About JST
JST News!
TOP >> JST News!

カテゴリー


月別アーカイブ

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


最近の記事


1130

日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA)で、日本を代表する石職人としてアンコールで活躍された山本勇さんの孫娘で、フリーカメラマンとしてカンボジアの子供たちを撮り続けている山本真弥さんの記事が、読売新聞に掲載されました。

皆さん、ぜひご覧ください!

http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/091130_1.htm

 

その記事の中に、「勇さんが遺跡修復にかかわった10年間に育てた若者の中には、今や一人前の石職人となった人もいるという」とありますが、彼らはまさに、現在、バイヨン南経蔵の修復現場で活躍している面々です!!

山本勇さんはご高齢のため、もうカンボジアへいらっしゃることはできないのですが、山本さんのご意志は、ここアンコールの地で、脈々と受け継がれているのですね!

 

また、孫の真弥さんは、美術大学の学生の頃から、カメラを携えて、何度もシェムリアップに遊びにきていました。

彼女が撮り続けているカンボジアの子供たちのとびっきりの笑顔は、まさに「生命の輝き」そのもの。

多くの日本人を魅了しています。

今月終わりに、またカンボジアへ撮影旅行に来られるそうで、お会いできるのを楽しみにしています!

 

実は、この真弥さんの父親である山本克典さんは、さらにカンボジアにぞっこん、はまっているお一人なのです。

この10年間、休暇のほとんどをカンボジア訪問につぎ込み、多い時で3か月に1回はシェムリアップにいらしていたこともありました。

御本人曰く、日本での仕事を"馬車馬のように"片付けてからカンボジアに向かうとのことで、シェムリ到着翌日は、いつも相当お疲れになられているご様子。

ほぼ1日、ホテルで睡眠をとられていることもあります。

急に手術が決まった直前も、カンボジア行きの予定だけはキャンセルせずにいらっしゃいましたし、足を骨折されたときも、両手で松葉杖をつきながら、片足でいらっしゃるほど。

なんとも頭がさがります。

 

そんな山本さんは、JSTの強力サポーターの一人でもあります。

また、愛知県吉良町には、"アンコール・ミュージアム"を建設され(http://www.yrp-net.com/museum/先の新聞記事によると、現在は閉館中?)、

その隣町では、"幸田サーキットyrp桐山"http://www.yrp-net.com/)を運営されています。

各種イベントも開催されているようですので、お近くにお住まいの方、車好きの方、そうでない方も、ぜひ一度訪ねてみてください!

(よ)

1119日(木)

 

カンボジアでは、ほとんどの子供たちが、まだ一度もアンコール遺跡を訪れたことがありません。

日本のように、小学校、中学校に、遠足や社会見学授業などの教育プログラムがないカンボジアでは、アンコール・トム遺跡に隣接している村であるアンコールクラウ村の中でさえ、遺跡にまだ一度も行ったことがない子供たちがいるほどなのです。

一生に一度、アンコール・ワット詣でをするのが夢、というのが一般の、特に農村部のカンボジア人の姿なのです。

ましてや、体系的にアンコールの歴史や文化遺産について、また遺跡を守る人々について教わる機会はほとんどないと言っていいでしょう。

そこでJSTでは、アンコール遺跡保存修復チーム(JSA)の専門家集団が母体となってできたNGOならではの、かねてから温めていた企画である、小学6年生を対象とした「カンボジアの子供たちのためのアンコール遺跡 社会見学」を始めることになりました。

 

今回はその第1回目。

西バライ近くにあるチェイ小学校の6年生60名と先生3名を招待しました。

 

715分。

JST代表のチア・ノルがチェイ小学校に到着すると、すでに参加する60名の6年生たちは、背の順に2列に整列して、先生のお話を真剣に聞いているところでした。

出席する生徒の名前はリスト化されており、3台のチャーターバスのうち、誰がどのバスに乗るかまで、すでに決められていました。これなら安心です。

 

091119.jpg

 

チアも生徒の前で一言。今日の日程と目的、注意事項などを話しました。

「アンコール・ワットへ行ったことがある人!」生徒60人に聞いたところ、38人が行ったことがあるとのこと。バイヨンへ行ったことがある生徒は12人程度でした。

アンコール・ワットまで、現在は、快適な舗装道路を通って、車でなら15分ほどで行けるこの地域でさえ、この数字なのです。

 

730

バス3台に別れて、チェイ小学校を出発します。

 

8

JSTが企画・運営しているバイヨン・インフォメーションセンター

http://www.jst-cambodia.net/baiyon/cat28/)到着。

 

091119_02.jpgのサムネール画像60名の生徒は、私語もなく、きちんと整列して施設内に入っていきます。

ちょっと緊張気味かな?

