About JST
JST News!
TOP >> JST News!

バイヨン・インフォメーション・センターにて新しく、期間限定の英語トレーニング事業を始めました!

2月9日から2月29日までの21日間 、ニュージーランド出身のJane Flaganan さんを迎え、、バイヨン・インフォメーション・センターで働く2名の英語専門スタッフの語学・説明向上トレーニングを実施しました。

 Janeさんは、オーストラリアの世界遺産としてとても有名なエアーズ・ロックのあるウルル・カタ国立公園で公園専属ガイドとして働いていたキャリアを持ち、その後タスマニアの世界遺産サイトでも仕事をしていたという「世界遺産インタープリター」の先輩に当たります。 今回は長期休みを利用して、他の世界遺産サイトでボランティアをしたいという申し出を受け、バイヨン・センターに3週間来てもらうことになりました。 

今回Janeさんとトレーニングをするのは、バイヨン・センター英語解説スタッフのYongとSmey。

Yongはアンコールクラウ村出身。クラウ村コミュニティセンターで英語を勉強していた学生で、現在は平日はバイヨンセンターで働き、土日にはシェムリアップ市内の単科大学に通い、さらに英語のプライベートスクールにも通うがんばる21歳です。

Smeyは2011年7月にプノンペンの王立芸術大学の考古学科を卒業し、2011年12月から2012年2月までJSTのトレーニングスタッフとして働いています。 文化人類学に興味が強く、休日には自転車でクラウ村へゆき、インタビューやお祭りの調査をしています。歴史や遺跡への知識も豊富で、バイヨンセンターのスタッフにも一目置かれています。

この英語トレーニングの背景には、バイヨンセンターのお客様の多様化があります。 2011年の中ごろから、バイヨンの修復現場見学ツアーに日本からだけでなく、欧米系のお客様からの申し込みが増えました。イヨンセンターにも、欧米系をはじめ、中国・台湾・ベトナムなどのアジア勢訪問者も多くなり(ロンリープラネットに掲載されたおかげ?!)、いままで以上に、英語スタッフの役割も大きくなってきています。

 今までどちらかというと日本語スタッフが主力、という印象だったバイヨンセンターで、英語スタッフにも自信をつけて、ステップアップする機会を作りたい!という思っていたところにJaneさんからの申し出が出会い、今回のトレーニングが実現しました。 トレーニングは、7日間に分けた3段階で、毎日午前90分、午後90分の1日3時間。出勤シフトにあわせて、一人ずつトレーニング。みっちりです。

 
120304.JPGのサムネール画像
トレーニング開始時、まだ双方やや緊張の面持ち?

この21日間で、英語スタッフのYongとSmeyにどんな変化が現れたか、とても楽しみです。
各週の秘密のトレーニングの詳細は、次号へ続く!

(Mai)


こんにちは。インターンの國陶です。

先日のブログで書きました、アンコールクラウ村でのアンケート調査、こちら200枚中166枚回収しました。サンボーと同じく、こちらもかなり回収率が高くなりました。
また、読み書きのできない家庭には聞き取りでお願いしたのですが、166枚中聞き取りによるものは96枚でした。

サンボーのデータと合わせ、今後分析したいと思います。


さて、実は先週、私のシェムリアップでのインターンシップは終了し、今は日本にいます。

この半年間は、本当に刺激的でたくさんのことを学びました。

カンボジアはまさに今「開発」の場所であり、いろいろなものがとても速いスピードで変化しています。

たとえば、こちらの記事にある赤土のぬかるんだ道路、今ではこのように。
DSCN1700.JPG
今後、この道は舗装されるそうです。
こちらの橋は大雨時に仮設で作られたものですが、このようなものはもう見なくなるかもしれません。
DSCN1107.JPG
このような目に見える変化がたくさんある一方、まだまだ変化が必要なところもたくさんあります。

例えば教育に関して。
教育の質を図る一つの指標として、教師一人あたりの生徒数というものがあります。
小学校を見てみると、世界の平均は2009年の時点で25人です。日本は同じく2009年で18人となっています。
カンボジアは、2009年で49人、2010年で48人です。(以上のデータはすべてUNESCO Data Centreより)
アンコール・クラウの小学校は生徒が661人で教師が13人なので、50人ほどになります。一方サンボーは生徒198人・教師7人で、30人ほどです。サンボーの小学校が、このような人数にだったのは意外でしたが、しかしまだまだ十分ではありません。


