About JST
JST News!
TOP >> JST News!

こんにちは!

JSTインターン生の清水です。


今回は、カンボジアの農村部の住居と村人の生活について紹介したいと思います。

カンボジアの農村部では高床式の住居が一般的です。床の高さは家によって異なりますが、大体地上から1.52.5メートルの高さに作られます。

屋根は一般的に瓦や、トタン、ヤシの葉から作られています。

瓦は日光の熱がこもらず長持ちしますが、ほかの素材のものよりやや高いです。トタンは瓦より安いですが熱を遮らないため、日中はかなり暑くなります。また雨の日にはトタン屋根に雨が打ち付け凄まじい音が鳴り響きます。ヤシの葉は1,2年ごとに葺き替えなければならず、雨の日は雨水が漏れます。

DSC02136.JPG
瓦屋根

DSC02797.JPG
瓦屋根

DSC02338.JPG
トタン屋根


高床式のメリットとしては、風通しがよいこと、雨季に家が冠水しないこと、夜に危険な動物の侵入を防げることなどが挙げられます。

日中は床下が日陰になり、風通しもよいため、村人は日中のほとんどを床下で過ごします。そのため村では、ハンモックで昼寝をする村人や、かごを編む女性の姿を見ることができます。また村人は、床下に牛車や鍬などの農具を置き、スペースを有効活用しています。

DSC02202.JPG
ハンモックで寝る赤ちゃん


DSC02207.JPG
チール(ざる・かご)を作る女性


parm mat.JPG
ござを作る女性

DSC01628.JPG
井戸水を汲む子ども

 

夜になり蚊が出だすと、村人は家に入りテレビを見るなどしてくつろぎます。電気が通っていない村も多く、夜は車用のバッテリーで明かりを灯す程度であるため部屋は薄暗いです。20時頃になるとござを敷き蚊帳を吊って寝ます。朝は5時頃に起き、暑くなる前に仕事を始めます。村人は早寝早起きなのです。

DSC02327.JPG
テレビ

カンボジアの農村部の様子を理解して頂けたでしょうか?

それでは次回のブログもお楽しみに!


 
 こんにちは!インターン生の新田です。
私が担当していた、YAMANAMI Free Schoolでの日本語の授業も今週で最後になりました!
そこで、今までやってきた日本語授業を紹介します!

th_IMG_9245.jpg
YAMANAMI free school での日本語授業は日曜日の9時から12時頃まで行なわれていました!
私は9時から10時半までを担当しており、
5月から8月まで全部で10回の授業がありました。

 基本的に生徒のみんなとのコミュニケーションは英語です。
生徒は1人の時もあれば5人の時もあります。毎回メンバーが変わります。
雨期に入ると、みんな田植えに忙しくて授業に来ている場合ではなくなったり、高校3年生は卒業テストの勉強する為に日本語の勉強どころではなくなったり、(高校の卒業テストにパスできる人は学校の全体の10%だけだそうでうす。残りの90%はもう一回高校3年生をやるか、学校を辞めて働きだすかだそうです。とても難しいテストらしく、卒業テスト前はみんなひーひー言ってました。結果は8月30日発表だそうです。)

th_IMG_0190.jpg
 私がこの授業を担当する前は、JSTスタッフが約2年間日本語を教えていたので、
みんなあいさつや簡単な自己紹介、また単文ではありますが少し日本語を話す事ができます。

 初めての授業の時、何を勉強したい?と質問したところ、
日本の文化について知りたい!日本語で話せれるようになりたい!そんな声が多かったので、
ここの授業では、日本とカンボジアの文化の違いを話し合ったり、
テキストを使って日本語を教える事にしました!

 初めのクラス4回は文化の相違についてです。
学校・食文化・親戚の呼び方・世界遺産について話し合いました。
生徒の皆は 、学校の話では授業費の高さに驚いたり、食文化ではキャラクター弁当に驚いていました。
また、生徒以外の遊んでいた子達も一緒にビデオをみて一緒に驚いてくれました。

 そして、逆に私もカンボジアの授業費は無料なはずなのにコピー費やインク代など、科目ごとに先生に払わなければ行けない現実や、学校の授業だけではテストをパスできないので、街の子達は授業後塾に行き勉強するのに、村の子達は貧しく塾に行けない現実。
また、食文化に関しては毎日4時に起きて家族の為に朝ご飯を作っている子がいること。
毎日同じものを食べている子がいること。栄養失調で髪の毛が茶色い子がいること。
たくさんの事を教えてもらいました!

