カテゴリー


月別アーカイブ

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


BLOG


スースダイ!

こんにちは、インターン生の木村です。



今回は、いよいよ明日(2018年5月26日)に迫る、

第一回バイヨン中学校の文化祭の準備の様子をお伝えしていきたいと思います。



S_8014715814650.jpg


(写真は、文化祭のゲートに掲げてある看板です。
左側には「26日(文化祭が行われる日付)」、
右側上部には文化祭」、下部には「市場(当日はバザーや模擬店も出店されるため)」
と書いてあるようです。)





先日(2018年5月22日)アップしたブログは、ご覧いただけましたか?


そちらには、今回のバイヨン中学校の文化祭が開催されることになった経緯や、

当日催される文化祭の企画の内容などを紹介しております!


まだの方は、こちらからどうぞ!





もちろん、盛り上がって盛り上がって仕方がないであろう、文化祭当日の様子も

後日、ブログにアップいたしますので、

そちらもお見逃しのないようご覧ください!





それではまいります!



第一回バイヨン中学校文化祭~準備編~



文化祭前日の今日、バイヨン中学校に準備に様子を取材しに行ってきました。


明日の文化祭のために、生徒や先生たちは、何日も前から準備をしてきたようです。




こちらは、展示や模擬店を出店するブースです!


S_8014546005229.jpg

木と葉っぱを組み合わせて作っています。

生徒たちが、授業の合間や終わりの時間にせっせと作っていました。

テントのようなものまで手作りしちゃうんだから驚きです!



用意には台車を括り付けたバイクを用いているので、

日本の文化祭の用意よりも、簡単に重いものを運べます。



当日はこのブースに、机やいすを並べて、出し物や儀式などを行うそう。





続いてこちらは、文化祭の会場へと続くゲートです。

その前に並んでいるのは、牛車。


S_8014531735394.jpg
今回の文化祭では、バイヨン中学校に通う子供たちが暮らす村の生活も紹介されるようです。


カンボジアでは農業が、まだまだ主な収入源なので、少し田舎を行くと牛があちらこちらにいます。

その牛たちが引く牛車。


生で見るのは私ははじめてだったので、

ほ~!こうなっているのか!と勉強になりました。





ほかにも、明日の模擬店のために、

野菜を洗っている子供たちの様子や、


S_8014532193631.jpg

(洗っているのは香草のような葉っぱで、主にスープなどに使われるようです。)




子供たちが、料理に使うであろう塩コショウを作っている様子、


S_8014781998398.jpg

(岩塩と粒コショウをそのまま臼に入れ、つぶしている様子に驚きました!

とってもワイルドで、コショウのいい香りがしました。)





カンボジアの伝統的なお菓子、豆とジャックフルーツを使った"ちまき"を作る用意をしている様子が

見受けられました!


S_8014531927261.jpg

(奥の女の子たちは"ちまき"を包むバナナの葉をカット、

手前の女の子は"ちまき"に使う豆を瓶でつぶしています。)




また、私は、会場を飾り付けるためのバルーンアートを、子供たちと一緒に作りました。


みんな風船が割れるのも恐れず、犬やウサギ、花や蛇など、たくさんのバルーンアートを

楽しんで作ってくれました。


S_8014532366099.jpg

彩り豊かな飾りがたくさんできて、会場はにぎわうこと間違いなし!!


S_8014857509116.jpg

あれ?それは何だろう、、、? ともかく楽しんでくれたみたいでよかった!!




文化祭当日は、歌のコンテストも催されるようで、

予選会も準備段階で行われていました。


S_8014554822138.jpg


(中央に歌を歌っている生徒と、その向かいに審査員の先生方、聞き入る生徒たちの様子。みんな上手でした!!)



当日コンテストに出場するのは40人とのこと。

白熱した戦いがみられるのが楽しみですね!







文化祭の準備は、以前から取り組まれており、

前日の今日も、一日かけて全校生徒や先生たち総出で行われていました。




中学校の生徒たちだけではなく、近隣の村の住民や、保護者や先生の力が結集して

開催される第一回バイヨン中学校文化祭!




