About JST
JST News!
TOP >> JST News!

こんにちは!インターン生の青木です。

 

今日はプロホックという魚に塩を振って発酵させた食材を紹介します。

このプロホックという食べ物は、カンボジアではとても伝統的な物です。

 

つーんとかなりきつい匂いを放っていますが、お酒にもご飯にも相性抜群です。

 

この強烈なにおいの為にカンボジア人でも食べれない人がいるそうです。

 

いわばカンボジア版「納豆」といったところでしょうか。笑

 

このプロホックは村にある売店や市場で簡単に入手できるので、カンボジアに来た際は是非この強烈な匂いを体験してみてください!無理な挑戦はやめましょう。笑

 

DSC05457.JPG

 

 

このプラホックは様々な料理に使われるのですが、今回はゴハンのおかずにピッタリなプラホックの蒸し焼きを紹介したいと思います。

 

 

1、まずプラホックを包丁で叩きます。(300グラムで10人前)ひたすら叩きます。10分程叩いてミンチ状にした後は、塩と味の素(味の素はカンボジアで最もポピュラーな調味料)を目分量でまんべんなくまぶします。

 

DSC05477.JPG

 

ここまでしたら下ごしらえは完了。

 

 

この後は卵と(300グラムにつき5つ)あえて蒸し焼きに!

 

 

 

 

P9092807.JPG

 

 

蒸す時間は、大体10人前で30分程!このような形になったら出来上がりです!

 

 

ゴハンとの相性抜群!という事でこのメニューを10日の報告会&ツアー実施の際に作ってみたいと思います!ご期待下さい!

 

 

 

おわり(青木)

 

 

 

 

 

おわり(青木)

今日のクラウ村では!

 

村の人々に協力していただき

伝統料理「プラホック蒸し」  の作り方を教えてもらいました。

 プラホックとは、魚を塩漬けにし発酵させたもので

カンボジアでは欠かせない伝統的な調味料です。

 

 

明日のオリジナルツアーで

「村の人々と'一緒'にcooking!」 という企画を考えていて、

そのために実際に一度作ってみることにしました。  

 

まずは村の商店へ材料の買い出しをして   材料集め。

材料はすべて村でそろえる事ができます!

 

028 (3).JPG コミュニティーセンターに戻りいよいよ作業開始です! 

野菜を洗いしたごしらえをします。

20110904-2

 村では、火をおこす所から始まります。

20110904-3

手慣れた手つきで3キロの お米をとぐソチアちゃん。

 

20110904-5

こちらはプラホックに、にんにく、砂糖、味の素、

豚肉を混ぜて叩き、そのあと卵と合わせ、お鍋で蒸していきます。

 

052 (3).JPG  野菜の盛り付けも、

とってもきれいにできました。

プラホックは味が濃く、においも強烈なので、生野菜と一緒に食べます。

 日本人には少し馴染みのないものですが、なれると癖になります!

20110904-6

 こちらが蒸しあがったプラホックです!

080 (2).JPG

 大成功です!!

みんなでおいしくいただきました(^v^)!

 

 

098 (3).JPG そして午後はタイトルにもあります

「ツアーパズル」を行いました!

 

ツアーパズルは

村の人々や青年団の人々と'一緒'に観光について考えようという目的で行いました。

 

101 (3).JPG  

みんなで、「村のみどころワード!」を出し合って

タイムテーブルの中に組み込んでいきます。

そしてそれぞれが

ひとつのツアーをつくり発表しました。

105 (3).JPG  

118 (2).JPG  

村の遺跡への冒険、昼寝、バレーボール、ココナッツのジュース、

家庭訪問、水上小屋でのピクニック、、、、などなど

 

それぞれがクラウ村の良い所を改めて、考える時間でした。

 

 

そしてわれわれインターン生と、今日の村の人々と考えたツアーをミックスして

実際に明日、日本人のお客様を

このオリジナルツアーにご案内します。

 

 

明日のツアーではお客様から体験の後フィードバックで

良かった点、悪かった点、そして改善点をもらえるところまでできたらと思っています。

 

  どんな風にクラウ村の良さを伝えていけるか、まだまだ試行錯誤中ですが、

明日のツアーが楽しみです!!!!

