About JST
JST News!
TOP >> JST News!

カテゴリー


月別アーカイブ

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


最近の記事


バイヨン・インフォメーション・センターにて新しく、期間限定の英語トレーニング事業を始めました!

2月9日から2月29日までの21日間 、ニュージーランド出身のJane Flaganan さんを迎え、、バイヨン・インフォメーション・センターで働く2名の英語専門スタッフの語学・説明向上トレーニングを実施しました。

 Janeさんは、オーストラリアの世界遺産としてとても有名なエアーズ・ロックのあるウルル・カタ国立公園で公園専属ガイドとして働いていたキャリアを持ち、その後タスマニアの世界遺産サイトでも仕事をしていたという「世界遺産インタープリター」の先輩に当たります。 今回は長期休みを利用して、他の世界遺産サイトでボランティアをしたいという申し出を受け、バイヨン・センターに3週間来てもらうことになりました。 

今回Janeさんとトレーニングをするのは、バイヨン・センター英語解説スタッフのYongとSmey。

Yongはアンコールクラウ村出身。クラウ村コミュニティセンターで英語を勉強していた学生で、現在は平日はバイヨンセンターで働き、土日にはシェムリアップ市内の単科大学に通い、さらに英語のプライベートスクールにも通うがんばる21歳です。

Smeyは2011年7月にプノンペンの王立芸術大学の考古学科を卒業し、2011年12月から2012年2月までJSTのトレーニングスタッフとして働いています。 文化人類学に興味が強く、休日には自転車でクラウ村へゆき、インタビューやお祭りの調査をしています。歴史や遺跡への知識も豊富で、バイヨンセンターのスタッフにも一目置かれています。

この英語トレーニングの背景には、バイヨンセンターのお客様の多様化があります。 2011年の中ごろから、バイヨンの修復現場見学ツアーに日本からだけでなく、欧米系のお客様からの申し込みが増えました。イヨンセンターにも、欧米系をはじめ、中国・台湾・ベトナムなどのアジア勢訪問者も多くなり(ロンリープラネットに掲載されたおかげ?!)、いままで以上に、英語スタッフの役割も大きくなってきています。

 今までどちらかというと日本語スタッフが主力、という印象だったバイヨンセンターで、英語スタッフにも自信をつけて、ステップアップする機会を作りたい!という思っていたところにJaneさんからの申し出が出会い、今回のトレーニングが実現しました。 トレーニングは、7日間に分けた3段階で、毎日午前90分、午後90分の1日3時間。出勤シフトにあわせて、一人ずつトレーニング。みっちりです。

 
120304.JPGのサムネール画像
トレーニング開始時、まだ双方やや緊張の面持ち?

この21日間で、英語スタッフのYongとSmeyにどんな変化が現れたか、とても楽しみです。
各週の秘密のトレーニングの詳細は、次号へ続く!

(Mai)


2月11日(土)

富山ライオンズクラブから寄贈されたランドセルの贈呈式が、アンコールクラウ小学校で行われました。

 

120211.jpg

 

 

 

←富山ライオンズクラブの皆さん。

寄贈されたランドセルは、すべて、富山県のカバン製造会社(株)ハシモトで作られたもので、橋本社長(前列右から2番目)も出席してくださいました。

 

 

 

校庭に集まった 120211_02.JPGアンコールクラウ小学校の全校生徒661名。

3年生~6年生は、昨年のうちにランドセルを配り終えていて、毎日、ランドセルを背負って学校に通っています。

(5,6年生へのランドセル贈呈の様子は、

12月23日のブログへ)

この日のランドセル贈呈は、小学2年生が対象です→

 

120211_03.JPG

 

 

 

 

 

←小学校周辺に住む、生徒の親も参加しました。

 

 

120211_04.JPG

 

 

 

 

 

贈呈式典では、シェムリアップ市教育局長から富山ライオンズクラブへ、感謝状も贈られました。→

 

 

 

 

最後に、富山ライオンズクラブの皆さんから、2年生150名ひとりひとりへ、ランドセルを渡していきました。

 

 

120211_05.jpg 120211_06.jpg 120211_07.jpg 120211_08.jpg

120211_09.jpg皆、とってもうれしそうですね!

生徒代表のあいさつでも、「私たちはこれからもがんばって勉強したいです!」と元気な言葉が。

富山ライオンズクラブの皆様、ありがとうございました!

