About JST
JST News!
TOP >> JST News!


こんにちは!インターン生の新田です。
早いものでJSTでのインターンも一ヶ月を切りました。
今はカンボジアでの生活に悔いを残さないように、おもしろい授業を作ろうと必死になっていたり、子供たちと触れあったり、遺跡観光をしたり、美味しいもの巡りをしたり充実した毎日を過ごせています。

さてさて、先週の7月22日から28日まで、
聖心女子学院と姉妹校の高等科から26名の生徒さん方がカンボジアにいらっしゃいました!
プノンペンとシェムリアップに滞在されたのですが、私はシュムリアップ滞在時に同行させて頂いたので、その様子をお伝えしようと思います!

7月25日(金)
この日は朝から見学が行なわれました。
まず始めは、

①アンティエ・プレスクールにて子供たちと交流しました!
アンティエ・プレスクールは日本人の方が経営されており、カンボジアには珍しいキリスト教の幼稚園になります。
th_IMG_9611.jpg

最初に園長先生から、どういう経緯でカンボジアにキリスト教の幼稚園を建設したのか。どんな子供たちが来ているのか、どういう一日を過ごしているのか等お話を聞きました。

そして、幼稚園の子供たちが聖心の生徒さんたちを歓迎し、卒園式で発表する歌の一部を披露してくれました!!蝶と花役に分かれて、かわいい羽や花を手につけて歌ってくれました!
残念ながら、クメール語で歌詞を理解する事は出来ませんでしたが、子供たちの笑顔いっぱいの歌に癒されました。
th_IMG_9638.jpg

th_IMG_9656.jpg

その後、聖心の生徒さん方が子供たちのために、
日本から、手作りの紙芝居「浦島太郎」をもってきてくださり、読み聞かせをしてくださいました!
浦島太郎が玉手箱をあけるときには、子供たちが「NO〜」と叫ぶほどみんな真剣に聞いていました!
最後には各々子供たちと写真を撮り、幼稚園を名残惜しくあとにしました。

その後、みんなでわいわいお昼ご飯を食べた後、

②バイヨンインフォメーションセンターにて遺跡について学んだ後、アンコールワットとタプロームを見学しに行きました。
残念ながら、この日は一緒に遺跡に行く事はできませんでしたが、
バイヨンインフォメーションセンターではみんな必死にメモをとり、アンコール遺跡について学んでいましたので、遺跡でも何かを学ばれたに違いありません!

こうして長い長い一日が終わりました。
次は、26日に行なった活動について紹介しますね。
お楽しみに!!!!!


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

バイヨン中学校民俗学資料室開設の準備、そしてそのための村での民族学調査が僕の業務なのですが、村での調査はほぼ終わり、展示形式や説明用のパネルについて考える段階に入りました。

今日は、村で使われている民具、特にざる・かご類を紹介したいと思います。

 

チール(ざる)

ロムペアッという草の茎からできています。様々な形があり、それによって使い方が異なります。底の浅いものは、魚を干したり、野菜やノムバンチョック(そうめんのようなもの)を入れる皿として使われます。

cheal2.JPG
cheal9.JPG
cheal11.JPG
ropeak3.JPG
ロムペアッ

 

コンチュール(かご)

米など様々なものを入れるのに使います。また、穀粒を選別する際にも使われます。

kanjer4.JPG
kanjer5.JPG

 

チョンエー(箕)

穀物を入れ、あおって、籾殻、米ぬかをふるいわけます。また、魚を干す際にも使われます。

chorng eir2.JPG
DSCO01472.JPG

 

コンチュラエー(ざる)

割れた米を選別する際に使います。

kanj chreng.JPG

 

トロー(かご)

ロムペアッやパダウ(籐)という草の茎からできています。捕まえた魚やカエルなどを入れます。

trok2.JPG

カンボジアには様々なざる・かごがあることが分かっていただけたと思います。日本人からすると同じように見えても、それぞれ用途が異なり、また名前も異なります。なかなか興味深いです。それでは次回もお楽しみに!


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

現在、JICAのプロジェクトの一環として、甲府市がシェムリアップの下水道・水環境改善に取り組んでいます。今日はその活動の様子をお伝えします。

シェムリアップでは、排水路の能力不足や流入ゴミの閉塞により浸水が頻発しています。また、下水道の管理運営をシェムリアップ州下水道施設局が十分にできていないという問題もあります。そこで甲府市上下水道局の方が施設局職員の下水道施設の管理能力向上のために、技術指導などをしているそうです。


今回は、スワイダンコム村の住民に、下水道に関する意識調査アンケートを実施しました。

DSC02257.JPG
村長とミーティング


DSC02260.JPG
アンケートに回答する村人

シェムリアップの中心市街地以外では下水道が通っているのにも関わらず、使っていない地域も少なくありません。シェムリアップ全体で約3割しか下水道が使われていないそうです。下水道の重要性を理解していない住民は多く、そこで甲府市上下水道局は学校への出前授業など、下水道・水環境改善に向けた啓発活動を行っているそうです。しかし課題は山積みで、シェムリアップの水環境改善にはまだまだ時間がかかりそうです。



こんにちは!インターン生の新田です。

先日みんなに日本の文化を体験してもらおうと、バイヨン中学校でも七夕をしました!

 まずは、七夕を経験した事がない子達に七夕の意味を伝えました!
「七夕はね、年に一回お星様に住む、織り姫様と彦星様に会える日なんだよ。」
とみんなに伝えても、みんな騒然。
"星に人が住んでるわけ無いじゃん。" という顔をされました。
うまく七夕の説明が出来ないまま、これならどうだ!と思い、
「7月7日に短冊にお願い事書いて吊るしたらお願い事が叶うかもしれないよ。だから書いてみよう!」
子供たちの反応は、まずまずです。

しかし!お願い事を書き始めたら次第にみんな盛り上がり、、、
「みないで!」と言いながら隠れてこそこそお願い事を書く子や、相談しながら書く子、書けた願い事を見せ合い言い合う子いろんな子がいました!!

ここでいくつかバイヨン中学生の願い事をご紹介します!

・お医者さんになって沢山の人を助けられますように。
(すばらしい夢ですね。是非医者になって頂きたい!)

・将来バイヨン中学校の先生になりますように。
(こんな嬉しい事を書いてくれる子が二人もいました!感動です!)

・進級テストに合格できますよに。
(現実的な願い事で、みんなで笑いました!)

・歌手になれますように。
(おかまちゃんが書いた願い事で、みんなにいじられていました!)

・沢山勉強できますように。
(なんて勉強熱心なの!)

すばらしい願い事ばかりで、どれも叶ってほしいです!

 残念ながら、笹を用意することが出来なかったので、
最後に、バイヨン中学校に植えてある木に吊るしました。
「高いところに吊るした方がお願い事叶うかもね〜」
こんな私の一言で、子供たちは必死に高いところに吊るそうとします。
肩車する子や、木にのぼり始める子、、、

th_IMG_9338.jpg


 なるべく高いところに吊るして願い事が叶うように祈りました。

七夕の意味をきちんと理解してくれたのか不安になりましたが、
一人でも多くの子の願い事が叶うといいなと思った授業でした!

a.jpg