   

 

ゆき

 

こんにちは!インターン生の青木です!

 

今日は9月10日のインターン成果報告会&村ツアーの準備で一日が終わりました。

 

 

何をしていたかというと、クラウ村の人々に10日に実施するツアーの内容や必要なものを伝え、足りないものの買い出しや報告会のプレゼンの準備をしていました!

 

 

 

今回のツアーには、自分たちで村の料理をつくるという内容が含まれている為に、料理の選択や食材集め、食器や炭などの準備が必要で大変で、てんやわんやしてました。笑

 

 

そして今このブログを書いている瞬間に気づいたのですが、写真をとる事をすっかり忘れてしまいました。汗

 

なんと数えたところ、今日一日で撮った写真は1枚でした。

 

 

その忙しい中で撮った写真がコレ。

 

 

DSC05463.JPG

 

 

サラン(専属トゥクトゥクドライバー)の家です。笑

※サランの詳しい情報はJSTオリジナルツアーのブログで紹介されているので是非ご覧ください!

 

 

サランはこの家に奥さんと子供2人と暮らしています。10日に使う炭がどうしても足りなかった為にサランに炭を譲ってもらう事になり、お家に呼んで頂きました。

 

サラン家では、ミカンをもらったりサランのダンスを見せてもらったりで楽しめました。多忙で緊張が張り詰めていた僕達にとって癒しの時間になりました。

 

サランはその事を察して陽気に振る舞ってくれたのかもしれませんね!

 

さて明日も10日の準備に追われる事になると思うのでこの辺で。。。

 

 

10日のインターン報告会&村ツアーの詳細は、後日ブログでアップするのでお楽しみに!

 

 

 

 

おわり(あおき)

 

 

 

 

こんにちは!インターンの青木です。今日は昨日食べた珍味を紹介したいと思います。

 

アンコールワットの近くの屋台で売っていて以前から気になっていたのですが勇気がなくて食べていなかった・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0806.JPG

カエルのから揚げです!!

カエルを食べたのは初めてでしたが鶏肉のようでおいしかったです。大丈夫な人にはお勧めです!

 

 

 

まだまだカンボジアには日本で食べる文化がないものがたくさんあるので、また挑戦したらブログにあげたいと思います。笑

 

 

 

 

おわり(青木)

こんにちは!インターン生の青木です!

 

今日はお昼に食べたカンボジアのおやつを紹介します。

 

 

 

IMG_0818.JPG

 

生搾りさとうきびジュースです!!

 

さとうきびにライム(これが良い酸味を生み出してくれます)を挟んで、機械で搾りまくります。笑

 

機械↓

 

IMG_0814.JPG

 

 

この新鮮なジュースにはまってしまいここ最近はお昼にこのジュースを飲みに行くのが日課になっています。笑

 

しかも値段は一杯20円。屋台がたくさんある所には大体売っているので、カンボジアに来た際は是非ご賞味あれ!(お腹が弱い方は自己責任で。。。)

 

 

 

おわり(あおき)

 

 

0905-2.jpgこんにちは、のんです!

今日はお休みをいただき、
各自好きなことをやってました。

わたしとゆきは、アンコールワットの朝日を見よう!と
朝5時に起きることを決意!
ドライバーのサランにお迎えを頼みました。


朝、5時10分にサランからのメールと
インターン生の国陶げんさんのノックで起きる2人。笑
準備もほどほどに、トゥクトゥクに乗って出発!

トゥクトゥク飛ばしてました。笑


0905.jpgアンコールワット外のお堀に移る木々!
このブルーがなんとも神秘的~。

大きな雲が気になりつつも、
朝日を一目見ようと待ちました。

待つこと1時間。
6時半になっても、雲は遺跡の上からどいてくれず、
お腹すいたし帰ろう!
ということで、朝日を諦め私たちはアンコールワットに背を向けました。。

そして遺跡敷地内のトイレに行き、
ベンチでちょっと休憩。

残念やったけど、そろそろ帰るか~
ってことで遺跡のほうに戻ると。


!!!!!


え、これ、朝日じゃない!?

