BLOG

2012年より4年間にわたり続けられてきた「ナーガ像・シンハ像および欄干修復プロジェクト」は、おかげ様で2016年3月で第2フェーズを完了することができました!
DSCN1096.JPGのサムネール画像のサムネール画像

第2フェーズではバイヨン寺院正面となる、東参道の欄干、ナーガ像、シンハ像を対象としておりました。
東参道は、寺院の正面ということもあり、ほぼほとんどの観光客にとっての観光ルート入口であり、バイヨン寺院をまず眺める重要な景観であるにもかかわらず、このエリアでは多くの欄干や彫像が崩落し、基壇の上や遺跡の周囲にその部材が散乱している状態でした。
こうした状況は景観的な問題だけでなく、散乱した部材を観光客らが踏んだり座ってしまい、ますます部材が劣化していくという状況を招いてしまっていました。
また、崩落していなくても、基壇の歪みによって欄干が不安定であったり、80年以上前の過去の修復によって入れていたサポートが脆くなり、とても危険な状態にある場所も多くみられました。
eg_1.jpg
                                             <修復前の東参道の様子>

JSTチームでは、JASAからの多くの技術協力とアドバイスをうけながら、これらの修復を進めてくることができました。
欄干修復のおおまかな流れとしては、
修復前記録→解体→部材修理→仮組み+必要な箇所への新材加工、部分的な基壇修理→再構築→修復後記録
となります。
それぞれの部材や場所によって、問題は様々であり、一つ一つに対してJSTの専門家とJASAの専門家による検討が行われ、最適な修理方法が選ばれて行きました。
また、ライオン彫像の修理も進められ、最終的には大きく景観的にも安全性においても改善することができました。
これまでもブログで各エリアの終了ごとに報告をしてきましたが、ここでまとめて第2フェーズで終了した箇所の劇的ビフォーアフターをご覧ください!


71.4-2.jpg
71.3-2.jpgのサムネール画像

71.1-1.jpg
singha2.jpg

さて、このプロジェクトのもう一つの大きな成果といえば、
「カンボジア人からカンボジア人への人材育成」です!
これまでの4年間で、JASAで長年培われてきた経験と方法を、JASAの専門家や技能員が丁寧に当プロジェクトの7名のメンバーにトレーニングをおこなってきました。
4年たった今では当プロジェクトのメンバーもかなりたくましく、頼れるスタッフへと成長してくれました。

thumb_DSCN1954_1024.jpg


修復にはそれぞれいろいろな工程がありますが、若手専門家として頑張ってくれているソピアック君をはじめ、そのほか6名のメンバーもそれぞれ得意の分野ができはじめており、それぞれの工程でリーダーシップを発揮してくれます。
各メンバーの成長の様子は今後のブログでご紹介していきたいと思います。

2016年4月から第3フェーズが開始し、引き続き参道での修復工事が進められています!
第3フェーズの修復工事の様子も随時ご紹介していきたいと思いますので、これから2年間もどうぞ皆様よろしくお願いします!

※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、JSTと日本ユネスコ協会連盟の共同事業としてすすめられています

(麻)

2016年がはじまり、1月もあっという中旬になりましたが、今更ながら今年も皆様JSTの修復事業・ナーガシンハ彫像修復プロジェクトの方もよろしくお願い致します。

さて、今年は申年ですが、当プロジェクトは今「獅子」真っ最中です!

第2フェーズ開始以来、当プロジェクトではバイヨン寺院東参道の欄干、ナーガ彫像を中心に修復を進めてきましたが、2015年10月より、寺院正面の東参道に並ぶシンハ9体の彫像の修復を行っています。(シンハ彫像なんぞや、という方はブログ最後の豆知識をご覧下さい。)

singha.JPGのサムネール画像

バイヨン寺院外回廊には2か所所の入口がありますが、当初シンハ彫像はこのうち18か所の入口両脇に合計36体あったと考えられています。しかし現在確認できるものは28体のみであり、また現存していても、長い年月の中でこれらの彫像は崩落、あるいは壊れて彫像の一部が失われてしまっているものも多くあります。また、20世紀初頭に一度修理されている彫像もありますが、この時に使われたモルタルが脆くなって崩れそうになっていたり、鉄のピンが錆びて膨張し、彫像にヒビがはいってしまっている場合もあります。

