BLOG

本日、7月27日にプノンペンの文化芸術省において、サンボー・プレイ・クック遺跡群のユネスコ世界遺産申請書類作成のための第一回目の協議が行われました。

 

プノンペンユネスコの代表を始め、国内ユネスコ委員会のメンバー、文化芸術省関係者、プノンペンの大学教授、その他フランス極東学院の研究者や個人研究者などが集まり、登録の意向を確認し、その基本的な方向について検討しました。

アンコール遺跡、プレア・ヴィヘア遺跡に続いて、カンボジアでは三番目の世界遺産候補となります。

 

早稲田大学建築史研究室では1998年よりこの遺跡群の研究と保全を進めてきていますが、世界遺産への登録は一つの大きな念願でもありました。協議会ではこの事業を担当している下田とテリーがこれまでの活動の経緯を詳細に報告しました。他にこの遺跡でこれまで活動をしている団体がないこともあり、全体の報告は早稲田がこれまでに進めてきた活動と成果、そして既に資料化された研究や保存の記録を基軸に進められたといって良いものでした。10年以上にわたって行ってきた活動がこうしたかたちで受け入れられ、評価していただけたことは私達にとってとても感慨深いものでした。

また、カンボジア政府側で当日の発表資料を準備したのが、このサンボーの事業において長期研修プログラムを経て今でも遺跡の調査を共同で行っている人物であったことも私達にとっては嬉しいことでした。約3年間の研修プログラムに参加したのは計5名の若い大学生上がりの研修者でしたが、そのうち3名が今でもこうした研究を続け、すこしずつ確かな仕事ができるようになってきています。

 

これまで、サンボー・プレイ・クック遺跡群では、文化財保護芸術研究助成財団と住友財団からの支援のもとに活動を行ってきました。継続的な支援をいただいていることは大変ありがたいことで、そのことによって熱帯気候という過酷な環境において脆弱な煉瓦造の遺構が過去10年以上にわたり保持され、状態が改善されつつあります。

これまで1000年以上にもわたって保存されてきたのもを、たった10年保持することなんてさほど大変なことではないように思われるかもしれませんが、実際にはちょっと手を抜けば遺構はどんどんと崩れていきます。メンテナンスの仕事をするにつけ、この遺跡がこんなにも長い時間保存されて今に残っているのは奇跡としか言いようのないものだと感じられます。

 

しかしながら、こうした保存のための活動がいつまで続けられるのかという点については常に不安を抱えており、一刻も早くより安定した体制でこうした保護活動が持続できるようになることを願ってきました。

そのためには、カンボジア政府が保存のための体制を整え、そのための予算化を図ることが望ましいところでしたが、過去の交渉ではなかなかそうした方向へと歩を進めることができない状況にありました。アンコール遺跡でさえ、困難を抱えている中、それに準じる段階の遺跡を保護するなど、まだ現実味があまりないかもしれません。

しかし、世界遺産への登録は、こうした状況を打開する最も効果的な方法であり、登録されることによって国連から遺跡の保護体制に一定の水準が要求され、保存や開発状況に関して定期的なモニタリングが課せられるというのは、遺跡を保護する立場からは願ってもないことです。もちろん、様々なネガティブな影響も予想されますが、それにもまして、登録申請のプロセスは、遺跡保存の人員と予算を確保し、長期的なビジョンをもって保護体制を組織化することを、押し進める絶好の機会となります。

 

実際のところ、来年度の登録申請にはややスケジュール的に厳しさもありますが、カンボジア政府がこの遺跡群を登録の対象としたことは、私達にとってたいへん喜ばしいことです。歴史的な価値、遺跡の残存状況など登録基準を十分に満たすサイトであることについては会議における各発言においても一致するものでした。

これまで、サンボー・プレイ・クック遺跡群で活動をしてきた多くの方に、この第一歩が踏み出されたことを報告し、ささやかな喜びを分かち合えたらと思います。

第三フェーズの事業も完了を間近にひかえ、バイヨン南経蔵の修復工事は残り一週間で全ての工程を終える予定です。

今日は最上層の石材の設置と、その後にクレーンに吊られて上空からの写真撮影、再構築後の部材劣化の確認と、劣化部分への強化剤の注入作業、そして足場の修正、新材の最終仕上げ、などの他、修復現場に設置していた各種機材の解体と倉庫への移動、そして倉庫の清掃と移動機材のリスト化などを行いました。