先生や生徒たちが主体となり、案を出し合ったり、協力し合ったりしている様子が印象的で、

純粋に、「文化祭いいな~!!」と思いながら見ていました。






子供たちと同じくらい、インターン生も明日の文化祭がとっても楽しみです!!


文化祭当日の様子は、また後日アップしますので、そちらもお楽しみに!




以上、インターン生の木村でした!







スースダイ!
こんにちは、インターン生の木村です。

カンボジアでの生活も4週目に入り、カンボジアライフを満喫している今日この頃です。


さてさて、今日は、先日バイヨン中学校で行われたサッカー教室についておはなししたいと思います。




S_79766847653998.jpg

▽2018年5月16日


バイヨン中学校で、カンボジアのプロサッカーチーム
SOLTILO Angkor FCがサッカー教室を開いてくださいました。


SOLTILO Angkor FCとは、本田圭佑選手が運営に参画する、
カンボジア1部リーグに所属するサッカーチーム。


教育問題に取り組む彼は、"サッカー選手"が子供たちが目指せる夢の対象の一つになることを目指して、
シェムリアップに本拠地を構えるプロサッカーチームとして2017年に創立しました。


カンボジアでもサッカーは人気のスポーツで、バイヨン中学校にも男女ともにサッカー好きが多いんです!


以前、シェムリアップで、SOLTILO Angkor FCのサッカーの試合が開催された時には、無料で生徒たちを試合に招待したこともあるそうです!




体育の先生よりも、プロチームからサッカーを教えてもらいたいという中学校側の思いと、

サッカーを通して多くの人に、夢を持つことの大切さを伝えたいというチームの思いから、

この度バイヨン中学校側と連携をはかり、サッカー教室を開いていただくこととなりました。



このサッカー教室がバイヨン中学校で開催されるのは、今回が初めてではありません。

前々回のインターン生がいるときも開催していたようで、今回は約1年ぶりのバイヨン中学校でのサッカー教室だとか!






当日は、日本人選手3人と、コーチが来てくださいました。


S_7976666559874.jpg

バイヨン中学校には、サッカークラブがあり、
16日当日も、30人を超える子供たちが集まってくれました。



男の子の参加者より、女の子の参加者の方が多いことに驚き!


S_7976684716601.jpg
ペアになり、少しパス練習をした後、ゲーム形式の始まりです。


着ている服の色でチーム分けをしました。青チームVSカラフルチームの対決です。


S_7976727104160.jpg

子供たちは裸足で夢中になってボールを追いかけます。
(青のユニフォームがSOLTILO Angkor FCの選手です)


S_7976729761042.jpg
S_7976735808162.jpg

裸足ながらも激しい蹴り合いにひやひやしながら観ていました。



選手も子供たちと真剣勝負!
(写真右の青のユニフォームがSOLTILO Angkor FCの選手です)


S_7976696100217.jpg



サッカーをしているにぎやかな様子を、授業と授業の合間にグラウンドに出てきて観戦する子供たち。

S_7976619404411.jpg

いいなあという声が聞こえてきそうです。




こちらは、生徒たちと一緒になってボールを追いかけるバイヨン中学校の体育の先生。
(写真左)

S_7976610314820.jpg

一番楽しんでいたのはもしかして先生、、、?





結果は1-0で青チームの勝利です!


S_7976708724279.jpg

最後はハイタッチでノーサイド。


S_7976168111782.jpg
子供たちの清々しい笑顔がまぶしい!!

子供たちの弾けるような笑顔と、みなぎるパワーにいつも元気をもらっています!



選手たちも、男女関係なく、裸足でサッカーを楽しむ様子や、

子供たちの身体能力の高さに驚いていました。





ゲーム後、生徒に「楽しかった?」と聞くと、



「もちろん!だってサッカー大好きだから!」と満面の笑み。


S_7976715182701.jpg

インターン生・杉本とともにピースを向けてくれました。




サッカーって素敵!
スポーツって素敵!
国籍を超えてつながれるって、みんなで一つになって楽しめるって、とっても素敵ですね!


わたしたちにはできない、プロサッカーチームの方々だから設けることが出来るこのような時間!


