About JST
JST News!
TOP >> JST News!

こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

シェムリアップで一人の日本人女性が「小さな美術スクール」で子供たちに絵を教えています。この「小さな美術スクール」を作ったのは元高校美術教師の笠原知子先生。200812月に個人資金で教室を開いたそうです。月1回笠原先生のご自宅で授業をし、月3回は村で出張授業、生徒数は350人にのぼります。

 

9時前に、アンコール・クラウ村の子供たちがトラックの荷台に乗ってきました。月1回の美術授業をかなり楽しみにしているそうです。

image (2).jpeg

整列する子供達。先生の話をしっかり聞いていました。毎回点呼もとっているそうです。

DSC02018.JPG

 

最初の30分は日本語の授業で、美術に関する言葉や数字、日常会話の勉強です。一方通行の授業ではなく、子供たちが先生の質問に答える形式で、主体的な子供が多かったです。

DSC02021.JPG

 

そして次が美術の授業です。子供達は真剣に黙々と油絵を描いていました。周囲の人の絵が見られる状況なので、子供たちは友達の絵を覗き込んだりしていました。そうすることで、お互いに刺激されますます絵が上手くなっていくのかもしれません。

DSC02034.JPG
DSC02027.JPG

子供たちの絵は色や形、構図が個性的で変化に富んでおり、生き生きとした絵が多かったです。発想や表現がとても豊かです。

DSC02035.JPG
DSC02031.JPG


子供たちは絵に没頭しており、とても真剣でした。心から没頭するという力はとても重要です。好きで集中して取り組んだことが、将来花開く場合も多いはずです。この中から未来の画家が生まれるかもしれません。

---------------------------------------------------------------------------------

小さな美術スクール http://www.smallartschool.org/


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。


先日NPOオアシスの皆さんにバイヨン中学校でマジックの授業(美術・体育については以前のブログをご覧下さい)、そして教員養成学校で体育の授業をしていただきました。今日はその様子をお伝えします。

マジックの授業をしてくださったのは、平出先生。新聞紙から牛乳が出てくるマジックや、お金が次々出てくるマジックなどを披露してくださいました。子供たちはマジックに興味津々で、特に絵本から飴がたくさん出てくるマジックは拍手喝采でした。

DSC01968.JPG
DSC01975.JPG

教員養成学校では、まずラジオ体操と行進をしました。学生は行進をしたことがないようで、歩調が音楽と全く合っておらず、手と足が同時に出ている人も多数いました笑

行進はなかなか難しいようです。

DSC01997.JPG

その後、男女に分かれてリレーをしました。男女とも白熱した戦いを繰り広げ、非常に盛り上がりました。

DSC02006.JPG
DSC02007.JPG

次はバスケットボールです。ラグビーのようにボールを持って走ったり、ダブルドリブルをしたりする学生が続出しました。バスケットのルールを知らないようです...それでも皆が懸命にボールを追いかけ、シュートが決まると大きな拍手が沸きました。

DSC02011.JPG
DSC02015.JPG

 

あまりバスケットをしたことがない女の子も楽しそうに試合をしていました。バスケットの楽しさ、スポーツの楽しさをわかってもらえたと思います。NPOオアシスの皆さん、本当にありがとうございました。


次回は、シェムリアップで日本人女性が運営する「小さな美術スクール」を紹介したいと思います。



  こんにちは!インターン生の新田です。

 今回は5月から毎週火曜日にmoi moiで行なわれている日本語授業についてご紹介します。

現在moi moiには8人のスタッフがいます。
彼女達の学歴は様々です。小学校1年生で学校を辞めてしまったスタッフもいます。

th_IMG_8205.jpg

 しかし、みんなの勉強に対しての姿勢はすばらしいです!!!
毎回の復習をしっかりし、次の授業に挑んでくれるので授業がすんなりと進みます!

