BLOG

現在JSAでは、シェムリアップのJASA事務所内に、バイヨン寺院を対象とした展示ホールを設置する準備を進めています。

その一環で、バイヨン寺院の魅力の一つでもある、外回廊の浮き彫りを新しい石材で再現するというプロジェクトが進んでいます。比較的保存状態のいい外回廊。それでも、苔や地衣類の繁殖で徐々に見えにくくなっています。そこで、浮き彫りの中の代表的なものを再現することになりました。

石彫を担当するのは、JSAの現場作業員たち。日本人の石工さんから学んだ石材加工の技術と、現在のカンボジアで彫刻を生業とする人たちから学んだ彫刻の技法を駆使して、古代の職人たちの技に挑みます。

どの場面を再現するか、を検討してきたのは、修復の技術顧問である下田と、現地広報の吉川。バイヨンならではの特徴を持っていて、かつその背景に現在へとつながるストーリーのある場面を選ぶように検討を重ねました。

今週は、いよいよ石彫が佳境に入り、細かな部分での調整が必要となってきました。というのも、きれいに見える外回廊も烈火の脅威にさらされており、大まかな形は判別できても、細かな手の動きや表情、手にしている道具などはかなり掴みにくいのです。そのため、現場で作業員と情景について話し合ったり、回廊の場面を見に行ったりしながら、相談しつつ進めています。

そんなわれらに朗報がありました!

フランス極東学院(EFEO)が1930年代に撮影した、古い写真の中にまだ美しく残る外回廊の写真を見つけたのです。早速許可を得て、資料をいただき、プリントして現場へ。

作業員たちも嘆息するほど、今よりずっとはっきりと外回廊が写っています。

 

その中の一つに、狩りの風景がありました。現状の外回廊ではすでにすり減って確認できなかったのですが、古い写真を見ると、どうやら狩人の頭の上に何か載っているようです。そして、とんがり帽子ではないかと主張する吉川と、そんなものはかぶらないと主張する下田の間で意見が対立しました。確かに背景の木の葉とも思えるけれど、なにか気になる・・・。

写真だけでは決着がつかない。そんなときには現場100回!ということで、酷暑の中、絶対に何かかぶっている!という確信を持ちながら、外回廊の問題の現場まで吉川が走りました。

そこで見つけた、驚愕の事実!!!・・・は、

先に言っておくと、下田も吉川も間違っているわけではありませんでした。狩人は頭に被っていたのです。でもそれはとんがり帽子ではありませんでした。

狩人は、なんと、鹿の形の帽子をかぶっていたのです!野生のウシと思われる生物に、息を詰めて弓を引く狩人。その頭には、なんとりっぱな角を持ったシカの顔が・・・。息せき切って駆けもどり、下田に報告し、再度写真を確認すると、確かにシカです。こちらを見てにやりと笑っているようなシカが。

そういえば、バイヨン寺院の内回廊の彫刻にも鹿の帽子をかぶった狩人が描かれていた、と急に思い出しました。これは、間違いない!

  090326-1.jpgのサムネール画像             

 

 

←こちらが問題の狩人と鹿

大発見というには、実に小さなことですが、実際に自分で資料を探して、疑問を持って、現場へ走って確認して、そういう過程を踏んだ後には、それはもう素晴らしい発見でした。久しぶりに、遺跡と向き合っているな、と実感できた瞬間です。やった!

 

しかし、この話には続きがあり、事務所に戻って、民俗学的なことにも興味を持っているカンボジア人スタッフにこの素晴らしい発見を誇らしげに話したところ、

「ああ、鹿でしょ?ほら、伝統の踊りでもあるじゃん。昔は狩りで動物を欺くために、鹿の頭をかぶっていったんだよ。」と笑顔で返されました。がーん。

 

でも自分で発見するという経験が一番大事!と言い聞かせ、明日も浮き彫りと向き合います!(ま)

アンコール遺跡の顔ともいえる、アンコール・ワット中央塔にかけられていた足場がようやく解体される運びとなりました。

 

2008年半ばより、アンコール・ワットの中央塔と北東の副塔とに足場が設置されていました。中央塔上部にのびた樹木を伐採することが当初の目的でありましたが,足場を設置して近くによって塔上部の石材の状況が観察されたところ,石材の劣化が著しく進んでいる箇所があることが確認され,これらの箇所の修復について検討が進められていました。