地元のプロサッカーチームの選手たちと交流でき、
子供たちにとって、かけがえのない時間となったことでしょう。





S_7976168048577.jpgのサムネール画像のサムネール画像




SOLTILO Angkor FCの皆さん、本当にありがとうございました!






6月9日にはホームであるシェムリアップで試合が開催されるようです!
ぜひ皆さんで応援しましょう!







以上 インターン生 木村でした。




チョムリアップ・スオ!


初めまして、この度JST4ヶ月間インターン生としてお世話になります。関西学院大学 法学部 3 杉本夏奈です。


Café moimoiとバイヨン中学校で日本語教育を行い、教育分野に携わらせてもらいます。


もう一人のインターン生 木村と二人でカンボジアの魅力、JSTの活動など全力で伝えて行こうと思います。よろしくお願い致します!






さっそく、先週の土曜日にバイヨン中学校で日本語の授業を行ってきました。

これがバイヨン中学校での初めての日本語の授業です!

実は、前日からずっとドキドキしていました。




バイヨン中学校で行う日本語の授業は、自由参加です。(日本でいうと放課後の活動...みたいな...?)

バイヨン中学校は、二部制で授業を実施しています。そのため、午後授業を受けている生徒は日本語の授業と被ってしまっているため受けることができません。

「生徒は来てくれるかな」「何人の生徒が集まるかな...」と緊張していました。

もう一人のインターン生 木村に「誰も来なかったら、私が授業を受けるから!」と励まされたり...




ついに日本語授業の時間がやって来ました。

ドキドキしながら教室を覗いてみると3人の生徒がいました!

そして少し遅れてから2人の生徒がやって来て5人揃いました!

な、なんとこの日はスペシャルゲストでソルティーロ・アンコール・FCの方が来てくださいました。

やったー!大人数授業の始まりです!





今回は5/5ということで

「こどもの日」を生徒たちに紹介しました。

こいのぼりには、子供の健やかな成長を願う親心が込められています。

生徒たちにこいのぼりの説明をし、新聞紙や折り紙でこいのぼりと兜を作りました。



IMG_9225.jpg





IMG_9235.jpg

兜にこいのぼりをさして改造!






IMG_3342.JPG

午後授業を受けている生徒たち

興味津々に覗いて来たのでミニ教室を開きました!






IMG_1620.JPG

ソルティーロ・アンコール・FCの方と生徒たち




過去のインターン生の頑張りもあり、5人の日本語レベルは高くて驚いてしまいました。

「先生!」と生徒たちは呼んでくれて嬉しい気持ちになりました。

好奇心旺盛な生徒たちと一緒に日本語の授業を通して全力で楽しんでいきたいです。




以上

インターン生 杉本でした!


スースダイ!

はじめまして!私、この度、4月末から8月末までJSTでインターン生としてお世話になります、関西学院大学法学部3年生、木村和美と申します。

4か月間、主に広報担当として、JSTに携わります。 

カンボジアでの生活や、JSTの活動について、余すことなくお伝えしていきますので、皆さん、楽しみにしていてください!!!

また、Cafe Moi MoiのInstagram (https://www.instagram.com/cafemoimoi へジャンプ!) の更新も担当しておりますので、皆さんのフォローをお待ちしております♪




さてさて、私がカンボジアにきてはや10日経ちました。

生活も少しずつ整ってきており、充実した毎日を送っております。



そんな毎日の中で、私の癒しとなっているものがあります。


それは、、、、
S_7900998643829.jpg

マンゴーです!!カンボジアでは今が旬のマンゴー!
(写真は、Cafe Moi Moiのマンゴープリンです)


彩り鮮やかで、果汁たっぷり、甘くて美味しいんです。



「カンボジア1おいしい」、さらには、「世界1美味しいマンゴー」と呼ばれているこちらのマンゴーは、
一番おいしく頂ける時期が 4月下旬から5月中旬まで と、かなり短いので、希少価値が高いようです。



マンゴーは、おいしいだけではなく、栄養も豊富。


マンゴーには、カリウムやマグネシウムが豊富に含まれており、これらの成分は、血圧を下げることに役立ちます。

さらに、ビタミンや葉酸も豊富で、心臓のリズムを整え、体の隅々まで栄養を届けてくれる作用もあるのだとか!