 私は5月から8月の約4ヶ月間日本語を教えてます。
前半(約5月〜6月)の目標がひらがなを読み・書きできるようにすること
後半は(約7月〜8月)moi moiのメニューが日本語で分かるようになることと定めました。

前半目標はひらがなといっても、あ行〜わ行はもちろんのこと、が行〜ぱ行・しゃ行〜ぴょ行と全部で101個のひらがながあります!!この101個のひらがなを彼女たちは8回の授業でおぼえました。

なかでも苦労している発音が、さ行・しゃ行・きゃ行です。
"さ"を言おうとすると、どうしても"くちゃ"となってします。しゃ行も同じです。"くちゃ・くちゅ・くちょ"となってしまいます。

ある日、「先生、さ行としゃ行の違いはなんですか?」と聞かれました。

あれれ?全然違うのにな、、、
日本人にとっては全く違うひらがなでもカンボジア人には同じ発音に聞こえるみたいです。
日本人にとってのRとL違いと似ているのかなと感じました。
必死に説明しても、伝わりにくくなかなか発音がうまく行きません。
先生って難しいなと感じる瞬間でした。まだまだこの発音には私もスタッフも挑戦中です!

 発音は難しくても、書くことは完璧です!!
テストではみんなすらすらとひらがなを書き、ほぼ全員満点です!

 来週からは後半戦。moi moiメニューや材料を日本語で言えるように教えます。
moi moiスタッフが日本語だけで注文をとれるのも、もうすぐかもしれません。




こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

先日NPOオアシスの皆さんにバイヨン中学校で特別授業をしていただきました。今日はオアシスさんの美術と体育の授業の様子をお伝えします。

美術の授業は足立先生が担当してくださいました。子供たちは風景画を描いたり自画像を描いたりと、思い思いに絵を描いていました。

DSCO01940.JPG


村の子供たちは、あまり絵を描いたことがありません。クレヨンで絵を描く子供たちは生き生きとしていて、そしてとても真剣でした。

DSC01941.JPG
DSCO01947.JPG

最後に日本の中学生に向けてメッセージを書いてもらいました。「日本に行きたいです!」「カンボジアに遊びに来てください!」などと書いていました。嬉しいですね。

 

金田先生の体育の授業では縄跳びと走り幅跳びをしました。最初は全然飛べなかった子供たちも時間が経つにつれて、できるようになっていきました。カンボジアの子供たちはとても吸収力があります。

DSC01931 (1).JPG

 

次は走り幅跳びです。走り幅跳びのやり方が分からず、両足で踏み切る子供たちもいましたが、何度も練習するうちにコツをつかみ、飛距離も伸びていきました。女の子もとても楽しそうで、とても盛り上がった授業になりました。

DSC01953 (1).JPG

普段、美術や体育の授業がないため、こうした授業は非常に新鮮だったと思います。これを機に子供たちが芸術や運動をより身近に感じてもらえればと思います。

次回のブログもお楽しみに!

-----------------------------------------------------------------------------

体育授業の縄跳びの様子を動画にまとめ、JSTのFacebookにアップしています。是非ご覧下さい。

JST Facebook

https://www.facebook.com/NGO.JST?ref_type=bookmark



こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

中学校周辺の村にどのような伝統が残っているのか、また生徒の家庭や生活について把握するため、5月前半にバイヨン中学の生徒117人(男性55人・女性62人、11才~18才)にアンケートを実施しました。前回に引き続き、今回もアンケートの結果をいくつか紹介したいと思います。


問.両親の職業は何ですか?

father.png
mother.png

父親、母親とも農家が最多となりました。父親では、遺跡修復作業員が農家に続いていますが、これはすべてアンコール・クラウ村の住民でした。JASAの作業員にはアンコール・クラウ村の人が多いためです。カンボジアの遺跡管理機構であるアプサラ機構の職員も多く見られました。また、少数ながら医者、音楽家などの回答もありました。


問.家にどのような漁業道具がありますか?

fish.png

カンボジアの村では魚は買うものではなく、自分で捕るものです。なので家に漁業道具がある割合は高かったです。本業の仕事が終わり、夕方くらいから近くの池などに行くそうです。


DSC01845.JPG
トルー(魚を捕るために水底に置く長いかご)


DSC01625.JPG
チュネアン(魚をすくって捕るためのざる)


DSC01806.JPG
アンロット(上から被せて魚を捕るかご)


アンケートに答えたことのない生徒も多く、おかしな回答がたくさんありました。少し難しかったのかもしれません。現在、民具や信仰について村で調査をしているので、調査結果もいずれ報告したいと思います。

次回はNPOオアシスさんのバイヨン中学校での特別授業の様子をお伝えします。


こんにちは!

