BLOG

6月21日。日曜日。

お休みを利用して、ちょっと遠方の遺跡まで遠足に行くことになりました。

今回目指すは、「プレア・ヴィヘア」。タイとカンボジアの国境にある、絶壁の頂きに建つ寺院です。

9世紀末頃に、ヤショバルマン1世王によって創建され、11世紀には時の王スールヤバルマン1世によって、クメール王国の版図を示す地方拠点の一つとして、シヴァ神の象徴であるリンガが納められたと伝えられています。クメールの遺跡たちの中でも規模が大きく、古代から重要とされてきた遺跡。

 

2008年7月、この寺院はさまざまな問題を抱えながらも、カンボジアの第2の世界遺産となりました。

プレア・ヴィヘアが抱えていた問題。それは東南アジアの歴史の変遷を色濃く反映しています。タイとカンボジアの長い歴史の中で、国境が推移したり、国家の部分的な割譲があったりと、カンボジアとタイの国境沿いはその所有権をめぐってこれまでも議論を呼んできました。

そして、聖地プレア・ヴィヘア寺院をめぐっても、それがカンボジアのものであるのか、はたまたタイのものか、という両国の世論を背負った議論の末に、2008年秋、両国の国境で武力衝突が起きるという悲劇を生むこととなりました。

数回にわたる衝突ののち、現在では状況がかなり安定したという情報を得て、視察を兼ねた遠足です。

 

早朝6時半。朝靄のシェムリアップを出発し、まずはタイとの国境の町、アンロンヴェンを目指します。

6:55  「東洋のモナリザ」と呼ばれる美しい彫刻で著名な、バンテアイ・スレイ寺院の横をすりぬけ、無駄じゃないかと思うほど巨大なロータリーを回りこむと、アンロンヴェンまで続くピカピカの舗装道路に入ります。以前は4,5時間かかると言われていたシェムリアップ―アンロンヴェン間ですが、つい最近完成したこの新しい道のおかげで、およそ1時間半ほどで到着するとの噂。実際に検証してみましょう。

 

こんな大きな重機が2台も並べるほどのしっかりした道でした。ちなみに片方の重機を路上で解体しているところです。なぜここで・・・

090621-1.jpg7:07 千本リンがで知られる山頂の聖地、クバルスピアン通過。このあたりから少しずつ高台になっていき、ピカピカ道路はアップダウンの繰り返しでちょっとジェットコースター気分。

 8:06  アンロンヴェン着。話に聞いていたより早い、1時間10分。なかなかの好タイム。しかも、アンロンヴェンまであとほんの1kmほど、というところから道が完成しておらず、未舗装のぬかるみの中を横滑りしながら走行。この道路が最後まで完成すれば、シェムリアップからタイ国境まで、1時間も夢ではないはずです。

 

 

この先にどんな苦難が待ち受けているかわからないので、この町で朝食を。タイへの玄関口となるアンロンヴェンですが、印象はまだまだ小さな田舎町。4人で朝食を食べて20000リエル($5)なり。

道が舗装されたからには、この小さな町もタイに向かう拠点として「街」へと成長していくのでしょう。

 

 8:50  昼食用にヌンパンパテー(クメール風サンドイッチ)を購入して、再スタート。ここからは未舗装の赤土の道。プレア・ヴィヘアのお膝元となるスラアエム村を目指します。

タイとカンボジアを分かつダンレック山脈を左手に望みながら進むことおよそ30分、トロペアン・プラサートという名前の小さな村に着きました。ここでプレア・ヴィヘアまでの道を教えてもらい、赤土の道をさらに東へと進みます。道の脇にところどころ出てくる新しい村。家の形が同じだったり、壁板が真新しかったりと一目見て、新しいとわかります。この道の両側にはきっとこれからたくさんの家が立ち並ぶのでしょう。

090621-3.jpgとはいえ、まだまだこんな感じの道です。

 