今回は、そうした過去の修復部分を取り除いて新たにステンレスのピンで接合したり、必要な箇所には新砂岩材によって補てんを行うという作業も行われています。


また、解体前はかなり不安定な状態でシンハ彫像が設置されていたため、修理後のシンハ彫像を安定して再設置するにあたっては、基壇整備も同時に行われています。

fig.5 No.71.1.1.9.1.4 maintenace of platform.jpg


解体した彫像の古い修復処置を取り除き、正確な劣化状況を把握したところで、JASA専門家2名と熟練作業員2名とともに、各彫像について接着方法、新材による補てんが必要な箇所、そしてどのようにシンハ彫像を再設置するかということについて検討を行いながら、作業は進められています。

修復前後の様子は一見写真ではわかりにくいですが、各段に安定し、生まれ変わったシンハ彫像をぜひご覧ください!

修復前

DSCN4441.JPG

修復後

DSCN0889.JPG


<バイヨンのシンハ彫像豆知識>

シンハはサンスクリット語でライオンを意味しますが、ライオンは古今東西、権力の象徴としてしばしば登場する動物です。カンボジアでも、インドからの影響を受け、王権を象徴する動物として古くから重用され、アンコール王朝歴代の王に関わる寺院の入口やテラスなど装飾として多く登場します。

バイヨン寺院のシンハ彫像はすべて同じ大きさというわけではなく、入口により大きさや顔の向きが異なっています。大きいシンハ彫像が置かれた入口は、重要な人物のための入口であった可能性もあり、こうした彫像の作りや大きさの違いが、数ある寺院入口の使用頻度やヒエラルキーを表していたのかもしれません。かつては王家あるいはそれに属する人々のためであったと考えられている寺院正面の東参道の入口に置かれたシンハ彫像たちはひときわ大きく、非常に堂々とした風貌を備えています。

しかしその多くが劣化、あるいは崩壊の危機に瀕しており、早急な修復が必要とされています。これらの彫像がプロジェクトメンバーの手で生まれ変わり、再び寺院を訪れる現代の人々を荘厳に迎えてくれる日を心待ちにしています。

※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、日本ユネスコ協会連盟との共同事業としてすすめられています 

(麻)



ナーガ・シンハ彫像および欄干修復プロジェクトでは、着々とバイヨン寺院正面、東参道での欄干修復作業が進んでいます!
少しご無沙汰してしまっていましたが、今回は修復をおえた2つのエリアの様子を続けてお伝えします!

2015年の5月には、1月より修復工事を進めていた、参道北側の中央エリアの修復が完了しました。
このエリアは、基壇が大きく変形してしまっていたため、欄干の修復だけでなく基壇の整備に多くの時間を要してしまいましたが、無事修復を完了することができました。

修復前、このエリアには崩落してしまった欄干部材が基壇の上にいくつも散乱してしまっており、
観光客にとっても足元がわるく、また欄干にとっても部材がどんどん劣化してしまう状態にありました。

また、参道のすぐ北側には、巨大な池があるのですが、
この池の淵にも多くの石材が散乱していました。
修復を始めるにあたり、こうした基壇の外にも落ちていた散乱石材の整理、同定作業を行い、池の淵の散乱部材から4部材をこのエリアの欄干として戻すことができました!

修復が進む様子をご覧ください!

DSCN4125.JPG
修復前の様子。多くの欄干が基壇上に崩落していました。。
DSCN6017.JPG
参道のすぐ北側の池の淵の散乱部材から、欄干の部材と思われるものを探し出していきます。
DSCN6025.JPG
大変な作業ですが、作業員たちは楽しんで進めてくれています!
4-2.jpg
こうして見つかった石材を仮組みしていきます。
DSCN8847.JPG
必要な箇所には新材による補てんを行います。
71-1.1_before.jpg
                              修復前
71-1.1_after.jpg
                             修復後
修復前後で見違えるように景観が変わりました!