 

まずは、バイヨン遺跡についてのメインビデオを皆で見、2つのグループに分かれ、バイヨン・インフォメーションセンターの案内人であるヴォーリャック嬢とソパリー嬢にそれぞれついて、パネルや遺物などの説明を順に受けていきました。

 

 

091119_03.jpgこのチェイ小学校、校長先生が特に教育熱心で、日曜など学校が休みの日でも、校長先生一人でもくもくと校庭内の補修や作業をしたりしている他、野菜栽培、日本語教室、アプサラ伝統舞踊の教室など、子供たちの課外教育も盛んなよう。

他のカンボジアの小学校とちょっと違うのではないかという印象を持っていましたが、さすが、子供たちの学習意欲もかなり高いようです。

 

091119_04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

皆、真剣に説明を聞き、ノートにメモをとっていきます。

091119_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

案内人も説明に力が入ります。

 

 

 

 

9時過ぎ

再びチャーターバス3台に乗り込み、バイヨン遺跡南経蔵の修復現場へ。

 

9時半

いよいよ遺跡修復現場に到着。

まずは、カンボジア専門家のプロス氏による説明です。

 

091119_06.JPG暑い日差しを受けながらも、皆、真剣に説明を聞き、ノートにメモをとっています。

通り過ぎる外国人観光客も、あたたかい眼差しで、カンボジアの子供たちを見守っているようです。

 

さて、次は一般の観光客は立ち入り禁止となっている南経蔵の修復現場へ。

そびえる単管足場と、大きなラテライト石を間近に見ながら、少しこわごわと現場に入っていきます。

そして、遺跡修復のチーフであるソティ氏から修復の手順や過程を、写真を見ながら説明を受けていきます。

 

091119_07.jpgポイントとなるところは、繰り返し復習し、皆、修復について、よく理解したことでしょう。

様々な質問も飛び交っていましたね。

 

091119_08.jpg最後に皆で足場の上に上り、上部が解体され修復作業が続いているバイヨン南経蔵を上から眺め、クレーンによって石を吊り上げる様子も見学することができました。

 

 

11時半

ちょっと後ろ髪を引かれる思いで、遺跡を後にします。

途中、用意されていた人数分のお弁当を受け取り、チェイ小学校へと戻ります。

 

皆、どんなことを感じ、考えたでしょうか?

後日、学校から感想文が届くことになっていますので、このブログ上でまたご紹介したいと思います。

 

 

 

 

今回のチェイ小学校6年生対象の社会見学は、和歌山県の紀南ユネスコ協会様からいただいた「カンボジアの子供教育」のための寄付金を使わせていただきました。

JSTでは、今後、この「カンボジアの子供たちのためのアンコール遺跡 社会見学」を中心活動の一つとし、まずは地域の小学6年生を対象に、継続的に続けていきたいと考えています。

 

091119_09.jpgアンコール遺跡にまだ行ったこともない多くのカンボジアの子供たちが、自国の文化を少しでも理解し、自分達の祖先が築き上げた文化的遺産を次世代に引き継いでいくきっかけになることを願って・・・・。

(よ)

 

1112日(木)

クラウ村コミュニティーセンターの子供たちを対象に、今日から、また新たな教室が始まりました。

 

091112_02.jpg

トンレサップ湖近くの幼児を対象に、衛生教育、音楽教育、美術教育などを行っている、「慈愛の家」の保母さんたちによる巡回教室です。

クラウ村もその一つに選ばれ、1年弱の予定で、毎週木曜日の午前、はるばるシェムリアップ市内から来てくださることになりました。

 

この保母さんたち、実は、クラウ村コミュニティーセンターにオルガンが到着したときに、デモンストレーションをしてくださった面々でもあります。

JST Newsの今年67日のブログ「オルガン、大活躍!」

http://www.jst-cambodia.net/jstnews/2009/06/

 

 

さて、今日は巡回教室1回目。

さっそく、6月に習った歌から始まりました。

 

091112.jpg

「幸せなら手をたたこう」のカンボジアバージョン、「きらきら星」など、振り付け入りで盛り上がります。皆、しっかり覚えていましたね!

 

そして今日の本題、衛生教育。

 

091112_03.jpg

保母さんが、紙芝居を使って、「手洗いの大切さ」を子供たちに説明していきます。

このカンボジア人保母さん2人は、保母さんになってまだ1年で見習い中とのことでしたが、子供たちの心をぐっとつかみ、興味を全くそらさずに、テンポよく話を進めていくところは、さすがです。時々、笑いの場をつくったり、子供たちに質問を投げかけたり・・・・。カンボジア人の大好きな大道芸人の掛け合い漫才のような話しぶりに、皆、完全に引き込まれています。

 

そして、手洗いの実践練習もはじまりました。

 

091112_04.jpg

水を入れたバケツと石鹸、タオルを用意して、順番に手を洗っていきます。

 

