BLOG

コンポン・トム州,サンボー・プレイ・クック遺跡群の修復工事の資機材支援が,日本国政府とカンボジア政府合意のもとで決定されました。2010年1月22日には、その支援事業となる「The Procurement of equipment and material for restoration works of Sambor Prei Kuk monuments」の開始式が遺跡内で執り行われました。

 

サンボー・プレイ・クック遺跡群では1998年より早稲田大学建築史研究室(代表:中川武)により,研究事業が開始され,2001年からはカンボジア文化芸術省と共同で,「サンボー・プレイ・クック遺跡群保全事業」を継続し,遺跡群の保存・修復・文化開発に取り組んでいます。重要な保存活動としては,地元住民約15名からなるチームによって,過去10年にわたり寺院内の草刈り・危険な樹木の伐採・苑路の整備・支保工の設置を続けている他,最近では寺院の煉瓦造祠堂の室内にて破壊された台座の修理工事を行っています。

 

遺跡群内には比較的良好な状態で保存されている約60基の煉瓦造の祠堂があります。7世紀に建立された寺院として,東南アジアでこれだけまとまって保存されている遺跡は他に例がなく,歴史的価値は計り知れないものがあります。

煉瓦造の祠堂の上の草刈りは,各建物に対して年に二回は行っていますが,雨季には一ヶ月で50cm以上も草が伸びるため,このままでは草刈りを中心としたメンテナンスは永続的な仕事が求められます。また,倒壊の危険が高い建物の各所には支保工の設置も行っていますが,それでも部分的な崩壊が生じることがあります。2005年の記録的な豪雨の折りには,プラサート・イエイ・ポアン寺院内のマンダパと呼ばれている煉瓦造の祠堂が半壊する事態が起きました。これによって,祠堂内に安置されていた天蓋付の台座がひどく破損しました。この台座はプレ・アンコール期の彫刻作品の中でも最も重要な作品の一つであっただけに,その損害は甚大です。

 

こうした状況にあって,煉瓦造祠堂のより本格的な修復工事が強く望まれていました。修復工事により,寺院倒壊の危険性を確実に減らすことができ,また煉瓦積みの隙間に根付く草が少なくなるために,各建物に要するメンテナンスの仕事が軽減されるため,より多くの遺構をメンテナンスの対象にできるようになります。

 

2009年にカンボジア文化芸術省から日本政府へ申請された修復資機材の支援要求が受理されるに至り,修復工事に必要な足場・単管・発電機・空気圧搾機・煉瓦や石材加工のための各種機材と車両,そして,煉瓦・砂・石灰・石材・接着剤・セメントなどの資材の調達が可能となりました。

 

既に資機材の一部が調達され,プラサート・サンボー寺院の中央祠堂と中央テラスの修復工事が開始されています。修復工事のスタッフの人件費や,車両や発電機などの燃料代,各種消耗品の購入費,そして工事中も継続しなければならないメンテナンス作業のための予算は,「文化財保護研究助成振興財団」と「住友財団」からの御支援によって進められています。

 

1月22日には,文化芸術省,アンコール保全事務所,州政府,地元住民,高校生など計200名の参加者を招き,プラサート・サンボー寺院の境内にて修復工事の開始式を行いました。(一)

2010年1月19日,プノンペン,文化芸術省にて「The Seminar on Recent Research of Archaeology Sector in Cambodia(カンボジアにおける最近の考古学研究に関するセミナー)」が開催されました。

 

カンボジア国内の遺跡は,シェムリアップのアンコール遺跡群とコー・ケー遺跡群がアプサラ機構によって,また2008年に世界遺産に登録されたプレア・ヴィヘア寺院はプレア・ヴィヘア機構によって管轄されていますが,それ以外の全ての文化遺産は文化芸術省の管理下にあります。今回は文化芸術省の管轄にある遺跡において現在進められている事業のうち,特に重要な以下の計11事業より報告がありました。

 