0905-2.jpgてことで、困惑気味なわたしたちでしたが、
雲の上から朝日!見れました!
一応朝日ですよね??笑

一枚の布のような雲も、見方を変えればとっても神秘的です。
焦らしてくださいました、朝日inアンコールワット。



出だし好調なので、そのまま私たちはタプロムへ!
0905-3.jpg
0905-4.jpg
0905-5.jpg
0905-6.jpg
0905-7.jpg
木がわけわからんことになってます!
どうやったらこんなことになるんだろう!?
このタプロム遺跡、中が迷路みたいですごく楽しかったです!!

パワースポットは木を見ればわかる(by青木)らしいのですが
ここは間違いなく、パワーのみなぎってる場所です。

クラウ村にあるバンテアイ・トム遺跡をもっと大きくしたような感じでした。



このあとはいったんゲストハウスに戻り、
朝食をとり、
そしてサランおすすめのプノン・クーレン(クーレン山)へ!
シェムリアップからバイク走ること2時間。

この山はトゥクトゥクでは上がれないそうなので、
サランはわざわざトゥクトゥクをはずしてバイクで来てくれました。




お釈迦様のいる塔。
0905-9.jpgとっても神聖な場所で、この建物に入るときには、靴を必ず脱ぎます。
それも外の階段から。

この仏様、大きな岩山の先端を削って作られたもので、
岩山の先端を囲うように建物を作り、階段をつなげています。
発想がすごい。

カンボジア人の95パーセントは仏教徒なんだよ、と話してくれたサラン。
びっくり。
だからカンボジア人はあんなに穏やかで優しいんでしょうか?


そして、滝!
0905-8.jpgわたしたちもサロンを巻いて泳ぎました!
いちばん楽しそうにしていたのはサランでした。笑
天然のドクターフィッシュもいました!


遅めのお昼ご飯をゆっくり食べて、帰宅~~。


なんとも充実したお休みでした!
パワーを蓄えて、明日からまた頑張ります!

(のん)



おまけ
0905-10.jpgいやん、セクシー。



OFF

今日は昨日報告会だった事もあって丸一日OFFでした!

 

が、しかしOFFといっても報告会の反省と課題があるので僕はその準備の一日でした。笑

 

 

 

午前中に村に行き、僕はクラウ村のPV動画の素材を集めに、カメラ片手に村散策。

クラウ村の良さが伝わる写真をバシバシ撮って来ました!

 

DSC05516.JPG

 

ハート型の葉っぱ

 

DSC05523.JPG

水牛達

 

DSC05526.JPG

川で遊ぶ子供たち

 

 

今日撮った素敵な写真たちは僕の課題でもあるクラウ村紹介動画作りの素材になりました!

 

いつか皆さまにお披露目出来る事と思いますのでお楽しみに!!

 

そして午後は動画と10日に行ったツアーのまとめに集中。暗くなるまで頑張りました!

 

残されている日々を一生懸命過ごしていきたいと思います。

 

 

おわり(あおき)

 

 こんにちわ!!!!

 

4日は、いよいよ私達のツアーデビュー第一歩!!!

 

フォトジャーナリストの安田菜津紀さん御一行様のツアーに

ツアープランを組み入れていただきました。

 

 

20110904-3安田菜津紀さんは16歳のとき始めてカンボジアに来てから

その後フォトグラファーとして、フィリピンとカンボジアなどで活動し、

スタディーツアーを企画したり、

トークライブを開いたりと、

さまざまな活動をしていらっしゃいます。

 

そしてツイッターやフェイスブックなどから

スタディーツアーの参加者をつのっています。

 

 

実際に行った今回の内容は

 

村の紹介ムービーの視聴

手工芸品の見学、体験、

子供たちの雑炊会をしました。

 

 

村の紹介ムービーに

興味深々の子供たち!

いっぱい集まってきました!

 

20110904-2

手工芸品の見学では、村の少女たちが

お客様のまえで、ブレスレットを製作!

どんな風に作っているのか?

 

210.JPG 

リクエストに応えてオリジナルで名前をいれてくれました!!

 

 

215.JPG 

 

その後、フリースクールにきていた子供たちとの交流

雑炊会のお手伝いもしていただきました。

 

子供たちと並んで、

キラキラ笑顔いっぱいのご一行様でした!