 

今回のところは,修復工事の実施には至らず,危険箇所の処置については再検討となりました。約1週間かけて中央塔の足場は解体されます。また、北東の副塔にかけられていた足場は,他に3つある副塔に順次設置し、上部の樹木の伐採が進められる予定です。

これらの足場は日本国政府の修復隊より一時的にアンコール遺跡の保存機構に対して提供されたもので,足場の設置にあたっては当修復隊の技術者が協力しています。(一)

3月16日より5日間,バイヨン中央塔ではボーリング調査が実施されました。

 

この調査は2008年8月に実施した解体発掘とハンドオーガーによるボーリング調査と2009年2月に実施した西塔内の発掘調査に続いて行われたものです。調査には地域地盤環境研究所の岩崎好規先生と,肥後地質調査の福田光治先生が参加され、現場管理にあたりました。

 

昨年8月には,中央塔の地下構造を解明することを目的としてハンドオーガーにて床面より8.41mの深さまでボーリング調査を行いました。しかしながら,人力作業でのボーリングはこの深さで限界となり,それ以深の構造は判らないままとなっていました。

 

今回は,プノンペンより運ばれてきた小型のボーリング機械を,中央塔の室内に設置し,より深い基礎構造を探ることが目指されました。

 

3月第2週中に,中央室内の現本尊は前室に移動され,立ち入り禁止のフェンスの設置や,ブルーシートによる覆屋の設置などの準備が行われました。

3月15日にプノンペンより運ばれてきたボーリング機械は,16日に中央塔まで運び上げられ,設置はほぼ完了,一部狭い室内形状に合わせるために,機械の一部を町工場で加工するなどの作業が生じましたが,17日の朝10時40分から試運転に入ることができました。

 

ボーリング機械は貫入ロッドなどを上下するためのモーターと,スクリューオーガーを回転させるためのモーターの二つが取り付けられていますが,当初はモーターの調子が悪く,モーターからの真っ白な排気が室内に充満し,またひどい振動で塔への悪影響が心配されました。機械の下には振動吸収のための土嚢袋が設置されていましたが,それでも不安が持たれるほどでした。そのため,吸気のためのダクトを急きょ設置し,また,塔室内の壁体の変形が生じていないことを観測するために,レーザー変位形が取り付けられました。

 

昨年,ハンドオーガーにてボーリング調査をした穴には,塩ビ管によるケーシングを残していましたので,これをガイドにボーリングロッドを挿入しました。

 

ボーリング調査では,貫入強度試験とオールコアサンプルを目的としました。

コアサンプラーにて自然落下の標準貫入試験を50cm実施した後に,孔壁整形のためにスクリューオーガーを同深度まで貫入するという作業を繰り返しました。

途中,ノッキングヘッドが破損するという事態に見舞われましたが,溶接してなんとか再使用することができました。

 

調査は当初より床面下20mが目的深度と設定されていましたが,19.5mの深さまで到達することができ,ほぼ当初の目的を達成しました。

 

また,このボーリング孔には将来的に地下水位の計測ができるように,塩ビ管を地下16mまで埋設しました。

 

調査結果についてはここでは詳しくご紹介できませんが,近い将来,公式な調査報告書にてお伝えしたいと思います。(一)

 

*本調査は㈱竹中工務店からの研究助成を得て進められています。

3月17日,シェムリアップUNESCO/JASAオフィスにて「International Symposium and Seminar on the Present Situation of Environment in the Angkor Monument Park and Its Environs, Cambodia」が開催されました。

 

このシンポジウムは,金沢大学・塚脇真二准教授が研究グループの代表を務めるERDAC (Emvironment Research Development Angkor, Cambodia)の主催によるものです。日本人とカンボジア人の研究者10名以上によって,ここ数年の間に取り組まれた研究の成果が報告されました。

 

アンコール遺跡やトンレサップ湖をとりまく,カンボジアの環境問題について,「河川環境,土壌環境,気象環境,水環境等々」多様な視点からの報告が繰り広げられました。

 

