BLOG

去る4月21日。バイヨン・インフォメーション・センターは、木曜日の休日を利用して、1日だけプノンペンに出張しました。

その目的は・・・

プノンペン大学日本語学科の特別講義で遺跡の修復について紹介すること!

なんとプノンペン大学でアンコール地域での修復についてお話する機会を頂きました。日本語学科で学ぶ学生に、日本語で、日本のことを紹介する「日本学」の講義の中で、「日本の修復事業」を紹介してほしいとの依頼を受け、1日出張バイヨン・インフォメーション・センターをすることになったのです。

 

2時間用意されている特別講義の中で、最初の1時間はバイヨンセンターからの講義、次の1時間は学生同士でのディスカッションと発表というように時間分けされていました。

普段耳慣れない遺跡や修復の話。きっと理解が難しい点もあるはず。そこで、バイヨンセンターのカンボジア人スタッフ3名、ソパリー・タウリー・ヨンちゃんをディスカッションの輪に加えることに。

こうしていつもとは違う場所で、大学生を相手に話をすることで、センタースタッフにとってもきっと刺激になるはず!かつかつの予算を押して、全員出張を決行しました。

 

20110524-0.JPG当日、会場はひな壇状の大きな会議室。聴講生は60名以上。スタッフたちもやや緊張の面持ち。

 

20110524-1.JPG最初の講義はバイヨンセンターの吉川が担当。

シェムリアップ出身者の数を聞くと、わずかに3人。そして遺跡への訪問回数や、遺跡の名称を聞いても、シェムリアップとは大きく異なっていることを感じます。名前は知っているけれど行ったことはないという人が圧倒的に多い・・・。

プノンペンは日本で言う首都東京。シェムリアップは京都。この2都市間の差はなかなかに大きい。

 

専門用語も容赦なく使ったにも関わらず、学生の皆さんは比較的よく理解してくれた様子。講義後にカンボジア人の先生からも「生徒は80%以上は理解できたはず」と太鼓判が。「写真や図面がたくさん紹介されたので、難しくても理解できる」と。がんばってプレゼン資料を用意して良かった!

 

そしてグループに分かれてディスカッションタイム。いよいよバイヨンセンタースタッフの出番です。3つのグループはそれぞれのスタッフのカラーによって全く違う雰囲気に。

ソパリーはまるで大学の先輩のように。

20110524-2.JPGタウリーは中学校や高校の先生のように。

20110524-3.JPG新人ヨンちゃんは、メコン大学のテリー先生に助けてもらいながら。

20110524-4.JPG『自分たちが遺跡の保存や修復に貢献するとしたら、どんなやり方があると思いますか?』という課題に挑みました。笑い声も飛び交いつつ、盛り上がったディスカッション。何やら思わぬ意見が出てきそうな予感が・・・。

 

20110524-5.JPG最後の発表では、「落書きをしないようにテレビで呼び掛ける」や「学生が遺跡修復のための基金を集める活動をする」など具体的なアクションのアイデアが出てきました。

いつもシェムリアップでは小学生や高校生を中心にやっている遺跡教育だけに、こうしたアイデアはちょっと新鮮。さすがプノンペン。さすが大学生。

 

今回初めてのプノンペン進出で、バイヨンセンターが感じたこと。

1つは、やはりプノンペンとシェムリアップでは根本的に環境が違う、ということ。良くも悪くも遺跡という存在が街の生活の基盤を支えているシェムリアップとは、遺跡へのむきあい方が違います。

 

もうひとつは、大学生はやはりおもしろいということ。今回の参加者は教育コースとビジネスコースの学生なので遺跡とは関係ありません。でも、やはり大学生だから考えられること、話し合えることがある。そして、大事なのは「考えて終わらない」機会を作り出すこと。考えてから行動するところまで、将来的に大学生と一緒にできると、これはとても面白くなるのでは?という期待感が。

 

DSC_0315.JPG   DSC_0290.JPG

 

今後、機会があればぜひ大学生とも遺跡修復現場訪問などをやりたいな!と、そしてどうやったら大学生たちを遺跡へと向かう具体的なアクションに繋げていくか、バイヨンセンターの新たな領域の可能性を感じるプノンペン出張でした。

