About JST
JST News!
TOP >> JST News!

3月10日(土)

三井物産環境基金による活動も2年が終了し、今まで活動を行った8校の小学校の校長と教師、アプサラ副総裁兼アンコール保存地域建設局長、シェムリアップ市教育長などを招いて、知見共有ワークショップを行いました。

この日のために、、約1ヶ月間、準備を進めてきたアンコールクラウ村青年グループとJSTカンボジア人スタッフ。村の青年グループは、ほぼ全員の16名が集まりました。

また、シェムリアップ州教員養成校の学生10名も招待し、JSTの活動発表や各小学校の取り組みを傍聴してもらいました。

 

まずは、JST代表のチアの挨拶です。

 

 

120331.JPG過去17年間に及ぶ村での活動内容と、村の子供たちの現状を紹介し、現在のJSTの取り組みについて、スライドを使って説明を行いました。

 

 

120331_01.jpg 120331_02.JPGそして、三井物産環境基金の2年間にわたる小学校での環境活動について、アンコールクラウ村青年グループの代表から、紹介説明を行いました。

写真左が高校生のカン・チンくん、右が青年グループリーダーで村の英語教師、ソム・ソピー氏です。

 

 

120331_03.jpgその後は、出席してくださった小学校7校の校長先生から、三井物産環境基金活動によって変化したこと(小学校や生徒たちについて)、そして、今後、取り組んでみたいこと、その計画について、発表していただきました。

どの学校でも、JSTが小学校で活動を行ったことによって、大きな変化が現れたことがわかりました。

 

・今までは、トイレがあったとしても使わずに校庭の隅で用を足していた生徒も、トイレを使うようになったこと。

・生徒は、手や体を洗い、衣服を清潔に保つなど、衛生面に気を付けるようになったこと。

・生徒は、歯を磨くようになり、爪も切るようになったこと。

・生徒は、環境保護に興味を持つようになり、自分たちで植えた木々に毎日水をやり、大切に育てていること。

・生徒は、自分たちで話し合い、掃除当番や水やりなどのグループをつくって毎日活動していること。

・学校内にたくさんのゴミ箱を置くようになったこと。

・生徒は、むやみに校庭などにゴミを捨てなくなったこと。

・学校の環境が改善されたことによって、生徒は学校がさらに好きになり、学校でもっと勉強し、遊びたいと思うようになったこと。

・生徒は、学校内だけでなく家や村の公共の場所のゴミも拾い、家族や友達にも、何をしたらよいか教えるようになったこと。

・この活動をきっかけに、学校で様々な新しい活動ができるようになったこと。

・・・・・などなど。

 

今までは、衛生や環境保護について、学校で教える機会がほとんどなかったのでしょう、大きな変化がどの学校でも現れたようです。

そして、先生方からの今後の要望として特に多かったのは、ゴミを燃やす焼却炉がほしいということ。

どこの学校でも、ゴミの処理に苦労しているようです。

 

中には、「今後、むやみにゴミを捨てた生徒には、罰金を払うルールを作る予定」とか、「木を1本切ったら、新たに5本植えなければならないというルールを作る予定」などという少し過激な対応を予定している学校もあり、社会主義体制の名残り(?)を感じた場面もありました。

 

 

120331_04.jpg 120331_05.jpg 

アプサラ副総裁兼アンコール保存地域建設局長クン・クニェイ氏(写真左)とシェムリアップ市教育長ポート・サムナン氏(写真右)からは、次のようなメッセージをいただきました。

 

・アンコールクラウ村青年グループを褒めたい。まだ若いが、他の人、社会のために、とてもよい活動を行っている。

町に住む青年の中には、麻薬に手を染めたり、喧嘩をして補導されたりするような若者もいるが、そのような青年たちより恵まれない環境に育っているにもかかわらず、自分の勉強や仕事以外に、社会に貢献する活動もしていることは、すばらしい。

・アンコールクラウ村の青年グループは、発表の際も堂々としていて、とてもすばらしかった。

・カンボジアの社会が発展するためには、庶民のレベルアップが必須で、JSTのこのような活動を高く評価するとともに、今後も活動を継続してほしいと思う。

・環境、衛生、森林保護という3つのトピックスを切り離さずに、村の住民や小学生に教えてほしい。美しい森や町があることは、世界中から観光客が訪れる一つの要因ともなるでしょう。

 

このように、アンコールクラウ村青年グループやJSTに対して、とても高い評価をいただき、青年たちもJSTカンボジア人スタッフもとても励みになり、有意義な知見共有ワークショップとなりました。

この環境活動は、あと1年、8校の小学校を対象として行う予定です。

さあ、来年度はどんな小学校、どんな生徒たちに出会えるでしょうか?

