カテゴリー


月別アーカイブ

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年



最新コメント


BLOG

みなさまこんにちは。2月末までJSTでインターンをさせていただいていた仲尾です。

JSTのブログ『地域と歩む』のほうにブログを書かせていただいていたのですが、今回こちらの『遺跡修復の現場から』のほうにブログを書かせていただく機会をいただきました。

 

まず、少し私のことについてお話させてください。

私がJSTでインターンをしてみたいと思った理由の一つに、アンコール遺跡群周辺に暮らす人々に関心を持っており、その地域の方々と関わってみたかったというものがあります。また私は幼いころから、遺跡など昔の人々が創りあげた建築物を見るのが好きでした。

 

アンコールトム内にあるバイヨン寺院では、JSTが日本ユネスコ協会連盟との協力のもと、JASAの技術協力を受けて行っている遺跡修復事業『バイヨン寺院ナーガ・シンハ石彫像修復プロジェクト』が進められています。

このプロジェクトの意義は、遺跡の修復をすることはもちろんですが、もうひとつ重要な目的が「カンボジア人からカンボジア人への人材育成」を行うことにあります。JASAの日本人専門家から技術指導をうけたカンボジア人が、その技術をカンボジア人の遺跡修復作業員へと伝えていき、遺跡修復を自らの手で行えるようになることを目指します。

現在この修復プロジェクトチームは、若手専門家のソピアックさん、そして元JASA作業員であり現在は当プロジェクトチーフのTheangさん率いるカンボジア人修復作業員8名で構成されています。このプロジェクトに携わる修復作業員のほとんどは、遺跡周辺の村出身です。彼らはどうして修復作業員という仕事を選んだのか、どんな思いで修復を行っているのだろうか、現場を見るたびに彼らに尋ねてみたい気持ちが大きくなりました。

今回、JSTの遺跡修復専門家であるソピアックさん、JSTが行う修復プロジェクトのサポートや遺跡研究を行っていらっしゃる下田麻里子さん、そして現場作業員の方々にご協力いただき、遺跡修復作業員へのインタビューを行いました。その様子をこのブログでお伝えしたいと思います。


 

まず、これが主な修復の工程になります。

 

<主な修復の工程>

 

1.修復前の状態を図面と写真により記録する。

 

2.彫像と欄干部分の解体。解体中も図面と写真による劣化状況の記録を行う。

 

3.ミリメートル方眼紙上に1/10 縮尺で、部材面の記録を行い、スキャンデータとして保存する。

 

4.部材ごとに修復前後と修理中の状態をカメラで記録。

 

5.水と柔らかいブラシを使用してクリーニングを行う。

 

6.結合、接着、注入、強化、新材への部分的な置換、補填といった修復工法を適宜応用し、修理作業を行う。

 

7.仮組み作業により最も適切な設置箇所・方法を確認し、また必要な新材補填箇所を確認する。

 

8.欄干・彫像を設置する基壇の整備を行う

 

9.再構築作業にて、最終的に安定して欄干を設置する。

 

10. 修復後の状態を図面と写真により記録する。

 

 

作業員によって、得意な工程があるとのことでしたので、得意な工程についての質問も作業員の方に行いました。

また、新しい作業員2名が昨年4月から加わったとのことでしたので、彼らとのかかわり方についても尋ねました。

このインタビューは、私が質問したことを専門家のソピアックさんを介して答えていただくという流れで、一問一答形式になっています。

 

次回から、作業員の方々のインタビューをお一人ずつ更新していきますので、どうぞお楽しみに!


仲尾


本プロジェクトは2012年より、JSTと日本ユネスコ協会連盟の共同事業として、JASAの技術協力のもと始められました。バイヨン寺院外回廊のナーガ彫像、ライオン彫像、欄干を対象として進められています。

本プロジェクトは皆さまのご支援により成り立っています。ご寄付をいただいた方のお名前は、バイヨン寺院のすぐ近くに立つ、バイヨンハット脇の銘板へお名前を掲載させていただきますほか、年1回活動報告書をお送りさせていただきます。

thumbnail_IMG_0144.jpg

※事業終了後は、銘板はカンボジア政府の管理下となります。

詳細はこちらのURLからご確認下さい。

http://www.unesco.or.jp/isan/restorationproject/


2012年より4年間にわたり続けられてきた「ナーガ像・シンハ像および欄干修復プロジェクト」は、おかげ様で2016年3月で第2フェーズを完了することができました!
DSCN1096.JPGのサムネール画像のサムネール画像

