About JST
JST News!
TOP >> JST News!

スオスダイ!
22日、23日と最後の日本語授業を行ってきました。

今までの授業回数は、1,2年生ともに14回。
授業をやっていて苦労したこと、楽しかったこと、学んだこと、沢山あります。
ありすぎて書ききれません。
ですが、このうようにBlogを通じてカンボジアで日本語を勉強する生徒たちの元気な姿を多くの人に知ってもらえた気がします。
今日で、私がバイヨン中学校の日本語授業について書くのが最後なのだと思うと、なんだかさみしい思いもあります。

では、最後の日本語授業についてご紹介。
最後というと感動があるイメージがありますが・・・
ずっと笑いっぱなしの授業で終りました!

まず、一番最初にやったのは「タイムカプセル作り」。
といっても、5年後の自分に手紙を書いて瓶の中に詰めるだけで、土の中には埋めませんでした。
本当は土を掘って・・・とやりたいとことなのですが、なんせカンボジアの土は固い。
断念しました。
IMG_0304[1].JPG
IMG_0393[1].JPG
みんなの将来への想いが詰まった瓶は校長先生へと渡されました。
IMG_0390[1].JPG
5年後、またここで集まろう!

ここからはひたすら遊んでいました!
最後はみんながやりたいことをしたかったので、先週「何がしたい?」というと
「日本の遊びがしたい」「日本のアニメが見たい」という生徒が多かったので、2年生には次のラインナップを用意。
1.紙飛行機競争
2.風船ゲーム
3.ぐるぐるバット
4.日本のアニメ鑑賞

1年生には、風船ゲームの代わりにスイカ割り。

1.紙飛行機競争
紙飛行機を作って誰が1番遠くまで飛ばせるか?という単純なゲームです。
一見、あまり面白味がなさそうに思えたのですが、さすがみんな。
競争ごととなると何が何でも勝とうとするので大盛り上がりでした。
みんなで紙飛行機を作って飛ばすところまでは順調に。
IMG_0401[1].JPG
しかし、悲劇?は飛ばした後からやってきます。
飛ばしたら、自分の飛行機の場所に行ってその場で止まっててねと言ったのですが、
特に男子は止まらず、もう一度そこから飛行機を飛ばし始めるのです。
1回勝負どころではなく、2回、3回と1番になりたいがためにと飛ばしまくる。
1番になろうとする志は良し。だけどルールは守らないと!

そろそろ紙飛行機ゲームを終え、次のゲームに行こうと思っても、
みんな1列に飛ばすスタンバイとしている姿を見るとなかなか「終わりー!」と言えず、4回ほどやることに。

2.風船ゲーム(2年生)
2チームに分かれ、風船をできるだけ多く相手チームのコートに入れようというゲームです。
みんなに風船を膨らましてもらい、いざ勝負。
IMG_0324[1].JPG
出た出た、みんなのルールなんて知らない主義(笑)
線から出ないようにと言っても何度も相手のコートに入って風船を投げたり、
「終了ーーーーー!!」の合図のあともこっそり足で風船を蹴飛ばしたり、
勝つことに対する執念が凄い!そこは見習わなければならないなと思いますが、
正々堂々勝負をしてほしい。
IMG_0331[1].JPG
でも、風船が割れる音に悲鳴をあげながらも、楽しく遊んでくれてよかった。
校長先生も参戦!
IMG_0349[1].JPG
ちなみに。バイヨン中学校の校長先生は本当に元気です。
この日も学校へ行くとグラウンドを生徒と一緒に走っていました。

2.スイカ割り(1年生)
これは日本では夏の定番。頭に布を巻いて5周回ってからみんなの声をヒントにスイカを割るゲームですね。
スイカ割り初体験のみんなうまくできるのか?!
IMG_0429[1].JPG
「前!後!左!右!」と生徒のヒントを聞きながらスイカを探ります。
あった!よし、ここだ!えい!