 

 

120331_06.JPG                ミーティングの最後に、皆で記念撮影!                                             

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

 

 

 

3月17日(土)

富山ライオンズクラブから贈られた新品のランドセル。

今日は、シェムリアップ州の盲学校、聾学校の学生、そしてシェムリアップ州教員養成校付属小学校の比較的貧しい家庭の生徒に配布しました。あらかじめ先生が選出してくださった生徒数は約200名です。

(ただし、土曜日だったため、全員出席できないとのことで←なぜか?、残りは後日配布することになりました)

 

120317_12.JPG 

向かって右側が、盲学校、聾学校の学生。先生が手話で通訳をしています。

向かって左側は、教員養成校付属小学校の比較的貧しい家庭の生徒たちです。

 

 

120317_11.JPG 

まず、JSTチア代表から、挨拶と、ランドセルを寄贈してくださった富山ライオンズクラブの紹介を行いました。

 

 

120317_13.JPGそしてさっそく、低学年の生徒たちから順にランドセルを配布していきます。

 

 

 

120317_14.JPG 120317_15.JPG盲学生、聾学生の中には、二十歳くらいの生徒もいるということは、私たちは当日初めて知ったのですが・・・・・、ランドセルが小さすぎますね。。。

 

 

120317_16.JPG全員に配り終えたところで、ランドセルを掲げて記念撮影。皆、新品のランドセルのように、笑顔が輝いていました!

 

 

 

 

 

120317_17.JPG  

聾学校の小学生たちも、元気一杯です。ランドセルを手にした喜びを、友達同士、手話で表現していたのが印象的でした。

 

 

120317_18.JPGこちらも聾学生。

ランドセルに貼ってある「ラリーちゃん」厚紙をさっそく頭に巻いて、楽しんでいました。

アンコールクラウ村の生徒たちも、「ラリーちゃん」厚紙は人気でしたが、どこでも子供たちが考えることは同じですね(笑)

 

富山ライオンズクラブの皆様、ありがとうございました!!

 

(よ)

 

 

 

 

青年海外協力隊で理科教師としてシェムリアップ教員養成校に赴任されていた小八重桂子先生が、カンボジア離任直前に、アンコールクラウ村の子供たちを対象に、栄養ワークショップを実施してくださいました。

小八重先生は、日本では、静岡県の農業高校教諭としてご活躍されているのですが、今回は、小学生以下の子供たちを対象に、栄養について、手作りの絵や道具を使って、とってもわかりやすく説明をしてくださいました。

 

さすが先生!

1時間以上の時間、子供たちは皆、真剣に、時には大笑いしながら、完全に小八重先生の話に惹き付けられていました。

 

 

120317_01.JPG 120317_02.JPG 

まずは、箱の中に、本物の野菜や魚、お米や牛乳瓶などをひとつずつ入れ、何が入っているか、手探りで当ててもらうゲーム。みんな、やってみたくてうずうずしていましたね!

 

 

120317_03.JPG 

そして、口から入った食べ物が、体の中でどのように動いて吸収されていくか、実物大の図を体に貼り付けて説明。胃、大腸、小腸、肛門など、皆、ちゃんと名称を知っていました。

 

 

120317_04.jpg

 

おもしろおかしい説明と、身振り手振りの面白さに笑い転げる子供たち。教室は終始笑いの渦に包まれていました!

 

 

 

120317_05.jpg 120317_06.JPG最後に、身体の中に入った食べ物が、どのような働きをするか、3種類に分けて説明。これはちょっと難しかったかな?

 

 

120317_08.jpg実際の食べ物でも、3種類に分けてもらいました。最初のグループの子たちは、ちょっと戸惑い気味でしたが、その次のグループからは、皆、すっかり覚えてしまって、すぐに正解を導きだしていました。

「みんな、頭がいいよ」と通訳のチアは感心。

 

 

120317_07.JPG小八重先生の話を聞く子供たちの目は、きらきら輝いて、真剣そのものでした!

 

  

 120317_09.jpgこんな小さなちびっこも参加?

 

小八重先生、日本帰国前のお忙しい時期に、楽しいワークショップをありがとうございました。

日本に戻ってもカンボジアを忘れずに、ぜひ、また遊びに来てくださいね!

