カテゴリー


月別アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


BLOG

スオスダイー!

インターン藤原です!

 

12月12日、バイヨン中学校では、名古屋環未来研究所Wa-Links様が

「愛・地球博記念あいちモリコロ基金」で作られた男子トイレ、

トイレからの尿を肥料として利用する畑、

JICAとの協力で作られた、砂と砂利を使用したろ過装置のオープニングセレモニーが開催されました。

 

 

20171213-1

 

20171213-2

20171213-3


名古屋環未来研究所(Wa-Links)様は、バイヨン中学校の校区内の地域を対象に、農業指導や衛生教育を行われています。


今回作られた「トイレからの尿を肥料として利用する畑」では、これから、二種類のナス・ブロッコリー・苦瓜が植えられる予定です。


20171213-4

現状、この地域の農業では化学肥料が用いられているのですが、値段が高く、もちろん体にも良くありません。


ただで手に入れることができ、健康への害もないこの排泄物を肥料として利用する農業というのは、すでにバングラディッシュやケニアなどで成功例があります。


最終的にこの農業方法が地域で普及されることを目標に、まずは実験的にこの畑で野菜を育てながら効果を見守ることになります。

 

トイレのすぐ裏に位置するこちらが、ろ過装置です。

20171213-5


ここでは地下水を、砂と砂利でゆっくりとろ過し、

浄化された水は、手洗い用の水/飲料水として使用できます。


 

このように、この地域全体の、衛生意識・農業環境の向上のため、

まずはバイヨン中学校の生徒・先生を対象としてその良さ・大切さを理解してもらい、

そこから家庭・地域全般に効果が行渡るような、

長期的な視野での自発的発展が目指されています。


この地域の発展をけん引する存在として、

バイヨン中学校が、生徒が、先生たちが、大きな役割を果たしてくれることを願います。



こんにちは!インターンの中岡です。

先日、シェムリアップ州と友好協定を結ぶ愛知県幸田町の訪問団がバイヨン中学校にいらしゃいました。
2017.11.29.1.JPGのサムネール画像
その際、シェムリアップ州の教育局長やその他関係者を招待し、バイヨン中学校でお茶会が開かれました。

お点前でお茶を入れるのはJSTスタッフのカンさんです。
事前準備として、今回お手伝いしてくださるスナーダイクマエの博子さんから1時間ほど茶道の所作を教えていただくだけで、うまくお茶を入れれるようになっていました。すごい!
2017.11.30.2.JPG
実はこのお茶会の1週間前に、僕がバイヨン中学校で日本の「道」の考え方についてプレゼンしました。
カンボジアの伝統文化にはアプサラダンスや影絵などがありますが、日本には「〇〇道」と呼ばれるものがあります。例えば、華道や書道など、、
2017.11.30.4.JPG
この「道」の意味は「心」を表していると説明し、
みんなが泣いたり、怒ったり、イライラしたりしても、「〇〇道」をすれば「心」が落ち着き、清らかな心もちになるんだよ。と伝えました。
2017.11.30.5.JPG
日本人特有の感性を言語化して伝えるのには苦労しましたが、本番のお茶会でそうした感性に少しでも気づいてくれる事を期待しました。
2017.11.30.5.JPG


さて、本番です。
カンさんとインターンの菜々美さんが浴衣に着替えて、お茶の準備をします。
2017.11.29.2.JPG
まずはカンさんがお客様であるシェムリアップ州教育副局長のためにお茶を淹れます。
2017.11.29.3.JPG
その間に博子さん、チアさんからお茶の飲み方やその意味の説明がありました。
2017.11.29.4.JPG
まずは、お菓子を一口、、、、。
それに続いてお茶をゴクッと。
2017.11.29.5.JPG
苦そうな顔をされていましたが、感想を聞くと美味しい。とのコメントが。

その後は生徒たちの番です。
今回は選ばれた20名の生徒が体験できることに。
2017.11.29.6.JPG
みんなも同様にお菓子を食べて、お茶を飲みます。
嬉しそうですが、お茶を飲むと一転。
2017.11.29.7.JPG
苦い!としかめっ面していました。

その苦さが美味しいんだよ〜と言いたいですが、自分もみんなぐらいの年の頃はお茶なんて苦くて飲めませんでした。笑

浴衣を着たカンさんや菜々美さんを見て、女子生徒が着たい!と言っていました。
2017.11.30.3.JPG
(幸田町から浴衣を頂いたので、また浴衣の試着会も行いたいと思います!)

