About JST
JST News!
TOP >> JST News!

カテゴリー


月別アーカイブ

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


最近の記事


井戸は、水が出ただけでは完成ではありません。

(手動の)ポンプを取り付けるのですが、最近のカンボジアの小学校では、水を浄化するための浄化水槽も作って、末端に蛇口を取り付けているものも見られます。(私が見たものは、planというNGOによるもの)

 

シェムリアップ地域の水は鉄分が多く、井戸からのそのままの水を飲み続けると、将来、結石ができたりもするので、やはりここは浄化水槽も作ってあげたい。

 

この井戸を寄付してくださった「オーマヌーッス小学校に井戸を贈る会」の皆さんは、12月24日にはシェムリアップに到着され(今日です!)、26日には井戸の開所式を行う予定でもあります。

 

そして・・・・、

皆さんの来訪に間に合うよう発注した、寄付者名が書かれた銘板も出来上がり、それを取り付けるために、12月22日、私もオーマヌーッス小学校に行ってきました!

 

学校の校庭に入って最初に目に飛び込んできたのは、井戸の上に乗って、うれしそうにポンプを押す子供たちの笑顔、笑顔、笑顔。。。。。

 

 

121222_04.jpg午前11時だったので、ちょうど午前の授業を終えた生徒たちが、家に帰る前に、井戸でひと遊びしているようでした。

なにせ、ポンプを上下させれば、大量の水が出てくるのです!

この地域の子供たちにとっては、きっと初めての光景、体験なのでしょう。子供たちの興奮ぶりが伝わってきました。

 

井戸には、「土足で上がらないように」という看板が付いていて、皆、階段の下でちゃんと履物を脱いで上がっています。

 

 

121222_05.JPGそして、立派な浄化水槽。

3つの水槽があって、一番上は大きな割栗石と木炭、二番目の水槽には砂利と洗い出し用の小石、そして三番目の水槽に水が溜まっていきます。

井戸からくみ上げた鉄分が入った水を空気にさらすことで、F(鉄)とO2(酸素)をくっつけて、酸化鉄(?)として沈殿させ、水から鉄分を取り除くのです。(←ちょっと違うかもしれないけれど、だいたいこんな感じかと。)

 

 

 

121222_06.JPG

 

 

 

 

 

121222_07.JPG 121222_08.JPG

最後に、三番目の水槽の外側につけた蛇口をひねると・・・・・、いつでも水が出るのです!

 

121222_09.JPGああ、水って、こんな風にして蛇口から出てくるのよね・・・・と蛇口をひねればいつも新鮮な水が出てくる国(今はそうでもないのかもしれないけれど)のありがたみをしみじみと感じました。

 

 

 

 

121222_10.JPGそして、井戸の側面に銘板を取り付けます。

この地域には水だけでなく電気もなく、発電機器もないため、電動ドリルで穴をあけるための小型ジェネレータを、私たちは運んできていました。

手慣れたもので、軍警察の副司令官がさっと銘板を取り付けてくれ、あっという間に作業終了。

 

 

校長先生によると、夕方、学校が終わると、近くの住民が次から次へとやってきては、水を汲んでいっているとのこと。皆に喜ばれるのはうれしいことだけれど、住民の使い方によっては、カンボジアではすぐに井戸が壊れてしまうので、要注意です。

 

このような、町から離れた農村部では、「公共」という概念を持たない人も多いので、住民には、ひとつひとつ理解してもらう必要があります。

 

そして、支援に頼るだけでなく、自分たちでできることは、やってみること、努力してみること。

 

「校庭の周囲に柵があれば住民が勝手に入らなくなる。(だから、次は柵がほしい。。。。)」

という校長先生に(校長先生、まだ若いのです。まだ20代かも?)、JST代表のチアは、

 

「今後、学校の校庭の柵を地域住民で作る等の機会をつくって、井戸を大切に使ってもらえるよう、校長先生自らが、まず、住民の意識を変えていくよう努力してください。」などと諭していました。

 

カンボジアにはクリスマスを祝う習慣はなく、特に農村部の子供たちは、サンタさんのことも知らないと思うけれど、クリスマスに合わせて「水」というすばらしい贈り物を届けてくださった「オーマヌーッス小学校に井戸を贈る会」の皆さん、本当にありがとうございました!

(8人のサンタさんたちは、今頃、飛行機に乗って、雲の上ですね!笑)

 

つづく 

 

(よ)

 

12月1日。井戸業者がオーマヌーッス小学校に入り、井戸掘削が始りました。

業者によると、「3日で結論が出る。40m掘っても水がでなければ、再検討。」とやる気満々。

 

 

121222_01.jpg 121222_02.jpg

井戸掘削機

 

そして3日後の12月3日。

「予測していたとはいえ、岩盤があまりにも固すぎて、これ以上掘削できない。ここで打ち止めにしたい・・・・。」

井戸業者からの報告でした。3日間かけて20m掘り進んだが、もうこれ以上、難しいといいます。

とはいえ、まだ目標の40mにも到達していません。なんとか方法はないものか・・・・と、それまでとは違う方法で、もう少し頑張ってもらうことにしました。

 