 

(よ)

去る2月27日、東京新橋ロータリークラブと東京レインボーロータリークラブの皆様から寄贈された本棚や絵本、文具などを、シェムリアップ郊外の小学校5校の生徒たち約1800人に配布しました。

前日の晩にシェムリアップに到着された、東京新橋ロータリークラブの藤原会長ご夫妻、東京レインボーロータリークラブの渡辺会長御夫妻もご一緒です。

 

カンボジアの小学校では、国から支給される学校予算(維持経営費)が、生徒一人当たり1.75ドルと少額で、子供向けの絵本や本などを買う余裕はほとんどありません。

また、農村地域では、毎日の生活で精いっぱいで、子供が学校で使うノートやボールペンを買うことができない家庭もあります。それが理由で、小学校1年生でやめてしまう子供も多くいるのです。

 

そこで、一昨年から、2つのロータリークラブのご支援で、扉付きの本棚(教室には砂ぼこりが入ってくるので、扉は必須)と最近出版されたクメール語の絵本を学校に寄贈し、生徒一人一人には、ノートとボールペンを配布するというプロジェクトを実施しています。

 

 

120316.JPG配布先の小学校は、町から遠いところから、コックルール小学校、コックベイン小学校、コックタナオ小学校、クヴィエン小学校、コックチョウ小学校。

(「コック」が付く名前が多いのですが、「コック」とはカンボジア語で「丘」という意味です。日本人から見ると、丘のような地形はなく、平らな土地に立地しているのですが・・・・)

 

 

120316_02.JPG 120316_03.jpg生徒一人一人にノートとボールペンを配布するロータリークラブの渡辺さんと藤原さん。

そして、にっこりほほ笑み、手を合わせながら、「オークン(ありがとう)」とノートとボールペンをもらう生徒たち。

 

120316_04.JPG 120316_05.JPG

各学校に寄贈した本棚と絵本の数々です。

絵本は、最近、新しく出版された伝記あり、ドラえもんの漫画ありで、全部で170種類以上ありました。

 

 

 

 

 

 

120316_06.JPG 120316_07.JPG寄贈された本棚の前で、また、ノートとボールペンを掲げての記念撮影。

この直後、新たに到着した絵本に、興味津々で集まってくる生徒たちの姿が印象的でした。

 

120316_08.JPG 

東京新橋ロータリークラブ、東京レインボーロータリークラブの皆様、そしてJSTと共同でこのプロジェクトを進めてくださっている(一財)国際開発センター(IDCJ)の皆様、ありがとうございました!

 

(よ)

英語トレーニング早くも最後の3週目!
あれよあれよという間に、トレーニングプログラムも最後の週に。
2週目の最後からJaneが腹痛に見舞われ、十分に力を発揮できなかったのですが、なんとか3週目には復活。
バイヨンセンターでの解説に加え、2011年12月に開設したバイヨンハットでもトレーニングを行いました。

英語トレーニング第3週目 <2月23日~29日>
テーマ:最終仕上げ! 流れと発音を意識しながらの説明の実地トレーニング 
バイヨンハットの解説内容も確認

最終週はとにかく、これまで練習した内容を、個別ではなく二人で相互に練習しあう!という課題でした。2人同時にトレーニングしながら、お互いに説明しあうことで、それぞれの発音や専門用語、説明の流れを確認します。
さらに、お客様をご案内する機会も多く、実地トレーニングです。実践第一!

加えてYong、SmeyともにバイヨンハットでJaneとそれぞれ1日ずつ、説明内容の確認をしました。あまり時間が取れなかったのが残念ですが、バイヨンセンターでの基礎がしっかりできていれば、これからは自分たちで積み立てていけるはず。

↓↓↓Janeが「本当にあっという間の一週間だった」と振り返った最終週の感想はこちら↓↓↓

This week is about assessing Smey and Yong and working out which areas they still need to work on and acknowledging where their hard work has paid off. 

I asked a couple of English friends of mine to go on a tour as if they were a guest and not only to fill out an Observation Survey but also to explain to the guide the reasons for that assessment and what they found may have been positives or negatives of the tour. 

This will help both Smey and Yong understand the guests experience.

Thank you Smey and Yong for being such enthusiastic and attentive students.  You have been a pleasure to teach and I will miss our time together and the laughs we had.  Also thanks to everyone at the Bayon Information Center and JST,for a truly wonderful experience that I will treasure always.

