About JST
JST News!
TOP >> JST News!

インターン企画、JSTオリジナルツアー第二弾!

先日ご紹介したインターンによる【クラウ村喰らうツアー】
これには続きがありまして、お手製のプラホックチョムホイをお腹いっぱい食べて、お昼寝をしたら、次は運動! 森へ散歩に行こう!というコンテンツです。

アンコールクラウ村があるシェムリアップ地域には、9世紀から15世紀まで、アンコール王朝の王たちが建造した寺院が数多くあります。アンコールワットをはじめ、大型の寺院は観光スポットとして世界的に有名ですが、それ以外にも、知られざる小さな遺跡たちがたくさん点在しています。

そのうちのひとつが今日の目的地「バンテアイ・トム」遺跡。
バンテアイは「砦」、トムは「大きい」という意味。
クラウ村から田んぼの中を徒歩で40分ほどのところに静かに佇む遺跡です。
バンテアイ・トムの魅力はこちら↓ インターンの報告をご覧ください!

今回このバンテアイ・トムツアーを体験したのは、昨年夏のインターン期間にインターンたちとも交流のある早稲田大学のボランティアグループ「Ju-Ju」のメンバーたちです。
昨年夏、クラウ村喰らうツアーに参加してもらったのですが、そのときは雨季の洪水のため、バンテアイ・トム行きを断念。(田んぼの道は腰までの水に覆われていたのです・・・)

今日こそは、気合をいれて!午後にコミュニティセンターに集合し、クラウ村青年団メンバーと合流します。この日のピクニックのために、青年団のソチアにお願いして、おやつを作ってきてもらいました。

やし砂糖の香りがなんだかとても懐かしい気持ちにさせる、「ノム・コーン」
20120427-1.jpg

さあ、おやつを持ってお出かけです。
メインの道路から歩いて5分。 どーん。すでに道なき道。
20120427-2.JPG

青年団はすたすた歩いていきます。
ここは刈り入れ後の田んぼ。2011年9月の洪水のときは、大海原のようだったのです。
20120427-3.JPG

途中でクラウ村キッズたちに遭遇。なにしてんのー?
20120427-4.JPG

答えは薪集め。薪集めは子どもたちの大事な仕事。
自分の体より重そうな薪の山を自転車に積んで家に持って帰ります。
20120427-5.JPG
遊びながら仕事をし、仕事をしながら遊ぶ。
フリースクールでの姿とはまた違う子どもたちの日常が垣間見られました。

子どもたちと別れて進む間、青年団がいろいろな森の情報を教えてくれます。
たいまつを作る木と青年団のウドム君。焦げたところに樹液が溜まり、それを他の素材に浸み込ませて棒状にするとたいまつに。電気・ガスともにない村では重要な光源になります。
20120427-6.JPG

さらに、道中には食べられる実や葉っぱがいっぱい。歩きながらさりげなく木に寄って行き、帰りには食べられる何かがその手の中に。何かを見つけた青年団のソチア。
20120427-7.JPG

しかも、この時期に、この木の、この部分しか食べない、というように細かい条件もあり。
苦味や渋みが強い森の味。日本の山菜を彷彿とさせます。
これらをプラホックと食べると、マイルドになってとてもおいしい。
20120427-8.jpg

そうこうしながら前方を見ると、こんもりした森が、そして青年団がその森に吸い込まれていきます。
20120427-9.JPG


そう、ここがかの有名な!バンテアイ・トムです。どーん!と言いたいけれど・・森に覆われていて全貌が見えない!!写真でお伝えできないのが残念です!
遺跡のなかには誰もいない・・・かと思いきや、石の向こう側から小さなささやき声が・・・
子どもたちが遊んでいました。
寺院の中には、小ぶりながらもユニークな彫刻が施され、優雅な女神像も残っています。
20120419-10.jpg
JSTスタッフのSmeyが碑文が残っている部分を発見。
20120419-11.JPG
さすが考古学科卒業。ところどころ、文字を解読して、皆に伝えています。
写真内)興味津々のソピー先生とチェット先生。

こうして遺跡の中で面白い彫刻を探したり、子どもたちと遊んだり、石の上に寝転んで古代の息吹を感じたり、周囲に探検に出かけたり・・・
それぞれが思いおもいに遺跡との時間を過ごし、午後の日差しが夕暮れ色に変わる頃、クラウ村へと戻りました。

壮大なアンコールワットも良いけれど、地域の中にひっそり眠る遺跡を、地域の人と一緒に探検する。

遺跡を「感じる」冒険、皆さんもいかがですか?!

