About JST
JST News!
TOP >> JST News!

9月17日。晴れ。

ク―レン山。

 

ここは、9世紀から15世紀まで続くアンコール王朝の始まりの場所。古くから聖なる山として信仰の対象となってきた。かつての大王ジャヤバルマン2世はこの場所で、王が神と一体となって王国を納めることを宣言したといわれる。

 

その歴史上の大転換の舞台となったク―レン山は、標高400mほどのすりばち状の山の中に、多くの遺跡を残す。同時に、わずかな標高差にも関わらず、平野部とは気候や生態系が異なっていることでも知られる。同行したチアさんいわく、「ク―レン山は昔、豊かだったと思うよ。一年中果物ができるし。一回体験してみたいな~。」とのこと。

この神秘の山にへは、車で麓まで行き、そこから一人ずつバイクに便乗して、森の中に点在する遺跡を目指します。

090924-1.jpg 

この日のク―レンアタックに参加したメンバーは5名。5台のバイクが、雨期のぬかるんだ獣道を縦列で疾走する。ク―レン山中の遺跡の紹介は、他のメンバーに任せるとして、私からはク―レン山中の村と、それからバナナの話を。

 

この山の中には、現在7つの村があるという。その中でも最も大きく、かつ古くから中心であったのはアン・ロン・トム(An Long Thom)。「アン・ロン」というのは、「水が流れ出す窪地」というような意味。

 

090924-2.jpg

 

この村の上流には水が湧き出す源泉がある。近づいて見ると、白い砂の中からぽこぽこと気泡が出てきて、青みがかった水が湧き出し口に湛えられている。これまでこの国で見た水の中で、最も清く、美しい。この水は小さな小川を通り、下流に広がる村にそそぎ、人々の生活を支える源となる。

 

 

大きな山に囲まれ、美しい水が湧くク―レン山中の村。村の中を通りがけに見回すと、それぞれの家は規模が大きく、生活物資も意外に揃っている。車がはいる道がないためか、子ブタがそのへんを我がもの顔に走り回っている。午後の日差しの中、落ち着いた印象が漂う。

村自体にも、暮らす人々の顔にも険がなく、逆に「底力」がありそうな、そこはかとない迫力のある村。ここは何度か足を運んでヒアリングしてみたいな~、と思わせる要素が走り去っていく風景のなかにあれこれ登場。山深いこの土地のこの村の存在を知っただけでも、今日のク―レンツアーは面白かったな、と思えるほどでした。

 

お尻が痛くなるほどのアップダウンのバイクツアーの終わりに、我々が見つけたもの。

それは・・・

090924-3.jpg 

こちら。ク―レン名物「赤バナナ」

なんと、バナナが赤いのです。そして、大きい!さらに、高い!

 

普通のバナナが1房3000~4000リエル。この赤バナナはなんと20000リエル($5)。でも、持ってみてその理由がわかりました。普通のバナナの5倍くらいの重さがある。1本一本が太くて、ムチムチ。

 

 

090924-4.JPG

なるほど、これが豊かなク―レンの恵み。さっそくみんなでいただいてみました。

 

 

これが・・・うま~い。バナナなのに、カスタードクリームのような甘みとコクと、それでいて爽やか。この衝撃は忘れられない。しかも、一本でお腹いっぱいのボリューム感。こんなのが食べられるのなら、山暮らしも悪くないかもしれない。

 

 

 

 

ク―レン山の豊かさを舌で堪能し、それでも足りず、なんと苗木も買っちゃいました。

 

090924-5.JPG 

ちゃんと育つかな?ク―レン山の赤バナナ。

 

(ま)

 

 

無事、東京へ着きました!

 

東京に帰ってきた実感がなかったのですが

カフェでお茶をした時に、物価の高さに気づき

戻ってきてしまったんだ・・・と実感しております。

 ----

カンボジア料理、ドイツ、イタリアンと 本当に夜も happyでした。

 ----

本当に毎日が楽しく、遺跡修復についても初めて知る事ばかりで

とても勉強になりました。

----

遺跡修復現場に入れていただき、感動しました。

今度は実際の修復現場を見に行きたいです。

----

クラウ村での子供達とのふれあいも感慨深く

通常のツアーでは経験できない、とても良い思い出です。

----

子供たちの笑顔は 癖になります。貴重な機会をいただき、

笠原先生にも どうかよろしくお伝えください。

----

また、是非カンボジアに行きたいと思っています。

その時はよろしくお願いします!

 

O&T

 

みなさん、こんにちは。

なんと、JSAおよびJSTの活動がテレビで放映されることになりました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NHKBS「地球アゴラ」
9月13日(日)

夜10:00より10:59まで

番組HPはこちら>>http://www.nhk.or.jp/agora/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

海外で活躍する日本人の特集ということで、JASA技術顧問であり、JSTのコアメンバーでもある
下田一太が取材の対象となりました。


9月初旬、取材はバイヨン寺院南経蔵の修復現場の様子や下田の1日の仕事の様子を中心に
進められました。(詳しくは番組を!)