いろいろな変化、無変化はどのような影響を人々の暮らしにあたえるのか。
どのような変化が必要で、そのためには何をしなければならないのか。


自分の研究を通じて、このような問いに何らかの答えを示すことができるよう頑張ろうと思います!
時間がかかるかもしれませんが、研究の方はめどがつき次第また報告させていただきたいと思います。

それではひとまず、ブログを読んでいただいた皆様、ツアーでご一緒させていただいた皆様、そしてJST関係者の皆様、半年間ありがとうございました。

(くにすえ)

2月11日(土)

富山ライオンズクラブから寄贈されたランドセルの贈呈式が、アンコールクラウ小学校で行われました。

 

120211.jpg

 

 

 

←富山ライオンズクラブの皆さん。

寄贈されたランドセルは、すべて、富山県のカバン製造会社(株)ハシモトで作られたもので、橋本社長(前列右から2番目)も出席してくださいました。

 

 

 

校庭に集まった 120211_02.JPGアンコールクラウ小学校の全校生徒661名。

3年生~6年生は、昨年のうちにランドセルを配り終えていて、毎日、ランドセルを背負って学校に通っています。

(5,6年生へのランドセル贈呈の様子は、

12月23日のブログへ)

この日のランドセル贈呈は、小学2年生が対象です→

 

120211_03.JPG

 

 

 

 

 

←小学校周辺に住む、生徒の親も参加しました。

 

 

120211_04.JPG

 

 

 

 

 

贈呈式典では、シェムリアップ市教育局長から富山ライオンズクラブへ、感謝状も贈られました。→

 

 

 

 

最後に、富山ライオンズクラブの皆さんから、2年生150名ひとりひとりへ、ランドセルを渡していきました。

 

 

120211_05.jpg 120211_06.jpg 120211_07.jpg 120211_08.jpg

120211_09.jpg皆、とってもうれしそうですね!

生徒代表のあいさつでも、「私たちはこれからもがんばって勉強したいです!」と元気な言葉が。

富山ライオンズクラブの皆様、ありがとうございました!

 

(よ)

 

 

 

 

こんにちは、インターンの國陶です。
今日は、アンコール・クラウ村でアンケート用紙を配布してきました。

アンコール・クラウ村では計200家庭に対してアンケート調査を計画していおり、クラウ村青年団に協力してもらいます。

前回、サンボーの時もそうしたのですが、アンケートに答えてくれた家庭には石鹸をお礼として渡しています。
そんなわけで今回は200個用意しまして、その数の石鹸が積み重なったシーンはなかなか見れないものだったのですが、うっかり写真を撮り忘れました。残念。

今回調査に協力してくれる青年団のメンバー。
DSCN1793.JPG
サンボーでの調査に同行したメンバーもいますので、最初の1回は経験のあるメンバーとそうでないメンバーが組になって回ってもらうことにしました。
アンケートの回収は明後日(2/9)午後を予定しています。

どんな結果になるのでしょうか?

(くにすえ)
2/5

この日の午前中、青年団は遺跡見学、私とスマイは引き続きインタビュー調査を行いました。
ホームステイハウスのオーナーの息子さんにインタビューの後、昨晩の夕食に出た魚を取った家にインタビューに行きました。

このような農村滞在型のツアーの場合、宿泊客のみならず、その周辺にも経済的な効果があります。
今回の場合、オーナーの家で足りないもの、例えば野菜や鶏、魚などを近所から買ってくることになります。

午前11時から、アンケート用紙の回収を終えたASCAとクラウ村青年団でディスカッションを行いました。
最初は5つの小グループに分かれて、それぞれ3つのトピックに関する意見交換を行います。
          DSCN1768.JPG          DSCN1767.JPG
          