第2フェーズではバイヨン寺院正面となる、東参道の欄干、ナーガ像、シンハ像を対象としておりました。
東参道は、寺院の正面ということもあり、ほぼほとんどの観光客にとっての観光ルート入口であり、バイヨン寺院をまず眺める重要な景観であるにもかかわらず、このエリアでは多くの欄干や彫像が崩落し、基壇の上や遺跡の周囲にその部材が散乱している状態でした。
こうした状況は景観的な問題だけでなく、散乱した部材を観光客らが踏んだり座ってしまい、ますます部材が劣化していくという状況を招いてしまっていました。
また、崩落していなくても、基壇の歪みによって欄干が不安定であったり、80年以上前の過去の修復によって入れていたサポートが脆くなり、とても危険な状態にある場所も多くみられました。
eg_1.jpg
                                             <修復前の東参道の様子>

JSTチームでは、JASAからの多くの技術協力とアドバイスをうけながら、これらの修復を進めてくることができました。
欄干修復のおおまかな流れとしては、
修復前記録→解体→部材修理→仮組み+必要な箇所への新材加工、部分的な基壇修理→再構築→修復後記録
となります。
それぞれの部材や場所によって、問題は様々であり、一つ一つに対してJSTの専門家とJASAの専門家による検討が行われ、最適な修理方法が選ばれて行きました。
また、ライオン彫像の修理も進められ、最終的には大きく景観的にも安全性においても改善することができました。
これまでもブログで各エリアの終了ごとに報告をしてきましたが、ここでまとめて第2フェーズで終了した箇所の劇的ビフォーアフターをご覧ください!


71.4-2.jpg
71.3-2.jpgのサムネール画像

71.1-1.jpg
singha2.jpg

さて、このプロジェクトのもう一つの大きな成果といえば、
「カンボジア人からカンボジア人への人材育成」です!
これまでの4年間で、JASAで長年培われてきた経験と方法を、JASAの専門家や技能員が丁寧に当プロジェクトの7名のメンバーにトレーニングをおこなってきました。
4年たった今では当プロジェクトのメンバーもかなりたくましく、頼れるスタッフへと成長してくれました。

thumb_DSCN1954_1024.jpg


修復にはそれぞれいろいろな工程がありますが、若手専門家として頑張ってくれているソピアック君をはじめ、そのほか6名のメンバーもそれぞれ得意の分野ができはじめており、それぞれの工程でリーダーシップを発揮してくれます。
各メンバーの成長の様子は今後のブログでご紹介していきたいと思います。

2016年4月から第3フェーズが開始し、引き続き参道での修復工事が進められています!
第3フェーズの修復工事の様子も随時ご紹介していきたいと思いますので、これから2年間もどうぞ皆様よろしくお願いします!

※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、JSTと日本ユネスコ協会連盟の共同事業としてすすめられています

(麻)

例年、新年最初の始業日には安全祈願式を行います(ちなみに、通常カンボジアの正月は西暦の4月ごろなのですが、本プロジェクトが国際的なプロジェクトである性質上、プロジェクト当初から西暦の1月をプロジェクトの年始と考え、その最初の始業日に安全祈願式を行っています)。今回は現在修復活動を行っているバイヨン外回廊東門前にて行いました。式では、土地の神様や精霊、ヒンドゥー、仏教あらゆる宗派の神様に対し、豚の頭、ニワトリ、お酒等の供物を前にお祈りをします。JASAの式典では通常、現場の棟梁であり、仏門に入られているサオ・サム氏が祈祷を行います。途中、サオ・サム氏がスタッフに向って聖水をまき(通常、こういった式典の際には、供物の近くに水が置かれているのですが、この水はお経を聞かせた結果、普通の水から聖水に代わるというふうに考えられているようです)、最後には成仏できていない方々に対して振舞うために、少し離れた場所に各種供物を混ぜたものを安置し、儀式は終了します。

式の最後には、新年最初のミーティングも行いました。

 

カンボジア人はこういった式典を重視しているようで、どんなに普段冷静沈着なスタッフでも、年始や修復工事、さらには発掘調査の始まるタイミングで日本人側が安全祈願式の準備を忘れていると、「昨日悪い夢を見たので、絶対に式典をやってほしい」と言ってきます。この感覚はもしかしたら、古代のクメール人と通じる何かがあるのかもしれません。