091112_05.JPG

中には、自分が何をしているのか全く分かっていないほどの小さな子もいて、皆の笑いを誘っていましたが、大部分の子は、石鹸で指の隅々まで洗った後、2つのバケツで手をすすいで、最後にタオルで手を拭いていました。

 

巡回教室はさらに続きます。

 

091112_06.JPG

折り紙でコップを作って、白い部分に好きな絵を描いていきます。

 

091112_07.JPG

保母さんが、最初、見本で小さな花の絵を描いて見せたのですが、クラウ村の子供たちは、すぐに自分なりに思い思いの絵を描き出し、びっくりされていました。

笠原先生の「村の美術スクール」の成果が、さっそく出ているようですね!

 

あっという間の2時間。

子供たちの目の輝きと生き生きとした様子は、頼もしい限りです。

まさに、なんでも吸収していくスポンジのように、何かを与えればすぐに自分のものにしてしまう子どもの能力って、本当にすばらしいですね。

実は、私も含めて現在のJSTのコアメンバーは、子供の教育など、そちらの方面には疎いものばかりなのですが、

このような他団体とのコラボレーションによって、JSTの活動の幅も広がり、村の子供たちの可能性も広がっていくということが少し見えてきた一日でした。

 

(よ)

 

117日(土)

クラウ村コミュニティーセンターにやってくる村の子供たち。

その大半は、ほとんど毎日、同じ洋服を、洗濯をせずに着続けているようです。

そのため、泥で黒く汚れて汗の臭いがにじみ出ていたり、大きく破れてぼろぼろになっていたりする洋服を着ている子も。

子供なので、本人は全く気にしていないのかもしれませんが、私たち日本人から見ると、ちょっと心が痛みます。

そのようなわけで、JSTには、日本の支援者から、子供用から大人用までのさまざまな古着が時々届くのですが、今回は、「村の美術スクール」の笠原先生の日本のご友人から、船便で大量の古着が届いたとのことで、「美術スクール・日本語教室」の後に、子供たちひとりひとりに、いただいた古着を配ることになりました。

 

笠原先生は、あらかじめ、大きい子用、小さい子用、女の子用、男の子用と、古着を種分けしてきてくださったため、一着一着、子供たちの背丈に合うものを順番に渡していくことになりました。

 

091108.jpg

 

 

 

 

 

 

 

どんな洋服がもらえるのだろう・・・・

 

 

 

 

 

子供たちは、期待でいっぱい。

目を輝かせながら順番を待っています。 

 

 

091108_03.jpg

 

 

 

 

 

 

「この子はどれが合うかしら・・・・」

 

ひとつひとつ選んで、子供たちに渡す側も、ちょっとわくわくする瞬間です。

 

091108_04.jpg

 

 

嬉しそうに、大事そうに、古着を抱えて、教室を後にする子供たち。

その日習ったばかりの日本語をさっそく使い、はにかみながらも「ありがとうござます」とお礼もしっかり言えました。

 

 

 

 

 

 

 

091108_05.jpg 最後に、皆で記念撮影をしました。

もらった古着をさっそく着ていた子もいましたよ。

 

日本の皆さん、ありがとうございました!

 

(よ)

 

117日(土)

クラウ村コミュニティーセンターでは、2006年より、村の子供たちの英語教室(アンコールやまなみフリースクール)が毎日行われていますが、今月から、週1回のペースで、日本語教室もはじまることになりました。

日本語の先生は、スナーダイクマエ孤児院で育ち、今年9月にシェムリアップ市内の高校を卒業したソチア先生。すでに、数年前から、スナーダイクマエ孤児院の子供たちに日本語を教えているそうです。

スナーダイクマエ孤児院のURLhttp://www.snadai.com/

 

 

091107.jpg 

 

今日は、その第1回目。

「ありがとうございます」「こんにちは」「さようなら」という簡単なあいさつと、「先生」という単語を習いました。

ソチア先生があらかじめ用意されてきたクメール語の単語カードを見ながら、大きな声で、日本語を発音していきます。

091107_03.jpg

3つの挨拶言葉は、すでに知っている子も何人かいましたが、皆、目を輝かせながら、新しい言葉を元気に復唱していました。

ソチア先生も、高校を卒業したばかりとは思えないほど、堂々と、慣れた様子で教えています。

 

091107_02.JPG 

 

クラウ村の子供たち。きっとすぐに日本語を覚えて、会話ができるようになるのでしょうねぇ。

そのときが来るのを、今から楽しみにしています!

 

(よ)

 

 

やまなみフリースクールの英語教室と日本語教室は、アンコールやまなみファンドの支援を受けて行っております。

やまなみファンドのURLhttp://www.npo-if.jp/yfund/jp/index.htm/

 

 

Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.