(舞)

2012年2月、JSTでは例年この時期、たくさんのスタディツアーの学生さんにご訪問いただいています。2008年のツアー本格始動から3年、アンコール遺跡群とアンコールクラウ村を巡るJSTツアーの輪が少しずつ広がってきました。
のツアーの可能性をもっともっと広げるため、2011年の8月から9月にかけて、3名のJST初! 学部学生インターンを受け入れました。
ミッションは「アンコールクラウ村の魅力を発掘して、ツアーを作ること」

一ヶ月の滞在を経て、生み出されたツアーの名前は、『クラウ村喰らうツアー』
インターン生たちから生まれた、まだ荒削りだったツアーはその後 、いくつかの経験を積みながら着実に開花しています! 今日はその様子をご報告。

2011年8月にはじめてアンコールクラウ村を訪問していただいた、「フォトジャーナリスト安田菜津紀さんと行くカンボジアスタディツアー」が今年2月にもアンコールクラウ村を再訪してくださいました。
昨年のツアーの様子はこちらから

クラウ村訪問2回目の今年は、安田さんの強い希望もあり、インターン生による「喰らうツアー」を実施。昨年のツアーの時には、喰らうツアーはまだ製作段階。その途中で参加していただくことで、安田さんや参加者の方から、大切なフィードバックを頂きました。(昨年参加の皆さん、ありがとうございました!!)

その後、ツアーがどういう風に生まれ変わったのかを見てもらいたい! ということで、喰らうツアーの真髄、「村クッキング」をアンコールクラウ村の青年団が用意しました。


クラウ村には今、ガス・水道・電気といった都市設備が整っていません。
その中で、村の青年たちと一緒にカンボジアの伝統食材の一つ「プラホック(魚の塩辛のようなもの、これがなかなか激しい臭いなのです。)」を使って料理を作ることで、お腹からカンボジアを味わってもらおうというコンテンツ。

新しくクラウ村コミュニティセンター内に設置したかまどと調理場で、まずは自己紹介から。
日本人参加者の方の多くは大学生、青年団は高校・大学生が中心、同世代です。
20120420-1.jpg

まずは水の確保!村で一番安全な飲み物、「ココナッツの殻割り」から始まります。
鉈のような大型ナイフでココナッツの硬い殻を割ると、なかからほんのり甘い、栄養たっぷりのココナッツジュースが出てきます。カンボジアの皆さんが割るのを見ていると、鉈を3度ほど振り下ろすだけで簡単に割れますが・・・日本人の学生さんにとっては、これが難しい。
見てください、この青年団メンバーの不安そうな顔を・・・。
20120420-2.jpg

同時に調理場では、伝統料理「プラホックチョムホイ(蒸しプラホック)」の下準備が始まっています。
プラホックチョムホイの詳しい作り方はこちらに↓

日本で言うところの魚の塩辛のようなプラホックは、家庭の味を決めるとても大切な食材ですが、それだけだとかなりきついにおいがします。これに生野菜だけをつけて食べるのもカンボジアでは一般的ですが、これを隠し味にして料理をすると、臭みがコクに変わり、なんともいえない旨みが生まれます。その変化を感じ取ってもらうために、調理前のプラホックの臭いも堪能してもらいます。
20120420-3.jpg

新しくできた調理台も活躍!なによりびっくりしたのは、青年グループの成長です。
初めてこのツアーを実施したときには、うまく説明ができなかったり、全ての調理の過程を自分たちでやってしまったり(日本人学生の手さばきが見ていられなかったようす・・・)と、なかなかうまくいかなかったのですが、今回はまるで3分クッキングの料理人のように、手取り足取り教えていました!

喰らうツアーを通じた、確かな成長がここに!
と感動している間に、およそ20分程度の蒸し時間でプラホックチョムホイが完成。

クラウ村コミュニティセンターで持参のお弁当と併せておいしく頂きました。
(完成後の姿を撮影する前に、食べてしまった・・・)

お腹がいっぱいになったところで、青年グループから、現在彼らが村で行っている活動について簡単にプレゼンをし、日本人参加者の皆さんとディスカッションタイム。

ユニークな発言で有名なフリースクールのチェット先生から「皆さんはなんでカンボジアに来るのですか?」という根源的な発言まで飛び出し、思わぬタイミングで日本の皆さんも考えこむ顔に。

お腹もいっぱい、頭も使った後は、子どもたちがいまか今かと待ちかねていました。
最後にツアー参加者の高校生・雁部くんから頂いた感想をご紹介します!