 途中2回の授業は日本の学生からきた8通の手紙の返事をかきました!
一つ返事を書くのが一苦労です。
まずは、英語で日本語の文が理解できてるのか確認して、理解できたら次に英語で返事を書いてみて、最後に日本語に訳す。道のりは想像以上に長かったです。
分からない単語を説明していたらあっという間に授業が終わってしまいました。
また、ちょうど雨期の時期とかぶり一回目の授業が1人。二回目の授業は2人。
宿題も沢山だし、期限ぎりぎりになんとか書き終えました。

c.png
残りの4回は日本語の簡単な会話とテキストを使って日本語を教えました!
例えば、
私 「あなたの好きな食べ物は何ですか?」
生徒「アモックです」
ここまでは、生徒は教えなくてもちゃんと答えてくれます。でも、
私「アモックってなにですか?」
この質問に対しては答えれません。
アモックは何かを英語で確認しあい、日本語ではなんというのか教えてあげます。
(ちなみに、アモックはフルーツ?らしいです。アモックといわれると、カンボジアの伝統料理の白身魚のココナッツ蒸しを想像しますが、彼いわくフルーツもあるみたいです。)

また、今はテキストを使った授業を行なっています!
て形・ます形、〜したいです。を教えています。
「たべます・たべて」「寝ます・寝て」「書きます・書いて」
て形は外国人にとったら一つの山場なんだそうです。


 最後の授業では何人の生徒たちが来てくれるか分かりませんが、
いつもの授業と同じように、笑いが絶えない授業にしたいです!
そして、雨が降らない事を祈ってます!!



こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

バイヨン中学校に民俗学資料室を設立する計画も大詰めを迎え、いよいよ民具の購入を開始しました。カンボジアの村には、日本ではずいぶん前に失われてしまったものが残っていると感じています。

今日はその中から村で使われている臼を紹介したいと思います。 


磨り臼

籾をすって籾殻を取り除くのに用いる臼です。上下二つの円筒系の臼からなり、上の臼を回転させて穀物をすります。

DSC0144.JPG

杵、臼

米を精米する際に使います。プノンペンの年中行事である「水祭り」(ボートレース)の日の夜には、臼に入れた米をついて作ったアンボック(餅菓子)を、満月を見ながら食べます。

DSC01454.JPG

踏み臼(唐臼)

てこの原理を応用した足踏み式の臼です。精米、籾摺りに用いられます。また製粉する際にも用いられます。

DSC02129.JPG

挽き臼

上下に円盤状の石を重ね、上の石を回して、米を粉にします。ノムバンチョック(そうめんのようなもの)や、クロック(たこ焼きのようなもの)、ノムポンム(ワッフル)などのお菓子を作る時に使います。

DSC02144.JPG
DSC02703.JPG

ノムバンチョック

日本の田舎でこうした臼が実際に使われているところを見るのはまず無理だと思います。カンボジアでも伝統的な米作りは失われつつあり、機械化が進んでいます。しかしながら、こうした伝統的な方法がカンボジアにはまだ残っているのです。

次回はカンボジア農村部の住居を紹介したいと思います。



 こんにちは!インターン生の新田です。
聖心女子学院高等科の生徒たちがシェムリアップで行なった活動について紹介しています。
今回は4日目、最終日の報告です。

 朝からにみんなでバイヨン寺院に行きました。
バイヨン寺院では日本政府が行なっている遺跡修復現場の見学や、
リリーフの意味など説明してもらいながら見学しました。

th_IMG_0046.jpg
 この日は猛暑日で、みんなタオルと水が手放せません。
そんな中、みんなノートにメモを必死にとって学んでいました。
バイヨン寺院とアンコールワットのリリーフの違いは何だろう、と話し込んでいる生徒さんもいました。

