About JST
JST News!
TOP >> JST News!


みなさまこんにちは、インターン生の五井です。

本日、シェムリアップの町から約60km離れた場所にあるオーマヌーッス小学校へTogether to the Future (TTF)の皆様からの預かりものをお届けしてまいりました!

20160130r-03
20160130r-01
20160130r-02

2012年12月に完成したオーマヌーッス小学校の井戸は、今でも小学校で大活躍の様子でした。
しかし、それだけではとどまらず、地域の住民も水を求めて毎日水を汲みにくるため、井戸はかなりくたびれてしまっているようで、修理が必要な状況となっていました。

20160130r-00

水の確保がかなり厳しい地域ですので、地域住民の井戸の使用を規制することはできないと校長先生がお話しされていました。

20160130r-04
20160130r-05
さて、生徒たちの目の前には、TTFの皆様からのたくさんプレゼント。
「ノート、ボールペン、お菓子、インスタント麺、歯磨きの中でどれがほしい?」という質問に対して、生徒たちは声を合わせて「ノート!」。
お腹を空かせているはずの彼らですが、ノートが一番ほしいようです...。
本当にこちらの子供たちの勤勉さには驚かされてしまいます。

20160130r-06

20160130r-08
もちろん、ノート以外もしっかりともらって、みんな大切そうに抱えていました。


20160130r-08
いただいたものを掲げて記念撮影!

20160130r-08
教室に戻ってすぐお菓子の袋を開けてる生徒たちもたくさんいました。「おいしい?」と聴くと、眩しい笑顔で「とてもおいしい!」と答えてくれました。

TTFの皆様、このたびはオーマヌーッス小学校を笑顔に包んでくださり、本当にありがとうございました。
オーマヌーッス小学校では、生徒たちが皆様のお越しを楽しみにしています。
ぜひ生徒たちの輝く笑顔を見にいらしてください!


五井 梨奈



皆様こんにちは、インターン生の五井です。

本日、バイヨン中学校で映画「ゆうとくんがいく」が上映されました!
映画などあまり見たことのない生徒たちは、とても喜んで1時間ほどの映画を終始集中して観ていました。
こんな素敵な機会を与えてくださったのは、現在カンボジアの様々な場所で映画を映して回っている宮沢宏さんと山下龍彦さんです。

20160122r-01

プロジェクターで白い壁をスクリーン代わりに、山下さんの手早い準備で教室がミニ映画館に早変わりです!
そして、宮沢さんの挨拶から始まりました。


20160122r-02

20160122r-03
いよいよ上映開始、みんないい顔をしています!
1学年ずつの上映だったため、教室は満席でした。熱気も忘れて本当に楽しそうです。


20160122r-04

映画「ゆうとくんがいく」は、サッカーの長友選手をモチーフにつくられたアニメで、『小さな努力が成功のカギであること』、『友情の大切さ』など重要なことを生徒たちに伝えてくれました。
カンボジア語へ吹き替えをしてくださっていたので、生徒たちにはとてもわかりやすく、学びになったことだと思います。


20160122r-05
20160122r-06

自分たちの番が待ちきれない生徒たちは、窓に張り付いてミニ映画館を覗いていました。本当に楽しみだったのですね。



20160122r-07

宮沢さん、山下さん、本日はバイヨン中学校に楽しい時間を本当にありがとうございました。
夢をもってそれに向かって努力を続けること、その大切さをこの上映会を通して生徒たちに教えてくださいました。
また次回があることを、心より楽しみにしております。


五井梨奈





こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

今日は、2年目3回目となる「魚の授業」が行われました。

今回のテーマは、「生物の呼吸のしくみについて」でした。

魚の授業では、毎回3年生が1年生に、授業をしているため、まずは3年生で授業内容の復習から始めます。

「人間の肺はいくつあるだろう・・・」

「何を吸って、何をはいてるの・・・」

「酸素は空気の中でどれくらいの割合かな~?」

っといった質問から子ども達は、真剣に考えます。



20160122S-01
復習をしながら、1年生に教えるための教材を作ります。

20160122S-02
肺で呼吸をする生物、えらで呼吸をする生物。

それぞれの違いをとらえながら、分かりやすく紙にまとめていきます。

私も一緒に復習内容を聞きながら、衝撃の事実を耳にしました!!