さらにさらに、マンゴーは消化酵素を多く含んでいるため、食事の吸収と消化を促進させてくれるそうです。



なんとまあ優秀なんでしょう!!!
毎日食べたい!!!!



よく冷やして食べると、マンゴーに含まれる糖が甘みを増し、ますます甘くおいしく感じるそうです。



前述のマンゴープリンや、


S_7901397488201.jpg

サラダと食べるマンゴー(Cafe Moi Moiのメニューより、MoiMoiサラダ)も、フレッシュかつジューシーで、言うことなし!



なのですが!

私のおすすめは、こちら!


S_7901298352063.jpg

干し魚とマンゴーです!(Cafe Moi Moiのメニューより)



大きくカットされたマンゴーの上に、干し魚が乗せてあります。

甘くさわやかなマンゴーと、いかにも酒のつまみのような干し魚。

合うのか、この二つは、、、できれば別々で食べたい、、、なんて思いながら、一口パクリ




お、おいしい!!!




そうなんです、合うんです、干し魚の塩気とマンゴーのさわやかな甘みが絶妙に合うんです。

干し魚は、日本の さきイカ のような食感・味がします。


こちらの料理は、カンボジアの日常的な家庭料理で、ご飯と一緒に食べるのが普通だそう。




このおいしさを知らずに20年間生きてきた自分が恥ずかしいくらいです。

カンボジアにきて、この魅力に気づけて良かった。




もちろんそのまま食べるマンゴーもおいしいですが、このようにカンボジアならではの食べ方で食べるマンゴーも格別です。



※Cafe Moi Moiでは、マンゴーがおいしい季節のみ、「干し魚とマンゴー」をご用意しており、そのほかの季節には、「干し魚とスイカ」をご用意しております。(こちらも食べてみたい、、、)



Cafe Moi Moiでは、期間限定で、食後の「マンゴー食べ放題」を実施しておりますので、
シェムリアップにお越しの際は、ぜひCafe Moi Moiにお立ち寄りください。





じめじめ暑い季節も、もぎたてフレッシュマンゴーを食べて、元気に明るく頑張りましょう!





以上  インターン生の木村和美でした。




カンボジア生活情報誌NyoNyum93(2018年2月/3月号)に掲載された小出陽子のエッセイです。

180408.jpg

インターネットその後のバイヨン中学校はというと・・・・、
35mの高さのインターネットアンテナに、半年で3回も落雷があり、そのたびにネットは使えなくなり、業者を呼んで修理してもらうことになりました。
バイヨン中学校の周りはカシューナッツ畑で、他の建物もない平らな土地ですので、雷が落ちやすいのでしょうか・・・?なかなか難しいものです。

カンボジア生活情報誌NyoNyum92(2017年12月/2018年1月)に掲載された小出陽子のエッセイです。

180405_0.jpg
180405_01.JPG
絵本の内容①;
バイヨン中学校での佐藤さん(シェムリアップ淡水魚研究所所長)の授業を解説。
文と絵はJSTスタッフのタウリーによるものです。同じくJSTが製作した『遺跡修復絵本』に続いての大活躍でした。

180405_02.JPG
絵本の内容②;カンボジアの水環境、バイヨン中学校生徒が調査した身近な水環境について

180405_03.JPG
絵本の内容③;カンボジア及びシェムリアップ近郊に生息する特徴的な魚の図鑑。
図鑑頁8ページ分は、当時のJSTインターン学生、五井梨奈さんがセンス良くまとめてくださいました。

中身充実、全51頁の完全オリジナル絵本です。
たくさんのカンボジアの学校に配布することができましたが、まだ若干、在庫があります。
カンボジアの小中学校の図書室などへ配布ご希望の方で、シェムリアップで受け取ることが出来る方、ぜひJSTまでご連絡ください!

