About JST
JST News!
TOP >> JST News!

 JICA青年海外協力隊員としてシェムリアップ小学校教諭養成校で理科の授業を担当している小八重です。

 今回、未来の小学校教師となる学生たちが、アンコール遺跡の修復について学び、現場を見学する機会をいただきました。この社会見学会は、東京新橋ロータリークラブと東京レインボーロータリークラブからの寄付金によって実現しました。 


 生徒は、遺跡修復現場への見学会を楽しみにしている様子...。数日前から「ニャックルー、タウ チアムオイ クニア テー?(せんせい、一緒に行きますか?)」と、ニコニコ声をかけてくれます。そして当日は約70名の生徒と10名の引率の先生が参加。先生たちもわくわくしている様に見えました。

 

 まず、バイヨン・インフォメーション・センターにて、DVDや展示の説明から遺跡や修復について学びます。生徒は真剣な表情で一生懸命にメモを取っていました。遺跡の修復には様々な国の人が関わり、様々な分野の知識や技術が必要だということが展示や説明からわかりました。

真剣な表情のサムネール画像

   真剣な表情で説明を聞いています


2010.10.29.02.jpg

      メモもしっかりと!

 

 センターにある石を運ぶ道具の展示を触って生徒たちはびっくり!そう、これが理科の教科書にのっているテコですよ!と私も興奮してしましました。先生方も興味津々、みんなで実際に簡単に石が持ち上がることを体験することができました。遺跡の修復には、力学地学や生物学など様々な理科の要素が必要なことに気がついた様子です。

2010.10.29.jpg

  遺跡に開いている穴の不思議が解けました


 そしていよいよ修復現場へ!現場を取り仕切っているカンボジア人スタッフの話を真剣に聞きます。普段立ち入ることのできない修復の現場へ足を踏み入れ、生徒だけではなく先生方も興奮している様子です。


2010.10.29.04.jpg


2010.10.29.05.jpg

    普段は入ることのない場所で見学

 

 こんなに近くで実際の修復作業を見学できるなんて...と同行させていただいた私が一番興奮していたかもしれません。生徒はじーっと修復作業を見ています。緻密な作業の様子から、修復にかかる時間や労力が相当なものだと感じました。


2010.10.29.06.jpg

 

 JST代表のチア・ノル氏から学校へ、「バイヨン・インフォメーション・センターの本」が寄贈され、生徒代表からは、「普段から身近にある遺跡だが、今まで以上に素晴らしさと大切さを再確認しました。普段見ることのできない修復現場を見せてくれて、ありがとうございました。勉強になりました。」とお礼の言葉がありました。


2010.10.29.07.jpg

     本とお弁当をいただきました!


 未来の先生になる学生たちが、この国の財産であるアンコール遺跡群の素晴らしさと貴重さを理解し、将来、彼らの生徒にしっかりと伝えていくことのできる先生になって欲しいと心から願っています。

 また、このような機会をいただけたことに感謝しています。ありがとうございました。





10月14日

昨年度、シェムリアップ州教師養成学校内に、NPOオアシスの支援で、あいちモリコロ基金を申請し、苗育センターを建設しました。

 

オアシスの皆さんが日本に帰国される今日、その建物に取り付ける看板が出来上がり、

さっそく設置しました!

 

 

101014_11.JPG 

看板が付いた苗木小屋の前で、オアシスの渡辺さんと坂出さん、そしてJSTのチアとの記念撮影。

 

 

101014_14.JPG 

 

看板には、あいちモリコロ基金のモリゾー&キッコロのマーク、そしてJSTの牛車のマークも入っています。

そして、このセンターの名前はOASIS(オアシス)です!!

 

 

101014_13.JPG 

 

この苗育センターは、学校敷地内の巨大運動場の隅に位置するため、

学生たちの格好の休息の場やサッカー観戦の場となっているそうですが、

今日行ったときはお昼時。学生たちが仲良くお弁当を分け合って食べていました!

 

(よ)

 

10月14日

 

アンコールクラウ小学校に、2教室の新校舎が完成しました!

この校舎は、NPOオアシスが国際ボランティア貯金の基金を受諾し、JSTが現地協力団体となって建設されたものです。

 

 

101014.JPG 

 

今日は除幕式。

午前の部の全生徒と先生が集まり、簡単なセレモニーを行いました。

カンボジア流に、最初はお坊さんの読経です。

 

 

101014_02.JPG

 

校長先生のお礼の言葉、NPO法人渡辺さんからの挨拶の言葉と続き、

最後に赤い布を使ってテープカット。

 

50cmほどもある布だったので、校長先生、NPOオアシスの方々、先生方のはさみ入れが終わった後、生徒たちにも少しずつカットしてもらうことになりました。

 

「私もやりたい!」「僕も!」と、みんなテープカットを体験したくて、押し合いへし合い・・・・・。

(この子たちは、斧で木を削る経験はあっても、はさみを使うのは初めてだったりするのです!!)