 

カンボジアは近年の内戦に限らず何度も断絶の時代があるので、アンコール時代前後に建造された寺院については正確な参拝・利用方法が継承できていません。また、それらの寺院の当初の計画を知ることができる図面・書物も残っていないので、修復や研究の際にはほぼ一から検討していく必要があります。他方で、日本においては幸いにもそういった部分では継続した継承の歴史が多く残存していますが、その一方で、カンボジア人が有しているセレモニーをしないと悪夢を見てしまうような、ある種、古代的な感覚の継承はいつからか日本人の中では断絶してしまっているのではないかと思います。もしかしたらそれがいわゆる近代化の影響かもしれませんが、その感覚の喪失は、過去から引き継がれてきたものをどこかで形骸化させ、文化・伝統の継承の本当の意味を少しずつ薄めてしまっている部分もあるのかもしれません。

 

これまでカンボジアにおいてはクメール正月や中国正月、水祭りといったものはカンボジア人を中心に楽しまれてきた行事でしたが、他方でクリスマス、ハロウィン、西暦における年越しのカウントダウンといった欧米由来のイベントに関してはカンボジア国外の人達によるイベントというイメージが強くありました。ただ、ここ数年でその様相は大きく変容し、シェムリアップの夜、最も外国人が集まるパブストリートに、欧米由来のイベントの時期になると、外国人だけではなくカンボジア人も多くあふれかえるようになり、ある種世界的なイベントが年々カンボジアの文化の中に取り込まれていっている様子がうかがえます。日本においても明治頃には同じような大きな変革があったのかと思いますが、現在、プノンペンはもちろんですが、シェムリアップにおいてもそういった流れが加速度的に進み、その影響が近い将来カンボジアの目に見える部分、さらには目に見えない部分にも表れてくるのではないかと思います。

 

日本にいた時にはそこまで感じていなかったですが、カンボジアにいますと、非常に根本的なことではあるのですが、歴史は継承されていくものであると同時に創られ、常に変容していくものであるということ、そして、その一端を端的に示しているのが、各地に残存している有名・無名を問わない重要な遺産・遺物の修復、文化的な儀礼・祭事・技術の継承の作業なのか、と最近改めて強く感じています。

 

これからカンボジアでは経済的、文化的、さらには精神的な面において大きな変化が表れてくると思います。我々、日本国政府アンコール遺跡救済チームとしても本年で第4フェーズを終了し、さらに第5フェーズを継続していく予定ですが、その中で現在カンボジアに残存しているもの、さらには修復・調査の過程で発見された新たな知見の中で、カンボジアで過去から引き継ぐべきものが何かを十分に考え、さらによい未来を創造するにはどうしたらいいのか、代表の中川、多くの関係者の皆様はもちろんですが、何より現地カンボジア人スタッフと一緒に今後も考えていきたいと思っています。


20160201S-01.jpg

 

20160201S-02.jpg

石塚

 

 

 

2016年がはじまり、1月もあっという中旬になりましたが、今更ながら今年も皆様JSTの修復事業・ナーガシンハ彫像修復プロジェクトの方もよろしくお願い致します。

さて、今年は申年ですが、当プロジェクトは今「獅子」真っ最中です!

第2フェーズ開始以来、当プロジェクトではバイヨン寺院東参道の欄干、ナーガ彫像を中心に修復を進めてきましたが、2015年10月より、寺院正面の東参道に並ぶシンハ9体の彫像の修復を行っています。(シンハ彫像なんぞや、という方はブログ最後の豆知識をご覧下さい。)

singha.JPGのサムネール画像

バイヨン寺院外回廊には2か所所の入口がありますが、当初シンハ彫像はこのうち18か所の入口両脇に合計36体あったと考えられています。しかし現在確認できるものは28体のみであり、また現存していても、長い年月の中でこれらの彫像は崩落、あるいは壊れて彫像の一部が失われてしまっているものも多くあります。また、20世紀初頭に一度修理されている彫像もありますが、この時に使われたモルタルが脆くなって崩れそうになっていたり、鉄のピンが錆びて膨張し、彫像にヒビがはいってしまっている場合もあります。