 10:08  プレア・ヴィヘアの麓の村、スラアエムに到着。ここからはダンレック山脈に向けて北上。村から離れて間もなく、道路の両側に土嚢袋を積み上げた四角い形の小屋が点々と登場。よく見ると中に銃を携帯した兵隊さんたちが。その他にも、装甲車・バズーカ砲(?)などなど、ものものしい雰囲気は山が近づいてくるほどに強くなってきます。

 

 

寺院までは、あと少し。でもこのあと少しのなかに、プレア・ヴィヘア最後の難関が残っています。

 

それは・・・ダンレック山脈の断崖を切るように登っていく心臓破りの急坂。スキー場で言うならば上級者コースのさらにその上をいくような斜面を大蛇が這うようにコンクリートの道が1本上っていきます。

4駆だから、まあ大丈夫だ、という地元のオジサンの多少不安なお墨付きを得て、我々4名の命を乗せてトヨタの黒ヴィーゴがこの断崖へと挑みます。

090621-4.jpg

いよいよ最後のアタックです。

 

 

そろりそろりと慎重に上っていくヴィーゴ。登り口のところですでに、あのジェットコースターが落下点まで昇っていくときの音が「カンカンカン・・・」と聞こえてくるようで、掌に汗が。

 

 

 

 

そうして2つほど大きなヤマを越えていったとき、前方の坂を黙々と上る一人の兵隊さんを発見。暑い中、伏し目がちに歩を進める姿を見て、「乗せてあげよう」ということに。カンボジア人のメンバーが声をかけると、人懐っこい笑顔で「いいのかい?」と兵隊さん。まあ、荷台にひとり増えたくらいどうってことはないでしょう。後部座席から振り返ると、ちょうど顔の高さが一緒で、お互い照れ笑い。

 

このほのぼのとしたエピソードがのちに大変な事態を招くことを、このときメンバーの誰一人として気づいていませんでした。

 

我々4名と兵隊さん1名を乗せてスタートした黒ヴィーゴ。さらに際どい坂を越えて行った我々の視界の先に、さらに炎天下黙々と坂を上っていく3人の兵隊さんが。これは・・・やっぱりこの方たちも乗せてあげなきゃだよね?ということで、声をかける。嬉しそうに乗り込む3名の兵隊さんたちと、小さく洩れるヴィーゴの溜息。そして、ひとつ坂を越えるたび、2人、4人と兵隊さんたちに出会い、気がつけば荷台には兵隊さんたちがぎっしり。

 

なんだか緊張してしまってぎこちなく振り返ると、迷彩服に包まれた10近い微笑みfaceが。怖い人たちではないんだな、と思いつつ。カメラは向けられませんでした。

 

低く重い踏ん張り声をあげながらヴィーゴが坂を上っていく。ひっくりかえるんじゃないかと思うような坂をいくつも越えた、頂上に程近い平らな場所で、突如後ろから「ガンガン」と何かをたたく音が。びっくりして振り返ると、ちょうど駐屯小屋があり、荷台の兵隊さんたちが「降りるよ!」という合図でした。

日に焼けた顔に「オークン!」と笑顔を浮かべて、思い思いに手を振り散っていく姿を見て、ああ、この人たちもクメールのおじさんたちなんだなぁ、とちょっとほっとする。

 

急に軽くなったヴィーゴは喜びの(?)唸り声をあげて、最後の急坂を登り切りました。

 

そして、目の前の斜面には、カンボジアの国旗と、ユネスコの旗、そして世界遺産を示すマークが強めの風にはたはたと揺れていました。

 

 

続く。

 

(ま)

 

 

 

 

6月5日、バイヨンインフォメーションセンターの関係者お披露目会から2日後に、センター設立の立役者たちを招待した、"裏お披露目会"が行われました。

 

完成したセンター内に集まったのは、JASAのカンボジア人・日本人専門家(エキスパート)、現場作業員、そしてJASA事務所スタッフ、総勢100名ほど。

 

