About JST
JST News!
TOP >> JST News!

昨年10月の開校したばかりのバイヨン中学校ですが、日本で教員を経験された方々が多数所属されている「NPOオアシス」様のご支援で、なんと、サッカーゴール、バレーコート、鉄棒、走り幅跳び砂場、150mトラックなどがそろいました!

140331_01.JPG
こちら、手前にバレーボールネットの支柱、その向こうにサッカーゴールが見えます。
これらは、近くの鉄骨屋さんに図面を持ち込んで、作ってもらったものです。
思ったより、しっかりしたサッカーゴールができました。

140331_02.JPG
バレーコートは、NPOオアシスの皆さんが来訪された際に、ロープを地面に留めて、手作りで作ってくださいました。
150mトラックも同様です。
暑い日差しの下での作業は大変だったと思いますが、本当にありがとうございました!

140331_03.JPG
バイヨン中学校の敷地には、昔の堀が横断していて、その部分は低地になっているのですが、そこから掘った土を校庭に盛り上げ、少しでも校庭を高くする作業も行われました。

140331_10.JPG
トラックで1台1台、校庭に運ばれた土です。

140331_04.JPG
そして、ショベルカーで掘りこまれた場所は、なんと、雨期になると天然のプールになるとのこと!
子供たちがこの天然プールでどのように泳ぐのか、今から楽しみです。

140331_05.JPG
鉄骨屋にサイズを渡してつくってもらった鉄棒も完成しました。校庭隅に植えられているシューナッツ畑の中に設置して、鉄棒の前には、着地用の砂場もつくりました。

NPOオアシスの体育の先生の発案で、この砂場は走り幅跳び用にも兼用されることになります。
そして、その走り幅跳びの助走のコースはというと・・・・・、

140331_06.JPG
なんと、7m間隔で植えられたカシューナッツ畑の中!!!
(この写真中央に見えるのが、走り幅跳び用の砂場。そのすぐ右には鉄棒が写っています)
カシューナッツ畑の中を疾走して、踏切板を強く蹴って、カシューナッツ畑の中を舞い上がる・・・・
カンボジアらしい、バイヨン中学校らしい、素敵な走り幅跳びのコースができました!

140331_07.JPG
職員室内にも、体育用具を入れる棚2つと、ボール入れ2つ(どちらも特注!)が寄付され、ボールも愛知県の中学校から、使われなくなったものをたくさんいただきました。

140331_08.JPG
さらに、NPOオアシスの体育の先生の計らいで、全国的な体操着メーカー「KANKO(国盛商業株式会社)」様より、大量の新品体操着も送られてきました。
JSTでは、その一部をバイヨン中学校の生徒にも配ったのですが、日本製の新品の体操着をもらった135人の生徒たちは大喜び。
これはそのときに撮った記念写真です。

140331_09.JPG
その後、オアシスの皆さんが来訪されるたびに行われる体育授業でも、体操着は大活躍!
日本のラジオ体操も皆で行いました。

***************************************

バイヨン中学校の運動場整備と体育施設は、次の団体のご支援により、実現しました。

・校庭盛土、150mトラック整備、サッカーゴールとネット、バレーボールの支柱とネット、鉄棒、走り幅跳び場、ボール入れ2つ、アルミ製扉付棚
                ;NPOオアシス様(日本国際協力財団の助成金にて)
・体操着;KANKO(国盛商業株式会社)様

(よ)



2013年度には、バイヨン中学校西側管理棟2教室も完成しました。

140330_01.JPG

1教室は職員室、もう1教室は図書室となりますが、まだ図書は1冊もないため、まずはパソコン教室として使用することになりました。
電気もない村のはずなのに、なぜパソコンが?と思われる方もいらっしゃると思いますが、なんと、立派なソーラーパネルが6枚もついたのです!

140330_02.JPG

このソーラーシステム設置については、本当にいろいろな方にお世話になりました。
まず、資金面では、愛知県のNPOオアシスさんが「積水ハウスマッチングプロジェクト」に応募してくださり、見事、助成金を得ることができました。
ソーラーパネル設備に関しては、シェムリアップで信頼できる販売店が見つからずに困っていたころ、私の大学の大先輩が訪ねてきてくださり、その方がカンボジアでの活動として行っていらっしゃるARUN(http://www.arunllc.jp/)という社会的投資組織で投資支援された「LES(ligjting Engineering & Solutions)」というプノンペンのソーラーシステム会社を紹介してくださったおかげで、工期内に実現することができました。

設置されたソーラーシステムは、試算によると、4~6時間でフルチャージでき、出力6120Wh。
ノート型パソコン40台の場合は、トータル6時間も使えるほどの電力が供給されるとのことです。
先の「2013年度活動報告1」で紹介した井戸水くみ上げ用の電力もこれで賄うことができることとなりました。

140330_07.JPG140330_06.JPG











会議用机と椅子、それに収納棚もNPOオアシスの皆さんのご尽力で購入することができました。


さらに、愛知県蒲郡市に本社を置く眼科医療機器メーカー・株式会社ニデック様からは中古パソコン28台を、
また、愛知県幸田町役場からも中古パソコン8台を寄贈していただきました。
これらノートパソコンは、ハードディスク、ソフトなどはすべて交換し、OSも英語・カンボジア語バージョンをインストールしてカンボジア用にリニューアルしました。