シェムリアップは急速な観光開発や経済発展の真っ直中にありますが,「豊かな森と清らかな水と空気」に満たされた美しい環境の中に、いつまでもこの魅力あふれるアンコール遺跡群があって欲しいものです。

目に見えない自然の兆候を感知すべく,科学技術を援用した研究者の鋭い視線を感じるシンポジウムとなりました。(一)

 

シンポジウムの詳細は以下をご参考ください。

http://mekong.ge.kanazawa-u.ac.jp/m&j2009/m&j2009.html 

アンコール遺跡の北東にやや離れて位置するバンテアイ・スレイ遺跡で,現場の遺跡案内施設が開設されました。この展示場設置はここ数年この寺院で保存活動を進めてきたスイス隊(BSCP)によるものです。3月16日にはカンボジアの副首相ソッカーンも出席され,盛大に開幕式がとりおこなわれました。

 

バンテアイ・スレイ寺院は,1930年代にアンコール遺跡では初めての近代的な修復手法となる「アナスティローシス」が適用された寺院です。その修復から約80年、この寺院では考古学的な発掘調査を伴う,堆積土砂のクリアランスや,散乱石材の記録・仮組展示などがスイス隊によって進められ,化粧直しが行われました。

今回の案内施設の設置は,駐車場やお土産売り場,レストラン,観光客の動線計画のなどを含む寺院周辺の総合的な観光整備計画のマスタープラン一環として整備されたものです。

アンコール遺跡に新たなアトラクションが一つ増えたことになります。

この展示施設の開設をもって,スイス隊の活動はいったん休止となりますが,今後の活動復帰が期待されます。(一)

2009年3月13日,プノンペンにて早稲田大学とカンボジア文化芸術省との共催で「サンボー・プレイ・クック遺跡におけるこれまでの研究と今後の修復工事への取り組みに関するセミナー」を実施しました。

 

1998年より開始された早稲田大学によるサンボー遺跡群の「研究・保全事業の成果」と,今後予定している「修復工事計画」を関係者に報告し,今後の体制や方針を協議することが一つの大きな目的でした。

 

セミナーは朝8時から夕方5時までの丸一日におよぶもので,関係者16人からの挨拶や報告がありました。

 

セミナーは文化芸術省副大臣Som Sokunによる開幕の挨拶に始まりました。

 

続いて日本国大使館,丸山則夫公使より御挨拶をいただきました。カンボジアにおいて一際注目をあつめているアンコール遺跡群の他にも,多数の遺跡群が重要な歴史的痕跡として残されていることについて,また,そうした遺跡群は世界の共有財産ではあるが,第一義にはカンボジア自身の,また地域住民にとってかけがいのない所産であることについて強調されました。アンコール遺跡群における近年の遺跡管理の経験を十分に活かし,その上で,遺跡周辺の人々がより積極的に遺跡にコミットしていける体制・環境を整えていくことを目指したい,とのお話をいただきました。

 

オープニングセッションでは続いて,早稲田大学のサンボー遺跡保全事業の代表である中川武教授より,事業のこれまでの経過が報告され,いくつかの課題を乗り越えながらも,今後より一層の調査と保存のための活動が望まれることについて話をされました。

 

さらに,カンボジアユネスコ代表の神内照夫氏より,サンボー遺跡のユネスコ世界遺産の登録の可能性についてのお話をいただきました。現在,カンボジアでは世界遺産申請のための暫定リストに8つのサイトが登録されています。バンテアイ・チュマール,バンテアイ・プレイ・ノコール,ベン・メアレア,プレア・カーン(コンポンスヴァイ),コー・ケル,アンコール・ボレイとプノム・ダ,ウドン,そしてサンボー・プレイ・クックです。世界遺産とはどのような意義があるか,登録のための判断基準ならびに,登録までの過程についてのお話の後,サンボー・プレイ・クック遺跡が世界遺産登録の判断基準の全てをほぼ満たしているという心強いコメントをいただきました。また,2000年の世界遺産会議における「ブダペスト宣言」の中でも,特にコミュニティー・インボルブメントという視点についてサンボー・プレイ・クック遺跡には期待されることが,強調されました。今後,文化芸術省を中心として,支援団体,ユネスコとが一丸となって,世界遺産登録に向けて努力していきたい,という明確な方向性を示していただきました。

 

 