※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、日本ユネスコ協会連盟との共同事業としてすすめられています 

(麻)

12月に入り、カンボジアでは一年で最も涼しい時期に入り、当プロジェクトの修復工事も、現場を新たなエリアに写し、作業を開始しました。
場所は東参道の北側の欄干の中央エリア。このエリアでは、参道上に巨木が成長してしまい、その根が基段の内側に入り込み、大きく床面が変形してしまっています。その影響もあってか、ここでも多くの欄干部材が床面上に崩落して割れてしまっています。

2014.12-1.JPGのサムネール画像
2014.12-2.JPG
事前調査の結果、このエリアではシンハ彫像1体、ナーガ彫像1体を含む全部で41部材があり、その多くがひび、剥離、破損、破断、などの状況にあり、修理が必要であることがわかりました。また、この参道の北側現在はどの大部分が土砂に埋まってしまっている貯水池がありますが、この池端に散乱していた部材のなかから3つの欄干に関わる部材が発見されました。これらは現在所の特定を行っている最中です。
また、これまでの修復をおこなってきた他エリア同様、ここでもシンハ彫像、ナーガ彫像、欄干を設置する基段が大きく変形し、隙間を生じており、再設置にあたり危険な状況であるため、基段の改善作業を行う必要があることが確認されました。
2014.12-3.JPGのサムネール画像2014.12-5.JPGのサムネール画像のサムネール画像
2014.12-4.JPG
現在は、各部材を修理する前に、このエリア全体の修復の方向性、最終的な部材の設置方法などを決定するための仮置きをしている状態です。
各部材の番付、修復前の図面と写真による記録を終え、これにより、おおよその部材設置箇所や、各部材の修理方法、新材による補てんが必要となる箇所などが決定しました。2015年1月より本格的な各部材の修理が開始されます。

(麻)


9月に入り、バイヨン寺院東参道の北側エリアで進められていた修復作業も、各部材の修理を終え、欄干を載せる部分の基壇側の問題箇所の改良も完了し、いよいよ再構築の段階にはいりました!

欄干は、大きく3つの層に分けられます。一番下には「地覆」と呼ばれる基礎の部分、そのうえには欄干を支える「斗束」という部分、そして一番上の欄干の手すり(実際には手すりの役割ではないですが)となる「架木」とよばれる部分。

これらを下の層から順に安定させながら設置させていくわけなのですが、
ときにはオリジナルの石材が一部かけてしまっているためそのまま設置するには不安定な部材もあります。こうした部材に対しては、新しい石材でこうした部分を補てんする必要があります。
こうした石材による補てん加工はどのように行うのでしょう?

1.まずは石切り場から切り出されて現場に運び込まれてきた石材は、巨大な塊なので、そこから必要な大きさに石材を切り出します。
August2014 (1).JPGのサムネール画像
.切り出した石材を、欠けている石材の接地面の形に合わせて削っていきます。新材加工の中ではこの作業が一番難しいかもしれません。
August2014 (2).JPG
3.ぴったりと形状をあわせたオリジナルの石材と新しい石材を接着します。
August2014 (3).JPG
4.周囲の彫刻に合わせて装飾を施していきます。新しい石材は時間がたつと周囲の色と同化していきますが、この時に後世の人が、どこがオリジナルの部分で、どこか修復で継ぎ足した部分なのかを見分けられるように、装飾を少し粗い段階で止めます。
August2014 (4).JPG
August2014 (5).JPG完成!
こうしてよみがえり安定した部材を再び設置していきます。
みなさんも、バイヨン寺院を訪れた際には、ぜひ修復の時にあたらしく補てんされた石材がどこか、探してみてください!
(麻)

4月の中旬に開始した第2フェーズですが、、はじめは修復現場を整備したり、解体前の図面を書いたりといった作業が中心でしたが、
5月に入り本格的に欄干や彫像部材の修理作業が開始されました!