みなさん、水がない環境でも呼吸をして生き続けることのできる魚がいるってご存知でしたか?

世界の中でも珍しいことだそうですが、カンボジアに生息するお魚の中には、「ラビリンス」という器官をもっており、ヒトと同じように空気中にある酸素を体に取り込めるそうなんです。

とってもうらやましい(笑)

復習をし、教材を作成した後は、いよいよ発表タイムです。

20160122S-03
少しずつ発表慣れしてきた生徒たち。

20160122S-04

前回よりスムーズに発表が出来ました。

堂々と発表している姿に感動しました。

教えることで、3年生の生徒達も勉強になっているはずです。

次回の授業も楽しみです。

このプロジェクトは、三井物産環境基金2014年度活動助成を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)とJSTが共同で行っているものです。


増原早紀






みなさまこんにちは、インターン生の五井です。

本日、今回のNPOオアシスさんの活動最終日を迎えました。
今回は、先週12日、運動会の準備や最終予行練習から始まり、教員養成校での理科・体育指導、バイヨン中学校での理科実験、バイヨン中学校完成式典、そして運動会を経て、本日19日までご活動いただきました。
運動会・理科実験...ここシェムリアップの地では希少、とても貴重な体験を与えてくださるオアシスの方々。本当に「オアシス」という団体名がぴったりだと改めて感じた一週間でした。

本日のご活動の様子を共有させていただきたいと思います。
教員養成校とバイヨン中学校二手に分かれてそれぞれ体育の授業、理科の授業を行いました。


20160119r-01

私はバイヨン中学校で理科の授業補佐をさせていただきました。危険な薬品、試験管を扱ったことのない生徒たちにも、わかりやすく、そして興味深く教えてくださる杉浦先生。

20160119r-02

20160119r-03

本日は、BTB溶液・紫キャベツ溶液を用いた、水溶液の性質をしらべる実験でした!
黄色、緑、青、様々な色に変化する水溶液に、生徒たちは夢中になって実験に取り組んでいました。
いつもは座学ばかりの理科なので、実験を行うことによって生徒たちはさらに理科の楽しさを感じたことだろうと思います。

20160119r-04

杉浦先生、今回も楽しい授業をありがとうございます。

20160119r-05
20160119r-07

理科の授業が終わった後は、運動会の時に皆様にご投票いただいた絵画コンテストの結果発表、表彰式を行いました!

20160119r-08

見事一位に輝いたのは、日本とカンボジアの国旗を掲げている生徒たちの絵を描いた彼女です。おめでとう!!


20160119r-06

かわいい双子での入賞もありました。

20160119r-09
そして、オアシスの皆様からは、絵画を描いてくれた生徒たちと、運動会で役員を立派に勤めてくれた生徒たちに洋服やシューズをプレゼント!
裏方仕事の大変さ、重要さをしっかりと伝えてくださいました。

20160119r-10
20160119r-11
野球の道具や、スパイク、たくさんの洋服を寄付していただき、生徒たちはさっそくで野球をして楽しんでいました!

生徒たち、先生方や私たちインターン生まで、本当にみんなを笑顔にしてくださるオアシスの皆様。今回もたくさんの学びとエネルギー、笑顔をいただきました。...本当にみんなの「オアシス」です。
オアシスの皆様、本当に1週間お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
またいつかお会いできるのを、心より楽しみにしています。


五井梨奈


こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

昨日に引き続き本日も、NPOオアシスさんの活動模様をお伝えしたいと思います。

今日は朝の8時からバイヨン中学校を訪問され、昨日の続きである運動会の予行を行いました。

ラジオ体操を終えた後、

大玉ころがしや、むかで競争のリハーサルです。

何度も練習をしているせいか、コツをつかんだ生徒が多く、とても器用に競技をこなしていました。

20160114S-01
20160114S-02
その後は、騎馬戦です。

男女関係なく、激しく帽子を取り合っている姿が印象的でした。

20160114S-03
竹取りも、ごらんの盛り上がりです。(笑)

20160114S-04
個人的に、一番好きな競技は、「障害物競争」です。

跳び箱や、袋飛びといった障害を乗り越えながら、進んでいくのですが、途中でスイカの早食いがあるんです。

20160114S-05
とってもカンボジアらしくて楽しそう(^^)

それから、綱引きをし、最後に、カンボジアの伝統舞踊であるアラピヤをしました。


20160114S-06
ここまで素晴らしい予行をみてしまうと、本番が待ちきれません!!!