お茶会の後は生徒たちから日本語の歌やピアニカ、ココナッツダンスのお披露目がありました。
2017.11.29.10.JPG
幸田町の皆様、山本専務、素敵な機会ありがとうございました!

1124日は、

一宮中央ロータリークラブの皆様がカンボジアに来訪され、

様々な活動をされました。

当ブログでその内容を紹介させていただきます。

 


まず、一件目はコックルール小学校を訪れました。

コックルール小学校では、生徒全員に歯ブラシを配り、

歯医者であるメンバーの方が、歯の役割・歯を磨く大切さ・歯の磨き方を講義されました。

 

20171124-4

DSC_0097[1].J

カンボジアの田舎の方では、歯磨きの習慣は定着しておらず、

虫歯になってしまう人が多いのが現状です。

衛生教育を広めていくことが、これからの課題とされています。

 

 説明を聞いた後は、実際に皆で歯磨きをしました。

 

20171124-2

1人の生徒に感想を聞くと、

「口がスース―する!」

と笑顔で答えてくれました。

 歯磨き粉で、口の中がスッキリする感覚は新鮮なようです。


「食べた後には、歯を磨くように」

と指導された後、一人ひとりにお菓子の詰め合わせをプレゼントされました。

 

 

20171124-3

これからは頂いた歯ブラシを使って、毎食後に歯を磨いてほしいです。

 

 

次に、バイヨン中学校を訪れました。

バイヨン中学校では、

・身長計 5

・体重計 5

・視力表 5

・遮眼子 5

・メジャー5

・ノートパソコン6

・歯ブラシ800

・歯磨き粉10

 

を寄付されました。

また、絵画・ウォーターサーバーも贈呈されました。

ありがとうございます。

 

20171124-5

その後、寄付していただいた身長計・体重計・視力表・遮眼子を使って、

数名の生徒を対象に、実際にロータリークラブの皆様が健康診断を行いました。

 

20171124-620171124-6

身長・体重の測定では、日本人の成長曲線と照らし合わせると、

全体的にかなり発育が遅れていることが分かりました。

 

(※成長曲線:人間の身体的発達の程度を、横軸を年齢、縦軸を調べたいデータとするグラフで表した曲線。 Wikipediaより)

 

カンボジア人の成長曲線というのが存在しないらしいのですが、

それでもかなり発達は遅れていると言えるそうです。

 

バイヨン中学校の生徒の中には、見た目が日本の小学校低学年ほどの子もたくさんいます。

見た目と実際の年齢とのギャップに、ロータリークラブの皆様も驚かれていました。

 

推測される背景としては、やはり栄養失調が挙げられました。

 

いつも笑顔で元気いっぱいな生徒たちを見ていると、

栄養失調のような深刻な問題があるということを実感できなかったのですが、

データを取ることで、改めて途上国の現状を突き付けられた気がしました。

 

20171124-7

視力検査では、ほとんどの子供たちが1.52.0以上の視力があることが分かりました。

目の良さはさすがです。

 

校長先生も2.0ありました!

 

20171124-8

ですが1名だけ、一番上でさえ見えないという生徒がいました。

 

生徒の視力を知ることは、学力にも関わる大切なことです。

もし目が悪いのに後ろの席に座ってしまうと、黒板が見えず

授業についていけなくなってしまうからです。

今回測ったのは数名だけですが、これからぜひ

生徒全員の視力を測っていってもらいたいです。

 

20171124-8

歯科検診では、男の子よりも女の子に虫歯がある子が多いことが分かりました。

また、噛み合わせ・滑舌に悪影響を与える受け口の子の割合が多いことも分かりました。

 

その後、バイヨン中学校でも生徒11人に歯ブラシが配られました。

一番前に座った生徒たちが実際に歯磨き粉を用いて歯磨きをしたのですが、

歯磨き粉のスース―する味に、眉間に皺を寄せる子もいました(^^;)

 