スースダイ!インターンの中岡です。

先日土曜日は五ヶ月間続けてきていたバイヨン中学校日本語授業の最後の授業でした。
今日はその様子と、今まで生徒たちと学ぶ中で感じたことを書こうと思います。

まず、最後の授業も元気な挨拶から始まります。
毎回、起立・礼の掛け声は最年長の高校生セイハーがしてくれています。
2018.3.3.1.JPG今回の授業は「夢の発表会」です。
実は前回の授業から自分の夢についての文章を作り、それを読む練習をして来ました。
そして今回の授業のタイミングで明治大学のスタディーツアー、支援者の方々がバイヨン中学校を訪問するということで、その場で生徒に夢を発表してもらうことになりました。
2018.3.3.3.JPG
生徒たちはみんなそういった場で発表することは授業前まで知らず、、
今日は発表がありますよ。といったら今までにも増して読む練習を始めました。
2018.3.3.2.JPGのサムネール画像
小出さんやタウリーさんにも手伝ってもらいながら、読む練習を進めていきます。

廊下で出番を待つ間、みんなドキドキしながらもお互いに"SuSu!"(カンボジア語で「頑張れ!」)と言い合っていました。
2018.3.3.4.JPG
ついに本番です。
順番は身長順、セイハーからです。
セイハーの夢は日本語教師、貧しい子供に日本語を教えて仕事に就けるようにしたいそうです。
ベェンの夢はクメール語と日本語の教師、理由は貧しい子供たちに勉強を教えたいからだそうです。
この二人は高校生なのに、授業が始まった当初から毎回授業に来てくれていました。
2018.3.3.5.JPG
次は中学生組です。
真ん中のネットの夢は医者です。病気で困っている人とたちを助けたいそうです。
なんだかこの辺りから彼らの姿を見ていると、ウルウル来てしまいそうでした、、笑
次はのんちゃん。
英語もできて日本語の授業にも毎回来ていました。
夢は会計士です。理由はカンボジアの経済をよくして家族と幸せに暮らしたいからだそう。

最後はみんなのアイドルのいちゃんです。(のんちゃんの妹)
のいちゃんはまだ小学四年生の9歳。夢は医者です。理由は病気の人を救いたいから。
2018.3.3.6.JPG
みんなのキラキラした目で夢を発表する姿はすごくかっこよかった!!

普段の勉強もあるのに毎回日本語授業に来てくれたこの子たちに拍手を送りたいです。


授業を進める中で、教育学を学んでいない自分に何ができるんだろう。と悩むこともありました。
ただ、毎回授業に行くと子供たちが自分の授業のために学校に来ていることを実感します。そうしたことを感じると自分だけの理由で立ち止まっていてはいられない、という気持ちになりました。
インターネットで授業方法を調べ、過去のインターン生の内容を遡り、どうすればみんなが楽しめて且つ日本語を学べるかということをとことん追求した5ヶ月間でした。

発表のあと、みんなにこんなプレゼントを送りました。
DSC_0798.JPGのサムネール画像
5ヶ月間で撮りためた写真とメッセージです。

すると、逆に子供達からもプレゼントが。
手紙や折り紙、庭になっていたマンゴーをもらいました。(カンボジアらしい笑)

5ヶ月間悩みながらも楽しみだった土曜日の授業。
続けて来てよかったと思えた瞬間でした。
日本語を教えてはいましたが、逆に彼らから得るものがたくさんありました。
絆や笑顔、人への思いやり、顔を見えれば「タロー!タロー!」と呼んでくれる子供・先生達、など挙げればきりがありません。

人生で初めての海外長期間滞在でしたが、このカンボジアでの生活、バイヨン中学校との関わりは何事にも代え難いものです。

いつか必ず帰ってきたい。そう思える場所がまたひとつ増えました。
2018.3.3.8.JPG

カンボジア生活情報誌NyoNyum91号(2017年10月/11月号)に掲載された小出陽子のエッセイです。
昨年8月に行われた、バイヨン中学校第二期生卒業式の様子を中心に書きました。
日本とは全く違う卒業式の様子、ぜひご覧ください!