展示パネルの内容、文章構成、ホール全体の構成などを担当したエキスパートたち。

「別動隊」としてホール内に設置する石材彫刻を製作していた石材加工チーム。

別動隊が抜けた現場で、現場作業に支障が出ないように踏ん張った現場作業員たち。

そして、オープン2日前には、作業員総出でホールの清掃をしました。

090613-1jpgのサムネール画像 尊顔のレプリカを設置中の別動隊。

 

来賓を多く招いた華々しいセレモニーでは舞台裏の黒子に徹し、センターのオープニングのために働いてきた、まさに縁の下の力持ちたちが本日の主役です。

 

まずは、JASA団長・中川教授からのお言葉。続いて、エキスパートのリーダー、ソティさんからも一言。二人の話の中に共通して印象的だったは、「センターの仕事に直接かかわったメンバーも、現場に残って頑張ったメンバーも、全員がいてはじめて、オープニングを迎えられた」ということ。

 

だから、今日はみんなでお互いの労をねぎらおう!!乾杯!! 

090613-2.JPG

 

 

 

 

 

あいさつの最後には、JASA作業員の要・サオサム棟梁から「村まで帰るんだから、飲みすぎないように。」との訓戒が。さすが、棟梁です。

 

 

 

090613-3.JPG

 

 

 

 

 

 乾杯のあと、バイヨンインフォメーションセンターのオープン記念スタッフTシャツが配られました。

JSTへの寄付金を利用して作った、スタッフ専用限定Tシャツ。

灰色の作業服と合う黒一色に、白字でインフォメーションセンターのロゴを。

 

みんな締まって、かっこいいです。

 

典型的クメールおつまみと苦労話を肴に、ビールも進む。

宴もたけなわになると、ああ、やっぱり、ダンシングタイムが始まります。

今日は、踊りのみならず、主要エキスパートたちの胴上げまで!

 

DSCN3740.JPG

 

 

オープンに間に合わせるため、休日返上で作業をしてきた別動隊の面々。

ベテラン勢がいない穴を埋めようと頑張った中堅たち。

そしてそれについていった若手メンバー。

ほろ酔いの、それぞれの顔の向こう側に、さまざまな思いが見え隠れしています。

 

090613-4.JPG

ホールを占拠する踊りの輪から外れて、ふっと見ると、そこには自分たちの仕事の出来栄えを議論する男たちの姿が!

自分が仕上げた石彫について語るベテラン作業員とエキスパートとオフィススタッフ。

そしてそれを見つめる若手作業員。

センターの照明に照らされた彼らの背中に、なんとも言えない頼もしさが漂っていました。

 

 

 

 

こうして、バイヨンインフォメーションセンターはようやくスタートラインに立ちました。これから、たくさんの人がここを訪れてもらえるように、このセンターを活用していくことが新しい課題です。

 

ここまでみんなで積み重ねてきた努力を、創り上げたものを、最大限魅力的に、そして、訪れてくれた方々に有意義になるように、演出するのがJSTのこれからの仕事です。来月にはセンター運営をするための新しいスタッフも加わる予定。

ここからは、私たちが頑張るからね!

 

(ま) 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年6月2日,シェムリアップ市街とアンコール遺跡の間に位置するUNESCO/JASA Project Office内にて「バイヨン・インフォメーション・センター(Bayon Information Center)」のお披露目会が開かれました。この展示施設は,アンコール遺跡群においてユネスコを中心として様々な国と機関が行っている保存や研究事業の様子を紹介し,また日本国政府が修復工事を進めているバイヨン寺院を通じて,アンコール遺跡の壮大な寺院群の歴史や宗教的な意味を紹介するものです。日本ユネスコ信託基金の特別予算によってこのセンターを実現することができました。

 

