About JST
JST News!
TOP >> JST News!

カテゴリー


月別アーカイブ

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


最近の記事


昨年の12月26日。

オーマヌーッス小学校の井戸建設費を寄付してくださった方々が、子供たちと完成を祝いたいと、日本から駆けつけてくださいました。

日本から飛行機でひとっ飛び(?)。カンボジア到着がちょうど24日だったので、まるでサンタクロースがやってくるようだと、カンボジアでは、ちょっとした高揚感に包まれていました。

 

 

130128_01.JPG 130128_02.JPGシェムリアップの町から北へ1時間以上の場所にあり、荒涼とした土地の真っただ中にあるオーマヌーッス小学校。一帯は地中に固い岩盤があり、今までに何度も井戸掘りに失敗した土地です。

「今回、水脈に突き当たったのは奇跡的」とは村人の言。

すでに、小学校の生徒だけでなく、村中の人々が、井戸の水を汲みにきている、と聞いていました。

 

そして、私たちが到着すると、教室前の廊下や校舎前に机を出して、全校生徒とその母親たちが、うれしそうに座っていました。

 

 

130128.jpg 

こちらが完成した井戸です。水量も多く、浄化槽も付いた、すばらしい井戸ですね!

 

そして、ここで完成を祝って、ちょっとしたセレモニーを行いました。

まずは、JST代表、村長、サンタさん代表、校長先生のスピーチです。

 

 

130128_08.jpg 130128_04.jpg村長は朝からお酒を飲んでいたようで、すでに酔いがまわり、握りこぶしを振り上げながらの力強い演説に、皆、少々引き気味でしたが、

JST代表のチアは、まず、この井戸ができるに至った経緯を説明し、村人も使うこの井戸を今後どのように管理するか、壊れた場合に誰がどのように修理をするのか、校長先生と村長中心に、ぜひ皆で考えてほしい、と親たちに語りかけていました。

 

 

130128_09.JPG 

そして、全校生徒にノートと歯ブラシの贈呈も。

ノートは一宮中央ロータリークラブから、歯ブラシは聖心女子学院高等部からの寄贈品です。

生徒たちに歯ブラシで歯を磨いたことがあるか聞いたところ、「ない」とのこと。使い方は知っているようだったので、ぜひ、この歯ブラシで、毎日歯を磨いてもらいたいものです。

 

そして、いよいよJSTの「移動式雑炊」実施です。

このプロジェクトは、愛知県のNPOオアシスから助成金をいただいて、シェムリアップ郊外の貧困地域の小学校で実施しているものですが、オーマヌーッス小学校のように、町から30キロ以上離れた場所で行うのは、これが初めてです。

 

 

130128_11.JPG 130128_12.JPG

はるばるアンコールクラウ村から、いつもの雑炊つくりのおばさん3人と青年たちが道具と食材とともに車で先のりし、1時間前から村人とともに調理を始めていたのですが、いい具合に完成したようです。

 

手慣れたもので、アンコールクラウ村の青年たちが手際よく、生徒ひとりひとりに雑炊を配っていきます。お皿とスプーンは、前日に先生が通達してくれたので、各自持参しています。

 

 

130128_13.JPG 130128_14.JPG 130128_15.JPG 130128_16.JPG 

 

皆、もくもくと、まさにひとつひとつ噛みしめるように食べていました。

外国人は全くといっていいほど来ない場所なので、カメラを向けると、ほとんどの子ははにかんで、隣の子の影に隠れてしまうほど。

 

鶏肉と野菜がたっぷり入った雑炊は、何杯でもおかわり可能なほど大量につくったので、皆、お腹がはちきれる寸前まで、存分に食べていました。

 

そして、最後に、井戸に駆けつけ、お皿洗い。

 

 

130128_17.JPG見ていると、お皿に少し水が溜まったら、即座に蛇口を閉め、そして洗い終わった皿の水は、近くの果物の木の根に捨てていました。

中には、お皿に付いていたご飯粒とともに、水を飲む子も。

 

ここでは水は本当に貴重なものなのだ、ということを再度実感。

そして、我が身を省みて反省も。

 

この子供たちから学ぶことも多く、また、素直な振る舞いに、感動さえ覚えるほどで、

日本からのサンタさんたちも、井戸をプレゼントすることによって、逆に子供たちから、忘れかけていた何か大切なものをもらった、と、皆が大喜びな一日でした。

 

 

130128_18.JPG

 

みんな、ありがとう!!!!! 

 

(よ)

 

 

 

 

今週123日に、皇太子さまが学習院女子大で『アンコールワットと日本のつながり』という題で、特別御講義をされたというニュースが新聞で取り上げられました!