P1040145.JPG  P1040146.JPG

 

*プノンペン大学の杉山先生、ご紹介いただいた木村文さん、本当にありがとうございました。

 

(ま)

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

カンボジアでは、3日間のクメール正月が明け、明日から新しい年の仕事初めです。

バイヨン・インフォメーション・センターでは、2010年中にご訪問頂いた方の数は、3852人に上りました。

2009年8月のオープンから2011年3月現在まで含めると、延べ人数は5000人以上となりました。5000人突破記念イベントを計画していたのですが、気がつかないうちに越えてしまって・・・、次は10000人記念企画を目指します!

それもこれも観光でシェムリアップを訪れた方、高校・大学などのスタディツアーなど多くの方々にご訪問頂いたおかげです。

 

さらに、2009年末から始めた、シェムリアップ地域の小学生を対象とした社会見学やプノンペンの大学主催のスタディツアーなどでは、時に100人を超える学生がセンターを一度に訪れることも!

社会見学で訪れた子供たちの感想には、「今まで知らないことがいっぱいあった。こんな話を聞くチャンスはもうないかもしれない。」「自分の人生で一度だけの体験です。」など切実なものが多く、遺跡教育の機会を作ることの大切さを実感させてくれました。

その他シェムリアップ州立の教員養成校の学生さんにも同様の社会見学を実施し、将来カンボジア全土で先生として活躍する先生のタマゴたちにも遺跡とその修復について知ってもらう機会を作ることができました。

ただ、こうした遺跡教育はまだまだ足りないのが現状。

2011年にはカンボジアの方にはいつでも無料で開館しているバイヨンセンターをこれからももっと活用して行きたいと思っています。

これからもバイヨン・インフォメーション・センターをどうぞ宜しくお願いします!!!

 

2011年 クメール正月

吉川 舞

 

 

 

 

 

 

NEW ARRIVAL


遂に完成しました バイヨン・インフォメーション・センター  T shirt

発案から三年が経ち 様々な試案を経て みなさんの手に取って頂けるようになりました。

DSC_0053.jpg

DSC_0054.JPG


中央右 今回デザインを担当していただいた恭太さん

アンコール・クラウ村の青年団達は、さっそくこれを来て 村でのワークショップに臨みました。


DSC_0330.JPGバイヨン・インフォメーション・センターならではのT - shirt

こちらにお越しになられた際には是非ご覧になって下さい。


バイヨン・インフォメーション・センターも開館から8カ月が経ちました。

日本からのツアーのお客様を中心として、訪問者数も順調に伸びています。

ただ、カンボジアの方々にはまだその存在があまり知られておらず、訪れる人も遺跡関係者がほとんどという状況でした。

 

そこで、JSTのチア・ノルとセンタースタッフのウォーリャとソパリーが相談し、まずはシェムリアップ市内の大きな学校に告知をしに行くことにしました。先月の末に学校を回って先生方に呼びかけていたのですが、その甲斐あって!!

 

本日のお客様はシェムリアップにある「師範学校」と呼ばれる、教員養成校の生徒さんたちでした。

100208-1.jpg

 

 

 

 

こちらが、カンボジアの未来の教育を担っていく、教員のタマゴたちです。全部で9クラスあるそうですが、これから毎日午前と午後に1クラスずつ30人のグループで訪れることになりました。

 

100208-2.jpg

 

 

 

 

観光で訪れるお客さんとも、子供たちのスタディーツアーとも違う説明や質問に、センターのスタッフたちも気が抜けない様子。質問が多いので、通常1時間弱で終わるところが、2時間以上に及んでいます。

 

 

 

彼らが先生として、各地で一人立ちしていくときに、バイヨン寺院とカンボジアの歴史が次世代に波のように伝わっていくかと思うと、なんだかドキドキします。

 

 

100208-3.jpgまた、彼らが先生になった学校からまた生徒たちが来たり、とさらに想像が膨らみます。

カンボジアは国民の半分が20歳以下といわれる若い国。先生たち、頑張って!!!

