BLOG

2011年7月末日をもってバイヨン南経蔵の修復工事がほぼ完了しました。

 

110805_0.JPGほぼ、と加えたのは、工事完了後の図面作成、写真撮影、三次元形状計測、報告書作成、中央孔の埋め戻し、一部の新材の装飾仕上げの調整、経年変化観測のための基準点設置、といった作業が残されているためです。

こうした残りの作業は9月より開始し、今年12月に予定されている竣工式典までには完璧な状況で工事と報告が完了する見込みです。

 

2006年5月より修復設計や工事現場の設営が開始され、2007年1月2日に南経蔵の最初の石材が解体されてから、これまで約5年の歳月をかけて南経蔵の部分解体再構築工事が進められました。

バイヨン南経蔵は、1994年から1999年にかけて修復工事が実施された北経蔵とほぼ同規模・同形式の建物です。石積みの変位や石材の劣化状況も類似しており、基本的な修復の方針や方法は過去に実施された北経蔵の工事に準じたものでした。とはいえ、基壇内部の版築土の構成や、基壇内部に発見された入れ子状のラテライト構造体等は、南北の両経蔵で異なるものであり、また上部石積みに遺失部材が多いといった特徴もありました。

さらに、北経蔵の修復工事が10年を経た段階で、石目地の充填材等における弱点も認められ、新たな材料開発への取り組みもありました。

版築土の配合の改良や、充填材の開発、また基壇の内部構造の解明にあたっての考古学的研究においては、日本人専門家による研究、試験や解析が重要な役割を果たしました。

 

しかしながら、南経蔵におけるもっとも大きな挑戦は、一連の工程を現地スタッフによって取り組み完成させたことに他ならず、この点において大きな成功を達成したと考えています。また、現場での技能員を統括するカンボジア人専門家が協調体制を築いて工事にあたり、全ての作業をまっとうしたことも大きな成果といえるでしょう。

 

110805_1.JPGこの5年の間には、南経蔵の修復工事の他に、中央塔の構造安定化のための研究、浮き彫りの石材保存のための研究、バイヨン内外の考古学的発掘調査が科学研究費等の事業との連携のもとに実施された他、コー・ケー遺跡群やベン・メアレア遺跡群の建築学的研究やサンボー・プレイ・クック遺跡群の保全活動も連携的に進められました。

 

こうした遺跡の保存修復や研究に加えて、こうした活動の広報事業への取り組みは大きな展開となりました。バイヨン・インフォメーション・センターの開館はその一つの契機となりましたが、それ以上に、観光で訪れた沢山の方々が遺跡の修復現場を見学され、修復工事そのものについて知っていただき、修復という事業を通じて歴史的な価値を見直すばかりでなく、今に生きる人々がどのように遺跡と関わっているのか、様々な側面にふれれくださったことは、この事業に新たな意義をもたらしました。

JSTのメンバーに加えて、こうした活動に新たに多くの方々が関わり、協力いただいていることは、遺跡修復に関連して、地域生活や教育の改善という社会的側面に大きな可能性があることを良く示していると思います。

 

バイヨン南経蔵の修復工事は、多くの方々のご協力のもとに完了にこぎつけることができました。心より感謝いたします。そして、第四期目の事業においても、挑戦のターゲットを新たに掲げて前進していきたいと思っています。「慈愛の寺院-バイヨン」がこれからも多くの方と共にありますよう。

 

ーーーーーーーーーーー

8月2日にオフィスのホールにて、工事(ほぼ)竣工の祝典を設けました。常設の展示を取り外し、現地スタッフにて工事完了のお祝いです。下の写真は始まりの場面。最終的には、漆黒の闇が濃くなる中いつものようにグルグルと踊って・・・中盤以降の写真は掲載しません。ご想像にお任せします。(一)

110805_2.JPG

7月18日に国際司法裁判所は、プレアビヒア寺院を非武装地帯に設定し、カンボジア・タイの両国は軍部隊を撤退させるようにとの勧告をうけました。

 

その後、プレアビヒア寺院の安定したとの噂が聞かれるようになり、現状での情勢を確かめるために現場の視察に向かいました。

既にシェムリアップから寺院までの道は全て舗装され、3時間強で訪れることができるようになっています。遺跡手前の博物館は未だに展示物はありませんが、6月にはシェムリアップで博物館の運営に関する会議が行われており、ユネスコの担当者の話によれば今後石彫の展示物がプレアヴィヘア州の倉庫などから移動される予定であるとのこと。

 

今年3月、国境での衝突が再度激化する前に遺跡を訪れていましたが、遺跡からの最寄りの村は、以前より住民が増えているようで、ゲストハウスやマーケットも少しずつ充実してきているように見受けられました。

 

遺跡へ入る直前のダンレック山脈直前の急坂は、以前はジェットコースター並の勾配で、車の限界能力に感心させられるほどでしたが、昨年から急ピッチで新たな道路整備が進み、大きく曲がりくねりながら、より緩やかな傾斜で登れるようになってきています。おそらく3月から7月にかけては工事が中断していたものと思われますが、現在では複数の重機が工事にあたっており、近い将来寺院の参道脇まで舗装路がつながることでしょう。

 

110731_1.JPG 110731_2.JPG寺院はこれまで以上に迷彩服に身を包んだ兵士が大勢いましたが、緊張感はなく、非武装地帯とする勧告を受けたこともあってか、誰も機関銃を肩にかけている兵士はいませんでした。3月時点では、兵士の数こそ限られていたものの、ほとんどの兵士が機関銃を持っていたこととは対照的でした。

110731_5.JPG寺院の内部には新たに塹壕が築かれ、積み上げられた土嚢袋もまだ真新しく、そうとう緊迫した雰囲気であったことを思わせるものでした。写真の撮影などは厳しくとめられましたが、こうした塹壕の中には未だに砲弾などが残されており、表向き武装解除しているものの、衝突にすぐさま対処できる状態であるのかも知れません。

 

寺院内でも一番下のゴープラの付近、そしてタイとのまさに国境線沿いにはこうした塹壕と、仮設の小屋が多数築かれ、ソーラーパネルやパラボラアンテナも設置され、場所によっては小さな畑に鶏が走り回るというような光景で、スグに撤退するようには見えない状況ではありました。

 

110731_3.JPGタイ側から観光客が入っているという噂もありましたが、実際には厳重に鉄柵がタイからの入り口を封鎖しており、カンボジア兵が双眼鏡でタイ側を監視していました。

カンボジア側からは西洋人が数名、日本人が私達の他にもう一組訪れていましたが、もうしばらく静観して情勢を見極めてから訪問すべきでしょう。

寺院そのものの被害は軽微でしたが、多少のロケット弾や銃弾の着弾痕が石積みに残されています。兵士によればロケット弾によって落石した部分があるとも報告されましたが、あったとしてもごく一部だと思われます。

110731_4.JPGまた、誤射だったのかも知れませんが、カンボジア側の石積みに銃痕が残されている箇所も見られました。

 

寺院最奥から見渡すカンボジアの大地は、悠久の時間の流れの中で、この刹那的な出来事を蔑視しているような雄大な落ち着きを払っていました。