その後は、給食として、生徒全員にカレーとパンが提供されました。

このカレーは、バイヨン中学校内にある給食小屋で作られたものなのですが、

こちらも一宮中央ロータリークラブさんからの寄付金によって建てられたものです。

 

 

20171124-9

 

皆で同じものを一緒に食べるというのは、とても貴重な機会です。

生徒達は、おいしいカレーとパンを食べながら友達と過ごす時間を、

とても楽しんでいる様子でした。


20171124-10

また、中庭に新たに5本、植樹をされました。

今回はみかんやりんご類など、果物の樹を植えました。

 

DSC_0264.JPG

立派に成長してくれますように・・・。

 

 

午後には、教員養成校を訪れました。

 こちらでは、ノート400冊と青ボールペン1000本が贈呈されました

 

20171124-12

 

 

20171124-13

一宮中央ロータリークラブさんのご支援で、

各学校の生徒・先生たちはより良い環境で学校生活を送ることができます。

いつも、ありがとうございます。

スースダイ!

インターンの中岡です。

11月14日に行われたバイヨン中学校教員日本研修の報告会について書きたいと思います!

この報告会は、2017年9月12日から18日にかけて行われたNPOオアシス主催の日本研修に招待されたバイヨン中学校の教員3名によるものです。
3名が日本での学校交流や市民交流を通じて、経験し感じたことを発表してくれました。

2017.11.21.1.JPGのサムネール画像

最初は校長先生からお言葉があり、
バイヨン中学校創立以来、支援していただいているオアシスへの感謝が述べられました。
そしてこれからも持続させていきたいとの言葉もあり、いまよりも深い関係として発展していく予感がしました。
2017.11.21.2.JPG

その後、日本研修に参加したヴィラ先生からプレゼンテーションによる研修報告がありました。

ビィラ先生は、日本についた時の空港や道の綺麗さ、ゴミが一つも落ちていないことに驚いたと仰っていました。
2017.11.21.3.JPG

さらに、蒲郡の学校訪問では学校の壁に掲示板があり、色々なところに図や標語や写真、生徒たちの賞などのトロフィーが見えるところに飾ってあったのが印象的で、バイヨン中学校でも実践していきたいと語っていました。
職員室訪問では、教員同士の机や椅子の近さにも驚いた上に、
そもそもの教員同士の距離が近く、たくさんコミュニケーションが取れる工夫がされていて、これもバイヨン中学校に取り入れたい。と話していました。
2017.11.21.4.JPG
学校全体が綺麗で充実した設備を持つと同時に、生徒の興味や関心を引くような工夫が至る所でされていて、カンボジアとのギャップに驚いたと話すヴィラ先生。

日本で学んだ方法は簡単にカンボジアで取り入れることができる部分もあり、特にゴミの分別などは率先して行っていきたいと語っていました。

更に、学校内に特別支援学級があり、学校に通いたい生徒が皆同じ環境で教育を受けることができることはカンボジアでは考えられないそうです。

日本研修の中には日本の学校で話す機会があり、日本の子供達にもカンボジアの現状やバイヨン中学校の課題点なども知っていただけて嬉しかったそうです。
その際には、日本の中学生がお小遣いを貯めてバイヨン中学校に救急箱を寄付してくださったそうです。
2017.11.21.5.JPG
私は報告を聞きながら、こうした日本の教育現場を視察することによってカンボジアの教育が向上していくんだろうなという気がしました。


報告会の後には、オアシスさんからのサッカーボールとパソコンの贈呈式がありました。
バイヨン中学校の体育の授業では今まではバレーボールを使っていましたが、これによってクラス(約40〜約50名)で体育の授業を受ける際、二人で一つのボールを使えるようになりました。
またサッカー部の練習にも活用されるとのことで、今後の活躍に期待がかかります。
2017.11.21.6.JPG
これで、今回のオアシスさん活動報告は終わりです。
オアシスさんの皆さん、バイヨン中学校や教員養成校での活動お疲れ様でした。
今後ともよろしくお願いいたします。
また1月にお会いできるのを楽しみにしています^^

スオスダイー!
インターン藤原です!