 

 

(ま)

2009年8月6日。

ついにこの日がやってきました。バイヨン・インフォメーション・センターのグランドオープンです。

6月の関係者向けお披露目会、スタッフ向けの"裏"お披露目会、そして日本での記者会見に続き、本当に「最後の」オープニングセレモニーとなります。

 

オープニングは、修復隊の団長である中川武教授の挨拶に始まり、シェムリアップ州知事のソウ・ピリン氏、日本大使館からは中條一夫参事官、APSARAブン・ナリット総裁、UNESCOからはブン・ホック氏に開館の御挨拶をいただきました。

090813-1.JPG 

アプサラ各局や州政府関係者など多くの方にお越しいただきましたが、シェムリアップ市内の高校生や大学生もセレモニーに参加してもらいました。

090813-3.JPGこのセンターには海外からの観光客に加えて、たくさんのカンボジアの方に訪れてほしい、という願いのもと、ぜひカンボジアの若い人たちに展示を紹介したいと考えたためです。オープニングの後には、カンボジアの教育省や他のNGOなどと協力して、小中高校生のスタディーツアーなど積極的に企画していく予定です。

 

この他、カンボジア国内のテレビ・新聞社などの報道記者も集まり、100名以上の参加者を迎ることとなりました。

090813-2.JPG 

 

セレモニーにて新たに録音されたクメール語版の映像が放映されると、出席者の熱い眼差しがスクリーンにそそがれ、バイヨン寺院の奥深く壮大な思想の一端に触れていただくことができたように思います。

090813-4.JPG

 

 

いくつかの大きなイベントを終えて、ほっと一息と言いたいところですが、

センターはこれからが本番。

 

これからはシェムリアップのホテルやレストランにポスターやチラシを配布にまわる他、アンコール遺跡のガイドの方々にセンターを紹介する説明会を複数回開催する予定です。

 

また、バイヨン・インフォメーション・センターの公式HPも開設しました。

(こちらをご覧ください!→http://www.angkor-jsa.org/bic/index.html

 

新たに雇用した2名のカンボジア人スタッフも、慣れない専門用語と格闘しつつ、複雑な修復の工程をわかりやすく説明する工夫を凝らし、お客様が来るのを心待ちにしています。

 

観光客、地元の方を問わず大勢の方々に、このセンターにお越しいただき、味わい深いアンコール遺跡の魅力に触れていただけたらと思っています。

 

また、9月7日からはパリのユネスコ本部にて、世界におけるユネスコの活動を紹介するエキシビジョンが開催されますが、キューバとカンボジアが特別展示国となり、このバイヨン・インフォメーション・センターのパネルと映像がカンボジアユニットの展示物となることが決まりました。

早くも海外での展示の機会を得ることができ、とても嬉しく思っています。

 

さらに後日、この日のオープニングの様子がカンボジア国内のテレビや、新聞各社で大きく取り上げられました。

 

アンコールに関する情報の発信基地として、国内外からの注目が高まっていくことを願っています。

 

(ま)(一)

 

 

 

 

6月初めにシェムリアップのUNESCO/JASA事業オフィスに開設したバイヨン・インフォメーション・センターのお披露目会を行いましたが,引き続き8月6日に一般公開のための「オープニング・セレモニー」を予定しています。

 

お披露目会の後,センター内の案内のための新スタッフ2名を採用し,展示案内の工夫をこらしています。施設内の展示の最終準備も進めていますが,半屋外の環境であるため,強風や雨にも耐えられる展示にすることが難しいところです。

また,施設運営の方法について最終的な検討を行っています。

施設の開設のための予算はユネスコ日本信託基金の支援を頂くことができましたが,運営には独立した採算が求められています。バイヨン・インフォメーション・センターでは入場料2ドルと関連グッズを財源として運営していく予定で,大勢の観光客の方に来ていただけることを期待しています。

シェムリアップに事務所を構えている旅行代理店の方々への説明を行っていますが,今年度の下半期にあたる10月ごろからのグループツアーに組み込んでもらえるとの多くの前向きな反応をいただいています。

 