NPOオアシスの方々は、午後に昨日と同様教員養成校で、ラジオ体操と、行進の指導をしてくださいました。
20160114S-07

あと3日に迫った、バイヨン中学校の運動会。

とってもとっても楽しみです。
生徒達も待ちきれないに違いないでしょう。


増原早紀





こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

今回は、昨日の夕方のシェムリアップに到着された、NPOオアシスさんの活動模様についてお伝えしたいと思います。

NPOオアシスの皆さんは、今週の日曜日に行われる運動会にむけての支援だけではなく、指導もして下さっています。

今日は朝の9時からバイヨン中学校を訪問され、さっそく運動会にむけた体育指導が始まりました。

まずは、「行進」の練習。

「モイ!ピー!(いち、に)」と大声を発しながら、みんな元気よく行進することが出来ました。

20160113S-01

元体育教員であるNPOオアシス金田先生も、

「前回来たときよりも、うんとよくなっている。」

とほめていらっしゃいました。

それから、「ラジオ体操」です。

手作りの指揮台に代表の生徒が上ってラジオ体操を指揮します。

はきはきとした口調で、体操を上手にまとめていました。

20160113S-02

次に、「タイヤころがし」や、「徒競走」、「リレー」の練習をしました。

本番と間違えるほど、真剣そのものでした。

20160113S-03
20160113S-04
20160113S-05
モイモイでお昼ご飯をとった後は、教員養成校に。

養成校では、6月にある運動会に向けて、体育指導が始まりました。

今日は、1年生と2年生に

「行進」と「ラジオ体操」の仕方を指導してくださいました。

20160113S-06
列や足並みをそろえて歩くことは、少々難かったみたいですが、

一生懸命取り組んでくれました。

将来、先生として活躍してくれる生徒たちに、運動会の楽しみを知ってもらえればいいなと思います。

今週の日曜日に行われる、バイヨン中学校初の運動会。

成功できるように、私たちも一生懸命サポートしたいと思います。


増原早紀



こんにちは。
JSTインターン生の増原です。

まずは皆さま、明けましておめでとうございます。

カンボジアの正月は、4月にあるため日本のように盛大にはお祝いしませんが、私たちインターン生は小出さんよりおせち料理を用意して頂き、新年らしいお正月を過ごすことが出来ました。

もちろん、カンボジアの子ども達にも「日本のお正月」について知ってほしい。

そんな思いからフリースクールとバイヨン中学校で行った、日本語授業についての記事を書こうと思います。

まず、フリースクールでは外国の方が日本の正月を紹介している動画を観てもらいました。

子ども達は、おせち料理をみて

「おいしそ~!」
「たべた~い!」

と大はしゃぎしていました。

20160104S-01

それから、日本の遊びである「竹とんぼ作り」を。

私たちが教える前に、ほとんどの子が作り始め、とっても楽しそうに遊んでくれました。

20160104S-02
子ども達の笑顔がとっても素敵!

次に、バイヨン中学校。

バイヨン中学校でも同様に、お正月のビデオを見せ、映像を通してお正月の雰囲気を知ってもらいました。

その後は、「あけましておめでとうございます。」や「今年もよろしくお願いします。」

といった挨拶を教え、

年賀状を書いたり、

20160104S-03

風車をつくりました。

風車は、ストローと折紙、つまようじで簡単にできるんです。

折紙に切り込みを入れて、中心に向けて重ねていきます。

それを両面テープ固定し、つまようじで刺し、ストローに通せば出来上がりです!

折紙でなんでもできちゃうのだから、おりがみって本当にすごいですね(^^笑


20160104S-04
生徒達は、できた風車を持ちながら走り、きれいに風車を回していました。


最後に記念撮影も!

20160104S-05
少しは、日本のお正月を感じられた授業だったかなと思います。

それでは、今年もJSTをよろしくお願い致します。


増原早紀