About JST
JST News!
TOP >> JST News!

11月27日(月)

 

今年、3回にわたる「子供たちのためのアンコール遺跡社会見学会」を御支援くださっている常滑ロータリークラブの皆さん12名が、

今日ははるばる日本からいらっしゃいました!

 

今日の遺跡見学会対象校は、ワットダムナッ小学校。

6年生63名と先生2名です。

 

日本の支援者が見学会を見学されるのははじめてのこと。

さて、どのような見学会になるでしょうか・・・・・。

 

101129_02.JPG 

まずは、バイヨン・インフォメーションセンターにて、常滑ロータリークラブの清水副会長からの御挨拶をいただきました。

実は、今回、常滑ロータリークラブの竹内会長が、御病気のため、急遽、御参加を見合わされたため、会長からのメッセージがまず読み上げられました。

会長からの熱い思いがじんと伝わって来る内容で、

生徒たちもちょっと緊張した面持ちでしたが、終始しっかりと聞いていました。

 

ロータリークラブの皆さんが、日本から運んでくださった、ノート500冊、鉛筆1500本の贈呈も行われました。

 

 

101129_03.JPG

そして、ワットダムナッ小学校の先生と、生徒代表からの、

常滑ロータリークラブの皆様へのお礼の言葉も述べられました。

 

101129.JPG

 

 

 

 

 

 

←全員での記念撮影!

 

 

 

 その後はいつもの見学会と同じ流れです。

 

生徒たちは2グループに別れ、バイヨン・インフォメーションセンタースタッフのソパリーとタウリーの説明を受けました。 

真剣に説明を聞き、ノートをとる生徒たちの姿は、将来のカンボジアの明るい未来を予感させてくれるようです!

101129_04.JPG

 

101129_05.JPG

 

 そして、バス3台に乗って、バイヨン寺院へ!

 

101129_06.JPG 

まずは、修復専門家のプロス氏から、修復工程などについての説明です。

写真奥は常滑ロータリークラブの皆さん。吉川舞が御説明させていただきました。

 

 

いよいよバイヨン南経蔵の修復現場へ!

 

 

101129_07.JPG

生徒たちは、初めて見る遺跡修復の現場に、興味津々。

専門家に対して、様々な質問を投げかけていました。

 

 

101129_09.jpg 

中には、「修復をしたら、本当にこれから500年以上も壊れないのですか?」と、ストレートな質問する子も!

 

101129_08.JPG

 

 

 

 

 

←常滑ロータリークラブの皆さん

 

 

 

 

あっという間に見学時間も過ぎ、生徒たちはバス3台に乗って遺跡を後にします。

一人だけ、車酔いしてしまった子がいて、

校長先生と一緒に、修復作業員のバイクに乗って、市内にある学校まで向かいました。

 

 

ワットダムナッ小学校では、生徒各自にお弁当とノート、鉛筆が配られ、

学校へは、子供向けの本が贈呈されました。

今回は、「千夜一夜物語(全9巻)」や「三国志(全5巻・カンボジア語漫画版)」など、

読み応えある本もたくさんありますよ!!

 

101129_10.JPG 

最後に、清水副会長と、小学校の先生とで記念撮影。

 

常滑ロータリークラブの皆さん、お疲れ様でした。

そして、ご支援、本当にありがとうございました!

 

この「子供たちのためのアンコール遺跡社会見学会」は、先生、生徒たちからとても喜ばれており、

一度行った学校からは、来年もぜひ!と大好評です。

私たちJSTのスタッフ、遺跡修復専門家も、子供たちの真剣なまなざしに接するたびに、

カンボジアの子供たちに、もっともっといろいろな機会を与えられれば・・・・・

という気持ちでいっぱいになります。

 

今後もこの試みが続きますように・・・・。

どうぞ皆さん、応援よろしくお願いします!

 

(よ)

 

 

 

 

 

 

 

 

ひきつづき、東日新聞に掲載された記事をご紹介します。

Tonichi Press 1.jpg 

JST代表のチア・ノルが、11月5日、愛知県の蒲郡中部中学校の全校生徒を対象に、祖国カンボジアを語ったときの記事が、蒲郡新聞に掲載されました。

Gamagori Press 1.jpg 

 

今日もひきつづき、11月5日に蒲郡中部中学校で行われたチア・ノルの講話会の、生徒からの感想文を紹介します。

 

 

蒲郡中部中学校3年 男子学生より

 

