About JST
JST News!
TOP >> JST News!

 昨日は、ソティ氏の「遺跡修復講座」に引き続き、吉川舞による「環境保全ワークショップ」が行われました。

 

JSTでは、(財)国際開発センター(IDCJ)の支援を受けて、2006年よりアンコール・クラウ村で住民と共に植林活動を行っています。

そして、植林を行うだけでなく、住民を対象に環境問題などについてのワークショップも今までに行ってきました。今回は3回目のワークショップとなります。

090222.jpg 

今までの2回のワークショップは村の大人たちが対象でしたが、今回は村の子供のみがクラウ村コミュニティーセンターに集まりました。

そして今回は、大学時代に数々の環境保全ワークショップに参加した経験のある吉川の立案で、体験型のワークショップを試みました。

通訳はJST代表のチア・ノル。吉川と二人で、掛け合い漫才のような楽しいワークショップとなりました。 

090222_2.jpg

「皆さんが知っている身の回りの木々について教えてくださいね!」と子供たちに呼びかける吉川。

まずは、子供たちが知っている木の名前を挙げてもらいました。

マンゴー、椰子、パパイヤ、ジャックフルーツ・・・・。皆の大好物の果物の木をはじめとして、次から次へと名前があがります。

コキ、ジアン、ベイン・・・建築用材として使われる木の名前も。

 

「それでは、アンコール・クラウ村コミュニティーセンターの敷地内に生えている木の葉をとってきてくださ~い!」。即座に外へ駆けだす子供たち数名。

・・・・・あっという間に20種類ほどの葉っぱが集まりました。 

090222_5.jpg

これは何という名前?

あの葉っぱの実は食べられるの?

葉自体が利用できるものもあるって?なんと、トイレットペーパー代わりにおしりを拭く葉っぱも登場!

(クラウ村の家にはほとんどトイレはなく、皆、屋外で用を足します。たいてい、マンゴーの葉か、カントゥリィアンカエという葉をトイレットペーパー代わりに使っています。)

チア・ノルがその葉っぱの特徴(葉の表面に細い糸状の毛が生えている)を説明します。

驚く吉川。子どもたちからは笑いが・・・・。

 

村の子供たちは、さすが、自分たちの身の回りの植物や樹木のことをよく知っています。

 

そして、吉川から子供たちに質問が続きます。

「さて、これらの木がなくなったらどうなるでしょう・・・?」

想像を巡らす村の子どもたち。

・・・・ワークショップは続きます。

090222_3.jpg 

そして、最後に、

「さあ皆さん!

村のジャングルの中にはたくさんの木々が生えていますが、その中で、役に立たない木は一本ないということがわかりましたか?

ぜひ、身の回りの木々をもう一度思い出して、村にある森や木を大切にしてくださいね!」

・・・・・こうして、第3回目の「環境保全ワークショップ」が締めくくられました。

 

※このワークショップは、IDCJ(国際開発センター)との共同活動であり、「イオン環境財団 2007年度 第17回環境活動助成」の助成金を得て行いました。

 

(よ)

アンコール・クラウ村コミュニティーセンターで、念願の第一回遺跡修復講座を開催しました。

対象は、クラウ村の子供たち。自分たちの身近にある文化遺産(アンコール遺跡)について、まずは村の子供たちに知ってもらおうというのが主たる目的です。

しかしそれだけでなく、将来、その子供たちの中から、遺跡修復事業を担う人材が育ってくれれば、という私たちJSTコアメンバーの期待も存分に込められています。

その遺跡修復講座の記念すべき第一回目。

私たちが村へ到着すると、すでに約180人の村の子供たちが集まっていました。これから何がはじまるのだろう・・・。子どもたちの熱い期待が感じられます。 

090221_4.jpg

 

今回の講師は、JSTコアメンバーでもあり、遺跡修復チームカンボジア人専門家のチーフを務めるソティ氏。

まずはソティ氏から子供たちにさまざまな質問。

お父さんやお兄さんなど家族がアンコール遺跡修復にかかわっている人は手を挙げて!(→約半数くらい)

その中で、フランス隊で働いている人は?中国隊は?ドイツ隊は?日本隊は?

アプサラ(カンボジア政府によるアンコール地域保存整備管理機構)は?などなど。

 

そして、子供たちに投げかけた数々の質問から、アンコール遺跡のほんの目と鼻の先に住みながら、自分たちの祖先が残してくれた文化遺産の価値を知らないだけでなく、遺跡にほとんど行ったこともないような子供も多数いることがわかりました。

 

090221_5.jpg

そこで、アンコール遺跡と村の生活のつながりを説明するソティ氏。

遺跡があることによって得られるもの、そしてそれをそのまま放置していたらどうなるか・・・・。

その上で、JSA(日本国政府アンコール遺跡救済チーム)をはじめ、各国遺跡修復チームは、カンボジアの次の世代に、我々の文化遺産を残すためのとても重要な仕事をしていると説明。

 