さて,今日はこのセンターの展示の中心となる映像作品のクメール語版の制作についてお伝えしたいと思います。

ホールでは日本隊のアンコール遺跡修復を紹介するドキュメンタリー1本と,バイヨン寺院の謎解きとなる3本の映像を準備していますが,これらのクメール語の制作です。

映像そのものは,日本のNPOである「文化遺産保存のための映像保存協会」http://www.saitamaken-npo.net/_db/060522132347.html

の協力を得て制作されましたが,クメール語の制作にあたっては,カンボジアのNGO「Cambodian Living Arts」 http://cambodianlivingarts.org/

の協力を得ました。このNGOではクメール・ルージュの時代に多くが失われてしまったカンボジアの芸術をもう一度見直し,また数少なくなってしまった伝統的な舞踊・音楽などを継承する人々を支援している団体です。この団体は,映像によってこうした芸術を記録しようとする活動にも力を入れはじめており,カメラマンやスタジオエンジニアなどの若い専門家が育成され,プノンペンには基本的なスタジオ施設も整えられています。

 

このチームと協力して今回はクメール語版制作のためのレコーディングを行いました。

ナレーターはテレビアナウンサーをつとめている女性に依頼しました。カンボジアで携帯電話を使ったことのある人はだれでも一度はこのナレーターの声を聞いたことがあると思います。

そう,012で始まるプロバイダーの携帯のメッセージを担当している女性です。

 

090731.jpg 

通常,日本語と英語であれば,英語の方が文章にしても話し言葉にしてもやや長くなりますが,クメール語は話し言葉にした場合,かなり長くなってしまうため,当初準備していた台本ではなかなか映像にあうようには収めることができません。

 

今回はカンボジア人のクメール建築史の専門家に立ち会ってもらった他,日本から本作品の監督にもボランティアで参加していただき,作品の主旨を保ちながら台本の書き換えをその場で進めることができました。

 

レコーディング用のパソコンに表示される音声の波長を眺めていくと,英語とクメール語ではだいぶ違うのが視覚的にも見て取られます。ある程度一定の波長が連続する英語に対して,クメール語の波長は細かく断続して瞬間的な発音の連続になっているように見えるのです。

ナレーターの話すクメール語は本当に美しく,映像に新たな息吹が注ぎ込まれるようです。

 

 

計4日間の制作日を経て、ようやく最終の作品ができあがりました。

バイヨン・インフォメーション・センターで放映する映像のうち3本は「英語+日本語字幕」か「クメール語+日本語字幕」となります。当初は、日本人の訪問客には英語版を見ていただこうかと思っていましたが、美しいクメール語に触れてもらうために、クメール語版を見てもらいたいな、とも思っています。(一)

 

6月5日、バイヨンインフォメーションセンターの関係者お披露目会から2日後に、センター設立の立役者たちを招待した、"裏お披露目会"が行われました。

 

完成したセンター内に集まったのは、JASAのカンボジア人・日本人専門家(エキスパート)、現場作業員、そしてJASA事務所スタッフ、総勢100名ほど。

 

展示パネルの内容、文章構成、ホール全体の構成などを担当したエキスパートたち。

「別動隊」としてホール内に設置する石材彫刻を製作していた石材加工チーム。

別動隊が抜けた現場で、現場作業に支障が出ないように踏ん張った現場作業員たち。

そして、オープン2日前には、作業員総出でホールの清掃をしました。

090613-1jpgのサムネール画像 尊顔のレプリカを設置中の別動隊。

 

来賓を多く招いた華々しいセレモニーでは舞台裏の黒子に徹し、センターのオープニングのために働いてきた、まさに縁の下の力持ちたちが本日の主役です。

 

まずは、JASA団長・中川教授からのお言葉。続いて、エキスパートのリーダー、ソティさんからも一言。二人の話の中に共通して印象的だったは、「センターの仕事に直接かかわったメンバーも、現場に残って頑張ったメンバーも、全員がいてはじめて、オープニングを迎えられた」ということ。

 

だから、今日はみんなでお互いの労をねぎらおう!!乾杯!! 