今回は、そうした過去の修復部分を取り除いて新たにステンレスのピンで接合したり、必要な箇所には新砂岩材によって補てんを行うという作業も行われています。


また、解体前はかなり不安定な状態でシンハ彫像が設置されていたため、修理後のシンハ彫像を安定して再設置するにあたっては、基壇整備も同時に行われています。

fig.5 No.71.1.1.9.1.4 maintenace of platform.jpg


解体した彫像の古い修復処置を取り除き、正確な劣化状況を把握したところで、JASA専門家2名と熟練作業員2名とともに、各彫像について接着方法、新材による補てんが必要な箇所、そしてどのようにシンハ彫像を再設置するかということについて検討を行いながら、作業は進められています。

修復前後の様子は一見写真ではわかりにくいですが、各段に安定し、生まれ変わったシンハ彫像をぜひご覧ください!

修復前

DSCN4441.JPG

修復後

DSCN0889.JPG


<バイヨンのシンハ彫像豆知識>

シンハはサンスクリット語でライオンを意味しますが、ライオンは古今東西、権力の象徴としてしばしば登場する動物です。カンボジアでも、インドからの影響を受け、王権を象徴する動物として古くから重用され、アンコール王朝歴代の王に関わる寺院の入口やテラスなど装飾として多く登場します。

バイヨン寺院のシンハ彫像はすべて同じ大きさというわけではなく、入口により大きさや顔の向きが異なっています。大きいシンハ彫像が置かれた入口は、重要な人物のための入口であった可能性もあり、こうした彫像の作りや大きさの違いが、数ある寺院入口の使用頻度やヒエラルキーを表していたのかもしれません。かつては王家あるいはそれに属する人々のためであったと考えられている寺院正面の東参道の入口に置かれたシンハ彫像たちはひときわ大きく、非常に堂々とした風貌を備えています。

しかしその多くが劣化、あるいは崩壊の危機に瀕しており、早急な修復が必要とされています。これらの彫像がプロジェクトメンバーの手で生まれ変わり、再び寺院を訪れる現代の人々を荘厳に迎えてくれる日を心待ちにしています。

※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、日本ユネスコ協会連盟との共同事業としてすすめられています 

(麻)



 

 

現在、日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA/JASA)は、バイヨン東門において修復工事を行っています。

その一環で東門と東参道の接続部周辺の整備を実施しようとしたところ、床面下より多くの前身遺構の痕跡が見つかったため、調査を行いました。その結果、東門正面よりこれまでに2つの階段を有する基壇の痕跡が発見されました。

参道が増築される前には、おそらくこれらの基壇がバイヨン東正面の造形を形作っていたのだと思います。しかも、初期、そしてその後に増築したと思われるこの2つの正面の階段の痕跡の間隔は5m程度ですので、バイヨンの正面の造形を決定するのに隅々まで苦慮しながら建造していた様子がうかがわれます。

またその後に増築されたと思われる参道に関しても現在の状態にたどり着くまでに少なくとも1度その形態を変化させたと思われる痕跡が見られます。

さらに床面上には多くの柱穴痕も残されています。現在はこれらの調査成果を基に、どういった建造過程が考えられるか検討しています。


バイヨン寺院は幾度もの増改築の過程を経て、現在の状態になったと考えられています。これまでにパルマンティエやデュマルセ、オリビエ・クニン等によってバイヨンの増改築について研究がおこなわれてきましたが、詳細はいまだに謎に包まれています。今回の発見はそういった状況の中で、バイヨン正面の建造過程に新たな見地を与えるもので、バイヨン研究史の中でも非常に重要な意味を持つものになるかと思います。

今後はさらに東参道全体の調査を行い、バイヨン正面の計画の変遷を追っていこうとJASAとしては考えています。


各段階の痕跡を見ますと、最終的な仕上げの装飾が完成しないまま次々と増築が行われていたようですので、作っては増築し、また作っては増築していくように指示された現場で働いていた方々の気持ちを察すると、個人的には非常に複雑なものがあります。

しかし、バイヨンの魅力的な造形はジャヤヴァルマン7世を始めとした歴代の王、そしてそれを支えた国民等の方々の苦心により生まれたものだと肌で実感できる調査でした。


151107k_01.jpgのサムネール画像

バイヨン寺院東参堂テラス解体前の状態



151107k_02.jpgのサムネール画像

初期のものと思われる階段痕跡



151107k_03.jpgのサムネール画像

初期及びその後に増築したと思われる2つの階段を有する基壇の痕跡(黄が現状では初期のものと思われる痕跡、赤がその後増築したと思われる痕跡)


 

By コウ・ベット、石塚








ナーガ・シンハ彫像および欄干修復プロジェクトでは、着々とバイヨン寺院正面、東参道での欄干修復作業が進んでいます!
少しご無沙汰してしまっていましたが、今回は修復をおえた2つのエリアの様子を続けてお伝えします!