 

さらに、この機会に合わせ、JSTで最近子供たちが夢中になっている
絵画教室をバイヨン寺院の中でやろう!ということになりました。

 

「バイヨンお絵かき大会」当日。
いつものようにアンコールクラウ村からユニックに乗って登場した子供たち。
絵画教室の笠原先生が来るのを待ちきれないように、
そわそわ・がやがやしています。


090911-1.jpg

試しに聞いてみると、この日集まった80名ほどの子どもたちの中で、
これまでバイヨン寺院に入ったことがある子は、4分の1ほど。
寺院から最も近いアンコール・クラウ村の子どもたちですら、遺跡をじっくりと見たことがない
という事実を改めて認識されられます。

 

先生から、画板と画用紙と鉛筆を渡された子供たちは
意気揚揚と遺跡の中に入っていきます。

 


090911-2.jpg

 

こうなると、取材班のカメラが来ようが、マイクが来ようがおかまいなし。

今までに見せたことがないような集中力で画用紙に向かい合う子供たち。

 

クメールの天女として知られるアプサラの彫刻を描く子、バイヨンの尊顔に挑む子、
寺院内の建物から描く子、なぜそこを?というくらい、苔むした細か~い文様を選ぶ子、
対象の選択にもそれぞれの個性がでます。

 

090911-3.jpg

 

090911-4.jpg

 

描いては消し、消しては描きを繰り返しながら転々とする子もいれば、
無心になって尊顔の塔を見つめる子も。
その視線は将来の修復専門家を思わせるような・・・。

こうして午前中をたっぷり使って描き上げた力作のうちのいくつかは、
「地球アゴラ」のスタジオにも届けられています。

 

 


090911-5.jpgのサムネール画像

 

地球アゴラ放送当日には、取材映像だけでなく、シェムリアップとスタジオを
スカイプでつないだ生中継も行われます。

皆様ぜひ、ご覧ください! 090911-6.jpg

(ま)

JSTでは、4年前より、(財)国際開発センター(IDCJ)と共同で、アンコール地域に植樹を行っています。

 

 

090801_01.JPG

 

090801_02.JPG

 

今年は東京新橋ロータリークラブ様、東京レインボーロータリークラブ様からのご寄付をいただき、アンコールクラウ村の新しいお寺の前の道に、280本のコキ苗木を植えることができました。

 

090801_03.JPG

 

このお寺は現在建設中で、お寺の前の道も、昨年つくられたばかり。道の周りには雑草は生い茂っていますが、高く成長する木はまだ生えていません。

今回植えたコキという樹種は、シェムリアップの町からアンコールワットにむかう道路沿いや、町の中心部を流れるシェムリアップ川沿いに生えている並木と同じ木です。

JSTが今回植えた木も、80年~100年後には、きっと立派に成長していることでしょう。

ご寄付をくださった皆々様、ありがとうございました。

JSTツアーでは、クラウ村の子供たちを対象にした「小さな美術スクール」を見学してもらう試みも始めました。

 

集まってくる村の子供達は100人弱。カンボジアでは、小学校の教室も先生も不足しているため、美術、音楽などの科目は全くありません。そのようなわけで、村の子供たちの「小さな美術スクール」への期待はとても大きく、皆、楽しみに集まってきます。

 

 

一方、2クラスを同時に行うので、指導に当たってくださる笠原先生はとっても大変。

 

 

2人掛けの机に4人、5人と座っている子供たち一人一人に、紙や鉛筆やのりやはさみを配り、あっちの建物、こっちの建物と移動して、子供たちに説明をしたり、コメントをしたりしなければなりません。

汗を流しながら、にこやかに、「これはスポーツ絵画ですね!」とおっしゃるほど。

 

 

そのような状況なので、「小さな美術スクール」を見学に来られたお客様には、必然的に、子供たちへの道具配りや回収、道具の使い方の手助けなどを手伝っていただくことになるのですが、村の子供たちと楽しく、自然に触れ合える、またとない機会となることがわかりました。しかも、カンボジアの子どもたちの純粋な感性と表現力から、たくさんのパワーをもらえること、請け合いです!

 

皆さんもぜひ参加してみてください。

 

 

さて、この日は、東京からJSTツアーに参加してくださった若いお二人をご案内しました。

 

 

090907_01.jpg

 

 

 

折り紙で切り絵をする小さいクラスの子供たち。

 

 

 

 

090907_02.JPG

 

 

 

台紙となる色がみに、別の色紙を切り抜いて貼ったり、自由に絵を描いたりします。さて、何ができるのかな・・・・・?

 

 

 

 

 

090907_03.jpg

 

大きなクラスでは、葉っぱを描き、色鉛筆で自由な色を塗っていきます。いろいろな色を塗り重ねることによって、どのような効果が生まれるか、体感してもらう試みです。

 

 

 

 

思う存分好きな絵を描いた後は、歌の時間です!

 

 

 

090907_04.JPG

 

先日のJSTツアーで披露された子どもたちの「幸せなら手をたたこう」が大好評だったので、もう一度、皆で歌うことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

090907_05.JPG

 

お客様のお二人には、片手ずつで、メロディーを弾いてもらい、モイ(1)、ピー(2)、バイ(3)で子供たちの大合唱が始まります。

子どもたちの元気な歌声に、こちらまでとっても幸せな気分に。

 

 

 

 

 

絵と歌。村に届いたプレゼントに、アンコールクラウ村の子供達は今、夢中になっています。

皆さんもぜひ、アンコールクラウ村の子供たちとの交流を楽しんでくださいね!

 

JSTツアーをさらに知りたいという方は、ぜひJSTホームページをご覧ください。

http://www.jst-cambodia.net

 

 

(よ)