About JST
JST News!
TOP >> JST News!

皆様こんにちは、2016年2月26日をもってJSTインターンを終えた五井です。

日本時間の27日午前7時、無事に帰国いたしました。現在、日本の寒さに驚きつつ、かじかむ手に戸惑いながらこのブログを書いています。

JSTでの約四か月半はとても短い時間でしたが、私にとって本当にかけがえなく、尊い時間です。
たくさんの素晴らしい方々に巡り合い、たくさんのことを学ばせていただきました。

20160227r-01
20160227r-02
20160227r-05
まず、子供たちの純粋な「学びたい」という想いに、私自身が「学ぶ」ことの本質を教えられたように思います。
子供たちの輝く笑顔は、周囲のすべてを明るく照らして、温かい心にさせます。
幼い弟や妹たちの面倒を、村の子供たちみんなで育てているということがとても印象的で、たくましく感じていました。
どんなことにもいつも興味津々、一所懸命で、私が行き詰っている時には、彼らの笑顔や真剣さに本当に励まされました。

20160227r-0420160227r-05
また、アンコールクラウ村・バイヨン中学校を支援をしてくださっている皆様と出会い、お話をたくさんさせていただき、社会について、そして私自身の将来について深く考えられるようになりました。
本当にたくさんの貴重なお話を聴かせていただきました。これからも皆様からの学び、ひとつひとつを胸に、視野を広く歩んでいきたいと思います。


20160227r-06
20160227r-07
そして、未熟すぎる私たちに様々なことを挑戦させてくださったチアさんと小出さん。アイディアを言葉に、形にすることの楽しさと難しさ、他人を信じることの大切さを教えていただきました。
私たち学生の発言を、どんな時も親身になって聞いてくださり、「やってみて。」といつも背中を押してくださいました。
慣れない環境の中で、カンボジア人スタッフとの連携は、はじめはとても困難でした。しかし、チアさんや小出さんの私たちインターン生を含めたスタッフへの信頼を肌で感じて、私たちもカンボジア人スタッフを信じて、時にはお仕事を任せ、助け合い、励まし合うことができるようになりました。
四か月半の間とは思えないほどにたくさんの素晴らしい経験をさせていただきました。


20160227r-03
私たちがJSTインターン生としてカンボジアで過ごした四か月半、「人の温かさ」をいつも全身に感じながら活動させていただきました。
夜のアンコールクラウ村には明かりがありませんが、夜の暗さは、星や月の明るさ、そして人々の明るさを際立たせていました。
日本の強すぎるLEDの光は、時にそういった明るさや温かさを忘れさせてしまうことがあるように思います。カンボジアの地で感じた温かさを忘れずに、皆様から頂いた貴重な学び、経験に少しずつ恩返しができるよう、これからも励んでいこうと思います。


最後になりましたが、私たちのJSTインターン期間中に出会い、支えてくださった支援者の皆様、JST、Cafe Moi Moiのスタッフの方々、バイヨン中学校の先生方、今ブログを読んでくださっている皆様、そして私たちを受け入れてくださったチアさん、小出さん、本当に本当にありがとうございました。

これからも、JST、カンボジアと繋がっていく活動を考えていますので、ぜひご協力の程よろしくお願いいたします。



五井 梨奈

こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

今回は、バイヨン中学校周辺にある、5つの小学校で、生徒数調査を致しましたので、その結果について皆さんにお知らせしたいと思います。


バイヨン中学校周辺には、Norkor Krau(=Angkor Krau)小学校、Kork Beng小学校、Kork Tnaot小学校、Kork Krel小学校、Prasat Cha小学校があります。

それらの小学校で我々が調査したのは、2010~2016年の6年間の1年生から6年生までの男女生徒数、クラス数、そして教師の数です。


バイヨン中学校の生徒は、これらの小学校を卒業して、中学校に入学してくるわけですが、
今回、生徒数調査をする中で、様々なことに気がつきました。


まずは、このグラフをご覧ください。
こちらは、2010年-2011年度(カンボジアの学校は10月始業ですので、学校年度はこのように記載します)に入学した1年生が、2015年-2016年度(今年度です)に6年生になるまでの人数変化を表しています。(横軸:学年度、縦軸:生徒数)


20160218S-02
(Kork Tnaot小学校データ)

20160218S-01
(Kork Beng小学校データ)