          DSCN1769.JPG          DSCN1770.JPGのサムネール画像

DSCN1771.JPG
その後、全体で各自話し合ったことを発表をしました。
DSCN1776.JPG
議論の内容は、
・サンボーでは、アンコール・クラウと比較して、仕事の種類が少ない。
・サンボーの夜は静か。クラウ村は少しうるさい。
・サンボーで英語(外国語)を話すことができる人が少ない。

・サンボー遺跡には警備員が少なく、また安全面での問題もありそう。(崩落の恐れがある建物に関して)
・遺跡に至る道路は、アンコール地方の方がよく整備されている。コンポン・トムからサンボーに行くのは少し大変。

・将来的には、観光客数が増え、もっとより多くの仕事が生まれると思う@サンボー
・そして、その場合にはガイドのトレーニングや警備をしっかりすること、そして住民の遺跡に関する勉強が必要。

と、このようになりました。

DSCN1789.JPG
最後に今回調査に協力してくれたみんなと一枚。

今回、アンケート用紙は96枚配り、88枚回収できました。この回収率は驚異的です。
調査結果は、整理・分析を終わり次第、青年団およびASCAにフィードバックしようと思います。

また、今回、クラウ村青年団およびASCA双方にとって有意義な議論を持てたかと思います。今後ともクラウ村青年団とASCAの交流が続いていくことを願います。

明日からはクラウ村でアンケート調査を行います!

(くにすえ)



おまけ  白い袋の正体

さて2/4のブログにあった白い袋。
(以下、昆虫の画像がありますので、苦手な方は注意してください。)






中身はこちらです。
DSCN1740.JPG
クニョンという虫で、2月から3月にかけてのみ捕れるそうです。クニョンは昼間はカシューナッツの木の下の地面におり、夜間外に出てきます。
昼間はこのような棒で地面を掘って捕まえるのだそうです。
DSCN1743.JPG
夜間はライトを使って、近づいてきたところを捕まえます。

そして、その晩の夕食にはクニョンの素揚げが。
DSCN1760.JPG
味の方は、脂ののったかつお節のようでした。美味しかったです。

DSCN1762.JPG

この虫は通常、夜、仲買人がやってくるのでその時に売るそうです。
値段は1キロ当たり$2-3、この日は4時間ほどで750g捕れたそうです。
これも自然資源の一つですね。

2/4夕方

私とスマイはサンボー村小学校の校長先生と、カシューナッツ農家へのインタビューを行いました。

校長先生から、生徒数、男女比、先生の数、指導科目などを聞いた後、「生徒が学校をドロップアウトしてしまう理由」を聞いてみました。
校長先生の考えでは、両親が教育に関心がない、遺跡周辺でクロマーを売る方が楽しくて学校に来なくなる、そして勉強が難しくてついていけなくなり学校に行きたくなくなる、という3つの理由があるだろう、とのことでした。

その後、カシューナッツ畑が集中しているところで私がカシューナッツの木を撮影していたところ、

(↓カシューナッツの木↓)
DSCN1737.JPG
スマイが目ざとく何かを発見。
この白い袋の詳細はおまけにて。
DSCN1739.JPG
こちらのおばさんがカシューナッツ畑を持っているとのことだったので、その後インタビューを行いました。
サンボー村ではよくカシューナッツの畑を目にするのですが、カシューナッツからの収入はやはり大きいようです。

夕方18時くらいには暗くなり、青年団も戻ってきました。
この日はサンボー村のホームステイ用の家に泊まりました。海外からの旅行客用にトイレと水浴び場があり、私は快適に過ごせました。

ちなみに、このホームステイハウスのオーナーの息子さんに翌日インタビューしたのですが、先月だけで100人以上の利用があったそうです。
今後はシャワーを設置し、モデルケースとして村の他の家にも広めていきたいとのことでした。

この日は、その後夕食を食べ、終了。
(その3につづく)
こんにちは、インターンの國陶です。
今日は、2/3~2/5まで、サンボーで調査を行ってきたので、その報告をしたいと思います。

2/3
今回は、アンコールクラウ村青年団から5名が調査に同行し、私とJSTスタッフのスマイを含め、計7人でのサンボー行きとなりました。

初日は、午後2時シェムリアップ発バスに乗る、予定でしたが結局バスの出発が遅れ3時過ぎに出発。
午後5時ころ、コンポン・トムに到着。コンポン・トムは、シェムリアップとプノンペンの中間に位置する町で、サンボーへはここから車で1時間くらいです。
この日はその後、夕食をとり、終了。ちなみにコンポン・トムのサンボー・プレイ・クック保全事業プロジェクトのオフィスに宿泊しました。

