About JST
JST News!
TOP >> JST News!

カテゴリー


月別アーカイブ

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


最近の記事


今日は、去る6月24日に行われた、シェムリアップ州教員養成学校の1年生77人を対象にした遺跡修復社会見学会の感想文を紹介します。

このときの社会見学会の様子はすでにJSTブログでも紹介されていますが

(こちら→http://www.jst-cambodia.net/jstnews/2011/06/post-82.html

その後、参加者全員に感想文を書いてもらい、それを教員養成校卒業生であるサンボー先生に、カンボジア語から日本語に訳してもらいました。

 

1)

名前; ワイン スイハ

バイヨン遺跡とバイヨンセンターを見学したときの感想を書きます。見学する前、そこはどんな場所なのか、何が勉強できるのか、彫刻など特別なものが見られるのか・・・など、想像をめぐらしていました。

まず、私はバイヨンセンターに行きました。そこでは、JASAの遺跡修復活動について、映像をみせてもらいました。その他にも、アンコール遺跡の地図、建造当時使われた道具、修復のための道具、遺跡の彫刻などがありました。そして、修復に使われる土には5種類の材料が入ることがわかりました。水、砂、赤土、粘土、消石灰などです。それらのことを、バイヨンセンターで働いているスタッフの方が、明るく詳しく説明してくださいました。

それから私はバイヨン寺院に行きました。そこでも修復活動について、説明してくださいました。石にはすべて番号を書きます。壊れた石は使えませんので、その場合は新しい石を使います。

見学した後で、昔の人は、本当にすばらしいものを建てたものだと思いました。そして、修復活動についても感動しました。説明をしてくださったみなさん、この見学会を企画してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

111026.JPG

 

2)

今回、バイヨン遺跡へ行く機会があり、本当にうれしかったです。それは、私たちカンボジア人の遺産ともいえる遺跡の修復について、勉強することができたからです。特に、修復のために描いた図面や彫刻について、しっかりと勉強しました。散乱石材にひとつひとつ番号をふって作業を行っていました。当初建造された遺跡もすばらしいし、現在の修復作業もすばらしく、本当に誇りに思いました。カンボジア人として、これから、自覚をもって遺跡を守っていきたいと思います。

遺跡修復を行っている皆さん、健康に気をつけて、安全に、これからも仕事を頑張ってください。そして、ぜひ、この見学会を続けてください。

 

 

111026_02.JPG 

3)

今回、遺跡修復現場とバイヨン遺跡に行く機会があり、本当にうれしかったです。私は特に、バイヨンセンターに興味を持ちました。そこでは、彫刻や歴史の説明パネルを展示してあり、ビデオを見せてくれます。特に、バイヨンセンターで働いているガイドさんが、遺跡の歴史のことを説明してくれ、とてもわかりやすかったです。

また、修復現場でのエンジニアの話は本当に興味深かったです。実際に現場を見ながら説明してくださったので、よくわかりました。

JSTの皆様、お元気で、仕事を続けてください。最後に、この見学会をいつまでも続けていただけますよう、お願いいたします。

 

 

※今回の社会見学会は、紀南ユネスコ協会の皆様からの「書き損じはがき」寄付金により実施されました。 ありがとうございました!

 

111024.JPGアンコールクラウ村コミュニティセンターの前の道路を、向こうからソチアさんが歩いてきます。

 

彼女は高校2年生。数か月前から、アンコールクラウ村青年グループに仲間入りし、三井物産環境基金による活動や、村の子供たちへの雑炊行事に参加しています。

ソチアさんは、子供たちに対する説明がとてもうまく、面倒見もよいので、村の小さな子供たちからとても慕われています。

その上、誰よりも細かい気配りもでき、積極的に仕事を見つけて動くタイプなので、私たちも彼女には一目置いています。

 

111024_02.JPG 

そんなソチアさん。手に何を持っているのでしょう・・・・?

ドーナツ?いえ、「ノム・コーン」というカンボジア伝統のお菓子をお盆にのせて、売り歩いているのでした。

 

 

111024_03.JPGおいしそう!! 数種類の色の砂糖がかかっています。見た目もきれいですね!