この週はYongとSmeyにとってそれぞれもう少し訓練が必要なセクションを説明してもらい、それに観察してアドバイスをするという最終仕上げを徹底しました。と同時に、二人の努力がどのような点について報われているかを伝えるようにしました。

また、シェムリアップの英語圏の友人にお願いして、彼らのツアーを体験し、そのよかった点または悪かった点について、単に観察するだけではなく、その理由を説明しながら彼らと共有する機会を設けました。
こうした体験はお客様がどういう風に感じるかということを理解する上で彼らにとって大きな助けになると思います。


最後にYongとSmeyというとても熱心で意欲のある生徒たちに感謝であえたことに感謝します。二人とトレーニングをすることができてとても嬉しかったし、この3週間で一緒にすごした時間や一緒に笑ったことを、私はきっと懐かしく思うでしょう。
そして、このような素敵な機会を提供してくれたバイヨンセンターとJSTの皆さんに本当に感謝しています。

↑↑↑ 

こうしてあっという間の3週間、Janeさんと一緒に行った初めての英語トレーニングが終了しました。このトレーニングの本当の成果は現在実施しているバイヨンセンターのお客様アンケートにきっとこれから反映されてくるでしょう。今後の動向が楽しみです!
初めての試みのため、いろいろとうまくいかない点もありましたが、やはりネイティブの方とずっと毎日練習するという経験は、若く、好学意欲が強い二人にとっては最高の刺激になったようです。発音や、つなぎのセンテンスなどネイティブにしかできないアドバイスをたくさんいただきました。

バイヨンセンターのお客様の前で成果を披露するSmeyとそれを見守るJane(一番右)
120310-1.JPG

最後にはJaneの話すネイティブのスピードにも臆することなく、一緒に笑いあっていた姿が印象的でした。

Janeさん、3週間、本当にありがとうございました!!!

<まい>





英語トレーニング2週目に突入。
1週目ではまずお客様を惹きつけ、バイヨンセンターやJASAについて説明する導入部分、そして二人がそれぞれ一番力を入れていた歴史のセクションで、説明にリズムと流れを作るという項目を目標としていました。

さらに二人にとって追い風を送るように、2月は欧米系のツアー予約が多く、定期的にツアーが入ることに!練習の機会がたくさんありますねー。 

さて、2週目の課題は・・・?


英語トレーニング第2週目 <2月16日~22日>
テーマ:発音練習!!

説明の流れやリズムとは別に、Janeが新たな課題として設定したのは、「発音」

<Yongの課題>
TとSの発音を区別する、語尾の子音まではっきり発音する

<Smeyの課題>
VとThの発音、中間にあるTの発音、語尾の子音をはっきり発音する

<2週目のトレーニング内容>
ワークショップ:紛らわしい言葉の発音をわけて確認、
練習:早口言葉?で発音練習

ワークショップ:説明中にある発音を間違えやすい単語は他の単語で置き換える
練習:専門用語の発音確認 

それぞれ苦手な発音が違う二人ですが、二人に共通して見られる語尾の子音が聞こえなくなってしまうという点は、クメール語の発音に由来しているのでは、と思われます。
カンボジアのクメール語では語尾の子音はほとんど発音されず、息を止めるとか、息を逃がすといったかたちで表現されます。二人のみならず日本語スタッフもこれに苦労しました。
生まれ育った言語の特徴だけに二人もなかなか苦戦している様子。

↓↓↓そんな2週目のJaneの感想がこちら↓↓↓

After the hard work of breaking the tour down into sections and trying to get a nice flow to the tour was completed, the issue then became how to be clearer. This was focused on correct pronunciation of English words.  I could tell how difficult and frustrating this was a times. 

Yong in particular impressed me with her concentration on getting the right sounds and practising, particularly on the start of words.  She needs work on finishing her words properly.  Smey is great when he concentrates, but seems to lose focus a little more quickly.  He has been paying attention to finishing his words, but still needs to be even clearer when using technical terms.

They would benefit a lot from working with eachother whenever possible, perhaps by taking turns reading out loud to eachother and correcting or improving pronunciation where necessary.

In such a short time though, both Yong and Smey have become much clearer as has been noticeable from the guests comprehension when observing tours.

センターの説明をセクションごとに細分化して、説明に流れを作るトレーニングを1週間実施した後、次なる課題はどれだけはっきりとお客様に伝えるかという点に移りました。この課題への第一歩はまずなによりも英単語の発音をきっちりと確認し、正しくすることです。この練習が二人にとってどれだけ難しく、かつストレスが溜まるものだったか!

Yongは単語の最初の音をいかに正しい音で発音するか、そして末尾の音を正しく終わらせるかという点を強調して練習しました。彼女の集中した様子は印象的でした。それに対し、Smeyは集中しているときは正しい発音ができているのですが、やや注意がそれやすいようでした。彼は特に語尾に注意して練習をしていましたが、特に専門用語についてはさらにクリアに発音する訓練が必要です。

こうした練習は個別ではなく二人でトレーニングに臨み、大きな声を出して発音を確認することで、双方にとってさらに力になるはずです。

この短期間だけでも、YongとSmeyの発音は以前よりずっとクリアになりました。実際のツアーを観察していると、お客様の理解度も上がったのを感じたようです。

↑↑↑英語の早口言葉?は演劇部の練習のようで、ThやVの発音が執拗に出てきていました・・・

二人がそれに苦戦する様子に、Janeは「二人はきっと今週私のことを嫌いになるわ・・・」とぼやいていました。

大きなアクションで発音を確認するJaneとYong

120309.JPG

<まい>


前回の続き、JaneさんとYongとSmeyの英語トレーニングの成果を報告します!