 

それぞれの意見や質問をしてくださり

私達自身も刺激をもらうことができました。

 

 

 

その晩、安田さんからツアーのフィードバックをいただきました。

もっとツアー内容の説明(どうしてその内容にしたのか)

を具体的に説明することで、お客様も感じ方が変わるということ。

 

 

 私たちが今回のツアーで心がけていたことは

「村の人びとを交流してほしい!」ということでしたが

説明不足で、表面的でしか交流ができなかった部分がありました。

 

次の目標は

お客様と村人の距離を近づける内容と説明に

力を入れていきたいと思います!

 

 

 

お客様のフィードバックを元に

これからのツアー作りに生かして行きたいです。

 

安田さん、そしてツアー参加者のみなさん

本当に、ありがとうございました!!!

 

 

 

ユキ20110831-6

インターン休日を頂いたので今日はタプロム遺跡に行ってきました!

 

タプロム遺跡とはアンコールトム内にある遺跡群のひとつで、映画「トゥームレイダー」の撮影地としても有名な遺跡です。

 

 

ガジュマルという樹木が遺跡に絡みつく様はまさに圧巻で、自然の力強さを感じる事が出来ます。

 

 

P1050036.JPG

 

 

P1050040.JPG

 

 

1時間程しか滞在しませんでしたが、迫力満点でまた来たいと思わせてくれる遺跡でした。

 

これからも空いた時間があればせっかくシェムリアップにいるのでもっと遺跡に足を運んでみようと思います!

 

 

おわり(青木)

こんにちは。インターンの青木です。

 

 

9月3日の今日はいよいよ「JUJU」と「ASKA」による村のガイドマップの発表日でした!

前日に村にホームステイしていたインターン組はそのまま合流。笑

 

 

発表会場の学校につくと、会場はわくわくと緊張の雰囲気に包まれていました!

P1040060.JPG

発表直前の打ち合わせにも熱が入ります。

そしてとうとう発表の時間。ぼくはAグループだったので一番最初の発表。みんなとても自主性がある子だったので、はじまるまで心配していませんでしたがいざ始まるとこっちまで緊張してしまいました。

 

親心ってこんな感じなんですかね。笑

 

P1040061.JPG  

 

 

無事発表は終わり結果発表。賞はとれなかったけど皆よく頑張りました!

少しでも自分の村を紹介するという事で、今までにはない視点で自分の村を見てくれると思います!

 

 

 

 

結果発表も終わったところで、最後にみんなで記念撮影。

 

P1040063.JPG

達成感と満足感でいい笑顔です!

 

 

そしてこの後は子供たちと最後の交流をして、そのあと「JUJU」さんにもお別れをしてシェムリアップに帰って来ました!

 

コンポントムでの生活はとても刺激的でとても良い経験になりました。いままでクラウ村しか見ていなかった僕達にとって他の村をみるという事は、また新たな視点が持てるし、比較対象ができる事でクラウ村の良さもわかりとても有意義な4日間になりました!

 

これからの活動に生かしていきたいです!

 

 

そして明日は、フォトグラファーの安田なつきさんのツアーの一部をプロデュースさせて頂ける日なので明日も精いっぱい頑張ります!

 

おわり(青木)

シェムリアップを離れて3日目!

昨日各グループがそれぞれ村や遺跡で見たもの、感じたものを
ガイドコースにしていきます!

jujuのみなさんや私たちが言うまでもなく、
ASCAのみんなが、どんどん自分からマップを作っている様子は、
見ていてとても素敵でした。


20110902-1
20110902-2
20110902-3
模造紙に写真を貼り、カラフルに色づけをしていきます。

AチームからFチームまで、それぞれのメンバーの個性がつまったマップが出来ていきます。



面白かったのは、やっぱりどのチームにもそれぞれの役割を担う子がいること。
ある子は仕切るのが得意、ある子は絵を描くのが得意、ある子は文章を考えるのが得意。
そんな役割分担ができていて関心しました。

私たちが子供だったころ、先生はこんな風に私たちを見ていたのかな?