 バイヨン寺院見学後は、お待ちかねのお買い物です!
オールドマーケットへカンボジアのお土産を買いに行きました。
しかし、バイヨン寺院で思いの外時間を使ってしまい、買い物の時間がわずか40分しかありません。
バスの中で、「カンボジアの代表的なお土産は何ですか?』
とチアさんやインターン生に質問が出たのですが何も答える事が出来ず、、、
私はオールドマーケットに着くまで「カンボジアのお土産?オールドマーケットで買えるのも?高校生が好む物?なんだろう。」頭の中はそれでいっぱいでした。

ちゃんと答えれないまま、、買い物スタートです。
みんなちゃんとお土産かえるかな?と心配していたら、、、
生徒さん方は沢山のお土産とともにバスに戻ってきました!!
なんでも、40分しかなかったので買うか買わないか決断しやすかったと話す生徒さんもいました。
みんな満足いく品物と出会えたらしく、バスの中でこれ買ったよ!あれ買ったよ!と
報告しあってました!とにかく、良いお土産と出会えてホッと安心しました。
お菓子を買っている子もいれば、アクセサリーを買っている子、i LOVE Cambodia Tシャツを買っている子沢山いましたが、特に人気だったのが、かわいい刺繍が入った巾着袋でした。

 この日のお昼は、カンボジアでの最後の食事。
みんなカンボジアの思い出を各々語っていました。

 さてさて、カンボジアでの最後の目的地はバンテアイ・スレイ遺跡と地雷博物館です!
バンテアイ・スレイ遺跡では、チアさんが遺跡の説明をして下さいました!
チアさんに聞けばすべてわかります!生徒さんはチアさんに終始質問攻めです。

th_IMG_0053.jpg
チアさんに説明してもらいながら地雷博物館にも行き、
th_IMG_0057.jpg

 これにて、聖心女子学院高等科のみなさんのスタディツアーは終了です。
最後は空港でチアさんと一緒に写真をしっかり撮り、
みんななごり惜しそうに、日本に帰っていかれました。
参加させていただいた私もとても楽しく一緒になって学べたスタディツアーでした!

聖心のみなさん、ありがとうございました!!





こんにちは!インターン生の新田です。
聖心女子学院の生徒方が行なった交流会3日目について紹介します!

7月27日(日)

この日の一日は7時30分からの礼拝で始まりました。

シェムリアップにたった一つしか教会がありません。
その名は、セント・ジョーンズ・シェムリアップ。
キリスト教の割合は1%あるかないかのカンボジア。約99%人が仏教とヒンドゥー教なので、教会の需要がないのです。
ですので、カンボジアでは教会はとても珍しいものです。
教会にきてお祈りを捧げている方は、クメール人ではなく、ベトナム系や欧米人の方でした。

また、礼拝スタイルも日本と少し違っていました。
前奏・後奏が無かったり、スクリーンに賛美が映し出されてみんなで歌ったり、
経験したことのない礼拝でした。また、マリア様もクメールの伝統衣装を着てらっしゃいました。

さてさて、お次ぎはアンコールクラウ村コミュニティーセンターで活動しました!
まずは、笠原先生の小さな美術スクールを見学させていただきました。

その中でもひときわ上手にかいていた子を紹介します!
名前は、スイ・サーイ君。上手にAPSARAの絵を描いてました。
まだまだ下書きの段階でしたが、色がついたらもっと素敵になると間違いなし!の絵をかいてました。聖心の生徒たちも、「すごーい!!」を連発でした。

th_IMG_9830.jpg
最後に笠原先生に、どのような経緯でカンボジアにいらしたのか。から、子供たちの好きな色は?まで沢山の質問をし、小さな美術スクール終了です。

お腹なかがぺこぺこになったところで、みんなで昼食をつくりました。
この日の献立は、鶏肉のレモングラス炒め・豚肉のショウガ炒め・ご飯・フルーツです。

th_IMG_9978.jpg
村の青年たちに作り方を教えてもらいながら、丁寧に作り食べました。

th_IMG_5364.jpg
お肉担当

th_IMG_5370.jpg
調味料担当

th_IMG_5383.jpg
最後はスタッフが味を調整

お腹いっぱいになったことろで、
聖心の生徒さん方からのプレゼンテーション。そして、村の青年からは環境問題についてのプレゼンテーションを行ないました。

そして、この日のラストプログラムは、村の子供たちとの交流会!!
折り紙をする子、サッカーをする子、村の子供たちをおんぶしながら走る子、
子供たちにつれ回されている子、みんなおもいおもい遊びました!!

th_IMG_9998.jpg
そして、夕方ホテルに戻られました。


まだまだ活動報告はつづきます、、、


こんにちは!インターン生の新田です。
先日に続き、聖心女子学院の生徒たちが行なった交流会についてご紹介します!

