About JST
JST News!
TOP >> JST News!

4月30日(土)

三井物産環境基金による2年目の活動がはじまりました。

昨年同様、小学校での環境調査、環境ワークショップなどの活動を計画していますが、昨年は小学校3校を対象にしていたのに対して、今年は5校を対象に行う予定です。

今日はその第一回目。

コックチョウ小学校の環境調査を行いました。

この小学校は、シェムリアップ市街地のはずれに位置し、生徒数637人、

職員室・図書室を含めた教室は、全部で12教室あります。

 

110430.JPG

 

 

 

 

 

 

←そのうち6教室は日本の支援を受けて建設されたとあって、入り口門には、このような看板が立っています。

 

 

 

さて、昨年同様、アンコールクラウ村の青年グループは下記の3グループに分かれ、それぞれ調査開始です。

・校長先生へのインタビュー(環境保全に関する取組み等)

・周辺住民へのインタビュー(周辺住民の生活状況)

・校庭の環境調査(緑化状況など)

 

110430_02.JPG

 

まず、校長先生へのインタビューでは、コックチョウ小学校が抱える問題が浮き彫りになりました。

ひとつは、小学校の敷地境界線をめぐって、アプサラ(アンコール地域 整備・保全・開発 管理機構)とトラブルになっていることです。

つまり・・・

この小学校の北側には、アプサラ機構が管理する「プラサート・コックチョウ」というアンコール期の遺跡があります。

ある日、アプサラ機構から、敷地境界線に立つ小学校の塀を、小学校側に移動してほしいとの要請がありました。しかし、学校側はそれに応じなかったため、その後、小学校内に小さな小屋を建てる申請を出しても、アプサラ機構から許可が下りなくなったのです。

アプサラ機構と地域住民との間には、このようなトラブルが絶えません。

 

110430_03.JPG

 

 

 

 

 

 

 

←プラサート・コックチョウ遺跡

 

 

 

 

また、小学校の南側の塀の外側には、塀に沿ってずらーっと不法居住者の住居が立ち並び、衛生面などで問題があることもわかりました。

 

 

110430_04.JPG

 

こちらは、その住居群の端の部分。

雨が降ったら部屋の中は水浸しになりそうな、風が吹いたら柱が傾きそうな小屋が立ち並んでいます。

トイレや井戸などはありません。

 

 

110430_05.JPG 

 

周辺住民へのインタビュー班は、これらの住居に住む家族に対しても、生活状況などについて、インタビューを行いました。

 

 

110430_06.JPG 

こちらは、校庭内の環境状況を調査するグループです。

校舎にはゴミが・・・・。

奥の方にも・・・と近づいてみると、このような状態に。。。↓

 

110430_07.JPG

昨年、対象小学校として選んだワットダムナッ小学校と同じ状況でした。

塀を挟んだ南側には、不法居住者の住居が並んでいる、という位置関係でもあります。

 

・・・・こうして進んだコックチョウ小学校の環境調査。

アンコールクラウ村の青年グループの面々は、昨年と比べて調査にも慣れ、随分と成長したことが実感できました。

来週は、コックチョウ小学校の5年生、6年生を対象とした「環境ワークショップ」を行う予定です。

 

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月3日(日)

 

アンコールクラウ村青年グループのリクエストを受けて、村のコミュニティセンターで、

村人向けの環境ワークショップが行われました。

発表者はクラウ村青年グループのメンバーです。

先日配られた、お揃いのTシャツを着て、皆、張り切っています。

そしてこの日は、ワークショップ後に、お楽しみも。。。

村の子供たちに大好評の雑炊をつくって、子供から大人まで、皆で食べて楽しみましょう!と計画しています。

クメール正月前ということもあって、皆、すでにお祭り気分です。

 

 

110403.JPG 110403_02.JPG 

まずはじめに、JST代表のチアより、この1年間の青年達の活動についての概要説明です。

と同時に、クラウ村の子供たちを対象にした笠原先生の絵画教室や、毎日、このコミュニティセンターで行われている子供向けの英語教室、そして週1回の日本語教室のことも・・・・。

この機会に、ぜひ、村の子供たちに様々なチャンスを、とアピールするとともに、

コミュニティセンターや小学校、村道などの清掃・整備に、村の大人たちもぜひ協力してほしいと提案しました。 

110403_03.jpg

村の子供たちが描いた絵を紹介(↑)

110403_04.JPG

 

 

 

 

←プノンペン大学の学生で、シェムリアップに調査にやってきているスマイ君も参加してくれました。

 

 

 

 

さて、いよいよ、アンコールクラウ村青年グループによる、「衛生」「環境」「森林保全」をテーマとした発表です。

 

 

110403_05.JPG 110403_06.JPG 

 

 

小学生向けの発表会からすでに半年がたち、また、村の大人たち相手ということもあり、皆、少々緊張気味でしたが、最後に村人を代表して副村長さんから、青年達の活動を高く評価するお言葉をいただきました。

 

 

110403_07.JPG

 

 

 

 

 

←発表会終了後、JSTの吉川舞とタウリーを囲んで行われた反省会。

 

 

 

吉川の提案で、5月の連休に、シェムリアップから170km離れたサンボー・プレイ・クックというプレアンコール時代の遺跡のある村で、小学生を対象に同様の発表を行うことになりました。

 

110403_08.JPG

 

 

←それまでに、しっかり練習をしましょう!とタウリー女史。

 

青年グループの面々は、毎週日曜日、タウリー先生の日本語教室後に発表の練習を行うことになりました。

 

 

 

 

 

いよいよ雑炊ができあがりました!

 

 

110403_09.JPG 110403_10.JPGワークショップが始まる前から、村のおばさん達が、一生懸命作ってくださっていたのです。

 

 

鶏肉たっぷりの雑炊。タロイモも入っています。

今回は、大人たちも集まっていたこともあり、3つの鍋で作った雑炊が、あっという間になくなってしまいました。

 

 

110403_11.JPG 110403_12.JPG 

終了後、村の大人たちは、汚れたビニールシートを拭いたり、ゴミを片付けたりと、清掃をはじめました。

今後は、月に1回集まって、村の清掃とコミュニティセンターの草むしりを行うことも決まりました。

 

少しずつではありますが、自然とよい方向へ、村全体で動き出していることを感じた一日でした。

 

(よ)

 

 

Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.