こうして整った、パソコン使用環境。
バイヨン中学校の生徒たちは、初めて触るパソコンに大感激!
急きょ、校長先生は、一般授業外の土曜日午後と日曜午前に、パソコンの授業を行うこととなりました。

140330_04.JPG

パソコン授業は順番に受けることができるのですが、現在、36台しかないために、皆、早く自分の番が来ないかと、自分の授業以外の生徒も、教室の窓から覗いて、順番待ちしているような状態だそうです。

140330_05.JPG

私たちにとって、今や当然のように身近にあるパソコンも、カンボジアの無電化地域の子供たちにとっては、もしかしたら一生手の届かないかもしれない、あこがれの存在です。

パソコン授業のあまりの人気に、そして、生徒たちのパソコンを操作する真剣さに、私も驚いているところですが、最近、生徒のパソコンに対する熱意を知った近くのお寺のカンボジア人僧侶が、毎週、パソコン授業を手伝ってくださることになりました。
"なんだかいい話"が連鎖的に続いていくバイヨン中学校。今後が楽しみです。


*************************************
バイヨン中学校西側2教室(職員室と図書室)は、次の団体のご支援のもとに実現しました。

・教室本体;NPOオアシスの皆さん(「ひろしま・祈りの石国際教育交流財団」助成金より)
・教室本体;アンコール・クッキー様
・ソーラーパネル;NPOオアシスの皆さん(「積水ハウスマッチングプロジェクト」助成金より)
・会議机といす;NPOオアシスの皆さん(「蒲郡国際交流協会」助成金より)
・机と椅子、棚;NPOオアシスの皆さん(「地球市民財団」助成金より)

(よ)




JSTプロジェクトコーディネーターの小出陽子です。
2013年度も明日で終わりですね
今年度も多くの皆さんにご支援いただき、JSTはバイヨン中学校創設という新たな一歩を踏み出すことができました。
ここで、2013年度のJSTの活動を簡単に振り返ってみたいと思います。

バイヨン中学校の教室棟完成!

140329_00.JPG

バイヨン中学校のエントランス。立派な看板も設置され、ギャラリー空間を通して、校庭の向こうのカシューナッツ畑まで見通せます。

140329_01.JPG

中庭側から、完成した6教室を眺めます。
すべての教室に十分な採光と通気が施されるよう、一部2重屋根となっています。
カンボジアの暑い日中でも、かなり快適な教室となりました。

140329_03.JPG


授業風景を廊下の窓から覗いてみましょう。
授業開始には、まず生徒全員起立し、先生に手を合わせ、一斉に「先生、お願いします!」と頭を下げます。

140329_05.JPG


先生に教えていただく・・・・、この気持ちを持って授業を受けるので、生徒たちは授業中はとても真剣。全員が先生の声に集中しています。そしてこの集中力が最後まで途切れることがないのは驚きです。
発表するときにも、このように、手を合わせて、感謝の気持ちをもって発言するのですね。。。


140329_06.JPG


バイヨン中学校の毎日は、朝7時から始まります。昼12時まで、全部で5時間の授業が行われ、授業の合間には10分間の休み時間が入ります。
休み時間になると、外に出て校庭で遊ぶ生徒、廊下で団らんする生徒などに分かれ、11歳~19歳までという年の差も関係なく、仲良く遊んでいます。
写真の中央に写っているのはバイヨン中学校の校長先生です。休み時間には、校長先生は、極力、生徒たちと交流をするよう努めていらっしゃいます。

140329_07.JPG

生徒たちのお気に入りの場所は、このギャラリー空間。
まだ、絵や掲示物が展示されていないのですが、風が通って涼しいので、ここで、カンボジア版ドッヂボールをして遊んだりしています。
カンボジア版ドッジボールとは、ルールはドッジボールにそっくりで、ボールの代わりに先端にゴムが付いた羽根を投げて敵に当てる遊びです。
羽根はボールよりスピードが早いので、動体視力が鍛えられそう。。。でも当たるとボールより痛そうです。

140329_08.JPG140329_09.JPG

明るく清潔な、男女別のトイレも完成しました。

140329_10.JPG

水は、井戸からくみ上げるのですが、鉄分が多いため、浄化したものを飲料水としても利用できるように水タンクと浄水装置を作りました。

140329_11.JPG


くみ上げポンプの電力は、太陽光パネルを利用しています(次のブログで紹介しますね)。
高架台上のタンクにくみ上げられた水は、まず空気にさらされて鉄分を沈殿させ、砂利、木炭などにくぐらせて浄化しています。
最終的に、この蛇口から出てくるようにしましたが、将来的には、少し離れた場所に、手洗い場をつくりたいと考えています。

**************************************
バイヨン中学校のこれらの施設は、以下の団体や個人の方々にご支援いただき、完成しました。
ありがとうございました!

・6教室棟;愛知県の安藤幹夫様と山本克典様
・トイレ;TTF(Together to the Future)と聖心女子学院高等部の皆様
・井戸と水浄化システム;KDDI株式会社の皆様

(よ)





2014年2月17日
日経新聞夕刊「フォーカス」の欄に、バイヨン中学校とJSTプロジェクトコーディネーターの小出陽子が紹介されました!

140217s.jpg