JSTインターン生の清水です。


バイヨン中学校に民俗学資料室をつくるにあたり、中学校周辺の村にどのような伝統が残っているのか、また生徒の家庭や生活について把握するため、5月前半にアンケートを実施しました。アンケートに協力してくれたのはバイヨン中学校の生徒117人(男性55人・女性62人、11~18才)です。

今回と次回のブログで、アンケート結果をいくつか紹介したいと思います。


. 両親は何歳ですか?

parents.png

 父親、母親とも40代が最多となりました。父親の場合は50代、30代と続くのに対して、母親は30代、50代と続いています。日本と同様、男性が女性より年上の場合が多いようです。



. 何人家族ですか?

family.pngのサムネール画像

 平均は6.85人です。日本の中学生に同様の質問をすれば、平均は4人程度でしょう。カンボジアは大家族が多いということが分かります。



. アンコールワット、アンコールトム、シェムリアップ市内、トンレサップ湖に行ったことはありますか。

angkor thom.png

 アンコールトムは96.6%の生徒が行ったことがあると答えました。しかし、かなり近くにあるにも関わらず、3.4%の生徒がアンコールトムに行ったことがないというのは意外でした。またシェムリアップ市内に行ったことがある生徒は35%だけでした。バイクで20分ほどの距離で、自転車でも行くことはできます。それにも関わらず行ったことがないというのは、親の仕事の手伝いで時間がない、行ってもお金がないし何もできない、そもそも興味がない、などの理由が考えられます。また、トンレサップ湖に行ったことのある生徒は1人(117人中)でした。


次回もアンケートの結果についてお話したいと思います。お楽しみに!



こんにちは。
今回は、5月6日から毎週土曜日にバイヨン中学校で行なわれている日本語授業の近況報告です!
 バイヨン中学生の子達に日本語を教えることで、将来子供たちの働ける幅を広げ、彼らの生活に役立ててもらいたいと思っています。
 バイヨン中学校の日本語授業は強制ではありません。日本語を学びたい生徒だけが自主的に授業を受けにきます!

 初回の授業は、生徒の名前を覚えるために日本語のネームプレートを作りました。
そして、子供たちに"子供の日"を紹介しました!子供の人はどんな日なのか、なにをする日なのかを折り紙で鯉のぼりを作りながら説明し、皆で楽しみました!
最後に、ネームプレートに作った鯉のぼりを貼付け、オリジナルネームプレートの完成です!

IMG_0423.JPG

 そして、2回目以降からは前半には日本の文化紹介、そして後半はひらがなを教えました。

 日本の文化紹介は、時には京都の動画をみたり、時にはホテルと旅館を比較してみたり、また時にはキャラクター弁当が出来るまでの動画を見て、子供たちを驚かせます!
また、この日本の紹介ムービーを教室で流していると、興味津々で他の生徒たちが廊下からのぞいてくれます!そして、初めてみる日本の風景に子供たちは、目をキラキラされてくれます。

 メインのひらがなでは、ア行からワ行まで一ヶ月で、読み書きが出来るようになってもらおう!という目標をもって教えました。ひらがなカードを使って教えたり、ひらがなを黒板に書いてもらったり、ひらがな練習プリントを宿題にだしたりして教えました。

ひらがなが終わったあとには、テストが待っています!!!!
6月8日、日本語のテストを行ないました!!テストは2つ。

一つ目のテストは至ってシンプル!ひらがな表を埋めろというテストです。

a.png二つ目のテストは少し難しめ。

i.png
門一、聞こえてきたひらがなを書くという問題。
門二、ひらがなの読みかたを確認するために。、ひらがなをローマ字に、ローマ字を日本語にという問題。
門三、授業中教えた単語を問う問題。


テスト終了後、生徒たちから難しいという声が多々、、、


平均点は一つ目のテストが36点中25点、二つ目はテストは15点中6点。
平均点は、想像していたくらいの点数なのですが、点数が良い生徒と悪い生徒の差がとても激しかったのです。満点の子も10人以上!しかし、一桁の子も10人以上!
6月に入ったら、日本語の歌や簡単な会話を教えようと計画していたのですが、
一旦中断し、授業内容を見直すことにしました。


 なかなかうまくいかず、試行錯誤の日々が続いてます。
来週には、NGOオアシスさんがバイヨン中学校で授業をしてくださいます!!
ベテラン教師による授業を見学させてもらい、教え方の勉強をしたいと思います!!!