IMG_0446[1].JPG
みんな上手でした。スイカを見つけたら手で触って入念にスイカの場所を確認する生徒も。
1人目で赤い実が顔を出し、3,4人くらいで見事割れました!
IMG_0437[1].JPG
ん~!汗をかいた後のスイカは最高です。

3.ぐるぐるバット
バットは無いので木の棒を使って、その場で5周周りダッシュして戻ってきて次の人へパスするリレーです。
それぞれのチームで回った回数を数えながらしていたのですが、
5周しっかり回らない生徒が続出。
IMG_0361[1].JPG
「5周回ってないよ!!!」と言うと、笑って誤魔化そうとしているのか、けっけっけっと。
でも、その笑顔がなんとも可愛くて・・・
IMG_0366[1].JPG
最後まで生徒にあまい先生だったな。反省。

4.日本のアニメ鑑賞
カンボジアで人気のアニメをご存知でしょうか。
実は、『クレヨンしんちゃん』がクメール語に吹き替えされて放送されているのです。
こっちでは「しんちゃん」ではなく「ちんちゃん」と言う発音になりますが。
みんなが理解できるようにクメール語バージョンのしんちゃんを鑑賞しました。
爆笑していました。
IMG_0473[1].JPG
それから1年生は、数で集まるゲームもしました。
その名も「ゲーム ロッター レーク」。カンボジアには無いゲームなので
みんなで名前を決めました。
これが1年生には好評でやりたい!というリクエストをもらい、急遽やることに!

IMG_0418[1].JPG
ずっでーん。(笑) 目の前でドミノ倒し。みんな爆笑でした。
IMG_0420[1].JPG
最後に記念撮影をして最後の授業を終えました。
IMG_0369[1].JPG
IMG_0506[1].JPG
最後にみんなの最高の笑顔を見れて幸せ者です。
「先生ありがとう」「また来てね」「私のこと忘れないでね」「大好き」などなどみんなからもらった沢山のメッセージ。それから手作りのプレゼント。
最後まで授業に遠くから授業にきてくれたみんなに本当に感謝です。
ありがとう。
私が教ることができたことはほんの少ししかありません。
ですが、みんなが新たなことに興味・関心への第一歩を踏み出すきっかけとしての授業になっていたら私の目標は達成です。そして、みんなと一緒に勉強できる場をいただいたことにとても感謝しております。

これからも日本語を勉強したい、もっと日本の文化や日本人について知りたいと言っていた生徒もいました。どんどんと興味を広げ日本だけではなく、自国、他国を知っていってほしいです。
それぞれが持つ将来の夢はありますが、どんな形にせよ、自らの手でカンボジアをよりよい国にしていけるように努力してほしいなと。
みんなとまた会ったとき1周りも2周りも大きくなっていますように。


坂上




こんにちは。
2月17日、魚研究家・佐藤さんによる魚の授業第四回目が行われました。

4回目の授業テーマは「魚の子育て」
これまでは、生物の基礎を勉強してきましたが、
いよいよ本格的に魚に関する授業が始まりました。

魚の授業に合わせて?魚がイラストされた服を着てくる子も出てきました!(笑)
準備万端だね。
IMG_0226[1].JPG

では授業START!
まず、魚には交尾の方法について。
魚の交尾には3種類あるようです。
それがこちら。
IMG_0227[1].JPG
1.一匹の雄と一匹の雌同士の交尾
2.一匹の雄と数匹の雌の交尾
3.数匹の雄と数匹の雌の交尾

では次に、そうして作られた子どもはどのような形で生まれてくるのでしょう。
選択肢は2つ。
1.卵
2.魚の形
ほとんどの生徒が1を選択し、たった1人だけが2を選択。
正解は、1,2両方でした。
IMG_0215[1].JPG
今まで、自分たちでとっていた魚も、すべて卵の形で生まれてきたと思っていたものが、実は生まれたときもこの形だったんだな~と思えるようになりましたね!

