About JST
JST News!
TOP >> JST News!

カテゴリー


月別アーカイブ

2011年

2010年

2009年



最新コメント


最近の記事


アンコールクラウ村の青年達、集合!

5月8日(土)

三井物産環境基金によるIDCJ-JST環境保全活動が、いよいよ始まりました。

 

まずは、今後行う活動に参加を希望する、アンコールクラウ村の青年に呼びかけ、

JSTクラウ村コミュニティーセンターに集まってもらうことにしました。

 

どのような若者がどれくらい集まってくるのでしょうか・・・。

 

午前9時。

集まっていた青年達は男女合わせて13人。

コミュニティーセンターを管理している村の英語の先生2人を合わせると、合計15人でした。

 

100508_01.jpg

 

学年を聞くと、小学4年生が1人、その他は中学生か高校生。

カンボジアの中学生は、日本の子供と比較すると、小学3~4年生くらいの体格しかないこともあり、ちょっと幼すぎるのでは・・・というのが第一印象。

今後、活動はうまくやっていけるのだろうか・・・と不安がよぎります。

 

さらに、その後に行うアンケートで、17歳や18歳の年齢で中学1年生に在籍する青年が何人もいて、

日本のように学年と年齢がぴったり合うことの方が、ここカンボジアでは稀なのだ、ということを再認識させられました。

ちなみに、小学4年生の女の子は13歳とのこと。

 

JST代表のチア・ノルから、今後の活動についての説明が行われた後、

青年達が普段、どのような生活をしていて、

今後、皆で集まって活動をするとしたらいつがよいのか、を知るために、

簡単なアンケートをとることにしました。

 

その結果、学校は皆、午後の部に通い、

中学生も高校生も、シェムリアップ市内まで1時間かけて自転車で通学していることがわかりました。

 

そして、学校に行く前には、たいてい家畜(豚や牛)の世話をしたり、家族の食事を作ったり、洗濯をしたりと、皆、家族の一員としての仕事をこなしながら、一生懸命、勉学に励んでいるのだということも分りました。

 

「アンコール・クラウ村は好きですか?それは何故ですか?」という質問には、13人中12人が「好きです」と答え、

その理由は、「子供のための英語教室があったり、絵の先生や衛生指導の先生が教えに来るからです。」とか、

「私が生まれたところだからです。」とか、

「緑がきれいで、人間関係がよいからです。」

などと、肯定的な答えが返ってきたのですが、

一人だけ、「私はアンコールクラウ村が好きではありません。なぜなら、自分の親戚とけんかすることがあるからです。」という正直な回答もありました。

 

これらアンケートは、記入後、一人一人、順番に発表してもらいました。

ここで一部紹介しますね。

 

 

100508_02.jpg

右;ヴォン・ソコンくん(通称『ももたろう』)

  中学1年生 13歳

  将来の夢はホテルで働くこと。

 

左;ワン・ヴィサールくん

  中学1年生 13歳

  将来の夢はホテルで働くこと。

 

 

100508_03.JPG

 

 

 

プロム・オデンくん

中学2年生 16歳

将来の夢は、英語の先生になること

 

 

 

100508_04.jpg

 

 

 

 

 

ヴォン・スレイマオさん

高校1年生 18歳

将来の夢は医者になること

 

 

100508_05.jpg

 

 

 

 

 

 

ローン・センくん

中学1年生 16歳

将来の夢は歌手になること

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、最初の環境調査は、5月22日(土)午前8時より、アンコールクラウ小学校にて行うことに決まりました。

(よ)

 

 

 

 

 


コメントする

Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.