オープニングセッションに引き続き,以下の報告がありました。

 

Keo Kinal(文化芸術省遺跡保存局)からは,彼自身の修士論文のテーマでもありましたローバン・ロミアス遺跡を通じて,サンボー・プレイ・クック遺跡における20世紀初頭から始められた既往の調査についての報告がありました。また,ローバン・ロミアス寺院より出土した碑文から確認される歴史的な重要性と,それらを肉付け・検証してゆくための発掘調査を伴う実証的な調査が今後ますます必要となっていくことが指摘されました。

 

Chhang Kang(コンポントム州文化芸術局局長)からは,現在の遺跡の管理体制や様々な事業についての包括的な報告をいただきました。

 

下田一太(サンボー・プレイ・クック遺跡群保全事業)からは,早稲田大学による近年の調査研究の経過と主要な成果について報告がありました。特に,ここ数年のうちに進められているプラサート・サンボーにおける各種の発掘調査・1960年代に実施されたEFEOの再確認発掘調査ならびにプノンペン博物館における保管資料の調査・遺跡群周辺での発掘調査・都城区内外の表採調査などについて,概要が紹介されました。

 

Him Sophorn(サンボー・プレイ・クック遺跡群保全事業・コンポントム州文化芸術局文化遺産課長)からは,現状のメンテナンスの体制と内容についての報告がありました。近年進められてきた危険樹木の伐採・危険箇所へのサポートの設置・草刈り・枝払い・塔内の整備・装飾台座の修復・神像レプリカの設置,そして2008年度に実施しているプラサート・サンボー寺院内の整備作業について報告されました。

 

So Sokuntheary(サンボー・プレイ・クック遺跡群保全事業・メコン大学教授)からは,煉瓦造祠堂の倒壊の原因とメカニズム,そして現状での危険箇所について報告がありました。また,保護ゾーニング内における現状での問題点について整理されました。さらに,現在,カンボジア政府ならびに日本政府に申請中の修復工事のための資機材調達支援の状況と,今後4年間で計画している修復工事の詳細についての報告がありました。

 

Kong Bolin(文化芸術省文化財遺物局)からは,近年文化芸術省が実施した煉瓦造祠堂の修復工事について報告されました。コンポントム州のプレ・アンコール期の遺構であるプラサート・プン・プラサートとプラサート・アンデット,またカッコンのKum Chanと呼ばれるストゥーパの修復工事について,技術的な方法と問題点や課題について話がありました。煉瓦やモルタル,仕上げ材の耐久性についての研究の必要性が強調されました。

 

Ngin Hong(GTZコンポントム州代表)からは,コンポントム州全体のコミュニティーベースでの観光開発についての報告がありました。貧困解消と住民の生活向上の手法としての観光開発のあり方について,これまでのサンボー・プレイ・クック遺跡群における試みと合わせて,その可能性と課題について話をされました。GTZはこれまでサンボー遺跡群において,保全事業と共同で,ハンディ・クラフトのトレーニング,英語トレーニング,小ビジネストレーニング,ガイドのトレーニングなどを行ってきました。また州内の観光地の掘りおこしや,観光地のプロモーションを国内外の観光会社に行ってきました。今後,さらに遺跡群周辺の住民への観光開発に関連した雇用機会の促進に努めていきたいとの報告をいただきました。

 

Pheng Sytha(文化芸術省考古局副長)からは,カンボジアという地域と歴史背景に即した発掘調査について,サンボー・プレイ・クックとは異なるサイトの事例を通じて話をされました。

 

Kou Vet(文化芸術省遺跡保存局副長)からは,サンボー・プレイ・クック遺跡のゾーニング法や今後の開発のためのマスタープランの策定方法についての報告がありました。

 

コンポントム州副知事からは,州を代表して保全事業に対する感謝の意と,州当局の今後のさらなる協力について挨拶をいただきました。また,国連ボランティアとして派遣され,サンボー・プレイ・クック遺跡の近くの村で亡くなられた中田敦氏とその後のアツ村における支援など,日本とコンポントム州とのこれまでの関係についてお話しいただきました。

 

Ok Sophun(文化芸術省文化事務次官)からは,文化芸術省の文化財への取り組みについて,報告がありました。保存と開発とを進めるための,人員・対象となる文化財・博物館計画・財源・無形有形文化財の管理体制などについて概要が伝えられました。