チア・ノルさんへ

今日のチアさんの講演会で、自分の生活、暮らしに感謝しなければいけないと思いました。

朝、昼、晩、普通にご飯が食べれていること、家族がいて支えてくれること、そんな日常のようなことが、チアさんの周り、カンボジアでは難しいことなんだなと思いました。

僕は講演会で、チアさんは強い人だと思いました。小さいころに父と兄を殺され、一人で日本に渡ることを決め、ひどいいじめにあったのにもかかわらず、必死に生きぬこうとしていたというのは、とても強いと思います。僕にはそんな決心できないと思います。

今でもカンボジアはたくさんの問題をかかえていると思います。

食べ物がなかったり、エイズの感染や地雷、遺跡の修復、そんなカンボジアを救おうとしているチアさんの活動はすごいと思いました。

これからも日本とカンボジアで活躍してください。

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

蒲郡中部中学校3年 男子生徒より

 

今日は貴重な時間をありがとうございました。

チア・ノルさんがこれまでとても苦労したことを聞いて、よくめげずにがんばっていたな、と思いました。

ぼくは、あまりカンボジアのことを知らず、アンコール・ワットも、名前は知っていたけれど、どのような遺跡かもあまり知りませんでした。

今日のチア・ノルさんの話で考え直そうと思ったことがあります。それは難民の方々です。よく、ユニセフ募金とかを見かけるといつも募金することはなかったけど、大切にしていこうと思いました。

今まで、「難民」と聞いてもいまいちピンとこなくて、「生活が大変な人たちかな」と思っていて、今回の話で現実を知り、しかも、チア・ノルさんは家族の父と兄を亡くしていて、生きる希望をなくすほどのことに直面し、それでも生き、アンコールワットの修復・保全活動をしていることをとても尊敬します。

今回の話は本当に大切にしたいと思います。

これからも祖国カンボジアでがんばってください。

 

 

 

 

蒲郡中部中学校3年 女子学生より

 

私は今日のチア・ノルさんの講演会で話を聞いて、日本という国はとても平和で幸せなんだなぁ、と思いました。そして、同じ地球に住む同じ人間なのに、私たちの知らないところで、こんなに辛い境遇の中で生活している人がたくさんいることに本当に驚きました。

世界中にはまだまだ平和でない国がたくさんあり、生活が貧しい人たちもたくさんいて、常に危険と隣りあわせだったり、子供なのに戦争に行かされてしまったり、こんなことが起こっているけれど、正直、今までの私だとどこか他人事のような感じで聞き過ごしてしまっていました。

でも、今日、実際にお話を聞いて、自分にできる事なら何かやりたい、と思いました。

世界平和というとても広いテーマで自分たちに何ができるか分らないけど、これは世界中の人々が真剣に向き合わなければならない事だと思います。

私は、日本で生まれたことを感謝しつつ、募金など小さな事でも協力して助けてあげたいです。

私たちに大切なことを教えていただき、ありがとうございました。

 

                                          (終)

 

蒲郡中部中学校の皆さんへ

 

今まで、昔のことを振り返って、大勢の人の前で話をする機会はほとんどなかったのですが、

今回、縁あって、蒲郡中部中学校の皆さんに私の体験を聞いていただけたことは、

自分にとっても、ひとつの区切りとなる出来事でした。

皆さんが真剣に私の話を聞いてくださり、理解してくださったことは、とてもうれしく思います。

"いじめ"も"戦争"も、皆さんのように、他人の身になって考えることができる人が増えてくれば、

きっとなくなると思います。

皆さんが世界の国々や人類の歴史にもっと目を向け、

同時に、自分のすぐ近くにいる隣人にも目を向けていくきっかけとなったならば、

これほどうれしいことはありません。

今回の講話会の機会を与えてくださった蒲郡中部中学校の先生方とNPO法人オアシスの皆さん、

たくさんの感想を書いてくださった生徒の皆さん、ありがとうございました。

 

チア・ノル

去る11月5日、JST代表のチア・ノルが、愛知県の蒲郡中部中学校で、

『祖国カンボジアを語る』と題した講話会を行いました。

  

スライドを交えて行ったチア・ノルの半生(ポル・ポト時代の戦争体験、難民として日本へ逃れた経緯、小学5年生からはじめた日本での学生時代、そして、祖国カンボジアでのアンコール遺跡修復チームの仕事と、JSTでの活動)についての話でしたが、

生徒358名の反響はかなり大きく、後日、感想文が送られてきましたので、ここで紹介したいと思います。

 

1.蒲郡中部中学校3年 女子生徒より

 