ここまでは序盤。
本題へ。

Q.村の魚3匹(名前を忘れてしまいました・・・)は"卵"を産む?それとも"魚の形"で産む?
→正解は、"卵"。
お見事全員正解でした。
IMG_0222[1].JPG
Q.では、この魚たちは"どこに"卵を産んでいる?
→生徒たちの回答は、川の草や水面の泡の中に産むとのこと。
これまた正解。よく知っているな~と関心。
IMG_0224[1].JPG
Q.トレイ・コンプリーエン(村にいる魚の名前)はどうやって子どもを作るか知っている?
→みんな知りませんでした。
この魚は、水面に自分たちで泡を作って、そこに産むのだそう。
IMG_0238[1].JPG
Q.産んだ後は、雄と雌どっちが世話をする?
→チュモール!!(雄)と一斉に答えてくれました。
子どもの世話を雄がするという種類が魚には多いのです。

ここまでは、村にいる魚の話でしたが、ここからは世界の魚の子育ての仕方を見てみよう!

今回取り上げられた魚は「サメ」。
みんなもTVで見たことがあり、知っていました。
サメの卵って想像つきますか?
実は、2種類あってこんな形をしているのです!
IMG_0236[1].JPG
どうしてこんな形をしているのか・・・
生徒:貝の中に産んだから?→これは貝ではないんだよね
生徒:ほかの魚に食べられないように
中々正解が出てこないので、佐藤さんからヒントが。
村の魚は3日~1週間ほどで子どもが生まれてくるけど、サメの子はどれくらいかかると思う?
生徒:1日~1か月それぞれ
正解は、1年間もかかるんです。
チュガーイ(長い)!!そんな声が聞こえてきました。
IMG_0223[1].JPG
このことを知った上で、なぜサメの卵はこんな形をしているのか。
そうです、1年中動かず、流されずにそこにいるため。
右の卵の右端のものは草に引っかけておくためのもの。
生徒から「誰が草にくっつけるの?」「1回に何個産むの?」などと質問も投げられ、興味が湧いていたよう。

親と同じ形で子どもを産むサメもいます。
親が体長5メートルの時、子どもの体長は何メートル?
0.5メートル~1.5メートルと目安をつけていた生徒。
良い感覚をもっています。
正解は1メートル。
親のお腹の中で1年間成長し続けるようです。
IMG_0234[1].JPG
お腹の中に子ができたと認識した親は、卵をどんどん作ってそれを食べて子は成長するということです。また、臍の緒をつけるサメもいるみたいです。

次に、サメ以外の魚たちを見ていきましょう。
この上の魚はクラウ村にもいるんです。
お腹に卵をつけて子育てをします。
0217.jpg
下の魚はどうやって子育てをする?
生徒:頭の上に卵をくっつける(笑)
似た種類だもんね。
お腹にポケットがありその中に子どもを入れて育てるんだよと伝えられると、
コングー!(カンガルー)みたい!と。
見た目は似ていても子育ての仕方が違う魚は多いんですね。
この魚、カンボジアの海にもいると思うかと聞かれると、
いないと答える生徒。見たことが無かったのでしょう。
でも、実はカンボジアの海にもいるのです!

0217 02.jpg
この貝の中で成長する魚はアフリカにいるようです。

IMG_0233[1].JPG
これも貝の中で育つ魚の1種。親がストローのようなものを伸ばし貝の隙間にいれて卵を一瞬のうちに産むのだそう。

最後に、
クラウ村の川にも沢山の草が生え、石もありますよね?
そういった草や石が無くなったら魚はどうなるのか・・
生徒:卵が作れなくなる
そうです。生き物を守るには、生物そのものだけを守るのではなく、草や石も守っていかなければなりません。クラウ村の自然を大切にしてください。
今日の授業を通じて、佐藤さんから生徒へそんなメッセージが伝えられました。

坂上

このプロジェクトは、三井物産環境基金2014年度活動助成を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)が共同で行っているものです。





こんにちは!

Facebook でもお伝えしたように、NPO法人オアシスの皆さんがシェムリアップを訪問されています。
今回は2日間にわたるバイヨン中学校での活動内容をご紹介。

【1日目】
この日は2年生が対象。
裁縫と体育に分かれて男女それぞれ授業を受けました。
私は、裁縫の授業を手伝わせてもらうことに!