2/4
二日目。
この日からサンボーに移動し、調査を開始します。

また私の調査とは別に、クラウ村青年団には以下のような課題を与えました。

・クラウ村とサンボー村のライフスタイルがどう違うか?(職業や文化、伝統など)
・アンコール遺跡群とサンボー・プレイ・クック遺跡周辺の環境はどう違うか?(インフラの整備状況や人々の遺跡とのかかわり方)
・将来的にこれらはどう変わっていくのか?

今回、コンポンチューティアル高校、ASCAのメンバーが調査に協力してくれることになっていたので、3日目、ASCAとクラウ村青年団でこれらのことに関するディスカッションがあります。

出発前、スマイ先生からサンボー・プレイ・クック遺跡特別集中講座を受ける青年団
DSCN1715.JPG
トゥクトゥク二台に分乗し、サンボーには9時半頃に到着しました。
青年団は遺跡見学、私はサンボー村の小学校にインタビューに行きました。
しかし、校長先生がおらず、あまりしっかりした情報は得られず・・・。

午後
コンポン・・チューティアル高校に移動し、ASCAとの第一回ミーティング。

それぞれ、普段どのようなことをやっているか、簡単に紹介したあと、(左:クラウ村青年団、右:ASCA)
        DSCN1723.JPG                    DSCN1728.JPG

私が、今回の調査の目的、方法を説明します。
配布の対象とする家庭数が多いこと、また、質問項目に収入や貯蓄に関するものがあり、対面のインタビューは難しいだろうとの予測から、今回は自己回答式の方法をとる予定でした。

しかし、ここでASCAから提案が。
曰く

・サンボーでは字の読み書きができない家庭が多い。
・教育を受けていない家庭ほど、貧しいことが多い。
・貧しい家庭からのアンケート用紙回収は難しいだろうし、回収できたアンケートは比較的余裕のある家からだけのものになる。
・なので、アンケートを配る人がインタビューを聞き取りした方が、回収率も上がるし貧しい家庭からも情報が得られるはず。
・時間に関しては、過去の似たような調査経験から翌日までには回収できる。
・収入等に関しては、外国人が学術目的でやっているということをよく説明すれば、かなり聞くことができる。

結局、多少情報の正確性が低下しても(対人だと収入などに関して、正確なデータが得られないかもしれない)、その他の情報に関しては多数のサンプルを得られるということを考え、読み書きができない家庭にはインタビュー方式でお願いすることにしました。

クラウ村青年団もASCAとペアを作り、15時ころからアンケート調査に向かいます。

そして、その間私とスマイはインタビューに向かったのでした。
(その2に続く)

1月28日

ドンアウ小学校での環境乾期ワークショップと並行して、ドンアウ小学校の分校、コックルール小学校で、雑炊プロジェクトを実施することになりました。

 

ことの始まりは、その前の週、コックルール小学校での環境乾期ワークショップの際、1年生の教室で、生徒たちに投げかけた質問からでした。

「将来の夢は何?」と聞いたところ、「お腹いっぱいに食事を食べること!」という答えが返ってきたのです。満足な食事をとることができず、いつもお腹をすかせている子供たち。。。

だったら、月2回、アンコールクラウ村コミュニティセンターで行っている雑炊の会を、ここコックルール小学校でやってみようか、ということになりました。

 

 

120205.JPG 

朝8時。バイクの後ろに荷車をつけたソピー先生が、町で購入した食材と、クラウ村コミュニティセンターでいつも使っている調理用具一式を、コックルール小学校へ運びます。

いつもクラウ村で雑炊をつくってくれているおばちゃんたち3人も一緒です。

 

 

 

 

120205_02.JPG

 コックルール小学校では、学校の校庭に設置されているカマドを使って、雑炊つくり開始です。

 実はこのカマド、JSTが昨年、コミュニティセンターでつくったカマドより性能がよく、あっという間に雑炊が出来上がってしまいました。雑炊つくりのおばちゃんたちにも、こちらの方が使いやすいと大好評。

(JSTのカマド、改良の余地がまだまだありそうですね!笑)

 

 

 

 

120205_03.JPG 120205_04.JPG

雑炊完成!