 

特別講義ではアンコール遺跡に焦点をあて、日本人が協力している遺跡の保存修復活動にも触れられたということです。

 

昨年の6月末に、皇太子がカンボジアを訪問されましたが、その際にバイヨン寺院のJASA修復現場もご視察されました。

修復現場では様々な質問をされ、大変熱心に専門家の話に耳を傾けてくださりました。

 

日本の皆様に、遺跡での活動を知っていただける大変素晴らしい機会となりました。是非御覧ください!(麻)

 

130124_01.jpg

今週末から渋谷のギャラリーで、アンコールクラウ村の子供たちの絵画展が開かれることになりました。

 

「カンボジアの子供たちの小さな絵画展」
主催:AYF(アンコールやまなみファンド)
開催期間:2013年1月12日(土)~19日(土)
       11:00~19:00
     ・12日はオープニングパーティ(18:00~20:00)のみ
     ・13日(日)14日(祝)は休館
場所:ギャラリーNANZUKA
    渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB1
    TEL:+81-3-3400-0075
 
 
 
主催のAWF(アンコールやまなみファンド)は、2005年にアンコールクラウ村コミュニティセンター内のやまなみ塾建物を寄贈してくださった団体です。その後も継続して、村の子供たち向けの英語教室、日本語教室など、多大なご支援をいただいています。
 
また、2009年より村の子供たちの絵の指導をしてくださっているのは、シェムリアップで「小さな美術スクール」を運営されている笠原知子先生です。
 
 
 
130109_07.JPG 130109_08.JPG 
 
毎週日曜日に村で行われている絵画教室の様子です。
みんな、一生懸命、集中して描いていますね!
そして、絵を描くことがとっても好き!!
最近、村の子供たちに「将来、何になりたい?」と聞くと、「画家」と答える子どもが多くなりました。
 
 
130109_01.JPG 130109_02.jpg 130109_03.JPG 130109_04.JPG 
 
 
こちらは、展示される子供たちの絵を日本に運ぶ直前の写真です↓
 
 
130109_06.jpg
 
 
130109_05.jpgほのぼのとした絵ばかりで、日本の寒さも吹き飛ばすほど、きっとほっこり心が温まると思いますよ。
アンコールクラウ村の子供たちの夢いっぱいの絵をぜひぜひご覧ください!
 
(よ)
 
 
 
 
 
 
みなさん!
あけましておめでとうございます。
30度を越えるヤシの木のしたで迎えるお正月もなかなか面白いものです!

さて、昨年の初めからずっと取り組んできたJSTの新企画『遺跡修復絵本』の制作。
1年をかけた絵本の超大作原稿が着々と出来上がってきています!

20121231-1.JPG

その気になる中身を年末プレゼント!でちょっとだけご紹介します・・・

遺跡修復絵本ダイジェスト版はこちら!

ある日村の学生が二人、バイヨン寺院の見学に出かけます。
20121231-2.jpgのサムネール画像

遺跡に着いた二人の前では、寺院の解体修復が行われていました!
20121231-3.jpgのサムネール画像

修復の専門家に挨拶した二人は、修復の様子を間近で見せてもらうことに!
「ここからはこんな出土品がでてきたんだよ」
20121231-4.jpgのサムネール画像

さらに寺院の中では、壁に残された美しいレリーフを調査しているスタッフも!
「昔の人はこんな風にして、遺跡をつくっていたんだよ」
20121231_5.jpg

というようにストーリーは進んでいきます。(これはあくまでごく一部ですからね!)

この絵本はすべてクメール語で制作し、シェムリアップ近郊の小学校や公共施設に配布したいと考えています。計画を立ててから1年、今まで出版に関する費用のスポンサーが見つからなかったのですが、今回UNIQLOが主催する、'Clothes for Smiles'という子供たちのための国際協力支援のアイディアを募集する企画に、この『遺跡修復絵本』の製作・配布と遺跡修復現場の見学を組み合わせた事業を企画し、投稿することにしました!
本事業を通してより多くの子供たちに遺跡に触れる機会を提供することを目指しています。
 
下記URLより、ぜひぜひみなさん御覧になってください。
そして、「素敵な企画だなぁ」と思った方はぜひ「いいね」にて応援よろしくおねがいします!
http://clothesforsmiles.uniqlo.com/ja/idea_detail.php?idea_key=771356692264

同じく
JSTと長年植林活動や環境教育活動などを一緒に協力してい進めているIDCJからも、
JSTと協力した「学校をつくろう!」という企画を投稿していますので、こちらもご覧ください。
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

(ま&麻)

 
Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.