 

これら一連の報告の後に,Him Chhem文化芸術省大臣より閉会の挨拶を迎えました。各方面への気遣いに満ちた温かい御挨拶でセミナーの幕が閉じられました。

 

*本セミナーの開催は,「文化財保護・芸術研究振興財団」ならびに「住友財団」からの支援を得て実施されました。

 

今日はアンコール遺跡群の管理機構である「アプサラ」にてコーケル遺跡群に関する会合がありました。

いくつかの国際的な調査隊が同時並行的に研究を進めているため,そうした調査隊が一同に顔を揃えて各調査の進捗状況などを報告する機会となりました。

報告のあった調査隊は,破損している彫像の修復を予定しているドイツ隊(GACP),プラサート・トム寺院内で発掘調査を近く予定しているフランス隊(EFEO),三年間の総合的な調査計画を開始したハンガリー隊(Royal Angkor Foundation),碑文研究を行っているボン大学,そして日本隊(JASA・早稲田大学・名城大学)の5チームです。

同じ遺跡で汗を流している同僚という緩やかな親近感と,調査成果を競い合う静かな敵対感とが同居した会合となりました。(一)

調査の経過報告が滞っていますが,カンボジアでは日増しに灼熱化が進む中,連日の遺跡往復が続いています。

調査の進展に伴い,コー・ケル遺跡群はますます大きく複雑な古代都市の様相を帯びてきました。記録された遺構数は宗教施設と思われるものだけで70を越えました。加えて,貯水池・土手・道といった様々な土木工作跡が発見されています。

 

調査はいくつかの班に分かれていますが,およそ次のような課題に取り組んでいます。

1.遺跡群内の踏査(遺構の検出・道の記録・地形形状の記録などが目的)

2.遺跡群内の遺構の目録の作成(あるいは過去の目録の更新)

3.寺院施設の平面測量(設計方法の研究)

4.寺院施設周囲の微地形測量(施設の選地に関する研究)

5.土木工作跡の形状記録

 

調査メンバーの出入りもありますが,最初から加わっている調査員はもうすでに相当の疲労が蓄積してきています。

調査はあと1週間ほど続くの予定です。

また,すでに日本に帰国したメンバーは調査データの整理に着手しているようです。(一)

 

*本研究事業は日本国政府文部科学省科学研究費補助金による助成研究「クメール帝国地方拠点の都市遺跡と寺院遺構に関する研究」のもとに進められています。

 

サンボー・プレイ・クック遺跡群の中でも最も大きな複合寺院の一つである,プラサート・サンボーでは,2008年10月より中央テラスのクリアランスを行っています。このテラスの上には,この寺院の本殿となる主祠堂が配されており,伽藍全域の中央に位置しています。

 

サンボー・プレイ・クック遺跡群では,2001年より早稲田大学建築史研究室とカンボジア文化芸術省との共同事業となる「サンボー・プレイ・クック遺跡群保全事業」が開始されましたが,その初年度に国連世界食料基金からの支援を受けて,この主祠堂周辺に堆積していた煉瓦や土砂のクリアランスを行いました。

 

建立当初,この主祠堂は伽藍の中でも,ひときわ大きく,荘厳な建物であったものと推測されますが,現在では屋蓋(建物の屋根)は崩落し,壁体の上端までしか残されていません。2001年の時点では崩落した建物上部の煉瓦が周囲に堆積して全体として小高いマウンド状になっていました。

 

2001年に,堆積した煉瓦の除去を行いましたが,その際には,テラスの上面までの全ての煉瓦はクリアランスしませんでした。その後,プノンペン芸術大学の考古学部と共同で,このテラス上に2×2mほどの範囲で小さなトレンチを入れ,テラス上面の残存状況についての調査を行いました。この調査によって,テラス上面は,完全な状態を留めているわけではないものの,煉瓦積みの構造体は確実に残されていることが確認されました。その後,寺院の中心に位置し,最も重要なエリアであるこのテラスの全面的なクリアランスが望まれている状況にありました。しかしながら,各祠堂のサポートや塔内のクリアランス,その他の優先すべき調査が先行し,これまでテラスでの作業には着手することができずにいました。