生徒たちは、カマドがある食事スペースと、校舎前の廊下スペースに分かれて、さっそく雑炊を食べ始めました。人数を数えてみたところ、150名くらいいました。お皿とスプーンは各自持参です。

 

 

 

120205_05.JPG 120205_06.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

120205_07.JPG 120205_08.JPG妹や弟も連れてきてよい、と伝えていたので、学齢期前の子供も交じっています。

 

 

120205_09.JPG 120205_10.JPGアツアツの雑炊を食べる顔は、真剣そのもの。みんな、いい顔してますね!

 

 

120205_11.JPG 120205_12.JPGそして、何度もおかわりをして、最後まで食べ続けていたちびっこです(右)。

途中で上着を脱いで、彼なりに体制を万全にして食べ続けていたのが微笑ましい・・・・。

 

 

120205_13.JPG 

お腹いっぱいに雑炊を食べた子供たちが集まってきました。JST代表チアの問いかけに、皆、大きな声で答えていきます。

「次は何を食べたい?」と聞くと、「ノムパン・パテ!(フランスパンにパテと野菜を挟んだサンドイッチ)」と「カフェ・テダコー・タコー!(練乳入りのアイスコーヒー)」とのこと。

 

 

 

120205_14.JPG雑炊作りのおばちゃんたちも、「今度はノムパン・パテを作りましょう!」とやる気満々。

「みんなの笑顔が見れるなら、おばちゃんたち、がんばるよ!」

・・・・ということで、次回はノムパン・パテの配給プロジェクトと決まりました。

 

(よ)

 

この移動式雑炊プロジェクトは、富山県の精米機器メーカー、(株)タイワ精機の社員の皆様からの募金によって実施されました。

 

先月1月28日、三井物産環境基金2年目乾期の最後のワークショップを行いました。

 

アンコール・トム遺跡の北方に位置するドンアウ小学校です。

ところが、学校に到着し、校庭を見まわしてみて驚きました。

半年前に植えたマンゴーとコキの苗木は、どれもあまり成長しておらず、中には枯れてしまったものもあったからです。

牛に食べられないようにと作った保護柵は、ほとんどが壊れて無くなっていました。

 

ほどなくして、その原因は、昨年9月、10月の豪雨によるものだということがわかりました。

校長先生が、そのとき撮影した写真を見せてくださったのです。

 

 

120204_07.jpg 120204_08.jpg 

学校前の道路も校庭も水浸し。写真では、校舎床上まで雨水がきていることがわかります。

私たちが半年前に植えた苗木も写っていました(写真右)。半分以上、雨水に浸り、柵も壊れかけているようです。

 

昨年雨期の洪水被害は、たいへんなものだったのだと今更ながら実感しました。

 

そして、今回のメンテナンスの様子です。 

 

120204_01.JPG 120204_02.JPG 120204_03.JPG 120204_04.JPG 120204_05.JPG 120204_06.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンアウ小学校6年生約40名が参加して、新たな木の枝で、新たに柵をつくるところから、始めました。

 

120204_09.JPGそして、最後に、アンコールクラウ村青年グループ全員で、校長先生にインタビューを行いました。

 

これで今年5校の乾期メンテナンスワークショップは終了です。

今後は3月の知見共有ワークショップに向けて、まとめの作業に入ります!