これらのグラフから分かることは2つあります。

まず、一つ目は

「小学校を卒業するまでに、約半分の生徒が退学しているということ。」

たとえば、Kork Tnaot小学校では、2010~2011年度に1年生だった生徒が、82人でしたが、彼らが6年生になる頃には43人に減ってしまいました。

また、Kork Bengt小学校では、64人だった小学校1年生が6年後には、21人となってしまいました。

これらの原因は、

「家からの距離が遠く、通いづらいから」

「家計が貧しいから」

「お家のお手伝いや、お仕事をしなければならないから」

「親自身が教育に関心がないから」

などが挙げられると思われます。

日本と同じ6,3,3制、で初めの9年間を義務教育としているカンボジアですが、実際は、十分に教育を受けられない子ども達が数多くいるのです。



そして、2つ目は
「留年をしてしまう生徒がいること。」

グラフを見てもわかるように、Kork Thaot小学校では、69名だった小学校2年生が、翌年になると、人数が12人増え、81名となっています。

Kork Beng小学校も同様に、64人だった小学校1年生が、翌年には一人増え、65人に。

日本で考えると、不思議に思うかもしれませんが、カンボジアでは留年が普通に行われているため、進級できなかった生徒がいたということになります。


また、先生や、教室の数などを調査する中で、気づいたこともありました。

それは、

「教育を受けられる体制がまだまだ整っていないこと。」

教員の数や教室の数が少なく、一クラス50人以上の生徒がいる学校もあります。
(バイヨン中学校1年生も、現在、1クラス60人以上です)

カンボジアでは、午前と午後の2部制をとっているのも、教員不足が原因。

ポル・ポト政権によって教師をはじめあらゆる知識人が虐殺された過去が今もなお、こうして子ども達に影響を与えているのです。



私は、こちらに来て、子ども達の笑顔や暮らしを見ながら、貧困や途上国と言われるカンボジアから、「豊かさ」を感じることが多くありました。

しかし、こういった教育問題を目の当たりにしたとき、私は教育の重要性を改めて感じ、まだまだ教育支援は必要だ思いました。



さて次に、2015年~2016年度の5つの学校の生徒数集計データ(下表)を見てください。
もし現在の小学6年生が全員中学進学するとなると、来年には、バイヨン中学校には186人の中学1年生が入学してくることになります。

そして、今後、もし5つの小学校での退学者数が減少していき(これは、この地域にバイヨン中学校をつくった目的の一つです!)、仮に小学校1年生に入学した子供がすべて中学校へ行くようになったとしたら、
350人×3学年で、1000人以上の生徒がバイヨン中学校に通うことになります!

20160218S-03.jpg

バイヨン中学校も、これから教師や教室、トイレの数において、考えていかなければならないことが、まだまだありそうです。


子ども達が、きちんと教育を受けられる環境を提供できるように、微力ではありますが私たちインターン生もできる限り協力していきたいと思います。



増原早紀



こんにちは。
JSTインターン生の増原です。


今回も、前回に引き続き12月にバイヨン中学校で行われたアンケート調査の結果をお知らせしたいと思います。

中学校1年生を対象に行ったアンケートの詳細は以下の通りです。

まずは、名前、年齢、性別、住所、兄弟の人数、出身小学校に加えて、

①学校に行きたいか。

②勉強は好きですか。

③好き/嫌いな教科

④他に勉強したいことは何ですか。

⑤去年は学生だったか、もしくは働いていたか。

⑥将来の夢は何ですか。

⑦いったことのあるところはどこですか。

⑧将来行ってみたいところはどこですか。

⑨なぜバイヨン中学校に入学したか。

です。

日本では考えられませんが、バイヨン中学校1年生には、11歳から16歳の生徒が一緒に学習しています。

周辺に中学校がないため、進学をあきらめた子ども達が、バイヨン中学校に学習の機会を求めて入学してきたのでしょう。


20160213S-01.jpg
今年の一年生は、150人を超えていますが、来年は生徒がさらに増えることが予想されています。

そんな今の一年生は、全員学校が好きだそうで、どのクラスのアンケートを見ても、
バイヨン中学校が好きではないと答えた生徒は一人もいませんでした。

と、同時にみんな勉強することも好きでした。

私が、中学生の時はどうだったかな...と少し反省させられるデータとなりました(笑)