チア・ノルさんへ

つらい体験などを話していただいて、私は聞いていてとても悲しくなったし、いろいろなことを考えさせられました。

母国カンボジアのお話は、とにかくビックリさせられました。

そして、すごく衝撃を受けました。

今の私たちからはとうてい考えられないくらいひどいことが起きていて・・・・・。

自分たちが、今、とてつもなく平和に生きているんだと、改めて思い知ったと同時に、平和ってなによりも幸せなことなんだって感じました。

それに、身近なところで起きている問題として、中学校でのイジメのことがでてきて・・・・

チアさんが自殺しようとした・・・と聞いたときは、衝撃を受けたのと同時に、生きていてくれて良かったと思いました。

イジメはいつの時代にもあるんだっていうことを知ってかなしかったし、なくならないものなのかな・・・?って思いました。

今回の講演会でのお話で、たくさんの事を考えさせられました。

今回は、蒲郡中部中学校にわざわざ来ていただいて、ありがとうございました!

 

 

 

2.蒲郡中部中学校3年 男子生徒より

 

今日はカンボジアのことを教えていただき、ありがとうございました。

チアさんの話を聞いていると、とても悲しいことがわかりました。

チアさんの父・兄がとつぜん軍に連れ去られて殺されてしまったと聞いたので、自分の家族を亡くしたような悲しい気持ちになってきました。

昔のカンボジアでは、こんな悲しいことをやっているなんて、ひどいなあと思いました。

チアさんが日本にきてからいじめにあって、でも、そんなことに負けずにつらい日々を乗り越えてきたことはすごいと思いました。

チアさんのすごいことが、アンコール遺跡の修復・保全活動の一員として活躍されていることです。

アンコールワットは世界遺産ですが、この一員として活躍しているのはすごいなあと思いました。

これからも、カンボジアのことを日本に教えていってください。アンコール遺跡の修復などで、ケガをしないようにがんばって下さい。

今日は、カンボジアについてありがとうございました。

 

 

 

3.蒲郡中部中学校3年 女子生徒より

 

今回は、本当にありがとうございました。

私たちは、今まで何不自由なく暮らしてきました。でも今日のこの話を聞いて、私がこんなに幸せなんだっていうのを思い知らされたような気がします。

カンボジアでは、水や食べるものがないことはよくテレビを見て知っていましたが、今日のお話を聞いてとても勉強になりました。

日本の子供たちは、食べ物を平気で捨てる人が多いので、そういう子供たちにも、こういうお話を聞かせてあげたいと思いました。

今でも日本は、そういった国にいろいろと寄付をしていると思うんですけど、これからもそういったことをする機会があれば、していきたいと思いました。

カンボジアの子供たちには、おいしい水も飲ませてあげたいし、おいしいご飯も食べさせてあげたいと考えるようになってきました。

今日のこういった講演会ができて、本当によかったです。

 

                                        つづく

 

11月17日(水)

前回に引き続き、今回も愛知県の常滑ロータリークラブのご支援を受け、

第7回 子供たちのためのアンコール遺跡社会見学会」を行いました。

今回は、モクネアク小学校6年生108名、先生2名です。

 

モクネアク小学校は、シェムリアップ市内で2番目に人気のある公立小学校で、

6年生だけで6クラス300名以上在籍しているとのこと。

1クラス約50人なので、今回は2クラス分の生徒を対象に、

アンコール遺跡社会見学会を行うことになりました。

 

そして、今回は、日本人観光客のバイヨン・インフォメーションセンター見学予約が急遽入ったため、

時間を繰り上げて、朝7時に見学会開始となりました。

 

 

101117_01.JPG 101117_02.JPGバイヨン・インフォメーションセンターにて、石を動かす古代の"てこ"に興味を示す生徒たち。

こうやって、重い石を動かしていたのですね。

 

 

101117_10.JPG 101117_11.JPG遺跡修復現場にて、遺跡修復の専門家や作業員の説明を真剣に聞く生徒たち。

 

 

そして、今回は、特別に、バイヨン寺院内の彫刻説明も行いました。

 

かねがね、私は、アンコール遺跡はカンボジアの遺跡であるのに、

見学しているのは、ほとんどが外国人観光客であるいうことに、とても違和感を感じていました。

 

日本でいったら京都や奈良に匹敵する、カンボジアを代表する歴史的遺産であるのに、

当のカンボジア人がほとんどいないこと、

特に子供にいたっては、物売りの子供の姿くらいしか遺跡内で見ることができないのです。

 

その理由のひとつに、この国の小学校、中学校では、修学旅行はもちろん、

遠足や社会見学会がないことが挙げられます。

家族で遺跡見学に行くには、交通費が大きな負担になり、

(遺跡入場料は、カンボジア人は無料です)