090613-2.JPG

 

 

 

 

 

あいさつの最後には、JASA作業員の要・サオサム棟梁から「村まで帰るんだから、飲みすぎないように。」との訓戒が。さすが、棟梁です。

 

 

 

090613-3.JPG

 

 

 

 

 

 乾杯のあと、バイヨンインフォメーションセンターのオープン記念スタッフTシャツが配られました。

JSTへの寄付金を利用して作った、スタッフ専用限定Tシャツ。

灰色の作業服と合う黒一色に、白字でインフォメーションセンターのロゴを。

 

みんな締まって、かっこいいです。

 

典型的クメールおつまみと苦労話を肴に、ビールも進む。

宴もたけなわになると、ああ、やっぱり、ダンシングタイムが始まります。

今日は、踊りのみならず、主要エキスパートたちの胴上げまで!

 

DSCN3740.JPG

 

 

オープンに間に合わせるため、休日返上で作業をしてきた別動隊の面々。

ベテラン勢がいない穴を埋めようと頑張った中堅たち。

そしてそれについていった若手メンバー。

ほろ酔いの、それぞれの顔の向こう側に、さまざまな思いが見え隠れしています。

 

090613-4.JPG

ホールを占拠する踊りの輪から外れて、ふっと見ると、そこには自分たちの仕事の出来栄えを議論する男たちの姿が!

自分が仕上げた石彫について語るベテラン作業員とエキスパートとオフィススタッフ。

そしてそれを見つめる若手作業員。

センターの照明に照らされた彼らの背中に、なんとも言えない頼もしさが漂っていました。

 

 

 

 

こうして、バイヨンインフォメーションセンターはようやくスタートラインに立ちました。これから、たくさんの人がここを訪れてもらえるように、このセンターを活用していくことが新しい課題です。

 

ここまでみんなで積み重ねてきた努力を、創り上げたものを、最大限魅力的に、そして、訪れてくれた方々に有意義になるように、演出するのがJSTのこれからの仕事です。来月にはセンター運営をするための新しいスタッフも加わる予定。

ここからは、私たちが頑張るからね!

 

(ま) 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年6月2日,シェムリアップ市街とアンコール遺跡の間に位置するUNESCO/JASA Project Office内にて「バイヨン・インフォメーション・センター(Bayon Information Center)」のお披露目会が開かれました。この展示施設は,アンコール遺跡群においてユネスコを中心として様々な国と機関が行っている保存や研究事業の様子を紹介し,また日本国政府が修復工事を進めているバイヨン寺院を通じて,アンコール遺跡の壮大な寺院群の歴史や宗教的な意味を紹介するものです。日本ユネスコ信託基金の特別予算によってこのセンターを実現することができました。

 

お披露目会は,「第18回 アンコール遺跡群の保存と開発のための国際調整会議(ICC)」のプログラムとして実施され,多くの国際的な修復チームのメンバーが招待されました。薄暗くなりはじめた夕刻6時半,ライトに照らされたバイヨンの尊顔彫刻がオフィスの中庭には浮かび上がる中,会議を終えて続々と入館する国際色豊かな専門家の面々は期待をふくらませながら,オフィス中央の八角形の展示ホールに続々と集まりました。

 

 

 

P1000563.JPG式典は,日本国政府アンコール遺跡救済チームの団長である中川武教授のスピーチにはじまり,その後,在カンボジアユネスコ代表の神内照夫氏,在カンボジア日本国大使館公使の丸山則夫氏,そしてソッカーン副首相からご挨拶をいただきました。国際的な協調のもとに繰り広げられているアンコール遺跡群の保全活動の輪を象徴する場となりました。

 

 

 

P1000589.JPG当プロジェクトが誇る美女(?)四名が持つ赤くふくよかなテープがソッカーン副首相によりカットされて,展示場が封切られると,まずは二階に足を運びます。二階では,アンコール遺跡群全域の衛星写真の上に,様々な国際的なチームが活動を繰り広げている様子がわかる大きな地図から始まります。その後,それらのチームの活動の様子を伝えるパネルが続きます。さらに,石造りのアンコール遺跡の修復工事のプロセスを紹介するパネル,アンコールの王宮付近から出土した遺物などの紹介があります。そして,二階の最後で,日本国政府アンコール遺跡救済チームの15年の歩みをたどる約12分の映像ドキュメンタリーがあります。このショートフィルムは,アンコール遺跡での修復の様子を1995年から撮影し続けてきた日本隊の記録班によるもので,現在は文化財を映像で記録することを目的としたNPO(文化遺産保存のための映像記録協会)として活動を続けているチームによって制作されました。