また、日本からは中・高校生のスタディーツアーがやってきて、ちょうど最後の大型部材の再構築の現場に立ち会うことになりました。

このところ、アンコールは雨が続き、空もどんよりとする日が続いていましたが、今日は久しぶりに抜けるような青空に沸き立つ入道雲。バイヨンの複雑に入り組んだ塔群の輪郭が強烈な日差しに照らし出されて、強く雄々しい石積みの表情を見せていました。

 

約70名のスタッフと共に5年間にわたり第三フェーズを進めてきましたが、9月から予定されている第四フェーズの開始の前に彼らの多くは一度解雇し、再び次フェーズの始まりと共に再雇用ということになります。事業そのものは予算規模縮小の方向で現在調整が進んでおり、それに見合った修復計画を立案しているところです。

そのため、現在仕事を共に進めているメンバー全員が再び顔を揃えて仕事ができるのかどうかは現時点では定かではありません。事業の移行期においては、現場のだれしもが、今後の計画に注目し、再び仕事に就くことができるのかどうか、そして就いた場合には、雇用条件がどうなるのかと皆ナーバスになっています。

できるだけ現状の仕事に支障をきたすことのないように、こうした話題にはふれずに、目の前の仕事にだけ集中してもらえるようにと、これまでは配慮してきましたが、今後の具体的なスケジュールや次の事業期間におけるメンバーの見通しなどについて、いよいよ今日伝えなくてはならなくなりました。

 

現場近くに最近完成した展示小屋には、みな心配して、緊張した面持ちで待ちかまえており、そこで話をすることになりました。

まだ今後の具体的な予定については定まっておらず、正確な事を伝えることは出来ない状況ではありましたが、そうした調整段階であることも含めて、また、全体としてはメンバーを縮小する可能性が高いという状況を伝えるのは、彼らの前に立つと大変難しいことを実感せずにはいられませんでした。

 

これまで、修復現場で仕事をしていると、中には隠れてさぼっていたり、どうにも手を抜いていることが明らかだったりというような作業員もおり、全体の指揮を考えてもこうしたメンバーには外れてもらった方が良いだろうと、頭に来ることもありましたが、いざ、全員を前にして、メンバーを減らして次の事業に臨むと言うことを伝える段になると、なかなかそれを口にすることはできないものでした。

 

彼らの生活環境や給与額を考えても、またこのきつい日差しの下で仕事を続けていることを思っても、真面目に毎日長時間の現場仕事を続けるのは酷であることに違いありません。

そもそも、この事業は遺跡の修復をすることを目標としていることに加えて、修復を実施するための専門家や技能員を育成することが最重要の課題としてあります。この5年間で、一通りの修復工事を彼らが実現したことによって、その目標はほぼ達成されたといっても良いでしょう。

修復工事にあたっては、様々な専門技能を要する職人が協働して作業にあたることになりますが、そうした一通りの専門工が育成されるに至っています。

 

しかしながら、彼らを受け入れるカンボジア側の体制はほとんど整備されていないといのが実状です。遺跡の観光客受け入れに要する施設や人員は整ってきましたが、遺跡を保護するための専門家や技術者を適切な条件で受け入れる体制、そのための予算、現場の人員への定期的な給与支払いや福利厚生、必要な資機材を迅速に調達する仕組み、修復のための基礎的な研究を承認する組織体制など、至る面で不十分な段階に留まっているというのが現実です。

技術移転によって育成された人材が活躍することのできる体制をいかに整えるのか、ということに、もっと真剣に取り組んでいく必要があります。

しかしこの現状に正面から向き合っている組織はありません。こうした具体的な問題が起こって、これを投げかけても、これを打開するための動きに反応する組織がないのです。第四次フェーズでは、カンボジア人による組織を自立化させることができる体制造りを現在目指して、検討を進めていますが、乗り越えなくてはならない壁は少なくありません。

 

今回修復工事が完成するバイヨン南経蔵は規模こそ小さいものですが、極めて質の高い修復工事であると誇ることが出来ると思います。と同時に、バイヨンを修復した現チームのスタッフはいずれも十分な技量を有しており、彼らこそが事業の成果そのものです。

 

この貴重な人材が、今後も適切な仕事を担うことができることを願わずにはいられません。