About JST
JST News!
TOP >> JST News!

そしてそして活動3日目。

この日は朝からトンレサップ湖にある日本ユネスコ協会が建てた建物に見学に行って参りました。

th_DSC_9586.jpg

現在、この施設では約15〜40歳の方に識字教育をしており、現在は600名が勉強中とのこと。いままでに400人の方がここで字の読み書きが出来るようになったそうです。

ただ、なぜこの地域で識字教育が必要とされているのか。

昔は、トンレサップ湖で水上生活をする人々は、水位によって移動生活をしており、また学校は陸地にしかなかったため継続的に学校に通うことが出来ませんでした。

そのためこの地域では、しっかり読み書きの勉強をできなかった子ども達がそのまま歳を取っていき、そのまま大人になってしまうという状況が。

これを解決すべく、識字教育が2006年から行われています。
(ちなみに現在は移動式の小学校の登場で、この問題は解決されているとのこと)

この建物では識字教育の他にホテイアオイを用いて製品を編んでいく職業訓練も行われています。
また製作と同時に、コースタなどの小物から、カバンなど大きい編み物の販売もあります。
th_DSC_9601.jpg

初めてホテイアオイの編む行程を見学したのですが、編む時には水分を含ませて柔らかい状態で編んでゆきます。断面も海面上になっており、とても軽いです。

そしてそして体験の時間。今日はコースターを作っていきます。
th_DSC_9628.jpg

初体験ながらも、先生の指導のもと少しずつ編み上げていきます。

th_DSC_9603.jpg

小出さんも編み編み。

th_DSC_9665.jpg

出来上がるとこのようなコースターになります。ここまで所要時間1時間。

みんな器用なのかほとんど同時に出来上がり、この職業訓練所で作られた製品の買い物を楽しんでいた所、ある女子が一言。

「あれ、小林君がいない。」
「あ、ほんとだ。」

先ほどの作業場に戻ると、一人で頑張って作っていました。

th_DSC_9681.jpg

昨日の牛飼いごっこに引き続き、毎日頑張っている小林君。

th_DSC_9680.jpg

「不器用な俺がこんなのできるわけないのに!このコースター壊れるまで使ってやる!」と文句を呟きながら地道に編み続けていました。

この後、BOKASの学生達はチアさんとともにトンレサップ湖に行きました。

BOKASをJSTがご案内するのは今日まで。
シェムリアップを、そしてアンコールクラウを楽しんでくれていたようでよかったです。

啓太
BUKASの活動2日目の報告です。

朝6時の起床後、朝食を。
この日の朝ご飯は鳥粥でした。
(いつも移動給食で子ども達に食べてもらっているものと同じもの)

th_DSC_9360.jpg

実はこのおかゆをずっと食べてみたいと思っていた芳木(申し遅れました。関西学院大学からJSTにインターンできている芳木啓太と申します)は大興奮!

th_DSC_9373.jpg

味見もオッケー!

早速、BUKAS女子達が鍋に取り分けてゆきます。

th_DSC_9376.jpg


th_DSC_9426.jpg


気になるお味は、美味!
鶏肉をぶつ切りにして入れているので、本当に美味しかったです。
通りで移動給食をやる度に子ども達が本当に美味しそうに食べている訳です。


この日は学生の朝ご飯以外にも子ども達へも鳥粥が振る舞われました。
th_DSC_9431.jpg

th_DSC_9444.jpg

鼻水垂らしながら食べちゃうよね、美味しいもんね。
(この後、隣にいたお姉ちゃんが鼻水をこの子のワンピースで拭き取っていました)

th_DSC_9461.jpg

口からこぼれ落ちちゃうくらい頬張っちゃうよね、美味しいもんね。
(こぼれたお粥はお皿にちゃんと落ち、無駄になること無く食べてくれていました)

食後は、やっぱり遊び。
昨日の交流ですっかり打ち解けたのか、この日は子ども達が率先して村内を案内してくれました。
th_DSC_9485.jpg

th_DSC_9500.jpg

子ども達も、お兄ちゃんお姉ちゃんもお互いのことが大好きです

その頃、男子達は、、、
th_DSC_9524.jpg

牛飼いごっこの牛役。
小林君も抵抗する意味ないのに、リアルに牛を演じきっていきます笑
さすが教育学部!

その後も子ども達との楽しい時を過ごし、この日も8時には就寝でした。
みんなお疲れ様です。

(この後の写真はカメラを忘れてしまったため、撮れませんでした。ごめんなさい。)

BUKASの活動は明日も続きます!
啓太

久しぶりの更新になりました。
楽しみにして下さっていた方々、失礼しました。

本日は、現在シェムリアップに来ている明星大学のBUKASの活動を紹介します。

19日の朝にアンコールクラウ村に到着し、まずは青年団に村での取り組みを発表してもらいます。みんな英語で発表を。

th_DSC_9210.jpg

発表後はとにかく遊ぶ遊ぶ遊ぶ。

学生達と遊ぶために、村の子ども達は8時ごろからスタンバイしていました。

th_DSC_9259.jpg

こちらは縄跳び。

th_DSC_9267.jpg

こちらはバトミントン。

th_DSC_9282.jpg

お花遊びをする学生も

女子達は比較的穏やかに過ごす一方、男子達は・・・

th_DSC_9507.jpg

8時からスタンバイしていた子ども達の元気さに圧倒されておりました。


そんなこんなで子ども達との楽しい一日を終えた頃、夕食が出来上がっていました。
th_DSC_9311.jpg

この日の夕食は魚のスープ、豚と生姜の炒め物、雷魚の照り焼き、ご飯ととてもとても豪華なものでした。

美味しいご飯をたくさん食べて、学生達も幸せそうでした。
th_DSC_9310.jpg

食事の後は、ホームステイ。
みんな村での宿泊は初めてだったようで、蚊屋をかけて寝ることに驚いたり。
子ども達と遊び疲れていたのか8時に就寝でした。
th_DSC_9356.jpg

活動は翌日に続きます!
啓太