
カンボジアでは国語の時間に物語を作るといったことはないようですね。
新しいことで戸惑いはあるかもしれませんが、頑張って挑戦してもらいたいです!



最近のニュースとしては、新しく日本語を学びに来る生徒が増えてきました。
嬉しい限りです!!

ただ、レベルの差は大きく開きますので、それを感じさせない授業が重要だと思ってはいるものの、
なかなか思った通りにはいきませんね(´;ω;`)
もっとがんばります!アドバイスもお待ちしています!(笑)