 

(よ)

 

 

 

 

1月28日

ドンアウ小学校での環境乾期ワークショップと並行して、ドンアウ小学校の分校、コックルール小学校で、雑炊プロジェクトを実施することになりました。

 

ことの始まりは、その前の週、コックルール小学校での環境乾期ワークショップの際、1年生の教室で、生徒たちに投げかけた質問からでした。

「将来の夢は何?」と聞いたところ、「お腹いっぱいに食事を食べること!」という答えが返ってきたのです。満足な食事をとることができず、いつもお腹をすかせている子供たち。。。

だったら、月2回、アンコールクラウ村コミュニティセンターで行っている雑炊の会を、ここコックルール小学校でやってみようか、ということになりました。

 

 

120205.JPG 

朝8時。バイクの後ろに荷車をつけたソピー先生が、町で購入した食材と、クラウ村コミュニティセンターでいつも使っている調理用具一式を、コックルール小学校へ運びます。

いつもクラウ村で雑炊をつくってくれているおばちゃんたち3人も一緒です。

 

 

 

 

120205_02.JPG

 コックルール小学校では、学校の校庭に設置されているカマドを使って、雑炊つくり開始です。

 実はこのカマド、JSTが昨年、コミュニティセンターでつくったカマドより性能がよく、あっという間に雑炊が出来上がってしまいました。雑炊つくりのおばちゃんたちにも、こちらの方が使いやすいと大好評。

(JSTのカマド、改良の余地がまだまだありそうですね!笑)

 

 

 

 

120205_03.JPG 120205_04.JPG

雑炊完成!

生徒たちは、カマドがある食事スペースと、校舎前の廊下スペースに分かれて、さっそく雑炊を食べ始めました。人数を数えてみたところ、150名くらいいました。お皿とスプーンは各自持参です。

 

 

 

120205_05.JPG 120205_06.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

120205_07.JPG 120205_08.JPG妹や弟も連れてきてよい、と伝えていたので、学齢期前の子供も交じっています。

 

 

120205_09.JPG 120205_10.JPGアツアツの雑炊を食べる顔は、真剣そのもの。みんな、いい顔してますね!

 

 

120205_11.JPG 120205_12.JPGそして、何度もおかわりをして、最後まで食べ続けていたちびっこです(右)。

途中で上着を脱いで、彼なりに体制を万全にして食べ続けていたのが微笑ましい・・・・。

 

 

120205_13.JPG 

お腹いっぱいに雑炊を食べた子供たちが集まってきました。JST代表チアの問いかけに、皆、大きな声で答えていきます。

「次は何を食べたい?」と聞くと、「ノムパン・パテ!(フランスパンにパテと野菜を挟んだサンドイッチ)」と「カフェ・テダコー・タコー!(練乳入りのアイスコーヒー)」とのこと。

 

 

 

120205_14.JPG雑炊作りのおばちゃんたちも、「今度はノムパン・パテを作りましょう!」とやる気満々。

「みんなの笑顔が見れるなら、おばちゃんたち、がんばるよ!」

・・・・ということで、次回はノムパン・パテの配給プロジェクトと決まりました。

 

(よ)

 

この移動式雑炊プロジェクトは、富山県の精米機器メーカー、(株)タイワ精機の社員の皆様からの募金によって実施されました。

 

先月1月28日、三井物産環境基金2年目乾期の最後のワークショップを行いました。

 

アンコール・トム遺跡の北方に位置するドンアウ小学校です。

ところが、学校に到着し、校庭を見まわしてみて驚きました。

半年前に植えたマンゴーとコキの苗木は、どれもあまり成長しておらず、中には枯れてしまったものもあったからです。

牛に食べられないようにと作った保護柵は、ほとんどが壊れて無くなっていました。

 

ほどなくして、その原因は、昨年9月、10月の豪雨によるものだということがわかりました。

校長先生が、そのとき撮影した写真を見せてくださったのです。

 

 

120204_07.jpg 120204_08.jpg 

学校前の道路も校庭も水浸し。写真では、校舎床上まで雨水がきていることがわかります。

私たちが半年前に植えた苗木も写っていました(写真右)。半分以上、雨水に浸り、柵も壊れかけているようです。

 

昨年雨期の洪水被害は、たいへんなものだったのだと今更ながら実感しました。

 

そして、今回のメンテナンスの様子です。 

 

120204_01.JPG 120204_02.JPG 120204_03.JPG 120204_04.JPG 120204_05.JPG 120204_06.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドンアウ小学校6年生約40名が参加して、新たな木の枝で、新たに柵をつくるところから、始めました。

 

120204_09.JPGそして、最後に、アンコールクラウ村青年グループ全員で、校長先生にインタビューを行いました。

 

これで今年5校の乾期メンテナンスワークショップは終了です。

今後は3月の知見共有ワークショップに向けて、まとめの作業に入ります!

 

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.