11月17日は、バイヨン中学校と日本の愛知県にある蒲郡中学校の
Skypeによる英語の授業がありました。


蒲郡中学校とバイヨン中学校の交流は深く、
蒲郡中学校からは生徒を中心に、学用品を集めてバイヨン中学校に寄贈したり、
バイヨン中学校からは、先生が蒲郡中学校へ研修に行ったりしていました。


また、オアシスさんを通して、お互いにビデオレターを送るなどして
コミュニケーションを取りあっていました。


ですが、オンラインで会話をするということは、今回が初めての試みです。


バイヨン中学校も蒲郡中学校も、今回のSkypeでの英語の授業のために
Skypeの調整や、授業の展開・スケジュールの作成など、念密な準備をしていらっしゃいました。




Skype英語授業当日の朝、
バイヨン中学校の教室では、リハーサルが行われていました。

20171120-1.JPG


今日の本番まで、英語の先生を中心に
たくさん練習をしてきたようです。


いよいよ、本番の時間。
ちゃんと繋がるのか、時間通りに進められるのか・・・と、
先生方もオアシスの皆さんも、ドキドキだったのですが、


約束の時間に、校長先生がSkypeを繋げると・・・


20171120-4 (2).png

すぐに繋がりました!
スクリーンにお互いが移ると、
「Hello!!」と手を振りあいました。


skypeの英語の授業では、
バイヨン中学校、蒲郡中学校それぞれ3~4人ずつ、順番に出てきて


・ポピュラーな食べ物について
・伝統的なものについて
・今流行っていることについて、
・将来の夢について
・好きなスポーツについて
・学校のルールについて
・挨拶の仕方について


など、テーマを決めて会話をしました。


お互いに、自分自身のこと、それぞれの国のことを紹介しながら、
レスポンスをしたり、質問をしたりして、コミュニケーションをしました。



20171120-5.JPG
20171120-6.JPG
20171120-7.JPG

食べ物についての会話では、
蒲郡中学校の生徒が、画面にお寿司を出して「これは何か知っていますか?」と聞くと、
バイヨン中の生徒が「おすし!」と即答しました。


これには日本の中学生もビックリだったようです。

20171120-8.JPG

バイヨン中学校の生徒は、写真を見せて、クメール料理の紹介をしました。


伝統的なものについてのお話では、
日本からは、けん玉、浴衣、和太鼓や笛を使った日本の伝統音楽を披露してもらいました。
カンボジアからは、カンボジアの伝統的な太鼓の演奏を披露しました。


ただ単に会話するだけでなく、画面を通して文化交流も行われました。

20171120-10.JPG


挨拶の仕方では、カンボジアでは挨拶をするときに、
相手によって合掌の高さが変わるということを紹介しました。
バイヨン中の学生が合掌の高さを示すと、日本の学生も真似して
合掌のポーズをしてくれました。

20171120-11.JPG
20171120-12.JPG
流行っているものの会話では、
蒲郡中学校の男の子がかつらをかぶって、
チャラララ~チャラララ~チャラララ「35億!」
と、ブルゾンちえみの物まねを披露してくれました(笑)


もちろん、バイヨン中学校の生徒はブルゾンちえみは知らないのですが、
面白かったようで、大盛り上がりでした!


最後は、蒲郡中学校の皆さんが
吹奏楽部の演奏に合わせて、校歌を演奏してくれました。
バイヨン中学校の生徒たちは、見たことのない楽器に見入っていました。


20171120-13.JPG

結局、本番までは時間通りにいくのかどうかと懸念されていましたが、
大きなトラブルなく、時間内に授業を終わらせることができました。


数か月前までは、電気も通っていなかった学校で、
日本の中学生との交流がSkypeを通して実現したということは、
バイヨン中学校にとって画期的な出来事です。


バイヨン中学校の生徒達も、Skype授業の後、
「もっと英語を勉強しようと思った」
「制服が凄かった」「日本人の同年代の中学生がどんな感じなのか知ることができた」
などとコメントしてくれて、今回の授業が生徒にとっていい刺激になったと思います。


今回のSype英語授業の成功に引き続き、
これからも定期的に、Sypeを通してコミュニケーションを取り、
日本×カンボジアで、英語での会話の練習・文化交流の機会ができたらなと思います。



スオスダイー!
インターン藤原です!


11月15日


バイヨン中学校では、午後から1年生による運動会の練習がありました。
今日の練習内容は、ラジオ体操・行進・100m走・リレーです。


前回は、雨で運動場が使えなかったのですが、
今日は何とか持ちこたえてくれました!