12月4日

シェムリアップの町から出ることができないJST代表のチアに代わって、シェムリアップ軍警察副司令官の従兄弟が部下を引き連れて、オーマヌーッス小学校にかけつけてくれました。こういうとき、カンボジアの仲間は本当に頼りになります。

 

昼過ぎ。

朝から現場に駆けつけ、井戸業者が途中であきらめないよう、おそらくプッシュをかけ続けていたであろう従兄弟から連絡がありました。

「水が・・・・出た!。住民も多数駆けつけて、奇跡的だと喜んでいる!」

なんと、32m掘ったところで、水がでてきたそうです。

そのときに従兄弟が携帯電話カメラで撮った写真です。

 

 

 

 

121222_03.jpg

茶色の水が透明に・・・。まさに、奇跡の水ですね!

(よ)

 

 

「この地域は、井戸を掘っても水が出ないので、生徒たちは頭や体を洗うこともできないのですよ。」

 

今年1月、「東洋のモナリザ」彫刻で有名なバンテアイ・スレイ遺跡の数キロ奥にあるオーマヌーッス小学校を訪ねた際、子供たちの頭に付いているシラミやシラミの卵を見て、私たちが校長先生に質問を投げかけた際に返ってきた言葉です。

 

私たちがこの学校を訪れた理由は、東京の聖心女子学院高等部からの寄付金で購入した食糧を配布するためだったのですが

(その時の様子はこちら→

http://www.jst-cambodia.net/jstnews/2012/01/post-102.html)、

 

その後、今年3月には、同じ聖心女子学院の先生方数名がアンコール観光の合間に、足を延ばして、この学校を訪問してくださいました。

そして、沢山の子供たちが置かれている厳しい現状に、何かできることはないかと結束し、さっそく日本で、「オーマヌーッス小学校に井戸を贈る会」を立ち上げてくださったのです!

 

 

121222_11.JPG 121222_12.JPG写真左は今年1月にオーマヌーッス小学校を訪問したときの様子。

写真右は、3月に日本の方々と訪問したときの様子。校長先生に、小学校の現状を話してもらいました。

 

 

 それから数か月後。。。。

井戸を掘るための資金が集まりました!(「オーマヌーッス小学校に井戸を贈る会」の皆さん、ありがとうございました!)

 

とはいえ、この地域の地下の岩盤はとても固くてドリルの歯がたたず、今までに何度も井戸掘りは失敗に終わったといいます。

中には80m掘っても水が出てこなかったケースもあったそう。

 

今回も、いくら掘っても水は出てこない可能性が高く、運良く地下水脈に当たるのはピンポイントでの確率・・・・というような不安な状況でした。井戸を掘るのは専門業者なのですが、こればかりは運を天に任せるしかないといいます。

 

とはいえ、日本の皆さんの気持ちにこたえるには、我がJSTとしても、何としても井戸掘りを成功させなけばならない・・・。

ということで始まった井戸掘削作業。

3日で結論が出るといいますが・・・・。

 

つづく

(よ)

『100万人が訪れる世界遺産のすぐ隣にある貧困。観光産業の光と影』

プノンペン在住のフリージャーナリスト・木村文さんのウェブマガジン記事です。

http://diamond.jp/articles/-/28925

 

 

先日、このJSTブログに「中学校がほしい!」シリーズ①~⑤をアップしたところ、直ちに関連記事にして、JSTのこと、代表のチア・ノルのことを紹介してくださいました。

 

アンコール遺跡観光客数が急激に増加しているシェムリアップ州。

大型ホテルが立ち並び、外国人観光客で溢れ、一見すると貧しさからはかけ離れた地域のようにみえますが、ここシェムリアップ州は、カンボジアの22ある州のうちで、なんと、2番目に貧しい州でもあるのです。

(これまでは「5番目」と聞いていたのですが、先日会った、フンセン政権のシンクタンクをしている知人が言うのだからこれが最新データなのでしょう)

 

つまり、町に沢山の外貨が落ちたとしても、そのほとんどは、海外資本とカンボジア人富裕層、そして政府に流れ、多数の一般カンボジア人はその恩恵を受けていないのです。

さらに、他州と比べて土壌が悪く、農業にあまり適さない土地であることもそれに追い打ちをかけています。

 

こうして開いていく、都市部と農村部の貧富の格差。

とはいえ、農村部にいる人の声は、ほとんど外に届きません。彼らのほんの近くまで、多くの外国人がやってきているというのに・・・・。

観光客が順調に増加し、日本企業もカンボジアに急激に進出するようになった今、誰かが声をあげていかないと、農村部の人々の実態がかき消されてしまうのではないかと心配です。

 

そんなときに、タイムリーな記事をありがとう!文さん!

 

(よ)

 

悲願!「シェムリアップで働く日本語ガイドの皆さん対象:修復現場見学会」を実施!
1月7日、13日、15日の3日間で総勢166名のガイドの方々にご参加いただきました!満員御礼!