 

 

111024_04.jpgこんな感じで、おやつを買いにくる村の子供たちに売っているのです。3つで500リエル(約10円)。

 

ソチアさんに話をきいてみたところ、家が貧しいので、ノム・コーンを作って売り、それを生活費や学費に充てているとのこと・・・・・・。

 

実は、このアンコールクラウ村で、高校まで通うことのできる学生は、全子供の1割もいません。

小学校6年生まで通うことができる子でさえ、村の子供の三分の一もいない現状の中、アンコールクラウ村で高校に通っている、といったら、エリート中のエリートなのです。

学校へ通えない理由は、ほとんどが家の経済的事情から。

そんなことから、高校まで通っているソチアさんの家は、割合と裕福なのか・・・・と思っていたところでした。

母親からは、「経済的に厳しいので高校を1年休学したらどうか」とも言われているとのこと。

カンボジアの農村部の子供たちは、皆、本当に本当に苦労しながら、勉学に励んでいるのですね。。。

6月のブログで紹介した、観光客向けお土産となっている腕輪をつくる女子高校生を思い出しました。(http://www.jst-cambodia.net/jstnews/2011/06/08/

 

 

そんなソチアさんが売っているノム・コーン。もちろん、ソチアさんの手作りです。

ひとつ買って食べてみました。

おいしい!

米粉を使っているのでしょう。もっちりとした食感が、私たち日本人が慣れ親しんでいる小麦粉のドーナツとはまったく違います。

上にかかっているシロップは、独特の風味がある"砂糖ヤシ"の砂糖と、ココナッツミルクをミックスしたもの。こちらもとても美味。

このノム・コーン、お勧めです!私が自信をもってお勧めします!!

皆さん、アンコールクラウ村へ行ったら、ぜひ、"ソチアさんのノム・コーン"を食べてみてください!

 

(よ)

※後日、ソチアさんには両親はなく、障害者である叔母の家で育ち、叔母の面倒もみていることがわかりました。

 

タイでは、50年に1度と言われる浸水被害が深刻化し、カンボジアにいる私たちも、毎日、心配してニュースをみていますが、カンボジアでも、今年の降雨量は例年になく多く、全土で甚大な被害を被っています。

そのため、フンセン首相は、来月行われる予定の水祭り(=毎年恒例のボートレース大会)を中止する旨を発表しました。

シェムリアップ市内でも、町の中心部、特にオールドマーケットより下流は、シェムリアップ川による増水被害が例年になく大きく、また、アンコール・トムの北にあるアンコールクラウ村でも、9月には道路が寸断され、孤立したため、政府から救援物資と食糧が届けられたほどでした。

 

とはいえ、シェムリアップ市内の私たちのオフィスがあるあたりは、豪雨による影響はほとんどなく、いつもどおり生活をしています。

最近ではほとんど雨も降らなくなり、そろそろ雨期明けか・・・と思うようなからりとした青空と乾期を思わせる日差しも照りはじめました。

そこで、アンコールクラウ村の村人とともに、雨水で寸断された道の補修を行うことになりました。

 

111023.JPGアンコールクラウ村コミュニティセンターから、モイモイ農園水上テラスへ行く道は、何か所もこのような状態になっています。

 

111023_02.JPG 深いところでは、このくらい。

 

111023_03.JPG 

土嚢を積んで、かろうじて道が残っているところもありますが、

来年の雨期に備えるためにも、このような場所には、土管を埋める必要があります。

土管を埋めて、北から南、高いところから低いところへ流れようとする水が通るトンネルをつくるのです。

 

111023_04.JPG 

アンコールクラウ小学校の校門前も、土がえぐられ、子供たちが学校へ入れない状況となっていましたので、このように土管を埋め、学校前の道路を整備しました。

 

ところで、土管代などの費用ですが、

アンコールクラウ小学校の場合は、先日、愛知県のローターアクト(国際ロータリー第2760地区ローターアクト)の方々が集めてくださった募金の一部を使用させていただきました。

また、アンコールクラウ村内の他の地域での道路補修費は、JST農村体験ツアー参加費に含まれている、農村整備代から賄われました。

 

ご寄附くださった皆さん、そしてJSTツアーに参加してくださった皆さん、この場を借りてお礼申し上げます。

 

(よ)

こんにちは、インターンのくにすえです。

本日はNPO法人オアシスのみなさんと一緒に、シェムリアップ州にあるチュップ小学校に行ってきました。
チュップ小学校では、オアシスの皆様からの支援により、過去トイレが一棟完成しており、また11月からは新校舎を着工予定です。今回はそちらの視察と、校舎の周りの柵作りの協力のための訪問です。


チュップ小学校校門
DSCN1286.JPG

オアシスメンバーの挨拶を集まって聞く子どもたち。

DSCN1234.JPG
写真ではわかりにくいのですが、子供たちは旗を中心に放射状に並んでいます。日本ではなかなか見ない整列のしかたですね!