~裁縫~
この日の授業の目標は"たすきを完成させること"。
まずは女子から。
生徒たち、裁縫したことあるかな?時間内に終れるかな?
そう心配されていたオアシスの皆さん。

IMG_9986[1].JPG
IMG_9980[1].JPG
実際、縫う作業に入ると女の子の手つきが良いこと!!
ほとんどの生徒が裁縫は経験済みでした。
よく、マーケットなどで刺繍をやっている人を見かけます。
みんなもそれやってたのかな?
とってもきれいに細かく縫い上げていました。
IMG_9988[1].JPG
途中まで縫われたたすきは男子に渡されました。
女子からのたすきをうまく受け取って欲しい・・・
不安・・・
IMG_0024[1].JPG
かなり危なっかしい子もいましたが、思っていたより丁寧に仕上げていました。
誰がどう見ても縫い目が大きかったり斜めだったりするのは愛嬌としておきましょう。

何はともあれ、9色×8本=72日本のたすきが無事完成しました~!
最後に作ったたすきを頭につけて記念撮影。
IMG_0056[1].JPG
運動会などで、自分たちが作ったたすきを使えるって幸せですよね。
より一層、やる気がアップしそうです。

~体育~
種目は跳び箱と綱引き。
なんだか盛り上がりそうな種目ですね!

男子は跳び箱どんどん飛んでいくのに対し、女子は少し恥ずかしそうでした。
普段しないことなので、新鮮さもあると同時に戸惑いもあったよう。
ですが、また新しいことに挑戦できてよかったね!という感じです。
IMG_0017[1].JPG
縄跳びも男女ともに必死になって戦っていました!
教室側から先輩を見守る1年生も、なんともかわいらしかったです。
IMG_9997[1].JPG
体育をした後のみんなの顔は本当に爽やかです。
いつも以上に汗を書いて輝いて見えます。
IMG_9997[1].JPGIMG_9994[1].JPG
大人になって仕事をし始めて体力面で困ないように、
今から基礎体力をつけてほしい!
体育の先生がバイヨン中学校に来ることをみんなが願っています。

【2日目】
この日の授業は1年生が対象。

~食育~
生徒は去年も食育の授業を受けているので、タンパク質、炭水化物、ミネラルなどの栄養素の確認から。
ほとんどの生徒が前回の授業内容を覚えていました!
それから、各テーブルに配られた食べ物の絵が描かれているカードが、どの要素にあたるのかを
生徒自身で考え、黒板に貼っていきました。
不正解なし!
前回の授業が印象的だったのでしょう。
IMG_0078[1].JPG

0213 01.jpg

また、自分たちの普段の食事がバランスよく取れているのかもオアシスの皆さんと一緒に確認。
中には、「昨日の夕飯は魚とご飯でした」という生徒も。
この生徒のおかげで、
この食事に1つ野菜を加えるだけでバランスの良い食事になると知った生徒たち。
親にも伝えてみんなで健康的な体になってほしいですね!


~体育~
1年生も跳び箱と綱引きに挑戦!

綱引きに関しては、みんなやりたい!っていう思いが強く。
女子対女子の対戦なのにも関わらず、後ろから男子が忍び寄って参加。
こんなことしていいの!?
もちろん、だめです。
この後、先生たちに怒られ退散(笑)

女子対男子の綱引きも!
さて、どちらが勝つでしょうか!
0213 02.jpg
IMG_0083[1].JPG
見事女子が勝利!!
バイヨン中学校は、強者の女の子が多くいるようですね!なんともたくましい。

最後はチーム対抗リレー。
先生の掛け声で気合も十分に入れ、戦いました!
IMG_0083[1].JPGIMG_0108[1].JPG
楽しかった~と言ってくれる生徒ばかり。
IMG_0114[1].JPG
全種目とも楽しんでいました。

来年予定されている運動会がいまから楽しみです。
実施できるかどうかは未定ですが、是非実施したいですね。
こういった授業や行事が生徒たちの学校をもっとよくしていこうという意識に繋がっているなと感じています。

オアシスの皆さん、素敵な授業をありがとうございました。

坂上


こんにちは。

2月7日に行ったバイヨン中学校2年生の日本語授業をご紹介します。
この日のテーマはタイトルにもあるように"バレンタインデー"。

日本のバレンタインデーはどこかほかの国と比べて独自の色を持っている気がします。
バレンタイン発祥の地と言われるイタリアとも、カンボジアとも違う日本のバレンタインを知ってもらいました!