 

写真係の私も、生徒たちに押されて、カメラのファインダーを覗くことができないほど。

 

 

101014_03.JPG

 

うまく撮ることができませんでしたが、雰囲気だけでもわかればと思います。

 

 

101014_04.JPG

 

 

 

 

 

 

←最後に、先生方とオアシスの皆さんとで記念撮影です。

 

 

 

 

 

クラウ村の村長やまとめ役からは、この新教室に対して、次のようなメッセージが寄せられました。

 

『私の世代は村に学校の校舎がなく、勉強ができない子供が多くいました。

現在、次世代の子供たちがアンコールクラウ村で勉強できるのは、日本人の方々の支援のおかげです。

今回、新2教室ができ、より多くの子供たちが勉強できる機会が与えられました。

ですので、村の子供たちは、私たちのように、無学、無知にならないことでしょう。

沢山の子供がこの学校で勉強をし、将来、立派な大人になってくれることを願っています。

教員一同、村人一同、日本の皆様に心から感謝申し上げます』

 

***********************************

 

私もこの国に住んで10年。

政治汚職や貧困格差など、この国の問題を少しでもよい方向に導く唯一の鍵は、

将来を担う子供たちの教育こそにあるということをますます感じる日々でもあります。

いえ、そこにしかない、と言い切っても過言でないほどです。

 

とはいっても、今、この国が教育にかけられる予算や力はほんとうに微々たるもの。

 

そんな状況だからこそ、一般の(日本人の)方々のご支援や心遣いが、

このように、

この国では何十倍、何百倍もの力となって生きていることを実感するのです。

 

 

(よ)

 

 

 

 

10月11日(月)

 

NPOオアシスによるマジックショー。

今日は、シェムリアップ州教師養成学校で行われました。

ここは、小学校教師になるための養成校で、現在のところ、中学、高校の卒業資格があれば誰でも受験することができます。

ただし、授業料無償のため倍率は高く、毎年約10倍になるとのことです。

また、隣接して、付属小学校と幼稚園があり、一般学生の他、盲学生や聾学生も受け入れています。

 

午前9時。

開演30分前にはすでに全校生徒が校内の集会施設に集まり、下は4歳から20歳の学生まで、溢れんばかりの子供でいっぱいでした。

これでは観客が多すぎて、後ろの方はマジックを楽しむことができないと、急遽、小学生以下と教師養成学校生の2グループに分けて行うことになりました。

 

 

101011.jpg 101011_02.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NPOオアシスのマジック公演には、私はおととしから同行させていただいているので、今は、マジックそのものを見る以上に、子供たちの表情を楽しんでいます。

 

今日の表情豊かイチオシ君はこの子です!

 

 

101011_03.jpg101011_04.jpg 101011_05.jpg

 

   

101011_06.jpg

 

 

101011_07.JPG 

 

 

 

 

 

幼稚園生、小学生の後で行われた、教師養成学校生も大いに盛り上がりました。

 

101011_08.JPG

 

101011_09.JPG

 

オアシスの皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

(よ)

皆様、お久しぶりです。
元インターン生の平田です。
3週間ほど前に無事インターンを終え、日本に帰国しました。
はやく最後の日記を書かなくては・・・
と思っていたのですが、ばたばたしていて遅くなってしまいました。
申し訳ありません。お待たせいたしました。

今日は最終日の成果発表会の様子を書きたいと思います!

発表会には、オフィスの方々に加え、クラウ村青年団の皆さんも来てくださいました。
予想外の人数の多さに、ド緊張の私。

IMG_2161.JPG
チア代表に通訳をしていただきながら、
この一ヶ月間で調査したこと、気づいたことを自分なりにまとめ、発表させていただきました。

ブログでも書いてきたように、今回の調査は大きく二段階に分けられます。
第一段階調査では、村の職業の全体像を把握するため、53家族にアンケート調査を行いました。
ここでわかったことは以下のとおり。

・村の家族の約6割が農業を行っている。
・ただし、水田面積の狭さと収穫量の少なさから、
 農業のみで生計を立てることができる家族は皆無であり、
 皆その他の(現金収入を得られる)職業と両立している。
・APSARA作業員として働いている人が最も多く、
 遺跡修復作業員、土産物販売、村の自営店と続く。
 →村の家族のうち約7割が、遺跡関連の仕事によって収入を得ている!