また、将来の夢では、やはり教師が一番人気だということが分かりました。

バイヨン中学校の先生方を見て、私もこんな先生になりたいと思ったに違いありません。

将来、バイヨン中学校の卒業生が、また母校で先生をしている姿を見られるかもしれませんね。

20160213S-02.jpg


その他、興味深いデータは、
行ってみたいところで、「日本」と答えた生徒が多かったことです。

日本のNPOや団体から、様々な形で支援を受けていることで、日本が身近な存在となりこのような結果になったのではないかと思います。

バイヨン中学校に入学した生徒には、
「日本語の授業があるから」、「いい先生がいるから」、「学校の教育がいいから」、「体育があるから」、「コンピューターの授業があるから」と答える生徒が多くいました。

中学校が生徒たちに、与えたものは数えきれないほどなんのだと身に染みて感じました。

バイヨン中学校が出来たことで、生まれた繋がり-。

それは、生徒たちと先生との繋がりを超えて、日本とカンボジアの繋がりや、支援団体との繋がりといったように、どんどん大きくなってきています。


これから、あと2年バイヨン中学校で学ぶことのできる1年生たちには、こういった繋がりを感じてもらいながら、楽しい学生生活を送ってほしいなと切に願っています。




増原 早紀















こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

今回は昨年12月にバイヨン中学校で行ったアンケート調査のアンケート結果について、皆さんとシェアさせて頂きたいと思います。

ちなみに、以前アンケートの様子は12月にブログでも公開致しましたので、こちらもぜひお読みください!

http://www.jst-cambodia.net/m/2015/12/post-241.html#002232


まずは、中学校2、3年生を対象にした対面式のアンケート調査について。

質問内容は、以下の通りです。

①もしもバイヨン中学校が開校してなかったら、あなたは何をしていると思いますか。

②バイヨン中学校に入学してよかったと思いますか。

③それはなぜですか。

④バイヨン中学校で昨年行った特別授業や活動で、一番楽しく、もう一度やってみたいと思ったのはどれですか。

⑤バイヨン中学校で昨年行った特別授業や活動で、一番自分のためになったと思うものはどれですか。

⑥バイヨン中学校で、今年、他にやってみたいことはありますか?

⑦バイヨン中学校卒業後の進路について、今思っているものは?

⑧高校を卒業したら、大学へ行って勉強したいと思いますか?

⑨バイヨン高校が出来たら勉強を続けたいと思いますか?

⑩将来就きたい職業は?

20160212S-01
このように、生徒に質問を投げかけ、生徒たちが回答ゾーンに移動して集計しました。

20160212S-02
集計で、私が驚いたことは3つります。

一つ目は、予想以上にバイヨン中学校が開校していなかったら進学をせず、仕事若しくは家事をしていると答えた生徒が多かったことです。

具体的なデータはというと、中学校2,3年生148名の内、36名。
これは、約4人に1人の割合ということになります。

この割合にも驚きましたが、バイヨン中学校設立以前の進学率は小学校6年卒業生徒の15%以下であったことから、ほとんどの生徒が実際は進学を諦めなければならない状況にあったと言えます。


バイヨン中学校が存在しなければ、あのよく笑ってくれるあの子も、お調子者のあの子も、今頃、せっせと働かなければならなかったのか...と考えるとバイヨン中学校の存在の大きさを身に染みて感じることが出来ました。

アンケートで、生徒が満場一致でバイヨン中学校に入学してよかったと答えていたのには、本当に納得です!!


二つ目は、バイヨン中学校卒業後の進路についての質問の中で、高校、さらには大学にも進学したいという生徒がほとんどだったということです。

向上心や学習意欲が、すごいなと関心しました。
しかし、やはり実際に通うとなると、お金やお家の関係で、通えない生徒がほとんどだそうです。

子どもが教育を受ける権利を妨げてしまうのはよくないことだと思いますし、そういった意味で、バイヨン高校が出来ればいいなと強く思いました。


そして三つ目は、将来は先生になりたいという生徒が一番多かったことです。

1970年代後半に、ポルポト政権により学校教育が廃止されたカンボジア―。

過去への反省をも含めて、学校教育を受けることで、いま子ども達は教育の重要性に気が付いているのかもしれません。

バイヨン中学校を卒業した生徒なら、きっと将来カンボジアの未来を担ってくれるでしょう!