まず、その前にいつものように先週勉強した「~を~ます」を絵を見て文を言う形で復習。
食べます、見ます、読みます、しますなどがごちゃごちゃになっているかなと
思っていたのですが、思ったより覚えていました。
ちなみに前回出したの宿題です。

0207.jpg
復習が終わったら、文法を勉強。
後のバレンタイン紹介の時に「あげます・もらいます」が多く出てくるので、
意味を先に知ってもらおうということで、その紹介の前に文法を学習しました。

説明をし終えたら、
「あげます・もらいます」を体を使って覚えてもらいました。
隣の人に自分がプレゼントしたいものの絵を描き、
相手とプレゼント(絵)交換。
IMG_9893[1].JPG
日本語を使いながら渡して、学習してもらいました。
0207 02.jpg

0207 03.jpg
そしてバレンタインデーの紹介へ。
カンボジアのバレンタインデーは"ボン・ソンサー"と言います。
これは、恋人たちのお祭りという意味です。

カンボジアは男性→女性へお花が送られます。
特に恋人たちはプレゼントを交換したり、一緒に食事に行ったりして楽しむとのこと。

日本はなぜか女性→男性ですよね。
そして渡すものはチョコレート。
このクイズを生徒たちに出したところ、日本では"指輪"をプレゼントすると自信満々に答えられました。
期待に添えず申し訳なかったですが、
その後に見せたチョコレートの写真、特に虫の形をしたチョコには驚いてくれました。

中学生や小学生もバレンタインを楽しむんだよということを伝えるために
日本のアニメ「ちびまる子ちゃん」を見てもらいました!
丁度、バレンタインを題材にしたものがあり、日本語が分からなくても
内容が理解できそうだったので、まるこちゃんをチョイス。
IMG_9870[1].JPG
生徒の中で1番人気?は山田君(笑)!?
出てきた瞬間みんな笑っていました。
それと、友蔵(おじいちゃん)も人気でした。
笑いというよりかは驚いた反応を。
友蔵の髪の毛を数える子も・・・。やめてやめて!

日本のバレンタインデーは、カンボジアと違う所が多いので
沢山の驚きがあったらいいなと思います。

そのあとは、もちろん日本の歌を歌って踊って元気よく授業を終えました!
毎回、上手になっていく成長を肌で感じることができてうれしく思います。
IMG_9885[1].PNG
最初はゆっくり歌っていたのですが、生徒からもっと早く(CDと同じくらいに)歌いたいというリクエストが出たので、今は、なるべくオリジナルの速さで歌えるように練習しています!
積極的な姿が、私に更なるやる気と元気をくれます!

こうやってみんなと一緒に勉強したり歌ったりするのも、
もうあと2回。
さみしいなんて言ってられません!
生徒にできるだけ多くのことを知ってもらうために、次の授業の準備に力を入れます!



坂上



こんにちは!

今日はカフェモイモイでの授業をご紹介します。

いつもは火曜日の9時から1時間半授業をしているのですが、
今週は忙しかったようで金曜日に授業を行ってきました。
「2月は忙しい」と言っています。
カンボジアに行くなら暑くなる前に・・・という方が多いのでしょうか。

では、今日の授業内容を紹介。
テーマは「春の料理」です。
みなさん、春と言えばどんな料理を思い浮かべますか?

私が1番に思い浮かべたのは"お弁当"。
春=桜=お花見=お弁当
という感じで。

3月、4月、5月に分けて各月の日本行事と料理を勉強しました。
【3月】
3月はひな祭り。
ひな祭りに食べる食べ物として、"菱餅"や"ちらし寿司"などを紹介しました。
ひな人形の形をしたお寿司は絶賛されました!