第二段階調査では、遺跡修復作業員を中心に対象を絞り、ディープインタビューを行いました。
(具体的には、遺跡修復作業員6名、APSARA作業員2名、建設作業員2)
ここで気づいたこと・感じたことは以下のとおり。

・遺跡修復作業員は、高収入であり、
 仕事場が村に近く、終業時間が早いことから農業との両立が比較的容易である。
 →村では人気の職業
・ただしプロジェクトが終了すると職を失う可能性がある。
・遺跡修復作業員は、自らの仕事に対して
 「次世代に美しい建物を受け継いでいくことが出来る」
 「世界に人々に寺院を見せることが出来る」
 といった自分なりの明確なやりがいを持っている。
 →これは他の職業には見られなかった語りである!

・しかし自分の子供たちに、こうしたやりがいや具体的な仕事内容を
 話したり、伝えたりする機会は皆無。
・また学習意欲はあるにもかかわらず、遺跡に関する歴史等の知識は持っていない。

今回の調査で、私は遺跡が村の人々の生活に欠かせない場となっている一方、必ずしも彼らがその保存の重要性や歴史的価値について深く考える機会をもっていない(また、その余裕がない)ということを痛感しました。
村の一員であり、村のほかの人々にとっても身近な存在である遺跡修復作業員が、自分達が修復する遺跡に対する理解を深め、そのやりがいや仕事内容を伝えていく機会を設けることができれば、村全体の意識向上の一つのきっかけになるのではないかな・・・と考えたりしています。

偶然JSTのホームページを発見したことからはじまった今回のインターンですが、
受け入れてくださったJSTの皆様、
オフィスの皆様、
通訳をしてくださったソピー先生、チァット先生をはじめとするクラウ村の皆様、
インターン中でお会いした全ての皆様に感謝の気持ちで一杯です。
この経験を無駄にしないように、これからも自分なりの文化財とのかかわり方を模索していきたいと思います。

本当に本当にありがとうございました!

ひらた


10月5日(火)

 

NPOオアシスの皆さんは、今月、シェムリアップ滞在2週間の間に、子供施設6箇所での手品公演を予定しています。

 

今日は、トンレサップ湖に近い村に、今年できたばかりの幼稚園での公演です。

実は、この幼稚園の正式オープンは今月18日。

周辺地域に住む子供たちに呼びかけて、特別に集まってもらいました。

 

 

101005.JPG 

 

さあ、マジックショーのはじまり、はじまり・・・・!!!

 

 

101005_02.JPG

 

 

 

101005_03.JPG   101005_04.JPG 

  

101005_06.JPG

101005_05.JPG

 

 

 

 

 

 

 

101005_07.JPG

 

子供たちも参加しながらのマジックショー。

楽しく、驚きでいっぱいのひとときを過ごしました。

こんな小さな子供から、私たち大人まで楽しめるマジックって、すばらしいですね!!

 

(よ)

10月4日(月)

 

前回のブログでご紹介したように、NPOオアシスの渡辺さんがアンコールクラウ小学校の3年生と5年生を対象に環境ワークショップを行っている間、

別の教室では、先生を対象に、算数の図形の授業が行われていました。

 

 

101004_10.JPG

 

講師はNPOオアシスの足立先生。

長年、愛知県の小学校や中学校で教鞭をとられ、教頭や校長を勤められた後、現在は、愛知教育大学で教育概論の講師をされています。

 

 

101004_11.JPG 

 

今日の算数の授業には、アンコールクラウ小学校の先生14名のうち、9名が参加しました。

 

 

101004_12.JPG 

 

クラウ小学校の校長先生(手前)も参加されています。

 

 

101004_13.JPG

 

そして、通訳はJSTスタッフのタウリー。

 

 

101004_14.JPG

 

内容は、角度の求め方、分度器を使って角度を等しく分ける方法など・・・・。

図形問題の基本中の基本ばかりでしたが、講義を聞き、問題を解く先生方の表情をみると、カンボジアの先生にとってはちょっと手ごわい問題のようです。

 

実は、この日、アンコールクラウ小学校へ到着するまでの道中、通訳として同行したJSTカンボジア人スタッフ2人に、「三角形の内角の和」と「四角形の内角の和」はそれぞれいくつになるか質問したところ、直ちに答えられなかったので、驚いたばかりでした。

答えを言うと、「学校で習ったことがありますが、忘れていました。」とのこと。

 

カンボジアの小学校の教育レベルからすると、今回の足立先生がされたような講義は、とても貴重で、有意義なものだということがわかります。

 

 

101004_15.jpg

 

足立先生には、教師用の大きな分度器やコンパス、三角定規などを寄付していただきました。

生徒用の文房具などもたくさんいただきました。

 

 

101004_16.JPG 

 

NPOオアシスの皆さん、ありがとうございました!