*****雁部健太郎くんからの感想*****
カンボジアから日本に帰ってきて10日が経ちました。
日々カンボジアでの10日間を思い返し、またカンボジアに行きたいという気持ちが強くなっています。
カンボジアで、一生忘れたくない瞬間を、いくつも経験できました。中でも僕の心に深く残っているのは、フリースクールで一緒に遊んだ子どもたちの笑顔です。
僕はクオンという男の子とずっと一緒に遊んでいました。別れる時に、僕の手帳にクオンが日本語でサインを書いてくれました。クオンに、また来るねと約束して、クオンは「けんたろう、バイバイ」と言ってくれて、バスが見えなくなるまで手を振ってくれました。
彼はもう僕のことを忘れているかもしれません。それでも、僕はクオンに会いに、またカンボジアに帰りたいです。
僕は4月から立教大学に進学します。
JSTの短期インターンに、本気で挑戦させていただきたいと思いました。
***********************************
20120420-4.JPG

今年のインターン企画が実施できるかどうかは、これからにかかっていますが、
昨年生まれたインターン生たちが残した小さな種が、また新しい種を生みそうな予感です。

(舞)




41日。日曜日の午前中。

この日、3月上旬にいただいたソーラーランタンをクラウ村青年グループのメンバーに配布しました。

 

この間何をしていたかというと・・・この書類を作ってました。

「ソーラーランタンを責任を持ってしっかり管理するぞ契約書」です。

20120419-1.JPGP1100502-2.jpg















はじめてランタン寄贈のお話をいただいたとき、JSTではソーラーランタンをいくつ、どのように活用するか相談しました。

アンコールクラウ村の家庭では一部で自家発電をして、近隣の家庭に送電しているところもありますが、一番一般的なのは自動車用バッテリーに蓄電をして利用する方法で、それ以外にはランプやろうそくを使う家庭もあります。

村の家庭に配布したいけれど、そんなにたくさんはJSTで受けきれず、管理もできない・・・うーん。

 

そこで考えたのが、青年グループメンバーへの配布でした。

20120419-3.jpg


中学・高校・大学生を中心とする青年グループの家庭にこのランタンがあれば、彼らの学業の進展に大きく貢献できるのではないかということ。

そしてもうひとつ、彼らがランタンを使う様子や機会を通じて、村の電気活用事情を垣間見られるのではないかと考えました。

 

さらにもう一歩踏み込んだ目論見として、寄贈していただいた物品を青年グループ自らが管理し、活用するという経験をする機会にしようと企んでいます。

そこで冒頭の覚え書きのほかにも、青年グループが家族や周りの人にもランタンの仕組みや使い方を説明できるようにJSTのメンバーがサポートをしました。


20120419-4.jpg


彼らはいずれ村の中核となる人材です。彼らを介して新しい情報が村に伝わっていく仕組みを作りたい。そうした願いをこのランタンプロジェクトに込めました。

 

この日口頭で聞いてみたところ、青年グループ19名のうち、自宅に電気が通っている(村内発電です)のは7家庭、バッテリーを電源として使っているメンバーは4家庭、ランプまたはろうそくを使用しているのは6家庭でした。

 

生活のどういったシーンで活用しますか?という質問には、炊事、食事、勉強、トイレに行くときや家庭でやっている雑貨屋の店頭でなど、様々なアイデアが帰ってきました。

 

覚え書きと併せて、ランタン活用記録表にも記入をしてもらうことにし、1ヶ月ごとにランタンが村で活用されている様子を教えてもらいます。

 

この後のランタン×青年グループの活躍が楽しみです!

20120419-5.jpg

**パナソニック株式会社様のプレスリリースページに、バイヨン寺院ので贈呈式の写真が掲載されています!

こちらからご覧ください!→http://panasonic.co.jp/news/topics/2012/96170.html




(舞)



ご報告! パナソニック株式会社様からソーラーランタンを寄贈いただきました。


ソーラーランタンとは・・・こちらです!

太陽光パネル(裏返しですが)をランタン本体(赤いボディ)とつないで、昼間太陽の光に当てておけば、夜間に4時間から8時間使用することが可能。携帯電話などの充電もできる自然にも家計にもやさしい照明です。

(カンボジアではガソリンの値段がどんどん上がっていて、1L110円以上。暮らしの大きな負担です。)

20120418-1.JPG


今回、パナソニック株式会社様が、社会問題の解決に取り組むカンボジアのNGOを中心に、2000個をご寄贈されたそうで、JSTでもご縁あって、そのうちの35台をいただくことに。(詳細はこちらのHPに掲載されています。→http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn120305-3/jn120305-3.html

 

去る35日にパナソニック株式会社様より大澤さん、小川さん、星さんのお三方をお迎えし、バイヨン寺院の前で寄贈式を行いました。



20120418-2.jpgJSTではこちらのランタンを修復現場の夜間警備や、JASAの修復作 業員の暮らすアンコール・クラウ村での生活の中、特に中・高・大学生の学業支援に力を入れて活用していく予定です。

20120418-2.JPG

パナソニック大澤様より目録をいただきました(3月5日)

パナソニック株式会社様、本当にありがとうございました。

今後1年間はパナソニック様に活用状況を定期的に報告していきます!

このブログでも紹介していきますので、お楽しみに!!


(舞)