1.  サンボー・プレイ・クック遺跡群の研究・保全事業 早稲田大学

2.  カルダモン山脈における埋葬壺の研究 シドニー大学

3.  Sre Ampil遺跡の研究事業 カンボジア王立アカデミー

4.  バンテアイ・チュマール寺院の保全事業 Global Heritage Fund

5.  王道の研究事業 アプサラ機構

6.  La-ang Spean洞窟の研究事業

7.  カンボジア国内の遺跡目録化事業 フランス極東学院

8.  Phum Snay遺跡の研究事業 国際日本文化研究センター

9.  Prohear地区の研究事業 文化芸術省

10.  メコン下流域の考古学的研究事業 ハワイ大学

11.   コンポン・スヴァイのプレア・カーン遺跡群の研究事業 シドニー大学

 

カンボジア国内の研究事業を一同に介してのセミナーは今回が初めてでしたが,今後は定期的に実施することが文化芸術省より提案されました。今後はこうしたセミナーの結果を文書として記録・公開していくことが望まれます。(一)

日本国政府アンコール遺跡救済チームは、1月12日よりバイヨン寺院外回廊の南側で発掘調査を開始しました。

 

バイヨン寺院では1999年に内回廊の北側に、外回廊を解体し、これを横断する発掘調査を行っています。また、2007年にはバイヨン南経蔵の周囲でも発掘調査を行いました。今回の調査はそれらの継続研究にあたります。

バイヨン寺院の建設工事における掘り込み地業や回廊周囲の土中に埋設されている遺構について、寺院北側との比較を通じて検討することが一つの目的です。

調査の開始にあたり、南経蔵と同一の基準線を外回廊の外側に引き出すための測量、基準点の設置、調査前記録、発掘予定地区の草刈りなどを行いました。

 

100112.JPG明日から、本格的な発掘調査を開始する予定です。(一)

 

1月6日より12日にかけて,インドネシアより3名の遺跡保存の専門家がJASAを訪れ,カンボジア・アンコール遺跡における遺跡保存の現状を視察し,意見交換を図る研究交流が行われました。

 

中部ジャワ考古遺跡管理事務所よりIndra Ismail氏,ジョグジャカルタ特別州考古遺跡管理事務所,プランバナン課よりHariana Surtaningsih女史,ボロブドゥール遺跡保存研究所よりAri Swastikawat女史,そして通訳のFajar Nusajati氏と,本事業を実施している筑波大学より松井敏也先生他,研究員の方々が来られました。

バイヨン寺院をはじめとして,アンコール・ワットやバプーオン,タ・プロム,チャウ・サイ・デヴァタなどアンコール遺跡群における様々な国際的な修復活動の現場を訪問し,保存修復の技術面や管理面での比較,そして遺跡の劣化状況に関する視察を行いました。

事務所ではカンボジアとインドネシア双方での活動の状況をそれぞれが報告すると共に,様々な意見交換が行われました。

 

100111_1.JPG本事業は文化庁から文化遺産保護国際貢献事業として筑波大学に委託された「インドネシア・ボロブドゥール遺跡保存のための拠点交流事業」の一環として行われたものですが,もともと2006年5月にインドネシアでおきた地震によるプランバナン寺院などの遺跡倒壊が契機となって開始されました。

ボロブドゥールは1970年代にインドネシア政府とユネスコが協力して大々的な修復工事を行っていますが,その工事後にも未だ保存にあたって様々な問題が生じており,現在でも小規模な保存処置が継続されています。

東南アジアの二大仏教遺跡である「ボロブドゥール」と「バイヨン」とで,様々な共通する問題を議論し,相互に有益な交流の機会となりました。ぜひ,今後もこうした研究交流の場が設けられることを願っています。(一)