180316_01.jpg

180316_02.JPG
バイヨン中学校の卒業式の様子です。普段は全員制服なのですが、この日に限ってなぜか、皆、私服でした。カンボジアと日本では制服と私服のとらえ方が違うのでしょうか、もしくは卒業式自体の概念が違うのでしょうか・・・、気になるところです。

180316_03.JPG
在校生代表として、中学1年生のノンちゃんがスピーチしました。日本のように、卒業生に贈るお祝いの言葉はほとんどなく、自分がいかにして勉強ができるようになったか(実際、ノンちゃんは学年トップの成績で、何事にも「超」が付くほど積極的です)を話していたことがとても印象的でした。

スピーチの内容にも驚かされましたが、こんな風に自分の能力をアピールしていると、日本ではすぐにいじめの対象にされるのではと、そちらの方も心配してしまいました(私自身が、もう20年近く日本から離れているので、入ってくる日本の情報自体がかなり濃縮されたものになっているのかもしれませんが・・・)。

ただし、物心ついたときから小乗仏教の教えを規範としているカンボジアの農村部では、いじめそのものがありません。だから、何でもできるノンちゃんは、誰からも尊敬され、一目置かれる存在となっています。

180316_04.JPG
式典には出席せず、昼食の準備をする生徒たち。沢山のお料理をつくっていました。

180316_07.JPG
式典後に、生徒たちが作った料理を食べに来られた隣の中学校の先生、バイヨン中学校学区の小学校の先生、5つの村の村長さんたちです。

私自身、初めて参加したカンボジアの卒業式ですが、日本との考え方の違いからか、多くのなぞが残った式典でした。

スースダイ!インターンの中岡です。

今回は先日JSTのスタディーツアーに参加された明治大学様の活動について書きたいと思います!

JSTではお客様に応じてスタディーツアーをアレンジし、提供させていただいています。

今回の明治大学様のスタディーツアーではバイヨンインフォメーションセンター・遺跡修復現場案内、MoiMoi農園昼食、バイヨン中学校交流をコンテンツとしてアレンジさせていただきました。

初日は、朝からJASAオフィスにあるバイヨンインフォメーションセンターでアンコール王朝の歴史や遺跡修復の様子を見学いただきました。
その後バイヨン寺院に移動し、JASA現地駐在員の石塚からカンボジアの歴史やバイヨン寺院の文化的価値、遺跡修復における方法や重要な点をご説明させていただき、遺跡という文化遺産を通じてカンボジアの現状や過去の歴史について触れていただきました。
2018.3.3.10.JPG
さらにJASA/JSTツアーの一環として遺跡修復の体験というコンテンツも組み込み、実際に学生さんたちに遺跡修復の一部の作業を体験していただきました。
2018.3.3.11.JPG
苔を落とす作業
2018.3.3.12.JPG
石の隙間に薬剤を注入する作業

その後、MoiMoi農園でカンボジアの田園風景とともにカンボジア風お弁当を食べ、午後はバイヨン中学校へ。

バイヨン中学校ではJST代表チアのプレゼンテーションを聞いていただきました。
このプレゼンテーションではチアのポルポト時代を生き抜いた経験から当時の時代背景、ポルポトが出てきるまでに至った経緯なども詳しくお話しさせていただきました。
2018.3.3.13.JPG
また難民として日本に渡った苦労やその後遺跡修復チームで働き始める過程、そしてJSTという現地NGOの活動も詳しくご紹介させていただきました。

また、このプレゼンテーションの後にJSTが長年行って来た日本語教育の一環として、バイヨン中学校の生徒たちから日本語で夢の発表を行ってもらいました。
2018.3.3.14.JPGのサムネール画像
二日目のコンテンツは明治大学様からはバイヨン中学校の生徒へ折り紙と卓球の体験を提供していただき、バイヨン中学校からはココナッツダンス・ピアニカ・カンボジアの壺割りゲームを行いました。