1.JPG
現在修復を進めているエリアには、20世紀初頭に修復されたものの、その後なんらかの原因により崩落してバラバラになってしまったナーガ彫像があります。
2.jpg
意味をなさなくなってしまったかつての修復で挿入された鉄製のかすがいやピンを丁寧に取り除き、腐食しにくいステンレスボルトなどによって新たにこれらのナーガ彫像の破片を接合していくこととなります。
3.JPG4.JPG
そのほか、このエリアでは地覆が16部材(このうち6部材はわれているため接合が必要です)、斗束が9部材(中には転用材も含まれます)、そしてナーガ彫像が2体と胴体部分にあたる架木が7部材確認され、
これらの各部材の修理が日々進められています!
5.JPG

さて、余談ですが、アンコール王朝時代の遺跡(寺院)のほとんどは東を正面としており、バイヨン寺院もこうした例外にもれず、寺院の東側には立派な参道が設けられています。
この参道、現在は石造の基段部分しか残っていませんが、バイヨンが国家の中心寺院として栄えていた12~14世紀のころには、この上に木造の建物が建っていたと考えられています。現在も木造の柱を立てていたとみられる柱穴がいくつも残っています。バイヨン寺院を訪れた際には、こうした痕跡を探していくのも面白いかもしれませんね。

(麻)
2014年4月中旬、カンボジアのお正月である『クメール正月』が開けた後、いよいよ本格的に本プロジェクトの第2フェーズが開始されました!

第2フェーズでは、観光客が最も集中する、バイヨン寺院正面となる東参道のナーガ彫像、シンハ彫像、欄干の修復を行うことになります。
この場所は、70年代、80年代の内乱の影響や、遺跡脇の巨木が数十年前に遺跡の上に倒れてきた際の影響を如実にうけており、
20世紀初頭にフランスが行った修復後の写真と見比べると、その様子は大きく様変わりしてしまっています。
eg_1.jpgのサムネール画像
同じく、JASAチームも外回廊南東隅塔の修復が完了し、この4月から本格的に東側外回廊中央の塔とその周辺の修復、整備作業を進めていますが、
(工事開始の様子はこちらから→https://www.facebook.com/NGO.JST/posts/695886947140121)
これと合わせてバイヨン寺院正面となる東参道の欄干や彫像を修復していくことで、バイヨン寺院正面の景観は大きく改善され、さらに荘厳な印象を取り戻すことができるでしょう。

さて、修復を始める前には実は様々な準備段階があるのですが、その一部をご紹介します。

(その1)修復方法や範囲、工期を決めるための綿密な調査
調査では専門家が石材一つ一つの状態や、設置状況を詳しく調べ、劣化の度合いや安全性を記録し、これらをもとに修復計画をたてていきます。
一般の現在の建設工事と違い、修復工事は、開始して解体してみないとわからない点も多々ありますが、それでもできるだけ正確に修復にかかる時間や人員、方法を見極めるためにとても重要なことです。

(その2)修復現場の整備
もう一つ、実はとても大事なことが現場つくり。
遺跡の周りはまだまだ石材が散乱していたり、土が堆積して地形ががたがただったり、鬱蒼と草木が茂っていたりと、とてもそのままでは修復工事を始められる状態ではありません。
また、一般の建設工事と大きく異なる点は、工事現場を完全に閉鎖できないこと!遺跡をおとずれる観光客と共存しなければなりません。。
修復現場の移動に合わせて、修復道具やジェネレーターなどの機会をしまう倉庫をつくり、クレーンなどの車両が通れるような道を整備する必要があります。
DSCN4571.JPG
DSCN4572.JPG
DSCN4724.JPG

こうした準備をへていよいよ修復工事のはじまりとなるのです。
第2フェーズもみなさんの応援よろしくお願いします!!