さらに、遺跡修復の手順について、用意してきた写真を見せながら、子供たちにわかりやすく説明していきます。

1)   現状図面作成

2)   危険箇所、崩壊箇所などの検討

3)   部材解体と精査

4)   部材修理

5)   仮組

6)   再構築 

 

090221_6.jpg

 

真剣に写真を見つめ、ソティ氏の話に熱心に耳を傾ける子供たち。

写真の中には、修復作業をする自分のお父さんやお兄さんの姿も映っていたりして、ときどき子供たちの中から歓声が沸き起こります。

 

最後に子供たちに、将来の夢を聞いてみました。

遺跡修復に関わりたい人は半数以上、次いで学校の先生や観光ガイドさん。

そして、もっともっとアンコール遺跡について知りたいという子どもたち。

次回は、皆で遺跡修復現場を見学したいですね!!

(よ)

 

090221_7.jpg

 

「クロマートラベルガイドブック」Vol.10に、「アンコール・クラウ村とともに② 村人自らで造りあげた 村の橋」が掲載されました!

これは1997年、クラウ村の村人とつくった最初の橋についてのコラムです。

橋の全長は27m。今から思うとよくつくったなあ・・の一言ですが、建設途中、当時のカンボジア二大政党の武力衝突で非常事態宣言が下され、橋づくりに協力してくれた日本人がすべて日本に帰国することになるというハプニングも。銃声が鳴り響く中で橋の建設も一時中断されました。

なんとも思い出深い橋です。

 

全文はこちら→http://krorma.com/column/noru10.html/

 

(の)

「あやもよう」200812月号にチアの講演内容が掲載されました!

 

昨年9月、JST代表のチア・ノルが日本に帰国した際、神奈川県小田原にあるNPO法人「子供と生活文化協会(CLCA)」で活動をしている子供たちを対象に、「祖国カンボジア」というテーマで話をさせていただいたときの内容が、機関月刊誌「あやもよう」200812月号に掲載されました。

 

090218.jpg 

「子供と生活文化協会(CLCA)」のURLhttp://www.clca.or.jp/

「あやもよう」のURLhttp://www.clca.or.jp/

 

11月下旬の発行直後、出来上がった「あやもよう」をカンボジアに送ってもらったのですが、こちらに届いたのが昨日のこと。AIR MAILで送ってくださったのに、私たちの手元に届くのになんと2か月半もかかってしまったため、お知らせが遅くなりました。

よく見ると封筒には、20081213日のシェムリアップの消印が。つまり、2カ月もの間、シェムリアップ郵便局に"保管"されていたことになりますが、カンボジアの郵便事情、どうなっているのでしょうねぇ・・・・。

 

それはともかく・・・・・、

「子供と生活文化協会(CLCA)」では、不登校などで学校に通えなくなってしまった日本の子供たちが共同で生活をする「はじめ塾」という寄宿生活塾を運営しています。

 

「はじめ塾」のURLhttp://hajimejyuku.com/guide/index.html#03/

 

来月中旬には、この「はじめ塾」の小学校5年生~高校1年生までの子供たち20名が、JSTが企画するスタディーツアーに参加してくださることになっています。

アンコール・クラウ村の子供たちとの交流、遺跡修復現場体験、アプサラダンス講習会、染色体験など、さまざまな企画を通して、リアルタイムのカンボジアをぜひ肌で感じてもらいたいと、JST現地スタッフも楽しみに準備を進めているところです。

スタディーツアーの内容は、「ツアーブログ」でもご紹介しますので、お楽しみに!
2月7日,アンコールクラウ村コミュニティセンター内図書館,集会場,橋,東屋の竣工式の日。
「会社創立60周年記念事業」としてこれらの建物をご寄付下さった富山県の株式会社三田商会様がいらっしゃるということで,総勢500人を超える村民が朝からコミュニティセンターに集まりました。
お祭りのように賑やかな式典となりました。

090217_1.JPG


カンボジアの竣工式は新築建築物の今後の安全祈願から始まります。
上棟式でももちろん安全祈願は行いますが,竣工式でも必ず行うのがカンボジア式。
上棟式ではきれいに盛られたブタの顔が見られましたが,今回は山盛りのくだものだけでブタはナシ。
ほっと胸をなで下ろした人は私だけでしょうか?