バイヨン中学校の生徒たちが普段から練習しているココナッツダンスはカンボジアでしか見られない踊りです。
2018.3.3.15.JPG
またピアニカもJSTの音楽教育でインターン生が教えた日本でも馴染みの深い歌や音楽を披露してくれます。
2018.3.3.16.JPG
カンボジアの壺割りゲームは毎回行っている恒例のゲーム。カンボジアではお正月にするそうです。スイカ割りのスイカを吊るした壺に変えて行うこのゲームはスタディーツアーの中でも一番の盛り上がりを見せるほど中学生と一緒に盛り上がれます!
2018.3.3.17.JPG
明治大学様からは卓球の指導と折り紙を教えていただきました。
2018.3.3.19.JPG
バイヨン中学校の生徒たちは卓球は初めてです。
2018.3.3.20.JPG
明治大学の学生さんたちと中学生がラリーをしています。
中には本当に初めてしたの?と疑いたくなるほどうまい子もいました!
折り紙組では、鶴や手裏剣など普段自分たちでは折れないようなものを教えていただきました。

この日の昼食はJSTでしか体験できないカンボジアの料理体験です。
JSTが用意した新鮮で清潔な野菜やお肉とともに、バイヨン中学校の先生や生徒と料理体験ができます!
もちろん水もJSTが用意したものです。安心してご利用いただけます!
2018.3.3.22.JPGのサムネール画像
この日のメニューは空心菜炒めとカンボジア風カレースープです。
カンボジアでは鳥の足までスープに入れるのですが、学生さんたちはそれに驚いていました。
こうした異文化体験も普段できないものですね♩
2018.3.3.24.JPG
JSTではこのようなスタディーツアーの受け入れを行っています。
各団体様に合わせたコンテンツを組み合わせたものを提供しています。
例えば、
トンレサップ湖ツアー、アンコールクラウ村への村泊、バイヨン中学校学泊、カンボジア発酵食品体験、料理体験、バイヨン中学校生徒との交流、村の子供達と交流など、、、、

ぜひ、JSTツアーに参加してカンボジアの農村でしか体験できないような体験をしてみませんか?
お問い合わせはJSTまで(info@jst-cambodia.net)
スースダイ!インターンの中岡です。

先日、NPO法人わかち・つむぎあいの皆様がバイヨン中学校を訪問されました!

午前中はバルーンアートの公演会!
メンバーのクラウン・チョクさんがピエロの格好をして生徒たちにバルーンアートを披露してくれました。
2018.2.9.1.JPGのサムネール画像
さすがはピエロ!生徒たちの心を掴みながらバルーンアートを見せてくれました。

チョクさんが「この風船欲しい人〜」と聞くと、みんな我こそは!と手をあげていました。
2018.2.9.2.JPG
これは木と果物、それを取る猿のバルーンです。
2018.2.4.JPG
最後は生徒みんなでバルーンに挑戦です。
20187.2.9.3.JPG
割れないかドキドキ。
尻尾の大きな犬や鼻の長い犬が出来上がりました。

2018.2.9.5.JPG
教室に入れなかった生徒も興味津々です。
2018.2.9.5.JPG
この様子を見かねたメンバーの皆さんが2回目もしようと言ってくださり、2回目もすることに!
2018.2.9.6.JPG
2回目が終わっても教室の外から眺めていた子がいたので、なんと3回目もしてくださいました!
みんな本当に楽しそうにバルーンを作っていました。笑顔が素敵!
2018.2.12.1.JPG
先生たちも童心に帰り、バルーンで遊んでいました!
2018.2.19.3.JPG
午後からは1年生1クラス(50人)を対象に健康診断(血圧、聴診)をしていただきました。
20018.2.14.1.JPG
バイヨン中学校の地域には病院はもちろん診療所もありません。
どの子も検診を受けるのは初めてだったようで、
検診が何かわからず、嫌で逃げ出した子も、、笑
血圧、聴診ともに大きな異常のある子はいませんでした。
よかった、、!
ただ、一人だけ不整脈の子もいて、
まだまだ健康の問題は根強く残っていることを再確認しました。

月曜日はバイヨン中学校の生徒全員分のカレーを提供していただきました!
子供達も普段は食べれない給食に大はしゃぎです。
メニューはココナッツカレーとヌンパン(フランスパン)。
2018.2.14.4.jpg
ヌンパンも500人分となるとこんなに大量です。
2018.2.14.5.jpgのサムネール画像
みんな美味しそうに食べていました!
2018.213.jpg
NPO法人わかち・つむぎあいの皆様、貴重な体験を提供していただきありがとうございました!