About JST
JST News!
TOP >> JST News!

バイヨン・インフォメーション・センターのもう一人のスタッフ。年長のウォーリャッは、社会見学会を同じように楽しみつつ、同時に少し違う視点でこの見学会を見ていました。

それは、チェイ小学校の生徒たちから感想文が届いたときのこと。

生徒からの感想文のひとつひとつを日本語に訳してね。と頼んだ日の午後。

翻訳を担当していたウォーリャッから渡されたのはA41枚だけ。

「これだけ?」と聞くと、「この文章、先生の分も学生の分も、ほとんど内容が同じです・・・。」との返答。

 

カンボジアの学校では、「先生が絶対に正しくて、偉い」という根強い考え方があります。

おそらく、今回感想文を書くときに、先生が「先生はこういう感想文を書いたよ」と見本を示したのではないでしょうか。そのため、子供たちは「これがいい作文なんだ」と、それに倣って書いたのだと思われます。

 

ちょうどこの感想文が届く数日前に、「日本語を教える人のための作文講習会」に参加していたウォーリャッとソパリー。特に、2年間日本語学校で日本語を勉強し、日本語スピーチコンテストでの優勝歴も持つウォーリャッは、自分の経験から照らしても、ちょっとした違和感を感じたようです。

「日本の作文のやり方と、カンボジアの作文のやり方は違いますね・・・。カンボジアはまだまだです。」とため息をつく姿をみて、ちょっと思い立ち、「何か違う、という感覚を作文にしてみたら?」と課題を出しました。今日は、その結果出てきた文章をご紹介します。

 

☆☆☆チェイ小学校の学生の感想文について☆☆☆

『来てよかった!』というような表現が感想文で見えました。私、自分の学生だった時代の気持ちで考えたら、学校での授業だけはなんとなく勉強した内容にあまり気が付かなくて、よく分からないと感じました。日本のことわざに例えますと『百聞は一見にしかず』です。皆の感想文によりますと、説明した内容をよく理解してくれたことを感じました。子供だから黙って、熱心にやらせるよりも楽しみながらやってもらった方が効果的でいいと思います。今回の社会見学会のように子供が見たことがないことを見せたり、触らせたりして、学校と全然違う雰囲気、本当の人間の社会になじませることはこれから他の学校の学生にもやってほしいです。

 『感動して泣きたいほどだ!』、『先生、これが最後のチャンスだろう!』という声が皆が書いた文章からなんとなく聞こえてきているような気がします。文章にはその時の子供の気持ちや感じた事の文が書いていなくてもクメール人同士の私は行間まで読むことができました。外国人には伝わりにくいなあと思いますが、なぜかというと私も実際に田舎の学生の世代を体験したからです。それで、ぶんしょうで子供が感じたことや表現したい気持ちを理解できるのです。

 そのために今回の子供たちが書いた感想文はせっかく日本人のような世界の人々に読んでもらうので、もう少しかわいらしい子供の自己表現の作文の方がいいと思います。内容的には皆の書いた文章でいいですが、一つ一つ読んでいくとそれぞれの人のものなのに、形や言葉使いなど同じように見えるので、やっぱり決まった形の文章のとおりに書いた作文だなあと感じてしまいました。それは先生方は完璧な作文を子供に書いてほしいからと思って、かえって作文が面白くなくなりました。なぜかというと本当の子供の伝えたい気持ちが何か足りないからです。

 そういうわけで 子供達に自分の好きな構成、スタイル、形、言葉などで書かせた方が

面白いのではないかと思います。しかし、感想文がこう言った欠点があるといっても、ほとんどの学生がちゃんと説明を聞いてくれて、とても嬉しいです。そして授業として教室の中だけではなく色々なことを子供に体験させることは最高な勉強だと感じ始めました。井の中の蛙のように社会のことをあまり知らないかわいそうなカンボジアの子供のためにたくさんチャンスを作ってあげたいなあと思います。

 

                               オン・ウォーリャッ

 

☆☆☆☆☆

 

091229-1.jpg作文を作ってみたら?と勧めた当初、ウォーリャッは「チェイ小学校の先生が見たら、気を悪くするかもしれない」と心配していました。しかし、大切なのは自分で気づいたことを、自分の言葉で表現すること。と伝えると気が楽になったようです。

伝統と年長者と、蓄えられた知識を重んじるカンボジアの気風は大切にしながらも、その中にキラリとひかる個性や、新しい風を吹き込んでいく。先日紹介したチャム・ランくんの感想文は、ほかの人とは違う面白い文章がありました、とウォーリャッが選んでくれたものです。

 

都市部の周辺では、比較的教育環境が安定してきた今、カンボジアの教育にも新しい局面が求められています。JSTの社会見学会が、子供たちにとって新たな扉を開くきっかけの体験となるように、今後も継続的に実施していきたいと思っています。

 