次は、オアシスさんのバイヨン中学校の授業についてアップします!
是非お楽しみに、、、

新田





 こんにちは!

JSTインターン生の清水です。


日経新聞の記者の方がJASAの遺跡修復の様子を取材しに来てくださいました。

 

取材を受けるJASA 技術補佐の石塚さん。JASAは将来的にはカンボジア人のみで遺跡修復ができるように技術移転を進めており、また人材育成にも力を入れているそうです。

DSC01566.JPG

日経新聞の記者さんと石塚さん(左から)


修復現場で指揮を執っていたJASA副所長のプロスさんも取材を受けました。遺跡修復への思いを熱く語っていました。

DSC01563.JPG

プロスさん、チアさん、石塚さん、記者さん(左から) 


その他、作業員の方々も取材を受け、いろいろと質問されていました。

 

いったいどのような記事になるのでしょうか?

記事は712日の日経新聞朝刊に掲載予定です。お楽しみに!

こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 

今回は、先日アンコール・クラウ村で行われたJSTの農村紹介ツアーの様子についてお伝えしたいと思います。

JSTの農村ツアーでは、アンコール・クラウ村の民家やお寺、小学校など、JSTのメンバーが村の暮らしや魅力、抱える課題などをご紹介しながら散策します。また、伝統料理体験、フリースクールでの授業見学等もすることができます。

今回のツアーでは、伝統料理体験、JSTスタッフのナモイさんによる村のガイドを行いました。

伝統料理体験では、クロランというもち米と豆をココナッツミルクで蒸したおこわのような食べ物を作りました。

ナモイさんがクロランの作り方について説明しています。

DSC01409.JPG

ココナッツミルクを入れ、もち米、豆、ココナッツの果肉を混ぜ合わせています。
DSC01411.JPG

そしてそれを竹筒に詰め、わらで蓋をします。
DSC01421.JPG

このようにして、竹が真っ黒になるまで焼きます。いったいどのような出来上がりになるのでしょうか?
DSC01429.JPG

 

出来上がるまで2時間ほどかかるので、その間にナモイさんにアンコール・クラウ村を案内してもらいました。

 

これは昔の宿泊施設です。現在は村のお祭りの時しか使われていないそうです。

DSC01433.JPG

次に、村の中にひっそりと佇む遺跡へ。施療院として12世紀に建てられたそうです。アンコール・ワットなどとは違い小さな遺跡ですが、神秘的で趣がありました。

ロクランができるまで時間がまだあるので民家へ。 脱穀、籾摺り、精米体験をしました!これは籾殻つきのお米を脱穀しているところです。棒を前後に動かすことで、脱穀機が回転します。
DSC01445.JPG

次にこのようにざるの上で米をなびかせ籾殻を取り除いています。この女性...達人でした笑
DSC01472.JPG

そして精米です。杵で打っています。
DSC01455.JPG

村の人はいつもこの作業をしているそうです。大変ですね。


そろそろクロランが出来上がる時間なので、フリースクールへ。 クロランが出来上がっていました。これは真っ黒になった竹の表面を切り落とし、竹の薄皮だけを残したものです。
DSC01480.JPG

いよいよ昼食です。クロランとMoiMoi弁当を持って、パノラマテラスへ。上からの景色は最高でした。
DSC01485.JPG

このようにバナナの皮をむくようにして食べます。
DSC01483 (1).JPG

味は赤飯に似ていて、とてもおいしかったです!
DSC01482.JPG

これにてJST農村ツアーは終了です!遺跡ツアーに参加した人はいても、こうした農村ツアーに参加されたことのある人は少ないのではないでしょうか?遺跡ツアーも面白いですが、農村ツアーでは普通ではなかなかできない体験をすることができますよ!

遺跡とは違う面からカンボジアを楽しみたい!という方はJST農村ツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

JSTでは、訪れる方々それぞれの日程とご希望に合わせて訪問プランを企画します。ご興味をお持ちの方は、こちらの連絡先までどうぞお気軽にご連絡ください。

JSTオリジナルツアーお問い合わせ   info@jst-cambodia.net