保護者たちも集まっています。
DSCN1236.JPG
挨拶の後、オアシスの皆さんから生徒たちに鉛筆と飴のプレゼントです。

    DSCN1240.JPG        DSCN1248.JPG

こちらのトイレがオアシスの皆様の支援によるものです。
DSCN1273.JPGのサムネール画像

今回の訪問の目玉である柵作り。
一部未完成の部分をオアシスの皆様と生徒たちの保護者で完成させてきました。

木の棒の先端を斧で削り、
DSCN1261.JPG




















木杭を打ち込むための穴を掘り、
DSCN1253.JPG                           それらを地面に打ち込み、
DSCN1257.JPG




















このような柵が出来上がりました!
DSCN1284.JPG
炎天下の中、皆汗だくになって作業していました。

一方その頃、トイレの前にはなにやら人だかりが・・・。
DSCN1270.JPGのサムネール画像
オアシスマジックショウinカンボジア第二弾!
    DSCN1269.JPG        DSCN1272.JPG

本日も大入りですね。

最後に一枚記念撮影。
DSCN1282.JPG
明日はスライン小学校に行ってきます!

(くにすえ)

さて、大雨の中子どもたちも続々集まってきます。

リヤカーバス(?)
DSCN1176.JPG
雑炊の準備が着々と進む中、フリースクール校舎では何かが始まる予感。


DSCN1180.JPG

オアシスメンバーよるマジック・ショー!

DSCN1189.JPG


華麗な手さばきに見とれる子どもたち。

DSCN1190.JPG

生でマジックを見るなんて、こんな機会村ではめったにありません。
皆、食い入るように見ていました。

そうこうするうちに雑炊が完成。


いただきます!
DSCN1212.JPG

ご馳走様でした!
DSCN1214.JPG
大なべ二つ分の雑炊があっという間になくなりました。


JSTでは今後もクラウ村での雑炊会を継続していく予定です。


NPO法人オアシスの皆様、またユニフォームを寄贈してくださった豊川工業高校バスケットボール部の皆様、どうもありがとうございました。

(くにすえ)
こんにちは、インターンのくにすえです。


今回は雑炊の炊き出しについてレポートさせていただきますが、その前に少し背景のご説明を・・・

こちらの記事にもあるように、アンコールクラウ村の子どもたちの栄養状態はよくありません。

カンボジアでは、約45%の子ども(UNICEF英文)が栄養不良の状態にあります。
その直接的な原因は、特定の栄養素、例えばたんぱく質やヨウ素などの不足が考えられますが、さらに栄養素に関する知識や貧困による購買力の欠如といった、社会的な要因も関連しているといわれています。

このような理解をもって、JSTは多くの方々からの支援を元に、アンコールクラウ村の子どもたちへの栄養補填を目的として、月に2回ほど雑炊の炊き出しを行っています。

今回は、NPO法人オアシスの皆様とともに、具がたっぷり入った鶏肉雑炊を作ってきました!
しかし!この日はあいにくの大雨。

アンコール・トム北側のお堀もこのとおり。
DSCN1143.JPG

村の小学校も、畑も水没しています。
DSCN1148.JPGDSCN1156.JPG

一部、道が崩れているところもありましたが、無事村に着きました。

フリースクールでは、
DSCN1164.JPG
準備万端の子どもたち!

雑炊は村のおばさんと青年団が準備してくれました。

DSCN1165.JPGのサムネール画像
DSCN1167.JPGのサムネール画像
そんな青年団に、オアシスの皆さんからお土産が・・・
DSCN1172.JPG
豊川工業高校、バスケットボール部の皆さんから寄付いただいたユニフォームを日本から持ってきていただきました。

豊川工業高校バスケットボール部の皆さん、ありがとうございます!



(くにすえ)


雑炊会@アンコールクラウ村・その2に続く
Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.