7月26日(土)
この日も朝から夕方まで見学・交流会が行なわれました!

午前中は、アンコール高校訪問。
聖心の生徒たちとほぼ同じ生徒たちと交流する事が出来ました。
アンコール高校の生徒たちは夏休みに入っており、
生徒が集まるのかそわそわしていたのですがが、沢山の生徒さんが集まってくれていました!
そしてこの学校は全校生徒約6000人で、午前の部と午後の部にわかれ、1クラス約60人程度で授業を行なっているマンモス校です。

両校準備していた、自国についてプレゼンテーションを行ないました。

th_IMG_9729.jpg

アンコール高校の生徒たちも英語が話せれる生徒を集めて集めてくれたらしく、
みんな英語がお上手でした!!

そしてその後、アンコール高校生と聖心の高校生の交流会をしました。
8グループにわかれて質問をし始めました。アンコール高校生からの日本についての質問も絶えませんし、聖心の生徒からも同じ高校生の生活について質問が絶えなかった時間でした。

あるグループの学生が日本の文字について教えていました!

アンコール高校の生徒「日本の文字ってどんなの?」
聖心の生徒     「ひらがな・かたかた・漢字の3種類あるよ!」
アンコール高校の生徒「かいてみて!」
聖心の生徒     自分の名前を、ひらがな・かたかな・漢字を書いて見せてあげると、、
アンコール高校の生徒「すごい!漢字って中国の文字ににているね」
聖心の生徒     「そうだね!」
アンコール高校の生徒「なんで中国の文字に似ているの? 何個漢字あるの? 全部覚えたの? すごーい!」

こんなきわどい質問も飛び交っていました。
他にも、将来の夢は?学校楽しい?等 思う存分みんな質問していました!
th_IMG_9735.jpg

そして、名残惜しくアンコール高校を後にした後、、、
バイヨン中学校に出発です!!!
この日のお昼はバイヨン中学校の生徒達と食べる事になっており、みんなわくわくです。

メニューは、空芯菜の炒め物とカレー!そして、フランスパンです。

th_IMG_9750.jpg
th_IMG_5267.jpgのサムネール画像
バイヨン中学校で育てていた空芯菜を協力してとり、村のおばさん方が調理してくださいました!約180人分の料理です!
th_IMG_5271.jpg
みんなで作ったご飯はいつも以上に美味しかったです!!

th_IMG_5273.jpg

昼食後、聖心の生徒たちが日本から準備してくださっていたプログラムのはじまりです!
日本の世界遺産について簡単にプレゼンテーションをしてくださった後、
3クラスに分かれて、特別授業の始まりです!
カルタ遊びや、風船で音をならす遊び方を教えてくれたり、とても充実した時間でした!


a.jpg
そして、バイヨン中学校からのプログラムは、カンボジアの伝統遊びについて日本の皆さんに紹介しました!
①ドン・ダーム(水瓶割り)
②リャッコンサエーン(クロマー隠し)
③ワイク・フォーム(葉っぱを取り合う猿)
このゲームに関してはJST のFBで詳しく紹介してありますので、
是非ご覧下さい JST: FaceBook

こうしてバイヨン中学校でも楽しい交流会となりました。
この日の夕食は、APSARAダンスを見ながらのビュッフェスタイルでした!
ご飯中、熱心にチアさんに質問している生徒やAPSARAダンスを必死に写真におさめている人、また、何食べようか考えている生徒がおり、とても楽しい時間を聖心のみなさんと過ごす事ができました!!


次のブログでは翌27日のプログラムをご紹介します。
お楽しみに!!