※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、日本ユネスコ協会連盟との共同事業としてすすめられています。

(麻)

2013年12月から仮組み工事が開始したバイヨン寺院南側外回廊、東半分の修復工事が本プロジェクトの第1フェーズの修了とともに、修復完了しました!
before1.jpgのサムネール画像
after1.jpgのサムネール画像
before2.jpgafter3.jpg
修復の過程で、この場所に用いられていた欄干の部材を詳しく調査していくと、過去のフランスの修復の際にここでもかなり別の場所と入れ替わっておかれていたり、代用材が置かれていたことがわかりました。
そして仮組みの結果、ここでは修復前に欄干の部材が全部で61部材ありましたが、安全性の問題などからこのうち10部材は別の代用材や新砂岩材で新たに作成するなどして、置き換えることになりました。
before after2.JPG

DSCN4500.JPG
また、欄干が乗っている基段部分にも大きな隙間やゆがみが見られたため、こした場所の補修も並行して行います。











DSCN3685.JPGのサムネール画像のサムネール画像
カンボジアでは3月から4月にかけてが一年で最も気温があがる時期で、日中40度を超えることもざらにありますが、こうした厳しい暑さのなかでも一生懸命に遺跡と向き合いなら修復を続け、ようやく完了することができました。










本プロジェクトのメンバーと技術協力を受けている日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)のメンバーらが協力して蘇った欄干とともに最高の笑顔を見せてくれました。

DSCN4611.JPG
※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、日本ユネスコ協会連盟との共同事業としてすすめられています。
(麻)

世界遺産アンコール遺跡群・バイヨン寺院での修復が進むナーガ・シンハプロジェクトでは、修復場所が外回廊南側へと移動し、日々欄干の再設置が進んでいます。

一方で、当プロジェクトが技術協力をうけている日本国政府アンコール遺跡救済チームは修復工事の傍ら、先月より外回廊東側での発掘調査を開始しています。
いろいろな土器や寺院の石材の一部が発見されるなかで出てきたのは・・・
シンハのお顔の一部(上あごから鼻にかけて)!

DSCN2145.JPGのサムネール画像
実はこのシンハ、昨年3月に、同じくバイヨン周辺の別箇所で行われた発掘調査で下アゴが発見されており、既に接着されていました。
今回はなんと偶然に同じシンハの上アゴが見つかったのです。これでこのシンハの精悍な顔立ちが蘇りました。

photo.jpg


※当事業(アンコール遺跡 バイヨン寺院 石像修復プロジェクト)は日本ユネスコ協会連盟と協力し、JASA(日本国政府アンコール遺跡修復チーム)の技術的な協力を受け、実施されています。

新年、あけましておめでとうございます。

カンボジアでは穏やかなお正月となりました。

 

さて、今年は蛇年、つまりカンボジア風(?)に言えばナーガ年です。

蛇(ナーガ)は仏教・ヒンドゥー圏のアジアではいつの時代も大切に礼拝され、泉や池に貯えられた生命エネルギーの保持者であると信じられてきました。

ナーガは繁栄と豊穣をもたらし、病を癒し、そして望みを叶えてくれるといいます。

 

ということで、この大切なナーガ神を対象としている、バイヨン寺院の「ナーガ・シンハ彫像修復事業」も、着々と修復工事が進んでいます。

 

現在は、バイヨン寺院外回廊の南東隅の建物にある、ナーガ像とライオン像、そして欄干の修復を進めています。

9月から新しく修復スタッフとして加わった5人のメンバーも、JASAのベテランスタッフからのトレーニングを受け、日々頼もしく成長しています。

 

われてしまいたり、ひびが入ってしまっている地覆や胴体の接着をしている様子。始めは手取り足取り教えてもらっていた修復作業ですが、最近ではこうした基本的な修復作業はJSTメンバーの手でも進められるようになってきました。

 

130104 (1).JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

130104 (6).JPGのサムネール画像

IMG_0819.JPG

 

また、11月より、T57の新たなの箇所の解体とライオン彫像の修復が開始されました。

ライオン彫像の一部には、20世紀中頃に行われた過去の修復の際に、破断によって失われてしまった足の部分コンクリートと鉄による補強を施している箇所がありますが、近年既往修復が脆くなり、再び彫像が壊れてしまう危険性があるため、一度取り除き、砂岩新材による補填を行なうことにしています。

  130104 (4).JPG 

JST新人技術員が新材加工トレーニングを受けている様子。

 