コー・ケー遺跡群の宗教施設群の中央に位置する約1200*600mの大きさの貯水池の調査を行っています。

アンコール遺跡におけるバライの存在は、農業用水や生活用水を確保するために重要な施設であった可能性がありますが、これまでの研究では未だに定かではない点が少なからずあり、その築造目的については明らかになってはいません。宗教施設と密接な関連を示していますので、実用的な目的に加えて、宗教的にも重要な意味があったことは間違いありません。

コー・ケー遺跡群でも寺院の配置とこの貯水池ラハルは一つの計画性を共有していたものと考えられ、その精確な形状や構造を把握・記録するために地形測量や踏査を行っています。また、貯水池の取水・排水構造などを調査しています。

これまでの調査で、ラハルではアンコール遺跡のバライに一般的な中央の施設が存在しないことが明らかになりました。これについては他国チームの地下探査によっても最近確認されました。ここでは認められない中央施設の代わりに、バライの軸線上に象徴的な遺構が配されていることが明らかになりつつあり、このバライに特徴的な計画性が推察されています。

バライに関する研究は、コー・ケー遺跡群以外でも通観すべき課題ですが、ベンメアレア寺院の東方のバライでも今後より本格的な調査を行っていきたいと考えています。すでにこちらのバライでは、最近の調査により興味深い特徴が確認されました。(一)

2009年12月より、2010年1月はじめにかけて、ベンメアレア遺跡の測量調査が進められています。この測量は同年9月に実施された測量の継続調査にあたるもので、今回はさらに回廊を中心に作業が行われました。

高精度なGPSによる基準点から、トータルステーションで機械点を遺跡内に周回させ、そこから建物の各部を計測します。また、建物の細部形状はコンベックスや曲尺を用いて手作業で採寸します。この測量結果をもとに、寺院の設計方法を解明することが目的です。

寺院各所はひどく崩壊しているため、想像力を働かせながら、建設当時の形状を復元しながら測量箇所を決定していきます。足場が悪く、複雑な平面形状の寺院の測量は大変な労力を要します。(一)

2009年の年末より王都アンコールの聖山クーレンの遺跡調査を行いました。

クーレン山はマヘンドラパルヴァタと当時や呼ばれており、神の世界の聖山に見立てられていた山です。802年にアンコール王朝の太祖ジャヤヴァルマン二世は、この山中で自身は「諸王の中の王」であることを宣言し、土着の精霊信仰とヒンドゥー教の双方を取り込み、自身を神格化しました。

 

クーレン山は、東西に長く延びており、この山中を貫通するように川が流れており、周囲に尾根が巡ります。つまり、山の中心部に入っていくと、周囲を山に囲われた高地にいるような、そんな不思議な地形です。この山中に、ジャヤヴァルマン二世は王都を築いたと言われていますが、たしかに、ここは一つの閉じた世界を完結させることができそうです。

 

100101_1.JPG山上にありながら、湧き水が豊富で、年中、水に欠くことはありません。川を堰き止めたダムの痕跡もいたるところに認められます。今でも、そうしたダムの一部は修理されながら使用され、麓の村に山の上から水を供給することがあるほどです。

 

過去の調査によって、クーレン山中では60の考古学的なサイトが発見されています。また、昨年からは三カ年研究事業であるPhnom Kulen Archaeological Programがフランスの研究グループによって開始され、年に5サイトのペースでクリアランス、発掘調査、遺構の補強が進められ、また山中の生活改善のための道路や橋の整備などの活動も行われています。

こうした中で、今回の調査では煉瓦造の祠堂や、岩盤への彫刻など、計35サイトを確認して回りました。それぞれのサイトは特徴的なロケーションの中に配置されています。立地そのものが醸し出している畏敬あるいは畏怖の力を引き立てるように、様式に従いながらも独創的な解釈にもとづく施設が配置されています。

 

100101_3.JPG山中の多くは深い森に阻まれて、自由な踏査ができませんが、山の地形をダイナミックに活かした自閉的な都の世界を復元すべく研究が将来的に進められていくことが期待されるところです。

 

100101_2.JPG(一)