About JST
JST News!
TOP >> JST News!

 

 5月22日、カンボジアの次の世界遺産候補である、
サンボー・プレイ・クック遺跡に行って参りました!!!
今回元JSTスタッフである吉川舞さんが、分かりやすく且つ丁寧に案内して下さいました。


th_IMG_0619.jpg
(一番右のipadを持って説明してくださっている方が舞さんです。)


 サンボー・プレイ・クック遺跡は12世紀の初めに建てられたアンコールワットよりもずっと昔の7世紀頃に建立された遺跡です。
そして、まだまだ解明されていないことが沢山あり、謎に包まれた遺跡でもあります。

th_IMG_0623.jpg

 大きく分けて、
北のプラサート・サンボー、中央のプラサート・タオ、南のプラサート・イエイ・ポアン
の3つに分かれており、それぞれに様々な遺跡が残っています。

 北のプラサート・サンボーには、ハリハラ神という像があります。
この像はじっくり見ると縦で2つに分かれており、ヴィシヌ神(左側)とシヴァ神(右側)が合体した神像です。
th_IMG_0617.jpg
ハリハラ神像


他にも、東洋版ミロのヴィーナスと言ってもいいであろう、ドゥルガー像があります。

th_IMG_0626.jpg
ドゥルガー像

残念ながら、これらの神像はレプリカで、本物は現在プノンペンの博物館で展示されています。



神像の他にも、サンボー・プレイ・クックは彫刻がとても綺麗です!

例えば、こちらの壁面の彫刻、、、
th_IMG_0621.jpg
フライング・パレス

 フライング・パレスと呼ばれています。その理由が、、、こちら!!

th_IMG_0622.jpg


よく凝らして、彫刻を見ると、下の方で天使達がお城を持ち上げていることが分かります。ここから、フライング・パレスという可愛らしい名前がついたそうです。


また、プラサット・イエイ・ポアンの周壁にこのような彫刻が沢山あるのですが、
(1つ1つの彫刻は違います。)
th_IMG_0644.jpg
何を意味しているのかは、まだ謎に包まれたままだそうです。



そして、プラサート・タオには、
a.jpg

なんと、初代シンハ像があります!!
こちらの初代シンハ像の可愛らしいお尻を拝んで、舞さんのツアーは終了です。
th_IMG_0649.jpg

 世界遺産候補ということもあり、神秘的な空間に包まれていました。
また、森の中にあるので日陰が確保されており、ゆっくり見て回ることができます!!
皆さんも是非、シェムリアップから少し離れたサンボー・プレイ・クックに足を運んでください!

新田






こんにちは!

JSTインターン生の清水です

 

 

今回は先日バイヨン中学校で行った植林の様子をお伝えします。

 

 

 

今回植林のために用意された苗木は約200本!

オレンジ、マンゴー、ジャックフルーツ、ドリアン、ザボン、ミルクフルーツなど全て食べられるものです笑

 

DSC01115[1].JPG

 

まずは穴掘り。

ボランティアで来てくださったアンコール・クラウ村の方々と、JASAの作業員の方々が頑張ってくれました。

 

DSC01124[1].JPG

 

次は苗木運びです。

子供たちが運んでくれました。

 

DSC01132[1].JPG

 

自転車に乗せて運んでいます!

その発想はなかったです笑

 

DSC01140[1].JPG

 

苗木を穴に入れています。

 

DSC01136[1].JPG

 

その上に肥料や落ち葉を入れて完成です!

 

DSC01146[1].JPG

 

今回の植林で100本以上の苗木が植えられました。

 

DSC01178[1].JPG

 

実がなるのが楽しみですね。

 

 

 

それでは次回もお楽しみに!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の植樹は、(一財)国際開発センター(IDCJ)との共同事業で、公益(財)国際緑化推進センターの「緑の募金国際緑化公募事業」の助成金により実現したものです。



 

こんにちは!

JSTインターン生の清水です。

 


今回はバイヨン中学校で行ったアンケート調査の様子をお伝えします!