2015年の5月には、1月より修復工事を進めていた、参道北側の中央エリアの修復が完了しました。
このエリアは、基壇が大きく変形してしまっていたため、欄干の修復だけでなく基壇の整備に多くの時間を要してしまいましたが、無事修復を完了することができました。

修復前、このエリアには崩落してしまった欄干部材が基壇の上にいくつも散乱してしまっており、
観光客にとっても足元がわるく、また欄干にとっても部材がどんどん劣化してしまう状態にありました。

また、参道のすぐ北側には、巨大な池があるのですが、
この池の淵にも多くの石材が散乱していました。
修復を始めるにあたり、こうした基壇の外にも落ちていた散乱石材の整理、同定作業を行い、池の淵の散乱部材から4部材をこのエリアの欄干として戻すことができました!

修復が進む様子をご覧ください!

DSCN4125.JPG
修復前の様子。多くの欄干が基壇上に崩落していました。。
DSCN6017.JPG
参道のすぐ北側の池の淵の散乱部材から、欄干の部材と思われるものを探し出していきます。
DSCN6025.JPG
大変な作業ですが、作業員たちは楽しんで進めてくれています!
4-2.jpg
こうして見つかった石材を仮組みしていきます。
DSCN8847.JPG
必要な箇所には新材による補てんを行います。
71-1.1_before.jpg
                              修復前
71-1.1_after.jpg
                             修復後
修復前後で見違えるように景観が変わりました!

※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、日本ユネスコ協会連盟との共同事業としてすすめられています 

(麻)

12月に入り、カンボジアでは一年で最も涼しい時期に入り、当プロジェクトの修復工事も、現場を新たなエリアに写し、作業を開始しました。
場所は東参道の北側の欄干の中央エリア。このエリアでは、参道上に巨木が成長してしまい、その根が基段の内側に入り込み、大きく床面が変形してしまっています。その影響もあってか、ここでも多くの欄干部材が床面上に崩落して割れてしまっています。

2014.12-1.JPGのサムネール画像
2014.12-2.JPG
事前調査の結果、このエリアではシンハ彫像1体、ナーガ彫像1体を含む全部で41部材があり、その多くがひび、剥離、破損、破断、などの状況にあり、修理が必要であることがわかりました。また、この参道の北側現在はどの大部分が土砂に埋まってしまっている貯水池がありますが、この池端に散乱していた部材のなかから3つの欄干に関わる部材が発見されました。これらは現在所の特定を行っている最中です。
また、これまでの修復をおこなってきた他エリア同様、ここでもシンハ彫像、ナーガ彫像、欄干を設置する基段が大きく変形し、隙間を生じており、再設置にあたり危険な状況であるため、基段の改善作業を行う必要があることが確認されました。
2014.12-3.JPGのサムネール画像2014.12-5.JPGのサムネール画像のサムネール画像
2014.12-4.JPG
現在は、各部材を修理する前に、このエリア全体の修復の方向性、最終的な部材の設置方法などを決定するための仮置きをしている状態です。
各部材の番付、修復前の図面と写真による記録を終え、これにより、おおよその部材設置箇所や、各部材の修理方法、新材による補てんが必要となる箇所などが決定しました。2015年1月より本格的な各部材の修理が開始されます。

(麻)


明けましておめでとうございます!