【4月】
4月は冒頭にも書いたようにお花見ですね。
今日のメインであるお弁当について勉強しました。

お弁当といっても種類は沢山。
駅弁、空弁、キャラ弁・・・
それから、日替わり弁当や子どもに人気のお弁当、麺のお弁当など・・・
それぞれ写真を沢山用意して紹介しました。

中でも、麺のお弁当には「え``!?」という声が。
見たことなかったのかもしれませんね。
食べ方までしっかりと説明させてもらいました!

日替わり弁当とはどんなものかを勉強するついでに曜日も学習。
obentou.png
今までは、普段の会話で曜日の話をするときは英語かクメール語だったのですが、
これからは、日本語を使えそうです。

【5月】
5月は子どもの日をチョイスしました。
柏餅や粽をこの日に食べる家庭が日本では多いですよね。
柏餅の中味は何?粽の横にある粉は何?これ美味しい?
などなど生徒はいつも興味を示してくれるのでやりがいを感じます。

それから春の料理を代表して、恵方巻の作り方をムービーで見てもらいました。

IMG_9826[1].JPG
みんなが知ってる具材が多くでできたので、
これは卵だよね、これは海苔ね、と確認しながら見ていきました。
今日は沢山の料理を見てきたので、
お腹が減ったようです(笑)
「お腹が減った~」と言われました。ごめんなさい(笑)
料理を見る時には、決まってみんなよだれを吸う音を出す。
そして「Oh~~~~」と。
なんとも分かりやすい反応をしてくれるので、興味があるもの無いものが分かるので助かっています。


最後に、
50枚ほど見たお弁当を参考に、自分が食べたいお弁当を絵に書こう!
ということで、1人1人書いてもらいました。
それぞれご紹介!
1つ目:My Heart べんとう
IMG_9830[1].JPG
一際目を引くのが、左上のチャーハン。
どこかしら日本のキャラクターに見えるのが不思議。
My Heartと名付けた理由は、分かりませんが、
きっと思いを込めて書いてくれたのでしょう。そう理解しておきます。

2つ目:Happy 弁当
IMG_9831[1].JPG
チキンやハンバーグ、えび・・・盛だくさんのお弁当!
スマイルご飯もいいですね。
お弁当箱を開けたらHappy!になれそうです。
スープを取り入れたのもいい案ですね。

3つ目:モムお弁当
IMG_9832[1].JPG
これまたご飯が顔。
キャラ弁が印象的だったのか、書いている間キャラ弁の写真を映していたからかは分かりませんが、この顔もいい味出してますね。
野菜も沢山でバランスの取れたお弁当ができました。

4つ目:やさいべんとう
IMG_9833[1].JPG
先週の宿題で勉強した"カンボジアの生菓子"を書いていて、勉強したことを積極的に使おうとする姿に嬉しさを覚えました。
上の方に書かれている沢山の〇はナスだそうです。
緑は野菜で、隙間が無いくらい敷き詰められています。

5つめ:Moi Moi 弁当2
IMG_9834[1].JPG
豚肉や唐揚げ、卵焼きなどを書いていました。
今あるモイモイ弁当のNew Versionを考案してくれました。
子どもに人気が出そうですね!

6つ目:ソピーべんとう
IMG_9835[1].JPG
チキンが何ともおいしそうですね!
果物が沢山入っているのも嬉しいですね。
カンボジアでは多く食べられている揚げ魚も。

7つ目:モイサン弁当
IMG_9836[1].JPG
隙間が大きいのがちょっと気になります・・・(笑)
みんなからも指摘されてました。
でも、中味はチキンフライや卵、酢の物?など、食べたいものを
書いていました。

以上7つ。
みなさんはどれが食べてみたいですか?
個々で全然違う雰囲気のお弁当を書くので見ていてとても楽しかったです。
カフェのスタッフなので、自分たちで「こういうのを入れたらどうかな?」「これは人気メニューだから入れよう」とか話合って新しいお弁当を考案するやる気やきっかけになったらいいなと思います。

来週は、バレンタインが近いのでバレンタイン行事と夏の料理を紹介する予定です!


坂上