 

前回のブログでもお話したように、村の伝統文化や生活様式について調査するのが僕の仕事です。

 

その調査の第一段階として、バイヨン中学校でアンケート調査を行いました。

 


アンケートの質問は、民具、風習、仏教、神話、家族構成など多岐にわたります。

子供たちの家にある民具両親の職業などを聞き、興味深い子供たちの家を実際に訪ねてみようと考えています。

 



アンケート配布後、校長先生がアンケートの回答の仕方を説明してくださいました。


image.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


アンケートに回答した経験がない子供たちも多いようで、どのように答えれば良いのかを丁寧に説明していました。

 

 

真面目にアンケートに答える子供たち...

 

DSC01036[1].JPG

 

と思いきや、途中からは思い思いに話し合いをしたり、立ち上がってどこかに行ってしまったりしました笑


DSC01043[1].JPG


いったいどのような回答が得られたのか...?

 


今後も調査の様子をお伝えしていきたいと思います!


 

 

次回はバイヨン中学校で行った植林の様子についてお伝えします。




はじめまして!

51日からJSTにインターンさせていただいている、関西学院大学の清水涼平です。


 

4ヶ月のインターン期間でJSTの活動、そしてカンボジアの魅力について皆さんに伝えていければと思っています。

 



 

初回は、バイヨン中学校に設立予定の民俗学資料館、そして僕の仕事である民俗学調査についてお話ししたいと思います。


DSC01042[1].JPG

バイヨン中学校校舎


まず、なぜバイヨン中学校に民俗学資料館をつくろうという話が持ち上がったのか...


 

日本でも同じことが言えるかもしれませんが、カンボジアの子供たちは自国の伝統文化にあまり関心を持っていないそうです。


 

自国の文化や歴史に対する理解を深めることは何よりも大切で、それらの理解なくして、他国の文化の理解はあり得ません。



子供たちが伝統文化に触れる機会が増えれば伝統文化に対する関心も高まるはずです。

 


そしてそれは伝統文化の裾野を広げることにもつながります。

 

 

そのため、バイヨン中学校民俗学資料館をつくろうという話が持ち上ったのです。





僕の仕事は、村の生活様式、神話、祭り、儀式、民具、信仰、家族構成などの伝統を調査していくことです!

 


バイヨン中学校周辺の村には、一体どのような伝統が残っているのか...?



これからの調査でどんどん明らかにしていきたいと思います!




次回はバイヨン中学校で行った民俗学に関するアンケート調査の様子をお伝えしたいと思います!



 5月2日、バイヨン中学校の全生徒に体育館シューズを配りました!
体育館シューズを寄付して下さったのは、和歌山県にある田辺工業高校の皆様からです。ありがとうございました。

 今回のブログでは、子供たちが初めて体育館シューズを手にした様子を紹介します。

まずは、校長先生から体育館シューズの寄付がきたことを、生徒のみんなに伝えました。

th_IMG_0265.jpg

 子供たちは、わくわくどきどきです。

 カンボジアの子供たちは、自分の靴のサイズを知らないので、まずは、男女別に身長順に並びました。"背が大きい子は足も大きい" そんな考え方のようです。

 次に、男の子から順番に自分に合う靴を選んでいきます。
カンボジアの子供たちは日本の子供たちより、足の甲が大きいので、
一回り大きいサイズを好んでみんな選んでいきました。

th_IMG_0274.jpg

靴を選んだ男の子たちは、満足げな笑顔です。

th_IMG_0277.jpg
 次に女の子です。
女の子には、赤色の体育館シューズが手渡されました。

th_IMG_0284.jpg

 こうして、みんなに体育館シューズが行き渡ったあとは、いよいよ試着の時間です!!


待ちきれず走って履きに行く子や、

th_IMG_0289.jpg

きれいに足を洗ってから履く子、

th_IMG_0282.jpg

丁寧に靴ひもを結んで履く子など、個性豊かです。

th_IMG_0296.jpg

 どの子供たちの顔には笑顔があり、見ている私もほっこりさせられました。

これでこの日の授業はすべて終わりです。最後にみんなで記念撮影をしました。

th_IMG_0308.jpgのサムネール画像

 記念撮影後、みんな帰宅し始めたのですが、そのまま体育館シューズを履いて帰る子やきちんと履き直して帰る子、大事そうに抱えて帰る子などここでも様々な子供たちがいました。

th_IMG_0317.jpg
(この写真は、最後の最後まで綺麗に靴ひもを結んで、靴を履いて帰っていった女の子たちです。)


 みんな体育館シューズを大事に履くと思います。
田辺工業高校のみなさん、本当にありがとうございました。

新田