完成したマップは、明日の発表会にてベストを選出します!
お楽しみに!






さてさて、
jujuさんとASCAのみんなとの活動を終えたあと、
インターン生はサンボー村でホームステイをすることに!

20110902-4そのまんまの村の民家です。
20110902-5家の裏はこんなかんじ!

P9032474.JPG私たちを迎えてくれたお父さんとお母さん。
P9022460.JPG
お母さんが、夜ご飯を作ってくれました。
薪で焚いた火を使ってお米を炊き、野菜を炒めています。

日本じゃあまり見られない光景ですよね。


P9022471.JPGこんなにたくさん作っていただきました!

私たちはお母さんの作ったご飯の美味しさにただただ感動。


味付けもさながら、なんだか不思議とほっとする味。
そこらへんのレストランで食べるより、何倍も美味しいのです。
インターンの青木くんは、なんとご飯4杯をぺろっと食べていました!



お母さんは、
「日本で美味しいものを食べているみんなに、こんなものを振舞ってしまって恥ずかしい」
とおっしゃっていたのですが、
普段日本で、カンボジアの何倍ものお金を払って食べるレストランやコンビニのごはんよりも、
お母さんの作ってくれたごはんのほうが、ずっとずっと美味しかったです。


本当に不思議なのですが、
きっと自然の火で、かつ心を込めて作ったごはんって
すごく美味しくなるんですね。


あのごはんを食べに、またお邪魔したいくらい!



お父さんとお母さんはずっと私たちのことを気遣ってくださって、
クメール語があまりできない私たちに、身振り手振りでコミュニケーションをとってくださいました。

通じたときの感動は絶大!!!

お父さんお母さん、本当にありがとう!!!



クラウ村にもここサンボー村にも、あったかい心があります。
その心に触れられたら、きっともう一度来たい!と思えるはず。



クラウ村の心を感じてもらえるよう、
インターン生はがんばっていきますよ~!





おまけ
スッポンを素手でつかむお母さん。
P9022462.JPG


(のん)





こんにちは!インターン生の青木です。今日は夏の季節にピッタリなものを紹介したいと思います。

(日本は夏は終わっちゃいましたが、カンボジアはまだまだ暑いです!)

 

 

IMG_0415.JPG

 

皆大好きアンコールビールです!

 

 

このアンコールビールはとても飲みやすく、ビール嫌いの人もとても飲みやすい一品です。

(※ちなみに僕はちゃんと成人なのであしからず。笑)

 

 

街の中心のパブストリートでは一杯0.5ドル~1ドルで飲めるのでリーズナブルなので学生も安心。

 

P8201532.JPG

↑昼のパブストリート

 

 

とにかく飲みやすくておいしいのでカンボジアに来た際は是非どうぞ!!

 

 

おわり(青木)

 

こんにちは、インターンの國陶です。

今日からJu-JuさんのASCAツアーズ企画が始まりました。
(Ju-Juに関してはこちらをご覧ください。)

ASCAとは、サンボー・プレイ・クック(以下SPK)の近くにあるコンポンチューティアル高校の有志によって2005年に設立されたクラブです。
日本の学生との交流や、自分たちを取り巻く生活・環境を学ぶことを目的とし、活動しています。詳しくはこちらをご参照ください。

今回は、Ju-Juとともに、コンポンチューティアル村、サンボー村、そしてSPK遺跡を旅行客に紹介するツアープランを考える活動を行いました。


この日は、ツアーの中身となる、地域の魅力をASCAとJu-Juで探しに行きます。
JSTインターンもご一緒させてもらいました!

お昼から、コンポンチューティアル村で英語を教えているシン先生のお宅でミーティング。
DSCN0876.JPG
シン先生の生徒さんも集まったことにより、予想外の大人数となりました。

参加者をA~Fの6チームに分け、地域の魅力探しに出発です。

私が同行したBチームは、コンポンチューティアルの市場をメインに探し回ります。
市場内部は迷路のようでした。

DSCN0880.JPG
色々なものが売られています。

DSCN0883.JPG

ツアーのしめはアイスクリーム?

DSCN0885.JPG
さて、どんなツアーが出来るんでしょうか???

國陶