091229-2.jpg

今回の社会見学会は、紀南ユネスコ協会様からのご支援によって実現しました。ご支援いただいた皆様、どうもありがとうございます。

今後もこういった子供たちに遺跡に触れる機会を提供していきたいと思っています。

(ま)

 

 

 

 

 

先日はチェイ小学校、社会見学会の子供たちからの感想をご紹介しました。社会見学会を通して、子供たちはそれぞれ、新しい情報に驚き、遺跡について間近で学ぶ機会に感動する様子が伝わってきましたが、同時に、案内を担当したJSTのカンボジア人スタッフにも、それぞれ思うところがあったようです。

 

今回はまず、バイヨン・インフォメーション・センターを案内したソパリーが社会見学会の報告として書いた文章を紹介します。2009年7月から新たにJSTの仲間入りをしたソパリー。スタッフの中でも最年少で、未だに10代のような陽気さを持っている彼女は、この日何をどう感じたのでしょうか。

 

<今回の社会見学会の感想>

2009年11月19日(木)にチェイ小学校の小学生60名と先生方3名が社会見学としてバイヨン・インフォメーション・センターにお越しになりました。アンコール王朝の発展歴史や日本国政府やアメリカやフランスチームなど、様々な国際チームによって行われているアンコール遺跡の研究、保存、修復、に関してセンターのガイドとして案内しました。

説明が終わってから、子供たちはよく勉強したと感じました。特に、皆さんが一生懸命聞いたり、メモしたり、質問したりという活動が見えたのは案内役として感動しました。

子供たちにかんたんな内容やふくざつでない言葉を紹介しただけでなく、ジャヤバルマン7世やバイヨン寺院に関する映像も見せ、ぜんぶわからなくても半分くらい理解できたような気がしました。皆さんに提供した知識は適切に受け入れられて本当にいい勉強になったと感じました。

クメール人の原点や遺跡を建立したとくしゅな技術や信仰などを少しずつ分かってもらえました。

私たちはカンボジアに生まれたカンボジア人としてその修復技術をほこりにしています。それで国がだんだん発展していくように頑張ろうと思っています。カンボジアに住んでいる若い人でも年配の人でも独自の文化、文明、歴史、自分の原点、世界遺産という国の宝物をよく理解することがとても大切だと思います。

カンボジアは小さくて発展途上国ですが、世界中の人々に知ってもらいたいです。

今後、社会見学があったら今回のように計画を立てればいいのではないかと思います。若い人に知識やいろいろなニュースを伝えるようにできるだけ毎月1回行って、もっと長い時間で行えるようになったら良いと思います。

                                               ソパリー

091228-1.jpg 

 

 

 まだ若く、子供たちに一番近い視点でこの見学会を見ていたソパリー。

最後の「カンボジアは小さくて発展途上国ですが、世界中の人々に知ってもらいたい」という文章に、一番小柄だけれど、日頃から人一倍明るく、日本語の足りない点も失敗も、笑って陽気に越えていくソパリーらしさが表れているようです。

また、ソパリー自身もコンポンチャム州という、どちらかというと田舎の出身です。だからこそ、自分がこれまでセンターで勉強してきた知識を子供たちに伝えていくという仕事に大きな意味を感じたのではないでしょうか。

 

091228-2.jpg 

ソパリー自身もまだまだ発展途上。いずれはこういった見学会や新たな企画の運営をソパリーたち、インフォメーションセンターのスタッフが自分たちでできるようになれば、より多く子供たちに伝えていく機会が生まれるのではないかと期待を持っています。

 

(ま)

 

11月19日に実施した、最初のJST主催社会見学会(JSTブログ「カンボジアの子どもたちの社会見学、始めました!」参照)に参加したチェイ小学校の6年生たちから感想文が届きました。先生と生徒たちから届けられた感想文には、この社会見学で学んだ歴史や遺跡にまつわる事実や、修復チームへの感謝の言葉が、びっしりと細かい文字で書かれていました。

 

今日はその中でも、特に個性的だったチョムラン君の感想文をご紹介します。バイヨン・インフォメーション・センターのスタッフであるVoleakがクメール語から日本語に訳してくれました。

 

☆☆☆☆今回の社会見学の感想☆☆☆☆

 2009年11月19日に、チア・ノル氏のもと、社会見学として『A』グループの学生や先生方とバイヨン・インフォメーション・センターや修復現場やバイヨン寺院を見学させてもらいました。

 私たちはチア・ノル氏にセンターについて紹介してもらいました。最初に、ジャヤバルマン7世とバイヨン寺院についてまとめたDVDを見ました。印象に残って、本当によかったと思います。それを見られるのは私の人生の中で最後のチャンスかも知れない、と思います。「あっ!バイヨン寺院てこういうものなんだ!先生、また行けるかなぁ・・・。あるいは、今回が最初で最後になるんだろうか・・・。」