炎天下の中5人ものお坊さんに来て頂いたので,ここぞとばかりにこの建物だけでなく村全体の安全と幸せもお祈りさせてもらいました。


読経を終えると続いてJSTアドバイザー中川よりこれらの建築について少々説明があり,
そして主賓ご挨拶。(株)三田商代表取締役社長黒田様よりご挨拶いただきました。
それらを受けて,クラウ村を代表,村の世話役であり,また日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)棟梁サオサムさんより御礼の挨拶,そしてクラウ村一同からの御礼の記念プレートを
副村長ソムナンさんが黒田社長に手渡しました。

090217_2.JPG


この記念プレートはアンコール遺跡群に多く使われた石材と同等の砂岩に,クラウ村に住む職人が繊細な模様を彫って作り上げた,世界にひとつのプレートです。
この企画を日本で聞いていた私の想像を遙かに超える重さのプレートでしたが...,きれいに仕上がっていて,何より村人の想いとその行動を嬉しく思いました。


最後は竣工式恒例の(?)テープカットです。
ただスタイルはとってもカンボジア式。
ふたりのキレイなお姉さんが出てきて,テープの両サイドを持っています。
そしてキレイにリボンを巻かれたキッチンばさみのようなものでカットです。
サオサムさん,ソムナンさん,中川,そして黒田社長の4名がハサミを入れました。

090217_3.JPG

こうして盛大に,そして滞りなく竣工式は終了。

ところで,今回の式典でとても多く耳にしたのが『情操教育』という単語。
日本では小学校,もしかすると幼稚園から美術(お絵かきや粘土など)や音楽の時間がありますが,
カンボジアの学校では美術や音楽といった芸術系の授業が行われていないのが現状です。
そのためか,クラウ村の子供たちは,例えば「描く」という行為ひとつとってみても,私たちが自然に
行っているように思える「まず構図を考える」「色を重ねる」といったことはやりません。


このような現状を踏まえ,今回は内部の天井高に大きな差がある図書館や,橋の上の東屋,
複数のサイズがあるベンチやテーブルなどなど,敢えてアンコールクラウ村村民には
馴染みのないデザインを多く用いてみました。
それは子供たちをはじめとする村民に,色々発想を膨らませ,自由な使い方を自らの力で考え
生み出してほしいという想いからです。
そして(株)三田商会様からはこれらの建物に加えて足踏みオルガンをご寄付いただける
こととなりました。電気を使わずに使える足踏み式は本当に嬉しいです。


改めまして,建築物だけでなく,このような「情操教育」に触れるチャンスを子供たちに与えて下さった(株)三田商会様には心から感謝致します。


ちなみに...,その後は以前よりご支援いただいているアンコールやまなみファンドの皆さんも交えての「交歓会」が催されました。こちらも大大盛況で,子供たちのキラキラした笑顔がいっぱいでした。この「交歓会」の詳細は次回。





今週2月13日(金)、JSTアンコール・クラウ村コミュニティーセンターにて、日本社会事業大学主催のワークショップ「カンボジアの子供支援のためのコミュニティーソーシャルワークショップ現実、可能性と夢」が開催されます。

日本からは福祉関係の先生方や大学生が、そしてアンコール・クラウ村の先生方なども参加される予定です。

このワークショップに参加ご希望の方、JSTまでご連絡ください!

(メールアドレス;info@jst-cambodia.net

 

主催:      日本社会事業大学

場所:      シェム・リアップ、アンコール・クラウ村コミュニティーセンター

日時:      2009年2月13日(金) 10:00-15:30          

 

スケジュール:

開会

10:00-10:05           司会:藤本ヘレン 日本社会事業大学准教授

挨拶

10:05-10:20           コン・チャン カンボジア王国社会福祉省事業局次長

団体発表

10:20-10:40           アンコール遺跡の保全と周辺地域の持続的発展のための人材養成支援機構(JST)

吉川舞 広報担当

10:40-11:00           幼い難民を考える会

関口晴美 カンボジア事務所所長

11:00-11:20           国際子ども権利センター(C-Rights)

宇野桜 カンボジア駐在員

11:20-11:40           国境なき子どもたち(KnK

コン・ソフィア KnKネットワークカンボジア代表

11:40-12:00           スナーダイクマエ

メアス博子 管理運営責任者、チウ・ヒーア 指導員

昼食

12:00-13:30           Moi Moi農園水上小屋

円卓会議

13:30-15:30           司会:林民夫 元カンボジア王国社会福祉省大臣顧問

 

懇親会

18:00-19:30           市内レストラン

2008年9月、JSTの活動地であるアンコールクラウ村に、

日本の企業とその他の支援者の方々からの寄付を受けて、

新しく村の人のための集会所や図書館が建設されました。

 

2005年から子供たちのための英語塾として活躍しているやまなみフリースクールと共に、

「アンコールクラウ村コミュニティセンター」として新たにスタートを切りました。

  (詳しくはHP内「JSTができてから」>>アンコールクラウ村コミュニティセンターに!)

 

そのコミュニティセンター建設に当たって、創業60周年の記念事業として

集会所などの建物を寄贈して下さった(株)三田商会様に関する記事が、

北日本新聞に掲載されました。

090111北日本新聞_掲載.pdf 

JSTのアドバイザーの一人である、JSA(日本国政府アンコール遺跡救済チーム)団長の

中川 武と三田商会・黒田社長との親交から生まれた今回の建設事業。

こうしたご縁がこれからも続いていくことを願っています。

そして、現場で仕事をする私たちはクラウ村コミュニティセンターを舞台に、

より面白く、新しい取り組みを実現していきます!

 

 

Copyright © 2008 JST . All Rights Reserved.