 

 

 

P1000593.JPGその後,一階に下りると,ここではバイヨン寺院を多角的に分析しようとする展示になっています。展示はパネルと映像によりますが,それらは相互に補完的な内容となっており,分かりやすく紹介された映像で興味を持った方には,やや難解なパネルを読んで,より理解を深めてもらえるように準備されています。

 

最初のショートフィルムでは,この寺院にたくさんの神々が祀られている様子を紹介します。塔に刻まれた多数の尊顔に象徴されるように,様々な神々がこの寺院には祀られていますが,それらの神々がどのような寛容な大王によって万神殿としてこの寺院に集められたのか,ということを最初のフィルムでは解説します。

 

続くフィルムではアンコール遺跡群の中でもピラミッド型の寺院に焦点を絞り,それらがどのような建築的な発展を遂げたのか,そしてその発展の中でバイヨン寺院がいかにそれまでの順当な変遷からは逸脱した異端な建築作品であるのかという点に迫ります。

 

三本目のフィルムでは,バイヨン寺院はその周辺を取り囲む王都アンコール・トムの一つの要素であり,王都全体でアンコール帝国の繁栄を象徴的に示そうとした壮大な建設工事の構想力を紹介します。

 

3つのフィルムは,バイヨン寺院の意味を探る謎解きになっており,これらの映像とパネルを眺めて40分ほどで一回りした頃には,アンコール遺跡群を楽しく理解して見て回るのに役立つ基本的な知識に触れることができます。

 

展示は英語とクメール語からなっていますが,日本語の小冊子により,展示パネルの全ての内容が理解できるようになっています。また,映像も英語とクメール語が準備されていますが,日本語の字幕が加えられています。

 

お披露目会では,一通りの展示を見学した後には,ワインとビール,そしてスナックやフルーツが振る舞われ,ほろ酔い気分で朝から始まった長い会議を締めくくる楽しい時間を過ごすことができました。

 

この展示施設の一般公開は今年8月ごろからを予定しています。比較的短い時間で遺跡群の概要を知ることができ,また遺跡へのアクセスの途中に位置するこの「バイヨン・インフォメーション・センター」にぜひ多くの方々が来られることを楽しみにしています!

シェムリアップにある、UNESCO/JASAオフィス。

私たちその緑の庭に囲まれた開放的な空間で評判の事務所内に、

バイヨン寺院に関する情報を一気に集めた新しい展示ホールが新しく誕生します。

 

その名もBayon Information Centerバイヨンインフォメーションセンター)

 

 

設立を計画してから早1年、いよいよそのオープニングの日が近づいてきました。

より多くの方に、バイヨンについて、そしてカンボジアの寺院や歴史について知っていただくための情報基地を作りたい。 

そう思って、展示用の文章を考え、映像を制作し、パネルを準備し、石彫をつくり、設営をして・・・

長い長い時間と、たくさんのスタッフの労力がようやく少しずつですが形になってきました。

 

090531-1.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

入口正面に設置されたバイヨンの尊顔。

制作・設置を手掛けたのはJASAの石材修復チームの作業員たち。

 

 

090531-2.JPG展示用の巨大パネル。

内容を担当したのはJASAの修復専門家たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

090531-3.JPG

パネルでは、英語とクメール語でバイヨン寺院やクメール寺院の歴史についてを紹介。

設置中の作業員たちも仕事の合間に読みふけっています。

 

 

 

 

 

 

 

6月2日の夜、ユネスコや大使館、アンコール地域で活動する修復チームのメンバーをご招待するオープニングイベントがあります。

 

追い込み作業もあと少し。

 

オープニングのレポートもご期待ください!

 

(ま)