お披露目会は,「第18回 アンコール遺跡群の保存と開発のための国際調整会議(ICC)」のプログラムとして実施され,多くの国際的な修復チームのメンバーが招待されました。薄暗くなりはじめた夕刻6時半,ライトに照らされたバイヨンの尊顔彫刻がオフィスの中庭には浮かび上がる中,会議を終えて続々と入館する国際色豊かな専門家の面々は期待をふくらませながら,オフィス中央の八角形の展示ホールに続々と集まりました。

 

 

 

P1000563.JPG式典は,日本国政府アンコール遺跡救済チームの団長である中川武教授のスピーチにはじまり,その後,在カンボジアユネスコ代表の神内照夫氏,在カンボジア日本国大使館公使の丸山則夫氏,そしてソッカーン副首相からご挨拶をいただきました。国際的な協調のもとに繰り広げられているアンコール遺跡群の保全活動の輪を象徴する場となりました。

 

 

 

P1000589.JPG当プロジェクトが誇る美女(?)四名が持つ赤くふくよかなテープがソッカーン副首相によりカットされて,展示場が封切られると,まずは二階に足を運びます。二階では,アンコール遺跡群全域の衛星写真の上に,様々な国際的なチームが活動を繰り広げている様子がわかる大きな地図から始まります。その後,それらのチームの活動の様子を伝えるパネルが続きます。さらに,石造りのアンコール遺跡の修復工事のプロセスを紹介するパネル,アンコールの王宮付近から出土した遺物などの紹介があります。そして,二階の最後で,日本国政府アンコール遺跡救済チームの15年の歩みをたどる約12分の映像ドキュメンタリーがあります。このショートフィルムは,アンコール遺跡での修復の様子を1995年から撮影し続けてきた日本隊の記録班によるもので,現在は文化財を映像で記録することを目的としたNPO(文化遺産保存のための映像記録協会)として活動を続けているチームによって制作されました。

 

 

 

P1000593.JPGその後,一階に下りると,ここではバイヨン寺院を多角的に分析しようとする展示になっています。展示はパネルと映像によりますが,それらは相互に補完的な内容となっており,分かりやすく紹介された映像で興味を持った方には,やや難解なパネルを読んで,より理解を深めてもらえるように準備されています。

 

最初のショートフィルムでは,この寺院にたくさんの神々が祀られている様子を紹介します。塔に刻まれた多数の尊顔に象徴されるように,様々な神々がこの寺院には祀られていますが,それらの神々がどのような寛容な大王によって万神殿としてこの寺院に集められたのか,ということを最初のフィルムでは解説します。

 

続くフィルムではアンコール遺跡群の中でもピラミッド型の寺院に焦点を絞り,それらがどのような建築的な発展を遂げたのか,そしてその発展の中でバイヨン寺院がいかにそれまでの順当な変遷からは逸脱した異端な建築作品であるのかという点に迫ります。

 

三本目のフィルムでは,バイヨン寺院はその周辺を取り囲む王都アンコール・トムの一つの要素であり,王都全体でアンコール帝国の繁栄を象徴的に示そうとした壮大な建設工事の構想力を紹介します。

 

3つのフィルムは,バイヨン寺院の意味を探る謎解きになっており,これらの映像とパネルを眺めて40分ほどで一回りした頃には,アンコール遺跡群を楽しく理解して見て回るのに役立つ基本的な知識に触れることができます。

 

展示は英語とクメール語からなっていますが,日本語の小冊子により,展示パネルの全ての内容が理解できるようになっています。また,映像も英語とクメール語が準備されていますが,日本語の字幕が加えられています。

 

お披露目会では,一通りの展示を見学した後には,ワインとビール,そしてスナックやフルーツが振る舞われ,ほろ酔い気分で朝から始まった長い会議を締めくくる楽しい時間を過ごすことができました。

 

この展示施設の一般公開は今年8月ごろからを予定しています。比較的短い時間で遺跡群の概要を知ることができ,また遺跡へのアクセスの途中に位置するこの「バイヨン・インフォメーション・センター」にぜひ多くの方々が来られることを楽しみにしています!