About JST
JST News!
TOP >> JST News!

カテゴリー


月別アーカイブ

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


最近の記事


7月17日(土)

 

今年3回目の環境ワークショップは、ワットダムナッ小学校です。

 

 

100717.JPG 

 

アンコールクラウ村青年グループの発表も、だいぶ手馴れてきたようです!

 

 

100717_02.JPG

 

ときどき質問を投げかけては、生徒たちに答えさせ、うまく注意を惹きつけていました。

 

 

 

ところが・・・・・!!!

 

「衛生」「環境」「森林の保全」と3つのテーマで行った発表。

 

たとえば、「環境」の発表ボードをみると、次のようなことが書かれています。

 

「環境とは、有機物と無機物といった私たち自身と私たちの周辺にあるものを指します。たとえば、人間、動物、植物、水、土、空気、ゴミ、機械類などです。

 

環境破壊とは、野外でゴミを捨てたり、排泄を行ったり、川や沼などに汚い排水を流し込んだりすることで、環境に悪い影響を及ぼす可能性があります。

 

①土を汚すことは:屋外にいろいろなゴミを捨てて、土が汚くなることです。

②水を汚すことは:川や沼などにゴミを捨てたり、汚い排水を流し込んだりして、水が汚くなることです。

③空気を汚すことは:古い機械や工場から出た煙で空気を汚すことです。

・・・・・・・・・」

 

あ~なんだか、参考書か何かから引っ張ってきた言葉が羅列されているだけ。

 

子供たちは静かに聴いてはいるのですが、次第につまらなそうな顔をしだし、もそもそ、ぐずぐず。

 

 

100717_03.JPG 

 

それを見かねたJSTのチア代表。

子供たちの目線に合わせて座り込み、説明をし始めました。

 

「みんなが毎日勉強している教室の裏がどうなっているか知ってるよね?

ゴミだらけ。

おまけに、皆さんは、そこをトイレ代わりに使っているんですね?」

 

 

100717_04.JPG 

 

チアが指差した先は、こんな状況なのです! (↓)

 

 

100717_05.JPG

 

思わず苦笑する生徒たち。

 

 

100717_06.JPG

 

そんな身近なところから、環境問題は考えていかなければならないのだと、

みんな納得してくれたようです。

 

 

100717_07.JPG 

 

「森林の保全」では、

生徒一人一人に、IDCJ-JSTオリジナル環境絵本『森はともだち』を配り、

その場で読んでもらいました。

 

 

 

そして、コキの苗木の植林です。

 

 

100717_08.JPG

 

植林できる場所がほんの少ししかなかったことが残念ですが、

ワットダムナッ小学校の生徒も、アンコールクラウ村青年グループも、

みんなで和気藹々と苗木を植えていきました。

 

 

100717_09.JPG 

 

「僕たち、この木のお父さん、お母さんになるんだね!

成長が楽しみだな!」

と、張り切って苗木を植えていた子供たちの姿が印象的でした。

 

(ワットダムナッ小学校のゴミ問題については、JSTとして、今後、先生方と話し合いながら、解決の道を模索する予定です)

 

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

 

 

7月11日(日)

 

今日は、アンコールクラウ村青年グループを対象にした勉強会。

 

100711.JPG

(一財)国際開発センター(IDCJ)が、数年前、東ティモールで実施した、「改良かまど普及プロジェクト」の様子を、IDCJの板倉さんがレクチュアーしてくださいました。

 

 

100711_03.jpg

このかまどは、火元の周りを粘土で固めた素焼きのPOTで覆い、熱をなるべく逃がさないことによって熱効率を上げたものです。

これにより、薪消費量を減少させることができ、森林保護につながるのです。

 

ここカンボジアの農村部でも、薪の乱伐が、近年、問題化してきています。

アンコールクラウ村の住民も、毎日、薪や炭を使って炊事をしています。

 

100711_04.JPG

自分たちにとって、かなり身近なテーマであるだけに、アンコールクラウ村青年グループの面々も興味津々。

どのように作るのか、仕組みはどうなっているのか、など、質問や議論も飛び交いました。

そして、アンコールクラウ村でもこの改良かまどを作ってみよう!と盛り上がった勉強会でした。

 

カンボジアの農村部の若者が、このように、外の世界に触れる機会がほとんどない中、

村にジャストフィットした話題をレクチャーしてくださった板倉さん、どうもありがとうございました!

 

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

 

 

 

7月10日(土)

 

2回目の環境ワークショップは、西バライ近くのチェイ小学校で実施されました。

流れは、前回、アンコールクラウ小学校での環境ワークショップと同じです。

 

 

100710.JPG

3グループ、3テーマに分かれて順に行われた、環境や衛生に関する発表。

この1週間で、発表内容を吟味し直し、前回よりも、堂々と発表を行うアンコールクラウ村青年グループの姿がありました。

 

 

 

100710_02.JPG

チェイ小学校の6年生。

ノートをとりながら、とても真剣に聞いています。

カンボジアの子供たちは、「学びたい!」という意欲がほんとうに旺盛です!

 

 

100710_03.JPG 

発表の後に、ひとりひとりに配布したIDCJ-JSTオリジナル環境絵本『森はともだち』。

クラスごとに一列に並んで、読み出します。

なんてお行儀のよい生徒たちなのでしょう!!

 

 

100710_04.JPG 

6年生のお兄さん、お姉さんの様子を周りで見ていた低学年の生徒にも、絵本は配られました。

 

 

 

100710_05.JPG

そして、校庭内に、皆でコキの苗木を植えていきます。

肥料を二輪車に乗せて、さあ、出発!