 

2008年に,ようやくこのクリアランスの作業を開始することができ,今に至っています。現在は第一段階として,テラスの北西象限のクリアランスを進めています。

 

クリアランスの結果,テラス上面には大型の砂岩が敷き詰められていたことが明らかとなりました。また,テラスの北西隅には小さな煉瓦の祠堂が確認されました。この祠堂の装飾部位であるリンテルは7世紀の様式でしたが,この部材は加工して再利用された痕跡が認めらたため,この寺院が建立されたと推測される7世紀よりも後世に増築されたものと考えられます。テラスの四方には砂岩造りの階段が取り付いていますが,北面・西面のそれぞれからは砂岩長材により構成される階段が出土しました。また,主祠堂の北・西面からも扉の前方に階段が確認されました。ただ,テラスと主祠堂それぞれの北側の階段は砂岩材がひどく痛んでおり,また原位置から大きく動かされた位置で出土しました。にもかかわらず,砂岩直下の煉瓦積みはほとんど損傷しておらず,これらの石材がなぜ攪乱されたのか原因が判りません。おそらく重さが1tはあろうという石材も含まれており,そう易々と動かせる代物ではありません。

 

今回のクリアランスでは,こうした散乱している石材を原位置に復位し,またテラス上面やテラスの縁の脆弱化した煉瓦積みを補強してゆく予定です。こうした修復処置を開始する前作業として,各部材の発見された位置や煉瓦の状態を記録する図面記録・写真記録・三次元形状記録を行いました。煉瓦積みの補強作業も含まれますので,雨季に入る前には一通りの処置を終えるように作業を進めてゆく予定です。

 

 

また,3月初めより,サンボー・プレイ・クック遺跡では,早稲田大学の学生ボランティアグループ「JUJU」が周辺村落の調査や地元の高校生との交流活動を行っています。今回は約10名の大学生が,地元の高校に創設された自主グループ「ASCA」の高校生約20名と共同で活動をしています。

遺跡群周辺の村落内でのホームステイや聞き取り調査,地域行政との会合などを通じて,遺跡という文化資源を地元住民がどのように受け止め,どのように活用し,どうやって相互に有意な関係を築くことができるのか,といったことを学生ならではのパワーで取り組んでいます。(一)

 

 

*「サンボー・プレイ・クック遺跡群保全事業」は文化財保護・芸術研究振興財団ならびに住友財団からの支援を得て進められています。

三次元計測によって、バイヨン寺院の散乱石材の同定調査を進めています。

 

バイヨン寺院は,合計,約42万個の砂岩ブロックによって構成されていたと試算されますが,寺院の中には約6万個の石材が現在散乱しています。つまり,約15%の石材が散乱したままとなっているわけです。

 

散乱している石材の多くは,外回廊の内側に山積みにされたもので,20世紀初頭に境内の至る所に崩落していた石材を移動したコマイユ保存官の名前をとって「コマイユの積石」と呼ばれています。

 

これらの崩落した石材の原位置を特定し,それらを実際に原位置に設置して,バイヨン寺院を当時の姿に戻そう。という究極的な目的のもとに,ある調査が始められました。

 

これまでに,東京大学池内研究室ではバイヨン寺院の三次元計測を行ってきましたが,これに加えて,散乱している石材の形状を記録し,原位置を特定しようという試みです。

 

実際には重くて簡単には移動できない各石材を,デジタルの画面上で持ち上げたりひっくり返したりして三次元のジグゾーパズルをしてみようというものです。今回はその最初の試みとして特に分かりやすそうな,バイヨンの「尊顔」の各パーツとなる散乱石材の計測を行いました。これまでに目視調査によって約60個の顔の各部位をなす石材が確認されています。今回の調査ではそれらの部材の形状記録を終えました。石材全面を記録するため,ターンテーブル上にブロックを順に載せ,様々な角度から計測ができるようにしました。近くで見ると大迫力の目や口の一部となる各石材が次々に計測されました。

 

これら一連の計測作業は東京大学博士課程の鎌倉真音さんによって行われました。また,今後のデジタル上でのパズル作業は日本帰国後に進められる予定です。

 

6万個の石材が原位置に戻される可能性を探る第一歩の成果に期待されます。(一)