 

(よ)

 

 

 

 

 

 

10月4日(月)

 

今日は、NPOオアシスの渡辺さんによる環境ワークショップが、アンコールクラウ小学校で行われました。

 

101004_02.JPG

この教室(↑)は、NPOオアシスの支援で、国際ゆうちょ基金を受けて、今年、建てられたばかりです。

3年生が集まっていました。

 

まずは、オリジナル環境絵本『森はともだち』を生徒に1冊ずつ配ります。

そして、さっそく、「最初のページを読んでみてください!」と渡辺さんがクラスの中で一番背の高い女の子を指名したのですが・・・・・・・?

 

なんと、「私は字が読めません!」との返答。

彼女は最近、さらに田舎のエリアから越してきたばかりで、今まで学校へほとんど行っていなかったそう。

 

 

101004.JPG

 

いきなりノックアウトを食らったような展開となってしまいましたが、渡辺さん、気を取り直して、もう一度。

「最初のページを読むことができる人!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

みんな、あんまり字が読めないのかな・・・・?

でも、一番前の席の男の子が、手を挙げて出てきてくれたので、少しほっとしました。

とはいえ、ちょっと頼りなさげ。

 

 

101004_03.JPG

 

先月からJSTのスタッフ見習いとして仕事を始めた、ソケンさんがフォローしながら読み進めていきます。

ソケンさん、"頼りになるお姉さん"って感じで、とってもよかったですよ!

 

 

********************************* 

 

小学3年生の後は、小学5年生に教室に入ってもらい、もう一度、『森はともだち』を使った環境ワークショップを行いました。

 

101004_04.JPG

 

今度は、生徒全員で、声を揃えて読むことができました。

本を読む姿勢からして、3年生と全然違いますね!

 

101004_05.JPG

 

渡辺さんの質問にも手を挙げて、はきはきと答えていきます。

(窓の外に見えるのは、別の学年の子供たち。みんな、「何をやっているのだろう」と、教室の廊下から覗いているのです)

 

***********************************

 

 

101004_06.jpg

 

環境ワークショップが終わった後は、渡辺さんはMAXワタナベに大変身!

マジックショーが始まりました。

 

満面の笑顔、驚きの表情!

・・・・・教室中が大いに盛り上がりました。

 

MAXワタナベさん、ありがとうございます!

 

(よ)

 

 

 

101004_07.JPG 

101004_08.JPG 101004_09.JPG 

 

NPO法人 オアシスの皆さんが、今年もアンコールクラウ村コミュニティセンターへやってきました!

 

101003_02.jpg

 

興味津々、続々と集ってくる子供たち。

言葉は通じないけれど、手品を通して、あっという間に友達を作ってしまうMAX渡辺さんです。

 

 

101003.JPG

 

不思議な不思議な紐のマジックも披露されました。

 

 

101003_03.jpg

 

マジックおじさん、来年も来てね!!!

 

昨年の公演の様子は、JSTブログのこちら(2009年5月23日)をご覧ください(↓)

 http://www.jst-cambodia.net/jstnews/2009/05

 

 

(よ)

10月2日(土)

 

隔週土曜日にアンコールクラウ村コミュニティセンターで行われている、村の子供たちのための小さな美術スクール。

久しぶりに見学してきました!

 

ちょうどこの日は、今までに描いた絵の総括発表日。

笠原先生が1枚1枚の絵についてコメントし、通訳のヒーアさんがカンボジア語で子供たちに説明をしていました。

 

壁に貼られた子供たちの絵は・・・・・

 

 

101002.jpg 

自由な発想と勢いのある筆致、豊かな色使いで溢れていました!

1年前よりも密度が濃く、画用紙から今にも飛び出しそう!!

子供たちの成長ぶりがうかがえました。

 

笠原先生が主宰されている「小さな美術スクール」の子供たちの作品は、

アートコーディネーターの坂田優子さんが、下記ホームページで常時紹介しています。

こちらもぜひご覧ください!

 

www.smallartschool.org

 

(よ)