今回は、アンケートを通して、様々な学びを得ることが出来ました。

何事も素直に、そして一生懸命に取り組んでくれる彼らの今後にも、期待しながら、私も負けないように、学生生活を頑張りたいと思います。

増原




皆様こんにちは、インターン生の五井です。

今朝、バイヨン中学校では二年目の魚の授業第四回が行われました。

20160211r-01
20160211r-02

本日のテーマは、『様々な魚の生命の受け継ぎ方』です。
佐藤先生のもとで、三年生は真剣に授業準備を行います。

20160211r-03

人間は、基本的に男性と女性のペアで子孫を育みますが、魚はどうでしょう...?
魚の種類によって様々な形があるというとても興味深い内容を下級生にわかりやすく伝えるべく、力を合わせて資料作成をしました。

20160211r-05
20160211r-06
20160211r-07

授業内容はもちろん素晴らしいのですが、何より本日は小さな先生たちの成長ぶりに驚かされてしました。立派に説明をして、下級生に問いかけながら、穏やかな雰囲気で授業が進んでいきます。
私がこの前見学した時には、まだまだ緊張して硬くなってしまっていたと思うのですが...
本日四回目の授業にして、クメール語が分からない私でさえよく分かるような授業を、柔らかい笑顔で行ってくれました。


20160211r-08

気が付くと窓の外にはギャラリーが...。本当に生徒たちを引き付ける授業だったようです。

20160211r-09
「魚たちが生命を継承していくのには欠かせないきれいな環境を、これからも守っていこう。」という先輩たちの声は、しっかりと下級生に届いたことでしょう。

「生命の継承」についてのお話を聞きながら、先輩から後輩への「知識の継承」を見て、これからもずっとこの素晴らしい環境が続いてほしいと心から思いました。

今回も小さな先生たち、本当にお疲れ様でした!


このプロジェクトは、三井物産環境基金2014年度活動助成を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)とJSTが共同で行っているものです。


________________________________________
番外

今日、アンコールクラウ村でのフリースクール授業を終えると、バイヨン中学校の生徒に「学校に来て!」と言われて、寄ってみると...。

20160211r-10

放課後だというのに自転車がずらり。グラウンドから歓声が。

20160211r-11

グラウンドでは、他校とサッカーの練習試合が行われていました。

20160211r-12
たくさんの生徒たちが応援に来て、大変盛り上がっていました!
バイヨン中学校では、州の大会での活躍を目標にサッカーに力を入れているようです。
これからも生徒たち、先生方みんなで協力して楽しく練習を行ってほしいと思います。




五井 梨奈
JSTが運営するバイヨン中学校では、カンボジア国内外の専門家をお招きしての特別授業を行っています。

今日は、カンボジア政府内閣官房大臣特別補佐官であり、プレア・ヴィヘア遺跡地域保全機構議長のキム・セッダラー氏(カンボジア人)による特別授業が行われました。

160209_01.JPG

現在40代のセッダラー氏は、カンボジアの文化に興味を持っていたことから、内戦直後の80年代に、考古学を学ぶために王立プノンペン芸術大学に入学しました。
その後、フルブライト奨学金を得てアメリカへ留学し、考古学と政治学の博士号を取得。
カンボジア帰国後は、内閣官房大臣特別補佐官に、また昨年からは、2008年に世界遺産に登録されたプレア・ヴィヘア遺跡地域保全整備機構の議長職にも就いています。

160209_02.JPG

そんな華々しい経歴の持ち主のセッダラー氏ですが、カンボジアで学んでいた70年代、80年代は国全体が貧しく、ノートさえなかった時代を過ごしたそうです。
何も書かれていない紙を見つけては、英語の単語を書いて覚えていた・・・・、そんなエピソードから授業は始まりました。

小さい頃から文化に興味を持っていた自分が、現在は、世界遺産に登録されているプレア・ヴィヘア遺跡の最高責任者になり、世界的遺産を守り伝える仕事に就いている・・・、
みんなも目標を持って毎日努力を積み重ねれば、運も開き、きっと夢は実現する!!
そんな力強い人生の大先輩の言葉を直に聞くことができたバイヨン中学校3年生の生徒たちは、なんて幸せなのでしょう。。。
生徒たちは、身を乗り出して、セッダラーさんの話を聞いていました。

160209_04.JPG

もちろん、プレア・ヴィヘア寺院を建立し、増改築を行った歴代の王たちの歴史から、
世界遺産登録後の隣国・タイとの紛争の歴史まで、寺院の歴史についても詳しい説明がなされました。