彫像へ新材を補填する時は、割れている形状に合わせて加工をする必要があり、特に彫像の場合はとても高い技術が必要です。

このとても難しい作業を、JASAの経験豊富なスタッフが素早い手つきで加工していく様子は見事です。

  130104 (5).JPG

T57の新たな箇所の解体風景。

130104 (2).JPG

 

 

今年も現場の安全の願いつつ、修復工事を進めていきたいと思います。

 

当事業(アンコール遺跡 バイヨン寺院 石像修復プロジェクト)は日本ユネスコ協会連盟との協力し、JASA(日本国政府アンコール遺跡修復チーム)の技術的な協力を受け、実施されています。

バイヨンのナーガ・シンハ彫像修復事業はいよいよ今週より、この事業のために結成された新チームでの本格的に修復工事を開始しました!

これからしばらくは、JASAのカンボジア人エキスパート、ベテランの作業員の方々から技術指導を受けながらの修復工事となります。

 

石材の洗浄トレーニング中。遺跡の石材は、まさにオンリーワンです。修理中の扱い方は赤ちゃんを扱うように大切にしなければいけません。むやみにゴシゴシとするのは禁物。引っくり返すのも慎重にしなければなりません。ベテラン作業員から指導をうけます。

  120918 (12).JPG

120918 (13).JPG

こちらは、砂岩修理につかう粉末砂岩を作っている様子。

120918 (8).JPG

 

JASAの作業員から図面の書き方トレーニングを受ける新メンバー達。

修復前の各石材の記録はとても重要な作業であり、図面記録は修復工事の基本ともいえます。みなとても真剣な目をして先輩の図面描きの様子を食い入るように見ています。指示を受けながら石材を測っていく。一日が終わるころには少し慣れてきた様子でした。

120918 (10).JPG

 

 

今後は、洗浄、図面描きトレーニングを経て、いよいよ石材修理トレーニングへ。といっても劣化した石材は患者さんのようなものです。一つ一つ症状に合わせて対処方法を考えなくてはいけません。 

新メンバーたちはこれから少なくとも3ヶ月のトレーニング期間に、いろいろな石材に対峙しながら、成長していってもらえると嬉しいです。(島)

今週月曜日、9/17より、新事業<バイヨンのナーガ・シンハ彫像修復事業>が開始しました!

(事業の正式名称は『世界遺産アンコール遺跡群 石像修復プロジェクト ―バイヨン寺院 ナーガ、シンハ彫像―』)

 

バイヨン寺院の外回廊には、寺院を囲むように欄干がめぐらされており、この欄干にはナーガ像(ヒンドゥー圏で崇拝されてきた蛇神の像)が、また、寺院の各入口にはシンハ像(シンハはサンスクリット語でライオンを意味する。王権の象徴)が設置されています。これらの彫像は寺院の繁栄と守護を司る重要な存在といえます。

 

これらの彫像は過去にフランスの修復隊による修復が行われたものの、後の内戦の混乱を経て、彫像の多くは再び劣化、破損し、遺跡の周囲に散乱しています。

 

120918 (1).jpg 120918 (15).jpg

 

これらの寺院にとって象徴的な意味を持つ石彫像や欄干を修復・再整備することは、バイヨン寺院の景観整備と宗教的な価値の回復のために欠かすことの出来ない最重要課題の一つであります。

 

そこで、新たな取り組みとして、JSTでは日本ユネスコ協会連盟と協力し、JASA(日本国政府アンコール遺跡修復チーム)の技術的な協力を受け、このバイヨン ナーガ、シンハ彫像修復事業を実施することになりました。

 

4月より様々な準備を経て、9月に入り、現場の本格的な準備を進めてきました。

 

これは現場準備一つ。作業小屋の設置の様子と解体・移動中の欄干の様子です

120918 (6).JPG120918 (7).JPG

 

120918 (4).JPG

こちらはマーケットや店で購入した石材の修復に使用する道具類。 120918 (9).JPG

石材を洗うための歯ブラシ、接着剤を詰めるための注射器から、ドリル、ホース、修理した石を固定するベルトなどなど。石材を修理するために必要な道具はリストにしてもざっと40以上!楽しい買い物でした。

現場スタート編は次号へと続きます。(島)