20171117-1.JPGのサムネール画像
練習中、空には虹が☆彡
きっと、生徒たちの、運動会の練習への熱意がお空に伝わったのでしょう(^^)


ラジオ体操の練習では、金田先生が1つ1つの動きのポイントを教えてくださりました。


前回は廊下での練習だったので、幅が十分に取れなかったのですが、
今回は運動場で広々と、思い切り身体を動かすことができました!


20171117-2.JPGのサムネール画像20171117-3.JPGのサムネール画像

行進の練習では


①目線は前の人の頭くらい上を見ること
②前の人の肩の位置まで手を挙げること


を中心に指導されました。


その後4つのグループごとに、トラックの周りを行進しました。


20171117-5.JPGのサムネール画像

上手に行進できたグループから先に休憩にいけるということで、
上級生のリーダーたちからの指導にも熱が入ります!


ドキドキの結果発表・・・!


20171117-6.JPGのサムネール画像

1位に選ばれたグループは、「イエーイ!」と飛び跳ねて喜んでいました(^^)


休憩後は、100m走の練習をしました。
今年は運動場の斜めのラインに直線の100mトラックが設けられています。


4人ずつ順番に、全員走ることができました!




20171117-8.JPGのサムネール画像
先生たちも

20171117-9.JPGのサムネール画像
インターン生も
20171117-10.JPGのサムネール画像のサムネール画像
最後は校長先生も!!
20171117-11.JPGのサムネール画像
大盛り上がりでした!!!



最後に、各グループ鉢巻を巻いて、リレーの練習をしました。
200mのトラックを走ります。


初めはジャンケンでスタート位置を決めます。


20171117-12.JPGのサムネール画像

先生からのバトンパスの指導


20171117-13.JPGのサムネール画像
20171117-14.JPGのサムネール画像
もちろん本番さながらの真剣勝負です!
長距離を全力疾走なので、走り終わると


20171117-15.JPGのサムネール画像

こんな風にくたくたになっていました(^^;)
お疲れ様です!


今日の練習ではまだ走る順番に正しく並んで待機する、ということが上手くできなかったのですが、


これからの練習で頑張っていきましょう!




スオスダイ!インターンの中岡です。

11月13日にオアシス第二グループが到着し、バイヨン中学校での活動を開始されました。
ここから一週間、どんな素敵な授業を生徒たちにしていただけるのか楽しみです!
インターン生も普段の授業の参考にするために色々な授業に参加させていただいています!

初日の11月14日は音楽、体育、理科の授業が行われました。

体育では第一グループとして一週間ほど前から活動されていた神崎先生が、先週から少しレベルアップした内容の授業をされました。

最初の練習では、バウンドボールをトラップするという試合ではよく見られる場面の練習を。
三年生なのでさすがにうまくこなしていました!
2017.11.14.17.JPG
そのあとは、恒例の試合です。
二回練習したからか、先週より見違えて試合がうまくいくようになっていました。
2017.11.14.18.JPG????泣???????若???糸??
音楽の清水先生は、日本の名曲「ふるさと」の合唱をレクチャーされたあと、
ピアニカを使い「聖者の行進」を教えられました。
2017.11.14.19.JPGのサムネール画像
普段授業にはない教科ということもあり、ピアニカには戸惑う子もいましたが、みんなうまくできていました!


理科の杉浦先生は、元素記号と化学式について教えられました。
2017.11.14.21.JPG
実はカンボジアにはもともと理科の概念がないため、理科の用語はだいたいが英語をそのまま使っています。

通訳をしていた僕が英語の化学式がわからず、、。笑
生徒は先生が出すフラッシュカードにもしっかりと答えていました。
2017.11.14.22.JPG

今から一週間ほどですが、先生方がバイヨン中学校の生徒に授業を通じて色々な知識や体験を与えることで、生徒の知的な好奇心が掻き立てられるのを願っています!
もちろんインターン生、 JSTスタッフ全力でサポートいたします!

一週間頑張りましょう!^^
スオスダイー!
インターン藤原です!

20171114-1.JPG????羈??????????????膤???????羈??????????????膤???