また、生活に余裕のない農村地帯では、遺跡どころではないのが現状です。

さらに、一般のカンボジア人に、遺跡や歴史に対する正確な知識はほとんどありません。

 

そのようなカンボジアの状況を背景に、

私たちJSTでは、この、地元の小学6年生を対象にした

「アンコール遺跡社会見学会」プロジェクトを始めたのです。

 

 

101117_03.JPG 101117_04.JPGそして、今日は、カンボジアの子供たちが、

バイヨン寺院の歴史や宗教、彫刻に刻まれた物語について、実に真剣に見、説明を聞く姿が見られました。

 

 

101117_06.JPG 101117_08.JPG観光客の方々からも、たくさんの応援をいただきました!

 

 

101117_05.JPG 101117_07.JPG元気に見学するカンボジアの子供たちの姿に、

当のバイヨン寺院が、いつも以上にあたたかく迎えてくれているように見えたのは

私だけでしょうか・・・・。

 

 

遺跡見学終了後は、学校に戻って、1人1人にお弁当を配りました。

 

101117_09.JPG

 

皆、満面の笑顔でお弁当を受け取り、さっそく教室で食べ始めます。

お弁当、おいしかったかな?

 

 

今回の社会見学会を御支援くださった、常滑ロータリークラブの皆さん、ありがとうございました!

 

(よ)

10月19日、愛知県の常滑ロータリークラブのご支援を受け、

第6回 子供たちのためのアンコール遺跡社会見学会」が行われました。

今回の対象校は、シェムリアップ州教師養成学校付属小学校

6年生73名と先生3名が参加しました。

 

見学会の内容は、まず、バイヨン・インフォメーションセンターでのアンコールの歴史説明。

その後、バイヨン遺跡修復現場にバスで移動し、修復専門家による修復作業説明と修復現場の見学です。

最後に、参加した生徒にお弁当をひとつずつ配り、社会や歴史に関する書籍を学校に寄付しました。

 

 

 

101119.JPG 101119_02.JPG バイヨン・インフォメーションセンターにて、懸命にメモをとる子供たち。

(写真左の一番右に半分写っているのが、今回、感想文↓を書いてくれたソケインさん)

 

101119_03.JPG

 

 

 

 

 

←バイヨン遺跡修復現場前で、遺跡修復の専門家の話を聞く子供たち。

 

 

 

101119_04.JPG 101119_05.JPG 101119_06.JPG 101119_07.JPG版築土を着き固める作業では、"ぞうの足"と呼ばれる棒で、実際に作業を体験してみる生徒も。 

 

 

101119_08.JPG 101119_09.JPG 最後に、修復専門家に教えてもらったことをおさらいしてみました。

 

 

 

**************************************

 

今回は、2ヶ月前からJSTスタッフ見習いとなったソケインさんに見学会に参加してもらい、日本語で感想文を書いてもらいましたので紹介します。

 

「子供たちのための社会見学会に参加して」   ソケイン

 

私は、仕事の経験がぜんぜんなかったので、小出さんとノールさんは、小学生たちといっしょに、私をバイヨン・インフォメーションセンターとバイヨン遺跡へ連れて行きました。

私も行けてうれしかったですが、何も分らなかったので、心配でした。

しかし、バイヨン・インフォメーションセンターに着いて、いろいろなことを見て、好きになって、そういう仕事をもっとしたいと思いました。カンボジアの遺跡の歴史がよく分ったら、外国人や、分らないカンボジア人も案内してあげたいからです。とくに、若い学生たちにわかってほしいです。

バイヨン・インフォメーションセンターの見学が終わって、バイヨン遺跡に行きました。

私は、遺跡を発掘する作業は見たことがないけれど、こわれた遺跡を直すのを見て、とてもたいへんだと思いました。そして、わかい人に遺跡の大切さをわかってもらい、大切にしてほしいと思いました。

もし遺跡をきれいにすれば、多くの外国人が来るため、町に仕事がいっぱいでき、仕事がない人は減ると思います。

バイヨン・インフォメーションセンターとバイヨン遺跡へ行けたことは、とてもよいチャンスでした。なぜなら、ビデオ上映を見ることができるし、バイヨン遺跡修復現場を見ることができるからです。

学生たちは、説明を聞きながらメモを書いていました。

私はそれを見て、うれしく思いました。

そして、私も、自分の仕事をがんばって働いて、もっと勉強したいです。

学生たちと見学会に参加させてくださり、ありがとうございました。