トレーニング第1週目 <2月9日~15日>
テーマ:①英語レベルの確認と、各自が抱える課題の把握をしよう! 

1週目はまずJaneさんと顔を合わせ、2人の各自の課題を明確にすることから始まりました。
それぞれバイヨンセンターを通常のお客様を案内するのと同じ内容で、Janeを案内します。
その結果・・・

<Yongの課題>
導入部分の説明内容が弱い→JASAについて、BICについて、自分自身について
クメール語での知識がしっかりあるのに英語での表現に自信がないため、情報量が少ない
AndやYesといった言葉で説明間を無理につなぐことが多い→質問などを交えて、ネイティブの人にとって自然な流れを作る必要あり。

<Smeyの課題>
導入や己紹介はでにある程度自然にできる
歴史や遺跡への知識が豊富なため、逆に情報量が多く、説明が長くなりがち
→アンコールの歴史や遺跡に詳しくない人に向けて説明の要点をまとめる必要あり

<1週目のトレーニング内容>
ワークショップ:導入の役割、ガイドの役割は何かを考える
練習:イントロダクション JASA/バイヨンセンターの基本情報

ワークショップ:お客様を巻き込む問いかけの仕方
練習:適切な英単語を知り、説明短縮を図る

キーワードの整理、情報量を調整しつつ、説明にリズムをつくる!


↓↓↓これらの課題を踏まえて、臨んだ1週目のJaneさんのコメントがこちら↓↓↓

Initially I was nervous about meeting my new students.  I was curious to find out what level their spoken English was at but also wondered, would we get along, would they appreciate my input, was I actually going to make any difference in such a short time?

The first time I met Yong I was struck by how quiet she seemed.  I wondered how this seemingly shy young woman would be able to present to strangers.  Her introduction was so brief and delivered with lightning speed as if she wanted the whole thing over as quickly as possible.  But when she came to explain the history panels I could see this was an area she was passionate about and well-informed in and I saw what skills she had as I guide and where she needed a little help.

Smey was naturally more outgoing and confident in his English, and extremely knowledgeable about the information he was delivering however, his problem was the opposite of Yong's.  Smey had a tendency to over explain everything to the point where it just became too long.

My focus for the first week was to ensure they had a nice clear introduction for the guests and an easy flow to their presentation on the history with enough information to be interesting but not so much as to overwhelm.


要約すると・・・
二人のトレーニングを始めるとき、最初は緊張していました。二人がどの程度の英語力を持ってるかという点にとても興味があると同時に、うまくやっていけるかどうか、こんな短期間でのトレーニングで何か変化を生むことができるか、そして私が二人に与える情報は
二人にとって有意義なのかどうか、という不安もありました。

そんな中で、初めてYongに会ったとき、彼女の物静かな様子に驚き、こんなにシャイな女性が初めて会う旅行者の前で説明なんてできるのだろうか、と思いました。説明の最初のイントロダクションはとても短く、早口で、まるで彼女ができるだけ早く説明を終わらせたいと思っているように感じました。しかし、説明が歴史のセクションに来たとき、彼女がこの部分の説明についてはとても情熱と高い知識を持っているかがわかりました。同時に、彼女の現在のスキルとそれに加えて、どのような点で手助けをすればいいかがわかりました。

こうしたYongとは対照的に、Smeyは自然に外国人と接することができ、英語にも、彼自身の説明内容についても少し自信を持っているようでした。が、彼の抱えている課題はYongとはまったく反対に、情報量が多すぎて、説明が長上になり、要点がわからなくなるところにありました。

こうした二人の現状を踏まえて、わかりやすいイントロダクションを用意することと、聞きややすく情報量も多すぎない歴史の説明をまとめるという2点に課題を絞りました。

↑↑↑

そばでみていて・・・
初めはJaneに対してぎこちなかった二人ですが、それも最初の数分のこと。ネイティブスピードの英語に戸惑いつつも、必死に聞き取ろうと努力している姿勢がわかりました。

滑り出しは順調、さて、続いてどうなるか?! 2週目に続く・・・

<まい>



Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.