11月13日
この日、バイヨン中学校では1年生の運動会に向けての練習が行われました!


あいにく昼の通り雨で運動場が使えなかったので、
廊下での練習となりました。


今日の内容は、ラジオ体操と行進です!


1年生にとっては、初めての運動会の練習です(^^)


今回1年生を指導するのは、上級生のリーダー達 !


20171114-2.JPG????泣???????若???糸??
まずはリーダー達に拍手!


4つのグループに分かれ、各リーダーが前に立ち、
体操・行進の見本を見せたり、
上手くできない子に、隣で一緒に動きをしてみせたり、
運動会を経験したことがない1年生を、頼もしく引っ張ってくれました!



20171114-4.JPG

20171114-6.JPG????泣???????若???糸??
20171114-7.JPG????泣???????若???糸??
金田先生は、リーダーを集めて逐一動きのポイントやアドバイスを伝えます。
例えば・・・


ラジオ体操「背中を曲げるときは視線も上に!」

20171114-10.JPG????泣???????若???糸??????泣???????若???糸??????泣???????若???糸??

行進「前の人の肩の位置まで手を挙げて!」

20171114-11.JPG????泣???????若???糸??????泣???????若???糸??????泣???????若???糸??
ふむふむ(・_・D 


それをさらにリーダーたちが各グループの1年生に伝えます。


1年生達は、お兄さんお姉さんたちの姿を見ながら、
一生懸命練習に励んでいました!


行進では、手と足を逆に振るということが難しかったみたいです(^^;)


日本の学校だと、生徒たちは恥ずかしがって動きが小さくなってしまいがちなのですが、
バイヨン中学校の生徒はいつでも全力です!


「モイ!ピー!モイ!ピー!」
と、廊下に元気な掛け声が響き渡っていました♪


最後は曲に合わせて中庭で。


20171114-13.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

音楽のテンポに合わせるということは、カンボジア人の感覚では難しいようで
なかなかリズムが合わなかったのですが、
これから練習を重ねて、上手くできるようになるといいですね!(^^)









一方、グラウンドでは、運動会に向けて順調に整美が進んでいます。


今年は直線100m・一周200mのトラックが設けられることになりました。
そのために、木を切ったり、草を抜いたり、といった作業は
先生・生徒達の手によって行われます。



20171114-16.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像20171114-17.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
木を切るのは男の子の仕事のようです!

20171114-14.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像20171114-15.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

お見事!!



1日バイヨン中学校で過ごして、
生徒・先生たちが運動会を作り上げていっている様子が伺えました。


今から2か月後の本番がとても楽しみです♪






 みなさん、こんにちは!

インターンの中岡です。

 

118日からオアシス第一グループの金田先生と神崎先生が活動を開始されました!

今回の活動場所もバイヨン中学校とシェムリアップ州教員養成校です。

 

バイヨン中学校では、神崎先生は体育の授業でサッカー、金田先生は運動会のための測量を行なっています。

2017.11.14.1.JPG

 

2017.11.14.2.JPG

教員養成校では、ラジオ体操や行進の練習に加えて運動場の整備も並行してご指導くださっています!

 

そのバイヨン中学校のサッカーの授業ですが、生徒は裸足で運動場を駆け回り、ボールを蹴っています。

日本や欧米では当たり前のサッカーシューズやソックス、脛を守ってくれるレガースなどは一切ありません。

 

2017.11.14.3.JPG


 

バイヨン中学校に通う多くの子供の家にはテレビもなく、情報がなかなか入ってこないため、みんなサッカーについての知識が全くありません。

神崎先生はまず「止めて蹴ることの大切さ」「サッカーにおけるポジションの重要性」について子供達に指導しています。

子供達も初めて聞く用語や練習方法に戸惑いながらも真剣に取り組んでいます。

2017.11.14.5.JPG

 

先日の日曜日にはそのバイヨン中学校のサッカーチーム(選抜された15名)を連れてシェムリアップ唯一のプロチームであるソルティーロ・アンコールFCの練習見学へ。

 

子供達はバスの密室だと酔うため、トラックの荷台に!