 

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

さて、そのような問題設定のもと、具体的調査をアンコール・クラウ村とサンボー村で行います。

アンコール・クラウ村はアンコール遺跡群からすぐに位置し、そのため観光業に仕事を持つ人たちが多いです。一方、サンボー村もサンボー・プレイ・クック遺跡のすぐ近くに位置するのですが、アンコール遺跡と比べて圧倒的に訪問客数が少ないこともあり、あまり観光業は発達していません。

現在まで、アンコール・クラウ村とサンボー村で下調べのためのインタビュー調査をそれぞれ2回ずつ、本格的なインタビュー調査をアンコールクラウ村で4回(10家庭)行いました。

アンコール・クラウ村では、
・すでに今の20~30代の人たちの親の世代から、農業以外で職業を持つことは一般的。
・観光に関連する職業が多様。例えば、遺跡修復作業員や遺跡の警備員、遺跡や周辺の清掃会社やお土産屋さんの売り子、お土産の内職など。
・そのような職業に就く際には親族のつてが有効。

という感触を得ています。これらのことはまだインタビュー調査の結果を詳しく分析していませんので所感にすぎませんが、今後、分析結果に加え、200世帯にアンケート調査を行いそちらとも照らし合わせて研究していきます。
またインタビューおよびアンケート調査はサンボー村でも行うのですが(サンボー村でのアンケートは100世帯を対象)、アンコール・クラウ村とサンボー村の比較によって平均所得の違いなど、様々なことが見えてくるかなと思っています。

今日からはサンボー村でアンケートとインタビュー調査に行ってきます!

(くにすえ)


おまけ 自然資源の使い方

カンボジアの農村の人たちは魚は自分たちで捕ってしまいます。
こちらは雨季の写真ですが、アンコール・クラウ村フリースクール近くの橋で魚を捕っている男性です。
DSCN1161.JPG

なまずがたくさん捕れてますね。
DSCN1163.JPG
たくさん取れた分は塩漬けにしたりして保存するのだそうです。

川や池、それに森といった自然資源をカンボジアの人たちは日常生活で活用しています。こういった様々な資源をどの程度、どのような用途で使っているのか。
さきのブログで小規模農家の農業が数字に表れにくいということを少し書きましたが、こういった自然資源の利用も、生計の一部として見えにくいものです。これについてもアンケート調査で全体像がつかめればと思っています。
こんにちは、インターンの國陶です。
日本では真冬の寒い天気が続いているようですが、こちらカンボジアは乾燥した涼しい毎日です。

さて、私がカンボジアに来てからもう半年経とうとしていますが、今日はこの場をお借りして今までやってきた研究・調査を少し紹介させていただこうかと思います。

私は現在スウェーデンのルンド大学というところの修士課程で「開発学Development Studies」というものを勉強しています。開発学というのは、「開発Developmentとはなにか?」という抽象的な議論から、発展途上国における政府間援助の在り方・方法、そして具体的なプロジェクトのデザインや運営手法まで、様々なレベルの問題を扱っています。また、その中を分野別で見てみると、自然環境や保健衛生、脆弱な国家における安全保障など多様な領域にまたがっています。

私の専攻はこれらのうち「地域開発Rural Development」と呼ばれるもので、おもに発展途上国の非都市部もしくは農村部における開発に焦点を当てるものです。

地域開発とは、その名前の示すように、特定の社会分野に関するものではなく、むしろ地理的な区別からくる分類です。これは、農村部には農村部特有の問題が存在し、そしてそれらを国というくくりではなくもう少し細かい観点で見ていこうとするものです。ですので、「地域開発」の「自然環境」や、「地域開発」の「保健衛生」というトピックもあります。

今回、私がカンボジアで取り組んでいるのは、カンボジア農村部における観光産業の影響についてです。
世界銀行によると、約80%の人々が農村に居住しており、また71%の人々が農業を生業としています。その一方で、外務省によると、GDP(国内総生産)の約38%が観光・サービス業で、農業は約33%となっています。

これは、7割近い人口が3割の富を分け合っているとみて良いのでしょうか?

実態はもう少し複雑です。
まず第一にカンボジアにおける農業というのは、小規模のものが多く、多くの農家は自分たちで消費する分のみを生産することが多いのです。したがって、こういった農業生産はGDPに反映されにくくなってきます。
第二に、農業のみを生計の手段としているところは少ない、ということがあります。たとえば、農業のかたわらトゥクトゥクの運転手をしたり、また、家族の一員が都市部や外国に出稼ぎに行き送金を受けている場合もあります。

今回の私は、こういった複雑な農村の実態を明らかにすると同時に、どのように観光業が地方住民の生計に寄与している(または、していない)のか、を調査しています。(その2に続く)