 

 

 

100710_06.JPG

チェイ小学校の裏の敷地の境界塀沿いに、

 

 

 

100710_07.jpg

チェイ小学校前にも・・・・・。

こちらには、牛に食べられないよう、1本1本柵を設置していきます。

 

 

 

すべての苗木を植え終わった後、アンコールクラウ村の青年グループで行った反省会では、

「前回よりもうまく発表できました!」と少し自信がついた青年達の笑顔が印象的でした。

 

 

100710_09.JPG

みなさん、お疲れ様でした!

 

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

 

 

7月9日(金)

 

明日の第2回チェイ小学校での環境ワークショップに合わせて、日本から、、(一財)国際開発センター(IDCJ)の板倉さんが来カしています。

 

今日は、アンコールクラウ村へ行き、今までIDCJ-JSTで行った植林状況や、クラウ村での様々な活動を見ていただきました。

 

明後日には、アンコールクラウ村青年グループを対象にした、「東チモール 改良かまど普及事業」の勉強会を板倉さんにお願いしていることもあって、クラウ村の民家のかまどの状況も御案内しました。

 

100709.JPG

 

 

 

 

←アンコールクラウ村の民家の庭で。

板倉さん(左)とチア(右)

 

 

 

 

 

100709_02.JPG 100709_03.JPG 

 

アンコールクラウ村で一般に使われているかまどの状況(↑)

 

***********************************

 

そして・・・・、

先週の土曜日にIDCJ-JST環境ワークショップを行ったばかりのアンコールクラウ小学校へも行ってみました。

 

すると、なんと!!!!!

廊下に、いくつもの新しいゴミ箱が置いてあるではないですか!!

 

100709_04.JPG

 

環境ワークショップの成果がこんなに早く現れるなんて・・・・。感激!です。

 

 

100709_05.JPG

そして、校舎の周りのゴミを拾う子供たちの姿も。

 

 

100709_06.JPG 

 

しかし、相変わらず、拾ったゴミは、校庭の片隅にまとめて捨てておくしかない状況です。

このゴミは、校長先生が後で燃やすのですが、ただ単にこの場で火をつけて燃やすのではなく、

せめて、煙突付きの焼却炉に入れて燃やすなど、

もう少し工夫はできないだろうか・・・・と思います。

 

ダイオキシンの問題はあるにしても、ほんの少し前までは、日本でも小学校に焼却炉が必ずあってゴミを燃やしていたわけですし、少なくとも、煙が低位置で広がることは防げるわけですから・・・・。

 

とはいえ、耐熱機能のある焼却炉、どうやって作ったらよいのでしょうか?

カンボジアでも簡単につくれる焼却炉の作り方

どなたかいいアイデアがあったら教えてください!

 

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

3回にわたって行われる予定の環境ワークショップ。

その1回目は、アンコール・クラウ小学校です。

 

7月3日(土) 

 

朝8時。

校庭に、5,6年生が集まっています。

さっそく、発表開始!

「環境」、「衛生」、「森林保護」の3テーマについて、クラウ村青年グループが順番に発表していきます。

100703.jpg

 

 

 

 

 

←最初はちょっと緊張気味だったクラウ村の青年達

 

 

100703_02.jpg

 

 

 

 

でも、生徒がこんなに真剣に話を聞いてくれるので、だんだんと自信をもってきたようです→

 

 

 

100703_03.jpg

←「森林保護」の発表の最後には、IDCJ-JSTオリジナル環境絵本『森はともだち』を、1人1冊ずつ配布。

絵本を読み出す生徒たち。

 

アンコールクラウ村の子供たちにとっては、きっとこれが初めての"自分の本"になるのではないでしょうか・・・・。

・・・と思うとちょっと感動です。

 

 

 

そして、皆で校庭に、コキの苗木を植えていきます。

100703_04.jpg

 

 

 

 

 

苗木を運ぶ生徒たち。

全部で100本以上もありました。

 

 

100703_05.jpg

 

 

 

 

 

あっちにもこっちにも・・・・。

 

 

100703_07.jpg

 

 

 

 

 

みんなで植えた苗木。

成長が楽しみですね!

 

100703_06.jpg

 

 

 

 

 

クラウ村青年グループやJST指導員のお兄さん、お姉さんに手伝ってもらいながら、無事、すべての苗木を植えることができました。

 

 

 

 

 

 

 

100703_08.jpg

 

 

 

 

 

最後に、学校に寄付をした二輪車、クワ、スキなどと一緒に記念撮影。

 

 

 

 

その後行った反省会では、青年グループからこんな意見が出ました。

・説明が早すぎて、分りにくい部分もあったと思います。

・このようなセミナーは初めての経験でしたので、説明の仕方がまだまだ下手だと思いました。たとえば、準備した内容を部分的に忘れ、話が途中で止まってしまったこともありました。

・次回は、もっと勇気と自信を持って発表しなければならないと思います。

・次回は、一人で話すのではなく、グループごとに、皆で話をしたらいいと思います。

 

発表の内容については、来週のチェイ小学校環境ワークショップに向け、JST指導員タウリーの指導のもとにブラッシュアップすることに。

 

この調子でがんばれ!アンコールクラウ村青年グループ!

 

さあ、次回はどんな発表になるでしょうか?

 

(よ)

 

本プロジェクトは、三井物産環境基金「第2回活動助成」を受諾し、(一財)国際開発センター(IDCJ)と共同で活動を行っているものです。

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.