このトラックもオアシスさんが用意してくれました。

2017.11.14.6.JPG

 

練習会場に着くと、選手たちは練習前の自主練習中。

実は子供達が来ると聞いていつもより早く集まったらしいです。

 

まずはソルティーロのスタッフの影山さんからオアシス金田先生、神崎先生へチームの方針と現状の共有がありました。

Think about yourself」が今年のテーマだそうです。

先生たちもこれには賛同し、先生の豊富な経験を生かして「自分で考え抜いて賢くスポーツをやる大切さ」を伝授していました。

 

練習後には、グラウンドで選手への質問タイムを設けていただきました。

2017.11.14.7.JPG

子供達からは「どうやったらボールを強くれるのか」「うまくトラップをしてボールを止める方法は?」「キーパーでうまくボールをキャッチするには?」など多くの質問がありましたが、選手たちは真剣に実践も交えながらレクチャーしてくれました。

こうしたプロ選手とのふれあいは普段からは決して考えられない経験です。

 

2017.11.14.8.JPG

 最後は選手と記念写真!ソルティーロのチーム公式Facebookにも載せていただけました。


2017.11.14.9.jpg

これで終わりかと思いきや、なんとオアシスさんからサッカー部の生徒たちにサッカーシューズと靴下、レガースのプレゼントが。

15個も買っていただけました、、。本当にありがとうございます。


みんなもちろん嬉しそうです!


2017.11.14.11.JPG

この靴を履いて試合に勝つバイヨン中学生が見てみたいですね!

オアシスさん、素敵なプレゼントありがとうございました!^^


11月1日、何の日かわかりますか??

 

そう!タイトルにもある通り、バイヨン中学校の授業が始まる日です!

 

カンボジアの小学校・中学校は昔から学校が始まる日(日本で言えば始業式の日)に近くの村を全校生徒で行進する習慣があります。

これには近くの住民に学校が始まったと知らせる意味もあります。


JSTスタッフのカンさん・タウリーさんも小さい頃は毎年体験していたらしいです。

 バイヨン中学校は今年で5周年を迎えることもあり、より一層力が入ったことではないでしょうか。

 


DSC_0060.JPG

朝の7時にはグラウンドに集合し、整列!

みんな休みの日には見られなかった制服を着て、堂々と立っています。

 

中にはドキドキした顔で立つ列も。


2017.11.7.12.JPG

そうです、彼らは5期生として新しくバイヨン中学校の一員になった新入生です。

何だか自分の中学時代を思い出します。

自分も始業式の日は今までとは違う環境にドキドキしていたなあ。なんて。

 

新入生もすでに何回か学校には来ているのですが、制服では初とのこと。

 

みんな制服バッチリ似合っていますよ!!!!

 

 さて、校長先生のお話が終わると行進の掛け声の練習へ!

生徒代表?の子の「2017年から2018年のバイヨン中学校が始まります!」の掛け声の後に全員で「万歳!」。

 

先頭の二人は立派な旗を掲げてアピール!

 

さて、準備は万端です。

 

2017.11.7.13.JPG


警察と地元住民の協力のもと、学校外へ。

 

先生も何だか楽しそうです。

 

遠くへ届くように拡声器を使って叫びます!

20172018年のバイヨン中学校が始まります!」

「チャイヨ!(万歳!)」

 

近くに住む人たちは今年もやって来たな!との様子で、行進を見に大通りまで来ていました。

 

2017.11.14.15.JPG


行進が進むにつれて、子供達の声もだんだんと小さく、、。

 

ただカメラを向けると最大限の声と突き上げた拳で答えてくれました。ナイス!笑


2017.11.14.12.JPG????泣???????若???糸??

中には、行進の途中で買い食い。こらこら笑

ちょっとした遠足気分ですね。

 

2017.11.14.16.JPG????泣???????若???糸??

なんだかんだと疲れながらも1時間半ほどで行進は終了。

学校に戻ると子供達は待ってました!と言わんばかりに売店へ。

アイスやサトウキビジュースが美味しそうでした。

 

子供達が元気を取り戻し、キャーキャーと遊ぶ横では生徒の登録が。

 

2017.11.14.13.JPGのサムネール画像

行進を聞いて列の後ろについて来たお母さんたちでしょうか。

代表の生徒数名が名前を聞いています。

 

さあ!これからが本当の始まりです!

一年間たくさん勉強して、たくさん遊んでバイヨン中学校を盛り上げていってね!