現在シェムリアップで仕事をしている日本語ガイドの方は250名くらいとすると、約7割ほどの方に来ていただいたことになります。すでにハイシーズンだったにも関わらず、てくれたガイドの皆さん、ご協力いただいた旅行会社の皆さま、本当にありがとうございました。

当日は、Bayon Information CenterにてJASAの組織や現在の各修復チームの活動の様子をお伝えし、ayon Information Centerのカンボジア人スタッフが展示の一部をご紹介。

20121221-1.JPG


その後、JASAの現在の修復現場へ。

日頃職場としている遺跡でも、修復現場となるとまた視点が変わります。
修復現場まで入って、専門家に日頃の疑問をぶつけられる数少ない機会はシェムリアップにいてもなかなかないもの。
JASAのカンボジア人専門家2名によるカンボジア語での特別レクチャーにガイドさんたちの目も真剣。
そして、スマートフォンの録音機能も大活躍。
20121221-2.JPG
現在JASAが修復を行っている外回廊の南東隅の塔の解体の現場ではJASAのチーフエキスパート、ソティが説明を。

20121221-3.JPG

続いて、同じくJASAのカンボジア人専門家のプロスが、石材の修復の様子を紹介。
実際の作業を目の前にして、石材の修復をするチームの作業員さんにも質問殺到。
20121221-4.JPG
一部、修復作業の体験も!
JASAで一番若いエキスパートSopheakも活躍しました。
20121221-5.JPG


参加されたガイドさんからは
「今までずっと疑問に思っていて、でも誰に聞いていいかわからなかったことを今日、ようやく聞くことができました。っきりしました。面白かったし、勉強になりました!これからもぜひこういう機会を作ってほしいです」との声をいただきました。

そして、炎天下の中での地道な作業の大変さ(この時期は本当に暑かった)も体験していただき、
現場の作業員に対しても、「すごく大事な仕事ですね」と共感をえられ、私たちとしても日々の仕事を知っていただくとても大切な機会になりました。

最後はお決まり集合写真で☆
20121221-6.JPG


今後も機会があれば、積極的に実施していきたいと思っていますので、お楽しみに!

今回のような修復現場見学ツアーを一般のお客様対象でも行っております!
ご興味がある方は、ぜひJSTまでご連絡ください!!

(ま)


2012年12月1日(土)

新中学校建設に向けて、地鎮祭が行われました。

 

121201.JPG幹線道路から見た建設予定地です。

敷地の大きさが、間口100m、奥行きは280mもあるので、地鎮祭のテントがずっと向こうに小さく見えます。

 

 

121201_05.JPG新中学校に生徒が通うことになる4つの小学校から、5年生6年生が集まりました。住民も合わせて、500人以上集まったようです。

 

 

121201_03.JPG 121201_04.JPG 

学校ごとに分かれて座る生徒たち。先頭の生徒は、学校名が書かれた厚紙を持っています。

 

関係者全員が集まったことを確認後、開始予定時間より早く、地鎮祭が始まりました。

カンボジアで、予定時間より早く全員が集まるのは珍しいこと。新中学校建設に対する期待の大きさがうかがえます。

 

 

121201_07.JPG 121201_08.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボジアの儀式は、お坊さんの読経から始まります。

5分ほどの読経の後、主催者と来賓が、お供え物をお坊さんに献上します。

 

 

121201_09.jpg 121201_06.jpg 

司会は、アンコールクラウ村出身のJSTスタッフ、ヨンさん(左)。最初は緊張しながらも、しっかりと大役を果たしました。

 

式は、

1.読経

2.国歌詠唱

3.JST代表チア・ノルによる、学校建設の経緯説明

4.JST新中学校建設委員代表 山本克典氏の挨拶

5.日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)代表 中川団長の挨拶

6.コックチョーク地区区長の挨拶

7.シェムリアップ市教育長の挨拶

8.アプサラ遺跡保存機構副総裁の挨拶

9.参加生徒にランドセルとノートを贈呈

と続きます。

 

 

 

121201_10.jpgJST代表は、毎度の如く、式典準備、来賓接待、代表の挨拶、日本語・クメール語通訳、開会と閉会のことばなど、一人何役もこなしていました。

 

「学校建設の経緯説明」の中で、チア代表は、130年前に東京の田園地帯の真ん中に創設された、中川団長の母校でもある早稲田大学をモデルにしていきたい、

現在この敷地も、田んぼと荒地に囲まれた何もないところにあるが、数十年後、いや数年後には、カンボジア国内はもとより、世界から注目されるような学校に なっていたらうれしいですね、と語りました。(少なくとも、生徒の"生き生き度"は今から自信がありますので!笑)

 

 

121201_11.jpg 121201_12.jpg 121201_13.JPG 121201_14.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランドセル配布の様子です。皆、とてもうれしそうですね!きっと、新中学校でも大切に使ってくれることでしょう。

(ランドセルは、富山ライオンズクラブから寄贈された新品です)

 

地域住民の新中学校への期待は予想以上に大きく、現在、町の中学校に通っている中学生の中には、1年留年して、新中学校開校を待つ学生もいるとのことです。

それを聞いたJSTのメンバーは、校舎建設と来期10月の学校開校は、何があっても絶対に成功させなくては、と心に誓ったのでした。

 

(よ)

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.