特に興味深かったのは、寺院周辺に居住している少数民族・クイ族についてです。
プレア・ヴィヘア寺院周辺では、鉄をはじめとする金属が産出されるため、クイ族は昔から鉄の精錬技術に秀でていました。そして、武器や農具等を製造することで、各時代の王朝とも密接な関係をもっていたといいます。
さらにクイ族は、象狩りと象の訓練に関する特別な技術も有していて、アンコール王朝の戦闘用象部隊にも象を提供していたそうです。
クイ族は、現在も独自の言葉で話しているそうですが、ただし、文字はないため、こうした少数民族の文化保存にも、プレア・ヴィヘア遺跡地域保全整備機構の議長として、力を入れていく必要性を強調されていました。

160209_03.JPG

国の文化を知り、それを守っていく大切さ、自分の人生を切り開いていくその可能性と心構え・・・・。
目の前に「未来」という大海原が開けている中学生の生徒たちにとって、本当に多くのことを学んだ1日でした。
セッダラーさん、貴重なお話をありがとうございました!

(陽)

皆さん、こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

1月17日に行われたバイヨン中学校初の運動会。

今でも休み時間などに運動場を見ると、運動会の競技の練習をして遊んでいる生徒たちをよく見かけますが、そのたびに、運動会の盛り上がりを、興奮の様子を思い出します。

生徒たちにとって、運動会はどういったものだったのでしょうか・・・

そんな思いから、NPOオアシスさんを中心に、アンケート調査を致しましたので、
今回は内容をシェアさせて頂こうと思います。

バイヨン中学校の生徒を対象にして行ったアンケートでは、

①運動会をやり終えた感想を一言で表すと?
②運動会の印象は?
③これからの運動会で、残したい種目は?
④運動会を見なかった人にバイヨン中学校お運動会を自慢するとするなら、どんなことを伝える?

といった質問を選択式で答えてもらいました。

20160206S-03

驚くことに、
「運動会をやり終えた感想は?」

という質問に対して、「もうやりたくない。」

といった生徒はどの学年もゼロでした!!!

その代わりに、

「もっといい運動会をめざす」

がどの学年も一番でした。

20160206S-04

日中での練習は疲れるはずなのに、

生徒の大半が来年も運動会をしたいという気持ちがあることや、よりよい運動会をという向上心に大変驚きました。

競技としては、
「綱引き」が一番人気でした。

20160206S-01

運動会でも、保護者対抗の綱引きが大いに盛り上がっていたように思います。

来年は、OGOBと現役生徒対抗綱引きなど、できたら面白そうですね(^^)


他にも、「ラジオ体操」、「入場行進」も来年も残した競技の上位にランクインしていました。

20160206S-02
どの写真をみても本当に楽しそう!

「運動会」をの良さを、生徒たちは、

「先生や友達と協力することが出来るところ」
「体が丈夫になるところ」

といっていました。

「運動会」を通して、楽しさだけではなく、さまざまな知恵を身につけることのできた生徒たち。

さて、来年の運動会はどうなるのでしょうか??

増原早紀





こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

本日は、バイヨン中学校で毎週日曜日に行っている日本語クラスの様子についてお知らせしたいと思います。

日曜日には、最後の授業で行おうと考えている、日本語スピーチコンテストに向けた準備を進めています。

生徒数は、約20人。
バイヨン中学校の生徒だけではなく、周辺の小学校に通う生徒も授業に来てくれています。

授業では、ひらがなシートを使って、ウォーミングアップをした後、最近では必ず質問コーナーを設けることにしています。

そこでは、生徒達が知りたい単語や、文章などを聞き、その質問に答えています。


20160204S-01
積極的に、「これはなんていうの~?」と質問をしてくれることは、とても嬉しいです。

それから、授業でスピーチ原稿の音読練習をしました。

スピーチ原稿は、ある程度内容を決めており、それの形に添って生徒が文章を作っていくというものです。

生徒同時が協力して、文章の読み方を教え合ったりしている様子が見られました。

20160204S-02

文章の書き直しをしています。

DSC02953.JPG
それから、みんなの前に立ってスピーチの練習です。

20160204S-03

やはり、生徒にはレベルの差がありますが、残りの授業時間で少しずつその差を埋めていき、みんながスピーチをきちんとできるようにしていきたいと思います。


日曜日の授業は、来週が最後になります。

スピーチコンテストを通して、生徒達の頑張りを形にしていきたいです。


私のインターンも残り4週間弱となりました。
一日一日を大切にして、業務に励みたいと思います。


増原早紀