勉強のチャンスができて、本当に泣きたいほど感動しました。私の最後のチャンスだと思うからです。

 それから、それぞれの古い時代について説明してくれました。フナンと真臘という古い時代があります。私はまだ生まれていなかったけど、11月19日の勉強会のおかげで、「これがジャヤバルマン7世だよ。」ということがわかりました。そして、アンコールの歴史も教えてくれました。アンコール・トムの南大門とか、尊顔が173面も残っているということなどを説明してくれました。

 アンコール時代って、私の祖父、父、母でもまだ生まれていなかったけど、両親がきいたことを少ししか教えてくれなかったのです。でもバイヨン・インフォメーション・センターで聞いた内容と合わせて、なんとかわかるようになりました。だから、この勉強会を1日中にのばしてほしいなぁと思います。

 その後5枚の絵をくれました。さらに、それらが何の絵かも教えてくれました。1、アプサラ 2、魔王ラヴァナ 3、チャムの兵士 4、シヴァ神 5、一般の兵隊と家族の絵です。

 そして修復現場に連れて行ってもらいました。そこで版築土の再現工法やひとつひとつの土の種類を教えてもらいました。1、砂 2、粘土 3、赤土 4、消石灰 です。

 

私はバイヨン寺院に深く興味を持つようになりました。もし、いつかこういうチャンスができたら、先生方に勉強時間を延ばしてほしいです。今回は時間が少なかったので、先生たちは早口で説明したから、あまりわかりませんでした。カンボジアで生まれたことを誇りに思っています。そして、カンボジアの遺跡の保存のために日本の政府が自分の時間や財産をつかって修復してくれることに感謝しています。最後に、このツアーに朝ごはんや昼・夜ごはんをつけてほしいです。

最後に、先生や皆様方が長生きで、何をやっても成功できるように祈っています。

 

ありがとうございました。チャム・ランより 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

20091221-1.jpg 

文中に登場した「5枚の絵」とは、バイヨン・センターのスタッフが作成したぬり絵のことです。

JASAが2000年代の初頭に記録したバイヨン寺院の内回廊にある浮き彫りの中から、子どもたちの興味を引くような題材を選んで、簡単なぬり絵にしました。子供たちが家に持ち帰って、その日に学んだことをもう一度思い出してくれるように、という目的で作ったぬり絵の話題が登場し、スタッフたちの思いが通じたようです。

 

チャム・ラン君からの感想文を読んでいると「これが最後のチャンスかもしれない」という言葉が繰り返し出てきます。カンボジアの子どもたちにとって、自国の文化財がどれほど遠い存在であるかが、この言葉に表れているような気がします。

もっともっと、たくさんの子どもたちに、遺跡に触れ、知ってもらう機会を提供したい。

それが現在のJSTの願いです。

 

20091221-2.JPG2010年には、このような社会見学事業を、バイヨン・インフォメーション・センターを中心に展開していきたいと考えています。

 

(ま)

12月10日夜から17日の朝まで、NHK国際放送局の短波ラジオ放送で、
アンコール遺跡と日本の関わりについて、17言語で放送されます。

 

番組の趣旨は、
 「9世紀から15世紀、東南アジアで栄えたクメール王朝が建て、世界遺産に指定されているアンコール遺跡群。遺跡を地域住民たちの手で守って行けるように、日本の方たちが活動を続けている。番組では、その活動を紹介しながら、遺跡保存のために動き始めた地元住民の姿を伝える。」

 

クラウ村の子供たちを支援してくださっている「アンコールやまなみファンド」の山岡さん

日本国政府アンコール遺跡救済チームの中川団長

そして、JST代表のチア・ノルが電話でインタビューを受けました。

 

どのような放送になるか、楽しみです。

 

17ヶ国語の中には、残念ながら日本語はないようですが、ぜひご覧いただければと思います!

 

また、海外でもインターネットにつなぐことができれば、視聴することができますので、お知り合いの外国人の方にもお知らせいただければと思います。

 

実は、NHK国際放送局担当者のキンエイゲーさんからは、昨晩、次のようなうれしいメッセージをいただきました。

「将来、私自身はカンボジア語を勉強しようと考えるようになりました。
アンコール遺跡と皆様の活動に凄く魅せられました。
この番組のおかげで、将来カンボジア語が話せればと思っております。」

 

どのような番組になっているか、ますます楽しみになってきました。

番組のホームページアドレスです。
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/radio/program/index.html

● 番組の聴き方 ●
ページに入ったら、画面をしたにスクロールしてください。
そうすると、"This week programs" と書いてある枠を見つけます。

その下に日付と番組の解説が書いてある枠がありますので、
"December 10,Thursday" と書いてある枠の方へ行ってください。

それから、解説の枠の右側に "Listen" と書いてある
スピーカーの絵がついたボタンをクリックしてください。

すると、Windows Media Player が開いて番組の再生が始まります。

番組は10日(木曜日)の夜から17日(木曜日)の朝まできくことができるそうです。

 

では、お楽しみに!

(よ)