昨年4月より第2フェーズを開始しましたナーガ・シンハ彫像修復プロジェクトの現場もみなさまに暖かく見守っていただき、無事新年を迎えることができました。

さて、6月の中旬から工事をすすめていた、バイヨン寺院東参道の北西角エリアの修復工事が昨年秋に完了しました!
この場所は、過去の内戦や倒木の影響を大きく受けていた箇所で、欄干が倒壊し、基壇状に散乱していたため、観光客にとっても危険な足場となっていると同時に、簡単に移動できたり踏むことができてしまっていたため、部材の破損が進んてしまっていた箇所でした。
当プロジェクトの修復によって、欄干を支えていた基壇も整備し、安定化することができました。
また、基壇内外側にも散乱していた石材を詳しく調べた結果、架木2部材がこのエリアのものであるということを特定することができ、そのほかにも修復前にはちぐはぐに置かれてしまっていた斗束などもオリジナルの場所を特定することができました。その他、大きく破損してしまっていた箇所には、新材による補てんを行いました。

2015_1.1.JPG
<欄干直下の基壇の石材が大きくずれ隙間ができてしまい、基壇が不安定な箇所を強化>
2015_1.2.JPG
<修理を終えた石材を、安定化させた基壇の上に仮置きして、どのような置き方をすれば安定して欄干を設置できるか微調整>
2014.10 (4).jpg
<新材による補てんが必要な箇所への加工作業。チームのメンバーも石材の加工もかなり慣れてきました>


こうして場所を多くの場所を特定し、修復を受けた部材を丁寧に再設置し、大きく欄干の姿が生まれ変わり、参道の景観と安全を大きく改善することができました!

<修復前>                        <修復後>

2014.10 (3).jpgのサムネール画像2014.10 (2).jpgのサムネール画像


現在は、東回廊の北側中央部分(上記写真の東隣)の修復作業を開始しています!

今年もどんどん現場の様子をお伝えしていきたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

(麻)

※本事業は日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JASA)の技術協力のもと、JSTと日本ユネスコ協会連盟との共同事業としてすすめられています。
9月に入り、バイヨン寺院東参道の北側エリアで進められていた修復作業も、各部材の修理を終え、欄干を載せる部分の基壇側の問題箇所の改良も完了し、いよいよ再構築の段階にはいりました!

欄干は、大きく3つの層に分けられます。一番下には「地覆」と呼ばれる基礎の部分、そのうえには欄干を支える「斗束」という部分、そして一番上の欄干の手すり(実際には手すりの役割ではないですが)となる「架木」とよばれる部分。

これらを下の層から順に安定させながら設置させていくわけなのですが、
ときにはオリジナルの石材が一部かけてしまっているためそのまま設置するには不安定な部材もあります。こうした部材に対しては、新しい石材でこうした部分を補てんする必要があります。
こうした石材による補てん加工はどのように行うのでしょう?

1.まずは石切り場から切り出されて現場に運び込まれてきた石材は、巨大な塊なので、そこから必要な大きさに石材を切り出します。
August2014 (1).JPGのサムネール画像
.切り出した石材を、欠けている石材の接地面の形に合わせて削っていきます。新材加工の中ではこの作業が一番難しいかもしれません。
August2014 (2).JPG
3.ぴったりと形状をあわせたオリジナルの石材と新しい石材を接着します。
August2014 (3).JPG
4.周囲の彫刻に合わせて装飾を施していきます。新しい石材は時間がたつと周囲の色と同化していきますが、この時に後世の人が、どこがオリジナルの部分で、どこか修復で継ぎ足した部分なのかを見分けられるように、装飾を少し粗い段階で止めます。
August2014 (4).JPG
August2014 (5).JPG完成!
こうしてよみがえり安定した部材を再び設置していきます。
みなさんも、バイヨン寺院を訪れた際には、ぜひ修復の時にあたらしく補てんされた石材がどこか、探してみてください!
(麻)
バイヨン寺院 ナーガ・シンハ彫像修復プロジェクトでは、引き続き寺院の正面入り口である東参道の欄干や彫像の修復作業が進められています。

Monthly Report_06  (3).JPGMonthly Report_06  (4).JPGMonthly Report_06  (5).JPG

基壇上でバラバラに崩壊していたナーガ彫像も修復をうけ、見違えるような姿になりました。
Monthly Report_06  (2).JPGMonthly Report_06  (1).JPG
6月から着手した東参道の北西部分は、欄干部材が基壇の上に多く散乱しており、現在修復と並行して、これらの組み合わせパズルが進められています。
Monthly Report_06  (6).jpg
カンボジアは雨季のまっただ中、突然降り出すスコールとは時間の戦いですが、
当チームのメンバーたちも日に日に修復技術師としての技術を磨いています。
新しくできた当プロジェクトの作業ユニフォームを着て、修復を終えた欄干とともにいい笑顔を見せてくれました。
uniform (1).JPGuniform (3).JPGのサムネール画像
(麻)